Lenovo ThinkPadシリーズ全種類の比較レビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

Lenovoにはいろんな種類がありますが、その中でもビジネスノートパソコンであるThinkPadはビジネスパーソンに人気で、執筆・資料作成が多い人やクリエイティブワーカーにも向いています。

種類も豊富で、低価格モデルのEシリーズから最上位モデルのXやX1シリーズ、そしてワークステーションのPシリーズなどがあります。

でも種類が多すぎて、どれを選んだらいいか分からないという欠点もありますよね。

我が家ではThinkPad以外ももちろんですが、いろいろなThinkPadシリーズを購入しているので、詳しい比較をご紹介します。

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

Lenovo Pro

Lenovo Pro新規登録キャンペーン Legion Glassesが当たる

個人事業主や法人であれば、Lenovo Proに登録するとビジネスPCがお得に購入できます。登録料や年会費などはかかりません。  

現在は7月9日までLenovo Proに登録し応募するとLegion Glassesが抽選であたります。会員登録後に下記リンクからどうぞ。 

  Lenovo Pro

 

 

ThinkPadの特徴

レノボThinkPadには、これだけの種類があります。

総合性能 特徴
X1 シリーズ [usr 5.0] 薄型軽量、標準スペックでもハイスペック・ハイエンドモデル
Zシリーズ [usr 4.9] Z世代向けの新しいThinkPad。SDGs(持続可能な開発目標)を意識したモデル
Xシリーズ [usr 4.8] X1シリーズに似ていて13.3インチのみ
Tシリーズ [usr 4.5] 軽量・ハイスペックだが、Xシリーズより1~2㎜大きいため中価格
ThinkBookシリーズ [usr 4.4] IdeaPadの外観にThinkPadのビジネススペックが搭載
Eシリーズ [usr 4.2] 2023年モデルは低価格で高性能。増設可能
Lシリーズ [usr 4.2] 性能ははそこそこ高く、メモリ最大64GBと大容量だがXシリーズに比べ少し大きい
Pシリーズ [usr 5.0] 開発者向けのワークステーション。画像・動画編集・CADや分析などに向いている

人気があるのは、Xシリーズ、Yogaシリーズ、Tシリーズ、Eシリーズで、高性能ビジネスモデルのPは、エンジニアやクリエイター向けのワークステーションです。

Zシリーズは2022年6月に販売開始した新モデルで、Z世代にアピールしているNew ThinkPadです。

新旧モデルの見分け方は、レノボではパソコンのバージョンが上がるたびGen 1、Gen 2と世代(Gen)が上がっていき、CPUの世代も書いていることが多いので見分けやすいです。

また、末尾にSが付くモデルは薄型(スリムのS)なので、Sが無いモデルよりも小型軽量ですが、価格も若干上がります。

 

 

セキュリティ

ThinkShield

ThinkPadのノートパソコンはビジネスモデルとだけあって、他のシリーズにない強固なセキュリティが標準装備されており、全方位から備えるサイバーセキュリティのThinkShieldによって守られています。(詳しくは、公式サイトをどうぞ。)

主に以下の様なセキュリティがありますが、モデルにより細かな点が変わります。

  • TPM
  • Windows Defender
  • ThinkShutter
  • Privacy Guard
  • ハードディスクパスワード
TPM Trusted Platform Moduleの略で、OSや他のハードウェアから独立して機能するセキュリティチップの事です
Windows Defender マルウェア対策や、フィッシング対策もしてあり、危険なページやアプリを実行しようとするとブロックし、警告を出してくれるし、ランサムウェアの検出テストでは失敗無しの検出率。
ThinkShutter パソコンの内蔵カメラを物理的に隠すシャッター
Privacy Guard 出先やカフェなどで使っている時に、横からのぞき見できないように視野角を狭くする機能です。Privacy ShutterがONだと正面から以外は暗く(黒く)見えるので、のぞき見されにくいです。
ハードディスクパスワード ストレージにハードウェアレベルでパスワードを設定できるので、パソコン内部のデータが盗み見られる可能性がかなり減ります

 

 

MILスペック準拠

ThinkPad E14 Gen 2

MIL規格(MIL-STD-810H)と言う米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、ディスプレイ部の耐久性など様々なテストもクリアしています。

 

 

極上のキーボード

Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 10 キーボード

トラックポイントとは、キーボードの真ん中に付いている赤いボタンで、ページをスクロールしたり、部分的に拡大表示にしたりするボタンです。これがあるので指がホームポジションから離れずにパソコンを使えるので、慣れたらかなりタイピングが早くなります。

また、ThinkPadのキーボードはタイピングしやすいと有名です。

なぜThinkPadはタイピングしやすいかというと、キーピッチ(キーの中央から隣のキーの中央までの距離)が広く、キーストローク(キーの押し込み具合)が2㎜前後と深いので打鍵感がいいんですよね。

IdeaPadなどの他の機種や多くの他社製品は、キーストロークが1㎜~1.3㎜前後と浅いので、押しごたえが無くカチャカチャ軽い音がなる感じですね。

キーボードは打感が軽すぎても打ちにくいし、重すぎても打ちにくいのですが、ThinkPadはちょうどいいんです。

Thinkpadは元々IBM時代に日本で開発され、今も継続して横浜のみなとみらいにある大和研究所で作られている、こだわりの機種なんです。

 

Lenovo ThinkPad Z13 Gen 1(AMD) キーボードと通常のThinkPadのキーボード

ThinkPad Zシリーズで2022年から採用されている感圧クリックパッドが、他のシリーズでも選べるようになりました。慣れが必要ですが、おもしろいクリックパッドで、操作性も上がっています。

最後に、1つだけ重要なことが。

キーボードにはバックライトありとなしがあり、全然違う作りなんです。

・あり・・・打鍵感や触り心地がすごくよく、これぞThinkPadのキーボードという感じ

・なし・・・プラスチックっぽい触り心地で、打鍵感は「バックライトあり」に比べ低く、お世辞にも高品質とは言えない

 

 

保証・サポート

Lenovo ThinkPadの保証とサポート

Lenovoは標準保証で「1年間引き取り修理」があり、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、保証は最長5年まで延長できます。

ビジネスモデルのみ「オンサイト修理」と「プレミアサポート+翌日オンサイト修理」という保証やサポートにアップグレードできます。

「オンサイト修理」は万が一の時にPCをLenovoの工場に送ることなく、技術員が直接家や会社に来て修理をしてくれるので、セキュリティ的にも安心だし楽です。

プレミアサポートは24時間365日、ハイスキルな専任エージェントが対応してくれるものです。標準サポートは朝9時から夕方6時までで、通常、第1第3日曜日が休みです。(月により祝日も休み)

ThinkPadの追加保証

他にも、盗難紛失、水濡れなどの通常保証ではカバーされない損傷を保証するADP(アクシデント・ダメージ・プロテクション)や、ハードディスク返却不要サービス、内蔵バッテリー交換サービスなどもあります。

 

 

価格

価格はカスタマイズによっても変わるのですが、おおよそのセール時の価格帯を紹介します。

高い(15万以上) X1シリーズ・Zシリーズ
Xシリーズ・Pシリーズ
Tシリーズ
Lシリーズ
安い(8万円~) Eシリーズ

注)Xシリーズでも昔の機種は約9万円~からあります。Lシリーズは量販店で販売されることが多く、割引非対象機種が多いので高いものもあり

ここ最近はCPUの性能がすごく上がっており、Core i3でも10世代Core i7並みの性能があるので、ビジネス用途でも最低これくらいあれば問題なく作業ができます。

・CPU・・・Intel Core i3以上(AMD Ryzen 3以上)
・メモリ・・・8GB以上
・ストレージ・・・SSD 256GB以上

 

簡単にですが、スペックの役割を紹介します。

  • CPU・・・PCの頭脳
  • メモリ・・・作業テーブル(大きいと作業しやすい=PCが快適に動く)
  • ストレージ・・・収納

それでは以下にて人気機種を紹介していきますが、ThinkBookは一応ThinkPADではないので、別のページで比較しています。また、後継モデルが出た場合は旧モデルを削除していますが、旧モデルでもお得なものや人気がある機種、そしてコスパが高いものは残しています。

 

 

Lenovo ThinkPad X1/Xシリーズ

まずは一番性能の高いX1とXシリーズの紹介です。両者はどちらもハイエンドモデルですが、X1シリーズは主に14インチと16インチ、Xシリーズは13.3インチになります。

また、X1シリーズは基本的に高性能なスペックになっていますが、Xシリーズは「カスタマイズ」からスペックを上げないとX1シリーズの様にならないモデルがあります。

最新機種のみを紹介しているので、全ての機種を確認するにはThinkPad Xシリーズの全てをどうぞ。

 

ThinkPad X1 Carbon Gen 12

Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 12のレビュー旧モデルから大きく変化したGen 12です。第14世代CPU搭載で、メモリやストレージなども最新スペック満載です。キーボードには感圧クリックパッドを選べたり、コミュニケーションバーが搭載したりと、中も外も大きな変化があります。必要な機能は何でもあるんじゃ?というくらい最先端で快適に使えるPCです。また、Evo Editionプラットフォーム認証にも準拠しています

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
Core Ultra 5 125H
Core Ultra 7 155H
メモリ LPDDR5X 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス Intel Graphics
Intel Arc Graphics
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチパネルあり
2.8K OLED
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、LTE/5Gあり
生体認証 顔認証、指紋センサー
WEBカメラ 1080p FHD
4K(8MP)+MIPI
重さ 1.09㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約12.8時間
標準保証 1年間
価格 22.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X1 2-in-1 Gen 9

Lenovo ThinkPad X1 2-in-1 Gen 9のレビューインテル14世代CPU Uシリーズを搭載した2 in 1 PCで、メモリが最大64GBと大きく、ヘビーユーザーにも使いやすく、長く使えるスペックです。多機能で高性能、そしてEvo Edition プラットフォーム認証を得ており、快適に業務ができる機種です。移動が多い人に向いています

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
メモリ LPDDR5X 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチパネルあり
2.8K OLED
無線 Wi-Fi 6E、LTE/5Gあり
生体認証 顔認証、指紋センサー
WEBカメラ 1080p FHD
4K(8MP)+MIPI
重さ 1.35㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約13.2時間
価格 25.8万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X13 Gen 5

Lenovo ThinkPad X13 Gen 5のレビュー最高で14世代CPU Hシリーズが搭載でき、メモリは最大64GBとワークステーション並みの性能にできる13.3インチモバイルPCです。また、軽量コンパクトで持ち運びにも便利、顔認証や指紋センサー、人感検知機能なども搭載できます。インターフェスも普通にあり、モバイルPCの中では最高峰の機種です

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
Core Ultra 5 125H
Core Ultra 7 155H
メモリ LPDDR5X 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス インテルグラフィックス
インテルArcグラフィックス
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS タッチパネルあり
無線 Wi-Fi 6E、LTE/5Gあり
生体認証 顔認証、指紋センサー搭載可能
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.12㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約12.4時間
価格 18.0万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X13 2-in-1 Gen 5

Lenovo ThinkPad X13 2-in-1 Gen 5 Intelのレビュー 14世代CPU搭載2 in 1 PC2 in 1 PCとしてはすごく軽く、1.2㎏からとなっています。バッテリーは最大10時間とそこそこ長く、全体的にハイスペックです。ペンをPC本体に収納できるので、なくすことが少ないと思います。軽量コンパクトなので、外出や社内移動が多い人に向いています。また、Thunderbolt 4もあるので、ドックを使えば据え置き用としても使いやすいです。

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
メモリ LPDDR5X 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS タッチパネル
無線 Wi-Fi 6E、LTE
生体認証 顔認証、指紋センサー搭載可能
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.2㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10時間
ペン Lenovo内蔵ペン付属
価格 21.0万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X1 Nano Gen 3

Lenovo ThinkPad X1 Nano Gen 3の実機レビュー13インチで最軽量モデルが966.5gからと、ThinkPad最軽量モデルです。軽いだけじゃなくパワフルなスペックで、MILスペックに準拠した堅牢性もあります。バッテリー駆動時間も長く、毎日PCを持ち運ぶ人にピッタリの機種です

CPU Core i5-1340P/1350P
Core i7-1360P/1370P
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13型) 2K IPS タッチあり
無線 Wi-Fi 6E
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ FHD 1080p+IRカメラ、MIPI(人勧検知機能)モデルあり
重さ 966.5g~
バッテリー 最大約19.7時間
価格 22.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X13 Gen 4 AMD

Lenovo ThinkPad X13 Gen 4 (AMD)のレビューUSB4搭載で全体的にハイスペックな機種です。特にマイナス要素もなく、持ち運び用でも、持ち運び兼据え置き用としても使いやすいです。

CPU Ryzen 5 PRO 7540U
Ryzen 7 PRO 7840U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ HD、FHD、500万画素
重さ 1.19㎏~
バッテリー 41Wh/54.7Wh
最大約22.3時間
価格 15.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X1 Fold 16.3型

Lenovo ThinkPad X1 Fold 16.3型折り畳み可能なPCで、パソコンを広げると16.3型、半分をキーボードにしたら12型となり、Bluetooth接続のキーボードもあるので、がっつり作業もできます。旧モデルはスペックが低く使いにくかったですが、本機はいろんな面で悪かったところが改善されています

CPU Core i5-1230U/1240U
Core i7-1250U/1260U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16.3型) 2.5K OLED タッチ
無線 Wi-Fi 6、5G搭載可能
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 500万画素+IRカメラ
寸法(幅×奥行×高さ) 345.7 ×276.2 × 8.6㎜(本体のみ)
276.2 × 176.2 × 17.4㎜(折り畳み時)
重さ 約1.26㎏(タブレット本体)
約1887g(キーボード_スタンド付き)
バッテリー 最大約14.7時間
付属 執筆時現在)プレシジョンペン、スタンド、キーボード
価格 59.2万円~(割引前価格)

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X13s Gen 1

Lenovo ThinkPad X13s Gen 113.3型で1060gと超軽量、そしてバッテリー駆動時間が最大31.2時間とかなり長いです。SoC搭載とは言え、性能もそこそこ高く、ビジネス用途でも十分使えます。5G LTE sub6とミリ波にも対応しており、機動性は抜群です

CPU Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 3
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS液晶 光沢なし sRGB 100%など
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、5G LTEあり、Bluetooth 5.2
その他 指紋センサー/顔認証あり、500万画素 RGBカメラ、IRカメラあり
重さ 1.06㎏~
バッテリー
電源
最大31.2時間
45W/65W
保証 1年間
価格 15.8万円

レビュー

公式サイト

 

 

ThinkPad Zシリーズ

work-from-anywhere(どこからでも働ける)を実践するThinkPad Zシリーズは、Z世代や今までThinkPadを使わなかった人にもアプローチした機種で、今までのThinkPadと一味違う機種になっています。

再生アルミニウムや再生プラスチックを使用したりと、サステナビリティを実践する機種です。

詳しくは「Zシリーズの特徴とレビュー」をどうぞ。

 

ThinkPad Z13 Gen 2(AMD)

Lenovo ThinkPad Z13 Gen 2(AMD)のレビュー上位モデルのRyzen 7040シリーズが搭載で、メモリが最大64GBと大きくなっています。旧モデルからほとんど変化はないですが、重量が1.27㎏と若干増量しています。相変わらずのハイスペックで、スムーズになんでもこなしたいビジネスパーソンに向いています

CPU Ryzen 5 PRO 7540U
Ryzen 7 PRO 7840U
メモリ LPDDR5X 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS 光沢なし タッチあり
WQXGA+OLED タッチ
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE
オーディオ ドルビーアトモス、2Wスピーカー×2、360°全方位マイク2つ
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 1080p、IRカメラ
カラー ブロンズ
重さ 1.27㎏~
バッテリー 最大約22.3時間
価格 21.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad Z13 Gen 1(AMD)

ThinkPad Z13 Gen 1(AMD)標準スペックでも高性能パーツが搭載しており、「間違いない構成」になっています。キーボードが筐体の端から端まで広がっており、タイプしやすい幅とキーになっています。画面アスペクト比が16:10と縦に長く作業効率もアップ。軽量コンパクトで、バッテリー駆動時間は最大22.8時間!

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6860Z
メモリ LPDDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS 光沢なし タッチあり
WQXGA+OLED タッチ
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE、Bluetooth 5.2
その他 指紋センサー、顔認証、1080p、IRカメラ、ドルビーアトモス、
カラー ブラックビーガンレザー+ブロンズ
アークティックグレー
重さ 1.19㎏~
バッテリー 最大約22.8時間
価格 20.4万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad Z16 Gen 1(AMD)

Lenovo ThinkPad Z16 Gen 1(AMD)16インチの大型で、Ryzen 6000 Hシリーズ搭載、メモリはLPDDR5、SSD PCIe 4.0と最新スペック満載です。ディスプレイも4K OLEDが選択可能で、Radeonグラフィックボードもあります。性能はすごく高く、+アルファもあり、おしゃれな機種です

CPU Ryzen 5 PRO 6650H
Ryzen 7 PRO 6850H
Ryzen 9 PRO 6950H
メモリ LPDDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
Radeon RX 6500M
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS タッチあり
WQUXGA OLED タッチ
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE
その他 1080p Webカメラ、顔認証、指紋センサー、ドルビーアトモス
重さ 1.81㎏~
バッテリー 72Whr・最大約25.9時間
価格 25.2万円~

レビュー

公式サイト

 

 

ThinkPad Tシリーズ

Tシリーズは比較的低価格なのに、スペックが高くインターフェースも豊富な機種になります。

LTE(SIMカードを入れてパケット通信ができる)搭載機種を選べるので、基本的に外出が多い人をターゲットに作られているものが多いです。

中価格帯のビジネスノートをお探しの人は、こちらがおすすめです。

最新機種のみ紹介しているので、全ての機種はTシリーズの特徴とおすすめ機種で確認できます。

 

ThinkPad T14 Gen 5 Intel

Lenovo ThinkPad T14 Gen 5 Intelのレビュー最上位モデルのX1シリーズに近いスペックで、最高で14世代vPro対応Hシリーズ、メモリ64GB、そしてストレージ2TBとハイスペックです。また、最大で2.8K OLED DCI-P3 100%のディスプレイを搭載でき、WEBカメラは超高画質の500万画素、そして大容量バッテリーは自分で簡単に交換できるタイプになります。

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
Core Ultra 5 135H
Core Ultra 7 155H/165H
メモリ DDR5-5600 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチパネルあり
2.2K IPS
2.8K OLED
通信 Wi-Fi 6E、LTE/5Gあり、ギガビットイーサネット
生体認証 顔認証、指紋センサー
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.3㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.7時間
価格 16.0万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T14 Gen 5 AMD

Lenovo ThinkPad T14 Gen 5 AMDのレビューインテルモデル同様ハイエンドAI PCで、Ryzen 5にAIコアがない点を除けば特に欠点らしきものがい機種です。最大で2.8K OLEDディスプレイが搭載でき、クリエイティブワークにも向いた機種です

CPU Ryzen 5 8540U
Ryzen 7 8840U
メモリ DDR5-5600 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチパネルあり
2.2K IPS
2.8K OLED
通信 Wi-Fi 6E、LTE/5Gあり、ギガビットイーサネット
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.3㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.2時間
価格 15.6万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T14s Gen 5 Intel

Lenovo ThinkPad T14s Gen 5 Intelのレビュー14インチで1.24㎏と軽く、バッテリー駆動時間が最大約14.2時間と長いので、外出先で長時間作業をする人に向いています。最高で14世代Hシリーズ・vPro対応CPUを搭載でき、メモリは64GBとデスクトップ並みの性能にできます。WEBカメラは500万画素と超高画質で、今まで以上に快適なWeb会議やビデオコールができます

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
Core Ultra 5 135H
Core Ultra 7 155H/165H
メモリ LPDDR5X-7500 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス インテルグラフィックス
インテルArcグラフィックス
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチパネルあり
2.8K OLED
通信 Wi-Fi 6E、LTE/5Gあり
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.24㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約14.2時間
価格 17.9万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T14s Gen 4 AMD

Lenovo ThinkPad T14s Gen 4 AMDのレビュー 最大23.1時間の長時間バッテリー!上位モデルRyzen 7040シリーズが搭載で、メモリやストレージも大容量、そしてディスプレイも最高で2.8K OLED液晶が選べます。全体的にハイエンドスペックですが、16万円台と比較的安いです。UB4があるのもうれしいですね。

CPU Ryzen 5 PRO 7540U
Ryzen 7 PRO 7840U
メモリ 16/32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS
2.2K IPS
2.8K OLED
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE/5G
生体認証 指紋センサー、顔認証あり
WEBカメラ FHD 1080p
5MP+IRカメラ
重さ 約1.26㎏~
バッテリー 最大約23.1時間
価格 16.9万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T16 Gen 3 Intel

Lenovo ThinkPad T16 Gen 3 Intelのレビュー据え置き用兼持ち運び用として使いやすい機種で、16インチ1.63㎏になります。最高でCore Ultra 7 165H vPro対応CPUにメモリ64GB、そしてWQUXGA(3.8K) OLEDとデスクトップ並みの性能にできます。Thunderbolt 4が2つあり、RJ45やHDMIそしてWi-Fi 6EにLTEや5Gも搭載可能です

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
Core Ultra 5 135H
Core Ultra 7 155H/165H
メモリ DDR-5600 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス インテルグラフィックス
インテルArcグラフィックス
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS タッチパネルあり
WQUXGA OLED
通信 Wi-Fi 6E、LTE/5Gあり
生体認証 顔認証、指紋センサー
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.63㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約8.8時間(52.5WHr)
価格 24.4万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T16 Gen 2 AMD

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMDのレビュー持ち運びがしやすい16インチで、上位モデルのRyzen 7040シリーズが搭載です。インテルモデルよりも高いですが、全体的にデフォルトでハイスペックです。

CPU Ryzen 5 PRO 7540U
Ryzen 7 PRO 7840U
メモリ 32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS 光沢なし
WQUXGA OLED 反射防止
通信 1ギガビットイーサネット、Wi-Fi 6E、LTE
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ FHD&IRカメラ
5MP+IRカメラ
重さ 約1.68㎏~
バッテリー 52.5Wh/86Wh
最大約30.8時間
電源 65W/100W
価格 18.8万円~

レビュー

公式サイト

 

 

ThinkPad Eシリーズ

Eシリーズはエントリーモデルなので7万円台からありますが、安いからと言って性能が低いというわけではありません。ただし他のシリーズの様に、あれもこれも機能が付いているわけではないです。

2023年モデルから、画面アスペクト比が16:10と縦に長くなったので、他のThinkPadの様に使い勝手も高いです。

ここでは新製品のみを紹介しているので、Eシリーズ全機種のまとめで全ての機種を確認できます。

 

ThinkPad E14 Gen 6インテル

Lenovo ThinkPad E14 Gen 6 Intelのレビューインテル14世代CPU搭載で最大でCore Ultra 7 155Hが選択できるハイスペックモデルです。メモリとストレージはスロットが2つずつあり、増設も可能です。インターフェイスが高品質で、USB4、USB 3.2 Gen 2×2、Gen 2とGen 1があります。1.42㎏と平均的な重量で最大約9.2時間のバッテリー駆動時間。半日ほど外出先で作業をする人にちょうど良いスペックです

 

CPU Core Ultra 5 125H/125U
Core Ultra 7 155H/155U
メモリ DDR5-5600 最大32GB(最大容量64GB)
ストレージ SSD×2
グラフィックス インテルグラフィックス
インテルArcグラフィックス
ディスプレイ(14型) WUXGA/2.2 IPS タッチあり
通信 Wi-Fi 6/6E、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー/顔認証(オプション)
重さ 1.42㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約9.2時間
価格 11.9万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad E14 Gen 6 AMD

Lenovo ThinkPad E14 Gen 6 AMDのレビューインテルモデルの様に最新CPUじゃないですが、2024年発売のThinkPadで初の10万円以下の機種です。メモリは最大64GBと大きく、ストレージも増設できるので、長く使える機種です。14インチで1.44㎏とちょっと重たいですが、最大バッテリー駆動時間は約11.8時間と長く、出先でも存分に使えます

CPU Ryzen 3 7335U
Ryzen 5 7535U
Ryzen 7 7735U
Ryzen 5 7535HS
Ryzen 7 7735HS
メモリ DDR5-4800 最大32GB(最大容量64GB)
ストレージ SSD×2
ディスプレイ(14型) WUXGA/2.2 IPS タッチあり
通信 Wi-Fi 6/6E、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー/顔認証(オプション)
WEBカメラ HD、FHD、FHD+IRカメラ
重さ 1.44㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約11.8時間
価格 9.3万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad E16 Gen 2 AMD

Lenovo ThinkPad E16 Gen 2 AMDのレビュー16インチの大画面でメモリ最大64GB、SSDを2枚搭載できます。バッテリー駆動時間が長いので、16インチで1.81㎏と重たいですが、外出先でも大画面で作業をした人、もしくはエンジニアなどに向いた機種です。

CPU Ryzen 3 7335U
Ryzen 5 7535U
Ryzen 7 7735U
Ryzen 5 7535HS
Ryzen 7 7735HS
メモリ DDR5-4800 最大32GB(最大容量64GB)
ストレージ SSD×2
ディスプレイ(16型) WUXGA/WQXGA IPS タッチあり
通信 Wi-Fi 6/6E、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー/顔認証(オプション)
WEBカメラ HD、FHD、FHD+IRカメラ
重さ 1.81㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約13.2時間
価格 9.3万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad E16 Gen 2インテル

Lenovo ThinkPad E16 Gen 2 Intelのレビューインテル14世代CPU搭載でAI性能が高まった機種です。メモリとストレージの増設が可能で、かなり大容量にできます。画面比は16:10と縦に長く、17インチ並みの情報が表示され、2.5KディスプレイはsRGB 100%と高色域です。Thunderbolt 4対応USB4が1つ搭載しており、据え置き用としても使いやすい機種です。

CPU Core Ultra 5 125H/125U
Core Ultra 7 155H/155U
メモリ DDR5-5600 最大32GB(最大容量64GB)
ストレージ SSD×2
ディスプレイ(16型) WUXGA/WQXGA IPS タッチあり
通信 Wi-Fi 6/6E、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー/顔認証(オプション)
重さ 1.78㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約8.5時間
価格 12.0万円~

レビュー

公式サイト

 

 

ThinkPad Pシリーズ

Pシリーズはワークステーションで、開発者向けのシリーズです。

例えば動画を作る、設計図をCGで描く、長時間の処理が必要な研究、エラーが出ては困る作業をする人などをターゲットに作られています。

CPUに業務用サーバーやワークステーションに特化したXeonを選べ、ECCメモリと組み合わせることによって、システム全体の信頼性を向上できます。ただし、2021~22年頃からCPUの性能がかなり上がってきたので、ここ最近Xeonを搭載できる機種は見かけません。

一般的なパソコンにはグラフィックボードにGeForce(3Dゲーム/DirectXに最適化)が使われますが、本機種では旧称Quadro(CADなどの専門的な高度な技術計算/OpenGLに最適化)が搭載です。

また、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)により、アプリケーションとの互換性や安定稼働、高い運用性をテストされてISV認証を取得しているので、不具合が絶対に許されないプロの現場でも安心して使えます。

以下にて最新機種を紹介しますが、モバイルワークステーションの全機種は「Pシリーズ全機種の比較」で確認できます。

 

ThinkPad P16v Gen 2 Intel

Lenovo ThinkPad P16v Gen 2(Intel)のレビュー最高で14世代Core Ultra 9 185Hが搭載でき、メモリは96GB、SSD2枚、そして高度な技術計算(OpenGL)に最適化されたRTX Ada世代が搭載可能とハイスペック機種です。旧モデルになかったRJ45も搭載しているので、より快適になりました。外出先でもパワフルなことをする人に合います

CPU Core Ultra 7 155H
Core Ultra 7 165H
Core Ultra 9 185H
メモリ DDR5-5600 最大96GB
ストレージ SSD×2
グラフィックス 内蔵グラフィックス
RTX 500 Ada
RTX 1000 Ada
RTX 2000 Ada
RTX 3000 Ada
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS
WQUXGA IPS
LAN ギガビットイーサネット、Wi-Fi 6E、LTE
生体認証 指紋センサー(標準)、顔認証(オプション)
WEBカメラ 1080P/500万画素
重さ 約2.22㎏~
バッテリー(JEITA 3.0)
電源
最大約16時間
170W
価格 25.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P1 Gen 6

Lenovo ThinkPad P1 Gen 6のレビュー機動性を高めつつ、性能も最高峰まで上げられる機種です。ワークステーションにしてはコンパクトで軽量なので、外出先でも高負荷な作業をする人に合います

CPU Core i7-13700H/13800H
Core i9-13900H
メモリ 最大96GB
ストレージ SSD×2
グラフィックス RTX A1000
RTX 2000/3500/4000/5000 ada
Geforce RTX 4060/4080/4090
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS
WQXGA IPS
WQUXGA OLED
LAN Wi-Fi 6E
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ なし/FHD/5MP
バッテリー
電源
最大約19.5時間
170/230W
標準保証 1年間
価格 34.4万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P16 Gen 2

Lenovo ThinkPad P16 Gen 2のレビュー2023年のLenovoノートパソコン最高峰の機種で、これより高いスペックの機種は出ないんじゃないかなと思います。16インチで約3㎏と重たいですが、LTEも搭載可能で現場作業にも向いています。ただし、ストレージが異常に高く、購入する人も限られると思います

CPU Core i5-13600HX
Core i7-13700HX
Core i7-13850HX
Core i9-13980HX
Core i9-13950HX
メモリ 最大192GB
ストレージ SSD ×2
グラフィックス 内蔵グラフィックス
Intel Arc Pro A30M
RTX A1000
RTX 2000/3500/4000/5000 ada
ディスプレイ(16型) WUXGA/WQXGA IPS 光沢なし
WQUXGA OLED 光沢なし
無線 Wi-Fi 6E、LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 1080p FHD、IRカメラ搭載モデルあり
重さ 約2.95㎏~
価格 30.4万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P16v Gen 1 AMD

Lenovo ThinkPad P16v Gen 1 AMDのレビュー持ち運び兼据え置き用の機種で、そこそこの性能とそこそこの機動性があります。デフォルトで性能は高めですが、ディスプレイのみカスタマイズからアップグレードした方が良いかもしれません

CPU Ryzen 5 PRO 7640HS
Ryzen 7 7840HS
Ryzen 7 PRO 7840HS
Ryzen 9 PRO 7940HS
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD×2
グラフィックス 内蔵グラフィックス
RTX A500
RTX A1000
RTX 2000 Ada
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS
WQUXGA IPS
無線 Wi-Fi 6E、LTE
生体認証 指紋センサー(標準)、顔認証(オプション)
WEBカメラ 1080P/500万画素
重さ 約2.2㎏~
バッテリー
電源
最大約20.5時間
135/170W
価格 17.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P16s Gen 2 AMD

Lenovo ThinkPad P16s Gen 2 AMDのレビュービジネス向けのPROモデルCPUが搭載し、最新スペック満載の機種です。内蔵グラフィックスなので高度なことはできませんが、バッテリー駆動時間が約30時間以上と長く、16インチですが持ち運び向きです

CPU Ryzen 5 PRO 7540U
Ryzen 7 PRO 7840U
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS タッチあり
WQUXGA OLED
通信 Wi-Fi 6E、4G LTE、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 720p/1080p/500万画素
重さ 1.7㎏~
バッテリー 52.5Wh/86Wh
最大約30.8時間
価格 15.3万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P16s Gen 3

Lenovo ThinkPad P16s Gen 3のレビューAIコア搭載のインテル14世代CPUを搭載し、vProモデルもあるので一括管理がしやすい機種です。16インチと大画面で、質量は1.82㎏と持ち運びもできるくらいです。エントリークラスのスペックで、2DCADや簡単な3DCAD、画像・動画編集などに合います

CPU Core Ultra 5 125H/135H
Core Ultra 7 155H/165H
Core Ultra 9 185H
メモリ DDR5-5600 最大96GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA RTX 500 Ada
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS
WQUXGA OLED
通信 Wi-Fi 6E、LTE、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.82㎏~
バッテリー 最大約14.18時間
標準保証 1年間
価格 21.6万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P14s Gen 5 Intel

Lenovo ThinkPad P14s Gen 5(Intel)のレビューインテル14世代にRTX 500 Adaも搭載できるエントリークラスのワークステーションです。最大メモリが96GBと大きく、画面アスペクト比が16:10の14.5インチで、15.6インチ並みの情報が表示されます。持ち運びもしやすく、作業効率も高い機種です

CPU Core Ultra 5 125H/135H
Core Ultra 7 155H/165H
Core Ultra 9 185H
メモリ DDR5-5600 最大96GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA RTX 500 Ada
ディスプレイ(14.5型) WUXGA IPS
WQXGA IPS
3K IPS
通信 Wi-Fi 6E、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.61㎏~
バッテリー 最大約13.8時間
価格 21.2万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P14s Gen 4 AMD

Lenovo ThinkPad P14s Gen 4 AMDのレビュー上位モデルのRyzen 7040シリーズ搭載で、USB4も搭載した優れものです。最軽量モデルはたったの1.34㎏と軽く、毎日持ち運ぶ人に合います。ワークステーションとしてのスペックはローエンドですが、2DCADや簡単な3DCAD、画像/動画編集をする人に向いています。

CPU Ryzen 5 PRO 7540U
Ryzen 7 PRO 7840U
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA RTX A500
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチあり
2.8K OLED
通信 Wi-Fi 6E、4G LTE、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 720p/1080p/500万画素
重さ 1.34㎏~
バッテリー 39.3Wh/52.5Wh
最大約22.4時間
価格 16.1万円~

レビュー

公式サイト

 

 

Thinkpad Lシリーズ

ThinkPad Lシリーズは一部のワークステーションやX1シリーズを除き、唯一公式サイトで64GBメモリが搭載できるシリーズです。ただし、モデルによっては旧モデルのスペックが搭載していたり、量販店で販売されることが多いです。

また、Lシリーズは基本的に、カスタマイズをして自分の好みのスペックにする機種なので、しっかりスペックを確認して購入する費用があります。

最新機種のみ紹介しているので、Lシリーズの全ての機種は「Lシリーズ全機種の比較」からどうぞ。

 

ThinkPad L13 2-in-1 Gen 5 Intel

Lenovo ThinkPad L13 2-in-1 Gen 5 Intelのレビュー14世代CPUが搭載で、AI性能が高くなった機種です。2 in 1 PCでは軽めの1.32㎏で、バッテリー駆動時間は約10.3時間と半日以上は使えそうです。CPUやメモリ性能も高く、ディスプレイは16:10と縦に長いので、13.3インチでも14インチ以上の情報量が表示され、作業がしやすいです。

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
メモリ LPDDR5-7500 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS タッチパネルあり
LAN Wi-Fi 6E、LTEあり、ギガビットイーサネット
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ 720p HD
1080p FHD
重さ 1.32㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.3時間
価格 17.8万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L14 Gen 5 Intel

Lenovo ThinkPad L14 Gen 5 Intelのレビューインテル14世代CPU搭載でメモリは最大64GBと大きく、14インチで1.4㎏、そしてバッテリー駆動時間が最大約13.6時間と長いです。標準的な重量なので、社内移動が多い人や時々持ち運ぶという人に合います。

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
Core Ultra 5 125H
Core Ultra 7 155H
メモリ DDR5-5600 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス Intel Graphics
Intel Arc Graphics
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチパネルあり
LAN Wi-Fi 6E、LTEあり、ギガビットイーサネット
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ 720p HD
500万画素
重さ 1.4㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約13.6時間
価格 21.4万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L14 Gen 5 AMD

Lenovo ThinkPad L14 Gen 5 AMDのレビューRyzen 7035シリーズが搭載でメモリは最大64GBと大きく、画面もついに16:10と縦に長くなったので、今まで以上に使いやすい機種です。重量は平均的で、バッテリーはちょっと長めの約10.5時間です。Wi-Fi 6EにLTEも搭載可能、RJ45にUSB4もあるので、社内移動が多い人に合います

CPU Ryzen 5 PRO 7535U
Ryzen 7 PRO 7735U
メモリ DDR5-5600 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチパネルあり
LAN Wi-Fi 6E、LTEあり、ギガビットイーサネット
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ 720p HD
500万画素
重さ 1.4㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.48時間
価格 20.6万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L16 Gen 1 Intel

Lenovo ThinkPad L16 Gen 1 Intelのレビュー最高でインテル14世代Core Ultra 7 155Hが搭載でき、メモリは最大64GBと大容量です。vPro対応CPUもあるので、企業で一括管理をするにも便利です。WEBカメラは最高で500万画素と超高画質、Thunderbolt 4も搭載。Wi-Fi 6Eに対応しギガビットイーサネットも搭載と、必要なものはほぼあると思います。据え置き用に合いますが、バッテリー駆動時間が長く画面も大きいので、外出先でもがっつり作業したい人にも合います

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
Core Ultra 5 125H
Core Ultra 7 155H
メモリ DDR5-5600 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS タッチパネルあり
LAN Wi-Fi 6E、LTEあり、ギガビットイーサネット
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ 720p HD
500万画素
重さ 1.77㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約12.4時間
価格 21.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L16 Gen 1 AMD

Lenovo ThinkPad L16 Gen 1 (AMD)のレビューRyzen PRO 7035シリーズ搭載で、大画面16インチになります。メモリの増設ができるので、ゆくゆくスペック不足になったら増設すると長く使えます。1.77㎏と持ち運びには重たいですが、バッテリー駆動時間もそこそこ長く、LTEも搭載可能なので、社内移動や時々外出する人にも合います

CPU Ryzen 3 PRO 7335U
Ryzen 5 PRO 7535U
Ryzen 7 PRO 7735U
メモリ DDR5-5600 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS タッチパネルあり
LAN Wi-Fi 6E、LTEあり、ギガビットイーサネット
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ 720p HD
500万画素
寸法(幅×奥行×高さ) 357.2 x 253.4 x 20.8mm
重さ 1.77㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.4時間
標準保証 1年間
価格 21.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L13 Gen 5 Intel

Lenovo ThinkPad L13 Gen 5 Intelのレビューインテル14世代CPUが搭載し、AL性能が高まった機種です。13.3インチで最大32GBのメモリを搭載でき、LTEも搭載可能、最大約11時間のバッテリー駆動時間があり1.26㎏と持ち運びがしやすい重さです。

CPU Core Ultra 5 125U/135U
Core Ultra 7 155U/165U
メモリ LPDDR5-7500 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS タッチパネルあり
LAN Wi-Fi 6E、LTEあり、ギガビットイーサネット
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ 720p HD
1080p FHD
重さ 1.26㎏~
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約11時間
価格 15.5万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L13 Yoga Gen 4 AMD

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 AMDのレビューLシリーズにしては珍しく標準スペックが高く、そのまま購入しても良さそうな機種です。スペックは中クラスで、ビジネス用途では十分なほどです。2 in 1 PCなので、場所を選ばずに使いやすいのもポイントです

CPU Ryzen 3 7330U
Ryzen 5 PRO 7530U
Ryzen 7 PRO 7730U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TGB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS 光沢/光沢なし
無線 Wi-Fi 6E
生体認証 指紋センサーと顔認証搭載可能
WEBカメラ HD、FHD、FHD+IRカメラ
重さ 1.32㎏~
バッテリー 最大約15.3時間
付属 Lenovoペン
価格 14.8万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L13 Gen 4 AMD

Lenovo ThinkPad L13 Gen 4 AMDのレビュー13.3インチで最大メモリ容量が32GBと大きく、パワフルな機種ですが、1.26㎏と軽く、バッテリーも最大15時間以上と使いやすい機種です。画面アスペクト比が16:10と縦に長いので、14インチ並みに見やすいです

CPU Ryzen 3 7330U
Ryzen 5 PRO 7530U
Ryzen 7 PRO 7730U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS液晶 光沢なし タッチあり
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6E、4G LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証搭載可能
Webカメラ 720p HD
1080p FHD & IRカメラ
重さ 1.26㎏
バッテリー 最大15.3時間
価格 8.8万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L15 Gen 4 Intel

Lenovo ThinkPad L15 Gen 4 Intelのレビューディスプレイが低品質ですが、それ以外は普通~上位クラスのスペックです。バッテリー駆動時間は約20時間近くと長く、ACアダプタを持ち運ばなくてもある程度外出先で作業ができます。

CPU Core i3-1315U
Core i5-1335U/1345U
Core i7-1355U/1365U
メモリ DDR4 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS
無線 Wi-Fi 6 / 6E、LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ HD、FHD、FHD+IRカメラ
重さ 約1.77㎏
バッテリー 46.5/57/63Wh
最大約19.4時間
価格 16.0万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad L15 Gen 4 AMD

Lenovo ThinkPad L15 Gen 4 AMDのレビューセキュリティが強化されたPROモデルのCPUを搭載し、全体的にハイスペックにできます。が、ディスプレイが低品質なので、外部モニターを使用し、据え置き用として使う人に合うかもしれません。

CPU Ryzen 3 PRO 7330U
Ryzen 5 PRO 7530U
Ryzen 7 PRO 7730U
メモリ DDR4 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS
無線 Wi-Fi 6 / 6E、LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ FHD、FHD+IRカメラ
重さ 約1.77㎏
バッテリー 46.5/57/63Wh
最大約18.1時間
価格 24.4万円~

レビュー

公式サイト

 

 

ThinkPad Cシリーズ

2020年12月の出た新しいシリーズで、Chrome OSを使ったThinkPadです。いわゆるChromebookですね。

基本的にChromebookはスペックが低くても快適に動くのですが、さすがThinkPadの名を冠しているだけあって、高めのスペックです。

ちなみに、ChromebookはMicrosoft Officeが使えないなんて言う人もいますが、Google PlayからOffice系のアプリをダウンロードできるし、オンラインのOfficeも使えます。また、最初から入っているGoogleドキュメントやスプレッドシートは私が使っている限りでは誤変換もなく使えているので、わざわざOfficeを使わなくてもいいかもしれません。

ただし、ここ最近新機種が出ていないので、販売モデルはありません。

 

 

最後に

他の記事ではピンポイントに良い機種を紹介しているので、こちらも併せてどうぞ。

Lenovoおすすめノートパソコン・愛用者が紹介するから間違いない!

10万円以下のLenovoビジネスノートパソコン特集

社会人におすすめのLenovoノートパソコン