Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD)のレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

2024年4月に発売開始したIdeaPad Slim 3 Gen 8 AMDですが、海外では2023年に発売されており、日本では1年遅れになりました。

1年遅れなのでスペックは2023年のものがメインですが、6万円台から発売されているにもかかわらず、しっかりとしたスペックになっています。

最新スペックにこだわらないけど、サクサク使えるPCが欲しいという場合に合います。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 3.8]
コスパ [usr 4.4]
総合評価 [usr 4.0]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD)のスペック

CPU Ryzen 3 7330U
Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ DDR4 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS液晶
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ FHD
寸法(幅×奥行×高さ) 359.3 × 235 × 17.9mm
重さ 約1.62㎏
バッテリー 最大約14時間
標準保証 1年間
価格 6.1万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUはRyzen 7000シリーズが搭載で、普段使い用としてはかなり高い性能で、Ryzen 3でも約1.1万ほどのCPU Markスコアがあり、十分サクサク使えますね。

メモリはDDR4-3200MHzで最大16GB、ストレージはデータ転送速度が速いSSD PCIe NVMeで最大2TBと大容量です。

ディスプレイはFHD IPS液晶と一般的で、光沢なしになります。

その他のスペックはOSにはWindows 11 Homeが搭載で、無線は高速通信が可能なWi-Fi 6、そして指紋センサーが搭載です。

15.6インチで1.62㎏と軽めで、バッテリー駆動時間は最大約14時間とそこそこあるので、据え置き用兼持ち運び用に向いています。

Lenovo AI Engineを搭載しており、適応性の高いSmart Power機能で、作業に基づいて、パフォーマンス、バッテリーライフ、熱効率を最大化します。AI EngineはゲーミングPCに搭載されるシステムでしたが、普段使い用の本機にも搭載しています。

 

 

公式サイト

 

2024年のトレンドと比較

2024年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

Ryzen 8000 DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
× × × ×
Wi-Fi 6 sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
×
Copilotボタン 生体認証 バッテリー14時間以上
×

さすがに2023年の機種なので2024年のトレンドにはほぼ沿っていませんが、いくつか丸もあり悪くないと思います。

 

 

旧モデルとの比較

旧モデルは2022年発売のIdeaPad Slim 370 15 AMDで、変更点はこちらです。

・CPUがRyzen 7000シリーズにアップ(以前はRyzen 5000シリーズ)
・TN液晶がIPS液晶に
・HD WebカメラがFHDに
・バッテリー駆動時間が最大9時間から14時間に

欠点だった部分が改善されていますね。

 

特徴

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) 右斜め前から

低価格モデルにしてはベゼル(画面の黒い枠)も細く、安っぽさが全然ないですね。画面占有率は88%と高く、上位モデルとそん色ないくらいです。

 

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) 横から

寸法はこちらで、この価格のPCにしてはコンパクトで薄いと思います。

・幅 359.3㎜
・奥行き 235㎜
・厚さ 17.9㎜

 

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) 天板

シンプルなデザインでアークティックグレーと言う色で、どこにでも、誰にでも合いそうですね。

 

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) アビスブルー

アビスブルーと言う色違いもあります。

 

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) 底面カバー

底面には幅広く通気口がとられています。

 

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) キーボード

キーボードは84キーの日本語キーで、バックライト付き、テンキーです。タッチパッドは104㎜×69㎜と大きくないですが、使いにくいサイズと言うわけでもありません。

 

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) 正面

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度で、コントラスト比が高く視野角も広いIPS液晶になります。

色域はNTSC 45%と一般的な低価格モデルに採用されるものですが、このPCで画像編集などをしないと思うので、気にならないと思います。

輝度は意外に高く300ニトになり、こちらは輝度の目安です。

220ニト 室内ならなんとか使える。明るい室内では暗く見える
250ニト 室内向け。屋外では日陰ならギリギリ使える
300ニト 屋外の日陰でも見える
400ニト 屋外でも使いやすいが、直射日光が当たるとちょっとくらい
500ニト 屋外向け
600ニト 画面に直射日光が当たっても比較的見える

 

 

高画質FHD Webカメラ搭載

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) 右斜め前から

意外と言ったら失礼ですが、ビジネスPCに採用されることが多い、高解像度FHD Webカメラ(207万画素)が搭載しています。

通常、低価格モデルや普段使いPCにはHD(約92万画素)が搭載されるので、本機はWeb会議やオンラインレッスンなどで相手により映りが良い自分が表示されます。

FHDとHDじゃ全然違いますね。

 

 

Ryzen 7000シリーズ搭載

Ryzen 7 7730U Ryzen 5 7530U Ryzen 3 7330U
製造プロセス 7nm
アーキテクチャ Zen 3
コア/スレッド 8/16 6/12 4/8
L3キャッシュ 16MB 8MB
ベースクロック 2.0Hz 2.3GHz
ブーストクロック 4.5GHz 4.3GHz
GPUコア 8 7 6
TDP 15W

アーキテクチャはRyzen 5000シリーズと同じZen 3になり、TDPは省電力の15Wです。最大温度が95°と低いので、今までよりも長時間高負荷な作業がしやすくなっています。

こちらはCPUの性能を測るCPU Markスコアです。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 7735U  19706
Ryzen 7 7730U  19287
Ryzen 7 5825U  18328
Ryzen 5 7535U  17123
Ryzen 5 7530U  16139
Ryzen 5 5625U  15108
Ryzen 3 7330U  11013
Ryzen 3 5425U  10946
Ryzen 5 7520U  9657
Ryzen 3 7320U  9064

 

こちらはGeekbench 6のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアシングルコア

マルチコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i5-1350P  10455
Ryzen 7 7735U  7692
Core i5-1335U  7419
Ryzen 7 7730U  6714
Ryzen 5 7530U  5546

シングルコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i5-1335U  2319
Core i5-1340P  2217
Ryzen 7 7735U  2031
Ryzen 5 7530U  1885
Ryzen 7 7730U  1857
Core i5-1350P  1727

 

Cinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

その他のCPUとの比較です。

マルチコアシングルコア

マルチコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 9 PRO 6950H  14670
Ryzen 7 6800H  14135
Ryzen 7 7735U  8013
Ryzen 7 7730U  7170
Core i5-1335U  6639
Ryzen 5 7520U  4976

シングルコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i5-1335U  1698
Ryzen 9 PRO 6950H  1662
Ryzen 7 7735U  1509
Ryzen 7 6800H  1498
Ryzen 7 7730U  1399
Ryzen 5 7520U  1150

 

グラフィックス

グラフィック性能が高いと、Officeを使った作業や複数画面での作業などがしやすくなります。

3Dグラフィックスマークのスコアは、2432と普通でした。

その他のCPUとの比較です。

3D Graphics Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1260P  3263
Core i5-1340P  2542
Ryzen 7 7730U  2432
Ryzen 7 5800U  2416
Core i5-1240P  2326
Ryzen 5 5500U  2326
Core i3-1215U  2258
Ryzen 7 5700U  2251
Core i5-1235U  2196
Ryzen 5 5600U  2101
Ryzen 5 5625U  2021

 

 

メモリとストレージは旧スペック

メモリはDDR4-3200MHzと最新のDDR5じゃないですが、最大16GBもあるし、普段使い用としては十分だと思います。

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。こちらも最新のPCIe 4.0じゃなくPCIe 3.0×4で、最大1TBと大容量です。

 

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

セキュリティ

Lenovoのセキュリティ

IdeaPadにはWindows標準搭載のWindows Defenderがあり、Natural File Guardという統合されたセキュリティで守られています。

より強固なセキュリティをお考えの場合は「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

 

 

Wi-Fi 6に対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは47WHrが搭載で、最大約14時間とそこそこ長いバッテリー駆動時間があります。また、急速充電にも対応しており、約2時間で満充電になります。

 

 

インターフェイス

USBのデータ転送速度はすべて5Gbpsで、インターフェイスは必要十分にあると思います。

 

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) 正面右側面インターフェイス

右側面インターフェイスは4-in-1 メディアカードリーダーと、USB 3.2 Gen 1です。

 

Lenovo IdeaPad Slim 3 Gen 8 15.6型 (AMD) 左側面インターフェイス

左側面インターフェイスは電源コネクタ、USB 3.2 Gen 1、HDMI、USB 3.2 Gen 1 Type-C(Fullファンクション)、そしてマイク/ヘッドフォンジャックです。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。また、Premium Care Plus/プレミアムケアと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

また、保証は引き取り修理になります。

引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

 

ライバル機種

ライバル機種はすべて2024年モデルで、画面アスペクト比が16:10と縦に長い機種です。

 

IdeaPad Slim 5i Gen 9 15.3型

Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 9 15.3型のレビュー15.3インチと変わったサイズですが、画面アスペクト比が16:10と縦に長いので16インチ並みの情報が表示されます。省電力モデルのインテル14世代Uシリーズを搭載し、全体的に最新スペックを搭載していますが、7万円台からとコスパが高い機種です

CPU Core 5 120U
Core 7 150U
メモリ LPDDR5X 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.3型) WUXGA IPS 光沢なし
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6/6E
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ FHD、IRカメラあり
重さ 約1.793㎏
バッテリー 最大約9.8時間
価格 7.7万円~

レビュー

 

IdeaPad Slim 3i Gen 9 16

Lenovo IdeaPad Slim 3i Gen 9のレビューこちらは本機の2024年モデルで、16インチになります。同じく6万円台からと低価格ですが、16インチの大画面でアスペクト比が16:10と縦に長く、17インチ並みの情報が表示されます。指紋センサーやWi-Fi 6、そしてFHD Webカメラが搭載と、6万円台のPCとは思えないスペックです

CPU Core 3 100U
Core 5 120U
Core 7 150U
メモリ DDR5-5200 最大16GB
ストレージ SSD 最大1GB
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS液晶 光沢なし
LAN Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ 1080p FHD
重さ 約1.74㎏
バッテリー(JEITA 3.0)
JEITA 2.0
最大約7.7時間(動画再生時)
最大約13.9時間
価格 6.6万円~

レビュー

 

 IdeaPad Slim 3i Gen 9 14

Lenovo IdeaPad Slim 3i Gen 9 14型のレビュー画面比が16:10と縦に長く、14インチですが15インチ並みの情報が表示されます。DDR5にSSD PCIe 4.0が搭載、WEBカメラは高画質FHDと高めのスペックです。電源ボタンに統合された指紋センサーもついており、サインインは一瞬です。このスペックで6万円台からと、2024年モデルでTOP5に入るコスパが高い機種だと思います。

 

CPU Core 3 100U
Core 5 120U
メモリ DDR5-5200 最大16GB
ストレージ SSD 最大1GB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS液晶 光沢なし
LAN Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ 1080p FHD
重さ 約1.37㎏
バッテリー(JEITA 3.0)
JEITA 2.0
最大約8.2時間(動画再生時)
最大約12.9時間
価格 6.7万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・この価格にしてはCPU性能が高い
・Wi-Fi 6に対応
・高画質FHD Webカメラ搭載
・指紋センサー搭載
・15.6インチで1.62㎏とちょっと軽い

 

残念な点

・価格を考えると特になし

 

総合評価

6.1万円と言う価格を考えると、すごく良いスペックだと思います。高性能のRyzen 7000シリーズが搭載し、指紋センサーにFHD Webカメラ、そしてWi-Fi 6にも対応しているし。15.6インチで1.62㎏と軽いので、持ち運びにも向いていますね。

 

 

公式サイト