Lenovo IdeaPad全種類の特徴とレビューを紹介

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

Lenovo IdeaPadには種類が色々あり、どれを買っていいか迷うことってありますよね。

私がも初めて購入したときは迷いに迷い、結局セールで割引されていたIdeaPad S540を購入しました。とりあえず分かんなかったので、Core i7を買えばいいだろうみたいな感じでしたね(笑)。

今現在、レビュー用にも多く購入し、20台ほどのLenovoPCがあるので、詳しく違いなども紹介できると思います。

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

IdeaPadの型番・種類

<写真は筆者が過去~現在に使っているIdeaPadの一部です>

筆者購入Lenovo IdeaPadシリーズ<右上から時計回りにIdeapad Flex 550i 14型,Duet Chromebook,Flex 550 ,320S>

Lenovo IdeaPad Flex 550 15.6型(AMD Ryzen 5000シリーズ) とFex 550i 14型の比較<2021年購入のIdeaPad Flex 550の15型と2020年購入のFlex 14型>

Lenovo Ideapad slim 360 , Duet , Flex 570 , Slim 5i Gen 9

レノボのアイデアパッドは主に、3桁の番号でシリーズが分けられていますが、シリーズ名がいきなり変わる事も稀にあります。

 

  1. Slim 5(旧・S500シリーズ)
  2. Flex 5(2 in 1 PC)
  3. Slim 3(旧・S300シリーズ)
  4. Slim 1(旧S100)
  5. IdeaPad Chromebook

 

IdeaPadシリーズの比較

シリーズ CPU ディスプレイ 素材
Slim 1 低~高性能モデル HD TN液晶
FHD TN液晶
主に樹脂
Slim 3 低~高性能モデル FHD IPS アルミニウム+樹脂
Slim 5
Flex 5
中~高性能モデル FHD IPS液晶 アルミニウム+樹脂
Pro 高~ハイエンドモデル 2.2K/2.5K
画面比16:10
アルミニウム

安いモデルには解像度の低いHD液晶や、視野角の狭いTN液晶が使われています。また、パソコンの頭脳であるCPUにも、CeleronやAthlonといった省電力モデル(性能が低い)もあります。

素材は低価格モデルは樹脂素材(プラスチック)になりますが、標準的なIdeaPadは天板がアルミニウム、底面が樹脂になります。

IdeaPad アルミニウム天板と樹脂底面カバー

基本的にすべてのモデルはSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)なので、パソコンの起動も10秒~15秒くらいと速いです。

そして、人気が高いのはSlim 5シリーズですね。8万円くらいからでまともな性能、まともなディスプレイ、そして一部にアルミニウムを使っているからです。

カスタマイズしたら性能が上げれるものも有るので絶対にこうだというわけではありませんが、1シリーズよりも3シリーズ、3シリーズよりも5シリーズと番号が大きいものの方が良い性能、良いインターフェース、良い素材です。

また、機種が更新されるにつれ、このように番号が変わっていきます。570以降は580にならずに5 Gen 8となっています。

  • 550→560→570→Gen 8→Gen 9・・・

他にもIdeaPadには数字だけの物やSシリーズ、Cシリーズがありますが、意味はこうなっています。

  • Sシリーズ・・・SもしくはSlim(スリム)と記載され、薄型の機種になります
  • FLEX(旧Cシリーズ)・・・Flexible(柔軟)の略で、ヒンジが360度回転する

 

Lenovo IdeaPad 2 in 1 PC

<Flexは2 in 1 PCと呼ばれます>

下記にシリーズごと・年代ごとに紹介しています。

 

 

サポート

Lenovo IdeaPadの保証・サポートの種類

IdeaPadでは標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、以前は3年までだった延長が、2021年から最長4年になりました。また、プレミアムケア/Premium Care Plusと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは夕方6時まで)

Premium Care Plusは、アクシデントダメージプロテクションなどが追加された、上位サポートです。

IdeaPadの保証とサポート 詳細

引き取り修理とは、家などの指定住所に引き取り業者が取りに来てくれるので楽です。自分でリペアセンターに送らなくていいし、Lenovoの契約業者が来るので安心です。また、修理は国内でやっており、NECのコンピューター事業所で対応しているので、日本クオリティだし、修理、返送も比較的早いです。

 

Lenovo アクシデントダメージプロテクションの概要と価格

ADP(アクシデントダメージプロテクション)は、落下や水濡れ、火災などの事故による障害や、盗難紛失にも対応する保証です。これは素晴らしいと思います。

 

 

IdeaPad一覧

機種名をクリックすると、下記レビューに移動します。ブラウザの戻るボタン「←」を押すと、ここに戻ってきます。

低価格モデルをお探しの方は、「おすすめの低価格ノートパソコン・5万円以下」を参考にどうぞ。

注)下の表は新しい機種のみ記載しており、まだ販売中でも古いものは除外しています。

5万円以下9万円未満9万円以上長時間バッテリー軽量モデル

注)バッテリーは最大駆動時間、JEITA 2.0/3.0測定

 

2022年以前の機種をお探しの場合は、「Lenovoノートパソコン旧モデル一覧」をどうぞ。

 

 

2024年モデル

 

IdeaPad Pro 5i Gen 9

Lenovo IdeaPad Pro 5i Gen 9 14型 正面14世代CPU搭載で、Proモデルのハイスペック機種です。ディスプレイが特に高品質で2.8K OLED(IPSもあり)、高色域のDCI-P3 100%+10bit表示で業務用スペックです。全体的に欠点がない機種で、持ち運び兼据え置き用に合うクリエイターPCです

CPU Core Ultra 5 125H
Core Ultra 7 155H
メモリ LPDDR5X 32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス インテルArcグラフィックス
ディスプレイ(14型) 2.8K(2880×1800) IPS sRGB 100% 光沢なし
2.8K(2880×1800) OLED  DCI-P3 100% 光沢
無線 Wi-Fi 6E
その他 FHD 1080p+IRカメラ、Thunderbolt 4
重さ 1.46㎏
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.5時間(動画再生時)
標準保証 1年間
価格 12.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Pro 5 Gen 9 14型 (AMD)

Lenovo IdeaPad Pro 5 Gen 9 14型(AMD)のレビューRyzen 8000HSシリーズ搭載の本機はRTX 3050も搭載でき、2.8K OLED 10bitと業務用にも使えるスペックです。ハイスペックですがバッテリー駆動時間は最大12.9時間と長く、1.46㎏と持ち運びも苦じゃない重量です。USB4も搭載しており、ドックがあれば据え置き時にも使いやすいです。

 

CPU Ryzen 5 8645HS
Ryzen 7 8845HS
メモリ LPDDR5X-6400 最大32GB
ストレージ 最大SSD 1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
RTX 3050
ディスプレイ(14型) 2.8K(2880×1800) OLED  DCI-P3 100% 光沢
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E/6
生体認証 顔認証
WEBカメラ FHD 1080p+IRカメラ
アダプタ 100/140W
重さ 1.46㎏
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約12.9時間(動画再生時)
価格 12.3万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 5i Gen 9 14型

Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 9 正面から普段使い用のPCとは思えないスペックで、インターフェス以外は全体的にハイエンドモデルです。特にグラフィック性能が高く、計測したベンチマークは、GTX 1650 Max-Qよりもすべて高かったです。ディスプレイは最高でOLED+DCI-P3 100%を選べるので、クリエイターにも合う機種です

CPU Core Ultra 5 125H
Core Ultra 7 155H
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス Intel Arkグラフィックス
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS/OLED
無線 Wi-Fi 6/6E
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ FHD、FHD+IRカメラ
重さ 1.46㎏
バッテリー 最大約19.6時間(動画再生時)
価格 約12万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 5i Gen 9 15.3型

Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 9 15.3型のレビュー15.3インチと変わったサイズですが、画面アスペクト比が16:10と縦に長いので16インチ並みの情報が表示されます。省電力モデルのインテル14世代Uシリーズを搭載し、全体的に最新スペックを搭載していますが、7万円台からとコスパが高い機種です

CPU Core 5 120U
Core 7 150U
メモリ LPDDR5X 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.3型) WUXGA IPS 光沢なし
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6/6E
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ FHD、IRカメラあり
重さ 約1.793㎏
バッテリー 最大約9.8時間
価格 7.7万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad 5i 2-in-1 Gen 9 16型

Lenovo IdeaPad 5i 2-in-1 Gen 9 16型のレビュー最新スペックが満載の2 in 1 PCで、なんと2K OLEDディスプレイも選択可能です。最高色域はDCI-P3 100%と高く、クリエイターや動画視聴をよくする人に向いています。バッテリー駆動時間もそこそこ長いですが、重量が2㎏と重ためです

CPU Core 5 120U
Core 7 150U
メモリ LPDDR5X 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS 光沢あり
2K OLED 光沢あり
無線 Wi-Fi 6/6E
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ FHD
重さ 約2.0㎏
バッテリー 最大約9.6時間
付属 Lenovoデジタルペン
価格 11.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型 AMD

Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD)のレビューRyzen 8000HSシリーズが搭載した2 in 1 PCで、高性能・最新スペック満載の機種です。ペンも付属しており、これ1台購入したらすぐにイラストやメモ取りなどもできます。CPU性能がかなり高く、OLEDディスプレイを選べば高色域DCI-P3 100%なので、クリエイティブワークにも向いています

CPU Ryzen 5 8645HS
Ryzen 7 8845HS
メモリ LPDDR5X 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS 光沢あり
WUXGA OLED 光沢あり
無線 Wi-Fi 6/6E
生体認証 指紋センサー
重さ 約1.6㎏
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.4時間
付属 Lenovoデジタルペン
価格 9.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 3i Gen 9 14

Lenovo IdeaPad Slim 3i Gen 9 14型のレビュー低価格モデルのSlim 3シリーズですが、画面比は16:10と縦に長く、DDR5にSSD PCIe 4.0が搭載、WEBカメラは高画質FHDと高めのスペックです。電源ボタンに統合された指紋センサーもついており、サインインは一瞬です。このスペックで6万円台からと、2024年モデルでTOP5に入るコスパが高い機種だと思います。

 

CPU Core 3 100U
Core 5 120U
メモリ DDR5-5200 最大16GB
ストレージ SSD 最大1GB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS液晶 光沢なし
LAN Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ 1080p FHD
重さ 約1.37㎏
バッテリー(JEITA 3.0)
JEITA 2.0
最大約8.2時間(動画再生時)
最大約12.9時間
価格 6.7万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 3i Gen 9 16

Lenovo IdeaPad Slim 3i Gen 9のレビュー6万円台からと低価格ですが、16インチの大画面でアスペクト比が16:10と縦に長く、17インチ並みの情報が表示されます。指紋センサーやWi-Fi 6、そしてFHD Webカメラが搭載と、6万円台のPCとは思えないスペックです

CPU Core 3 100U
Core 5 120U
Core 7 150U
メモリ DDR5-5200 最大16GB
ストレージ SSD 最大1GB
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS液晶 光沢なし
LAN Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ 1080p FHD
重さ 約1.74㎏
バッテリー(JEITA 3.0)
JEITA 2.0
最大約7.7時間(動画再生時)
最大約13.9時間
価格 6.6万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD)

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD)のレビューなぜか旧スペック搭載の旧モデルが2024年に発売されました。海外では2023年に発売されていたモデルですが、おそらく人気が高かったので日本でも急に発売決定になったのかなと思います。この価格にしてはしっかりとした機種で、コスパはかなり高いです

CPU Ryzen 3 7330U
Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ DDR4 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS液晶
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ FHD
重さ 約1.62㎏
バッテリー 最大約14時間
価格 6.1万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)一応2024年モデルですが、その他の2024年モデルのような最新スペックは搭載していません。
低価格モデルのSlim 1シリーズですが、CPUはRyzen 5000/7000シリーズと高性能で、メモリもSSDも標準的な品質のため、あまり安くないです。ディスプレイの品質がちょっと低いので、モニターに繋いで使う人に合うと思います。また、バッテリーはこのクラスにしては長い、11.2時間もあります

CPU Ryzen 5 5500U
Ryzen 3 7320U
Ryzen 5 7520U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(14型) FHD TN液晶 光沢なし 220nit
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.0
生体認証 なし
重さ 1.4㎏
バッテリー 11.2時間
価格 5.8万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 170 15.6型 (AMD)

IdeaPad Slim 170 15.6型 AMD一応2024年モデルですが、その他の2024年モデルのような最新スペックは搭載していません。
低価格モデルのSlim 1シリーズですが、筐体も小さく軽量、ベゼル(画面の黒い枠)も細く、外観は安っぽく見えません。性能は旧スペックを搭載していますが、Ryzen 5000/7000シリーズ搭載で、快適に使えます

CPU Ryzen 5 7520U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大256GB
ディスプレイ(15.6型) FHD TN 光沢なし
OS Windows 11 Home
無線 WiFi5、Bluetooth 5.0
重さ 1.6㎏
バッテリー 最大約12時間
価格 5.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 170i 15.6型 インテル

IdeaPad Slim 170i 15.6型 インテル一応2024年モデルですが、その他の2024年モデルのような最新スペックは搭載していません。
久しぶりの低価格モデルで、2023年に5万円以下で買える貴重なノートパソコンです。スペックは控えめなので、あまりPCを使わないけど必要、と言う人に合います

CPU Celeron N4120
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(15.6型) FHD TN 光沢なし
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0
生体認証 なし
バッテリー 最大約13時間
価格 4.9万円~

レビュー

公式サイト

 

 

2023年モデル

 

IdeaPad Slim 3 Chromebook Gen 8

Lenovo IdeaPad Slim 3 Chromebook Gen 8のレビュー2023年発売のLenovoノートパソコンで、一番コスパが高いんじゃないかと思う機種です。14インチで約1.3㎏と軽く、バッテリー駆動時間は最大約13.5時間、そしてWi-Fi 6にも対応です。ディスプレイはFHD IPS液晶で、なんとsRGB 100%の広色域です

CPU MediaTek Kompanio 520
メモリ LPDDR4X 4GB
ストレージ eMMC 64GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶 タッチ
OS Chrome OS
無線 Wi-Fi 6
重さ 約1.3㎏
バッテリー 最大約13.5時間
価格 3.7万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 3i Chromebook Gen 8 (Intel)

Lenovo IdeaPad Flex 3i Chromebook Gen 8 (Intel)のレビュー低価格モデルの2 in 1 PCで、Chromebookとしてはそこそこ性能が高い機種です。CPUには人気のIntel 100を採用しており、画面アスペクト比は16:10と縦に長く、12.2インチですが13インチ並みの情報が表示されます。こちらは公式サイトではあまり販売されておらず、amazonでより安い価格でも販売されていました

CPU Intel N100
メモリ 4GB
ストレージ eMMC 64GB
ディスプレイ(12.2型) WUXGA IPS液晶 光沢あり タッチ
OS Chrome OS
WEBカメラ HD 720p
重さ 約1.25㎏
バッテリー 最大約12時間
価格 4.5万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 5 Light Gen 8(AMD)

Lenovo IdeaPad Slim 5 Light Gen 8(AMD)のレビューIdeaPadの新シリーズで、Slim 5 Lightになります。ライトと言う名前から分かるように、14型で1.17㎏~と軽いんです。しかも、軽いだけじゃなくバッテリーも最大約17時間と長く、MILスペックに準拠した堅牢性もあるので、持ち運びにピッタリの機種です

CPU Ryzen 3 7330U
Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサーあり
WEBカメラ FHD 1080p
重さ 約1.17㎏~1.24㎏
バッテリー 最大約17時間
価格 8.4万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 5 Gen 8

Lenovo IdeaPad Slim 5 Gen 8 14型 AMD 正面高性能Ryzen 7000シリーズ搭載で全体的に標準以上の性能です。インテルモデルよりも若干性能が劣りますが、1.5万も価格が安いのでお得です。

CPU Ryzen 5 7530U
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS 光沢なし 300ニト
無線 Wi-Fi 6E
生体認証 顔認証
重さ 1.46㎏
バッテリー 最大約19時間
価格 8.4万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 5i Gen 8 16型

Lenovo IdeaPad Flex 5i Gen 8 16型のレビューもう、普段使いモデルとは呼べないほどのスペックで、上位のビジネスノートのみに搭載しているThunderbolt 4もあります。希少な16インチの2 in 1 PCで、使い勝手は抜群です

カラー アークティックグレー
アビスブルー
CPU Core i5-1335U
Core i7-1355U
メモリ 8/16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16型) WUXGA/WQXGA IPS 光沢 タッチ
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ 1080p FHD
重さ 約2.1㎏
バッテリー 最大約17時間
ペン Lenovoデジタルペン(一部モデルに付属)
価格 11.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 5i Gen 8 14型

Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8 14型第13世代CPUが搭載で、ハイエンドビジネスノート?と思うほど、全体的に高いスペックです。水濡れや落下に耐える設計で、MIL規格に準拠、画面比は16:10と縦に長いので、15インチ並みの情報が表示されます

CPU Core i5-1340P
Core i7-1360P
Core i5-13500H
Core i7-13620H
メモリ 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS 光沢なし 300ニト
WUXGA OLED 光沢あり 400ニト
無線 Wi-Fi 6E
生体認証 顔認証
WEBカメラ FHD 1080p
重さ 1.46㎏
バッテリー 最大約15時間
価格 9.8万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 5 Gen 8 14 AMD

IdeaPad Flex 5 Gen 8 14型(AMD)Ryzen 7000シリーズ搭載で、2.2Kディスプレイが選べたり、Windows 11 Proも選べ、ビジネスモデルよりの普段使いPCです。2 in 1 PCで形を変えることができるので、どこででも使いやすいです

CPU Ryzen 3 7330U
Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ 8GB/16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS NTSC 45%
2.2K IPS sRGB 100%
その他 Wi-Fi 6、指紋センサー、HD/FHDカメラ、Lenovoデジタルペン付属
重さ 1.55㎏
バッテリー 最大約14.5時間
価格 7.7万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Gaming 370 AMD

Lenovo IdeaPad Gaming 370最新のRyzen 7000シリーズで、ハイパフォーマンスモデルのHSシリーズです。グラボはRTX 2050かRTX 3050 Tiと最新ではないですが、グラボ付きのPCとしてはコスパが高いです

CPU Ryzen 5 7535HS
Ryzen 7 6800H
メモリ DDR5 16GB
ストレージ SSD 512GB
グラフィックス RTX 2050
RTX 3050 Ti
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート 120Hz
OS Windows 11 Home
無線
有線
Wi-Fi 6
ギガビットイーサネット
Webカメラ 720p HD
重さ 2.32㎏
バッテリー
電源
最大13.8時間
135W
価格 10.9万円~

公式サイト

 

 

最後に

Lenovo IdeaPadはコスパが良いし、ラインナップも豊富で価格帯もいろいろあるので、お気に入りの物がすぐに見つかると思います。

気になるものがあったら、公式ページで詳細を確認してみて下さい。また、旧モデルは「Lenovoノートパソコン旧モデル一覧」でご紹介しています。