Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD)のレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

ヒンジが360度回転するIdeaPad 5 2 in 1 Gen 9 14型 AMDです。

コンパクトな筐体で画面比が16:10と縦に長く、14インチでも15インチ並みの情報が表示されます。作業効率が高い機種で、最新スペックも満載です。

普段使い用PC以上のスペックで、OLEDディスプレイを選べばクリエイターにも向いた機種です。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 4.2]
コスパ [usr 4.1]
総合評価 [usr 4.2]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型 AMDのスペック

CPU Ryzen 5 8645HS
Ryzen 7 8845HS
メモリ LPDDR5X 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS 光沢あり
WUXGA OLED 光沢あり
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6/6E
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ FHD
オーディオ Dolby Audio、2W×2
寸法(幅×奥行×高さ) 313 × 227 × 17.9mm
重さ 約1.6㎏
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.4時間
標準保証 1年間
付属 Lenovoデジタルペン
価格 9.9万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUはAMD Ryzen 8000シリーズで、上位モデルのHSシリーズが搭載です。TDPは最大54Wと低いですが、Ryzen 7は約3万ほどのCPU Markスコアがあり、長時間高負荷な作業もしやすいです。

それにしても、IdeaPadになんでこんなに高い性能のCPUを搭載しているんでしょうね?OLEDディスプレイ搭載のクリエイター向けっぽいモデルもあるので、そのためかなと思います。

メモリはLPDDR5X-6400MHzでオンボード16GBと十分な容量、ストレージはSSD PCIe 4.0で最大1TBとこちらも大容量です。

ディスプレイは14インチで画面アスペクト比が16:10と縦に長く、14インチでも15インチ並みの情報が表示されます。解像度はWUXGA(1920×1200ドット)かで、IPS液晶かOLEDディスプレイの2種類、そして光沢ありのタッチパネルです。

色域はNTSC 45%(IPS液晶)とDCI-P3 100%(OLEDディスプレイ)の2種類があり、DCI-P3 100%は動画編集をするようなクリエイターにも向いています。

そのほかのスペックはOSはWindows 11 HomeかProが選べ、無線はWi-Fi 6E(+1100円)かWi-Fi 6、そしてFHD Webカメラが搭載しており、指紋センサーも搭載です。

コンパクトな筐体ですが、14インチで1.6㎏と標準的な14インチよりも200gも重たく、「毎日軽々持ち運び」という重さでもありません。

57Whrのバッテリーを搭載し、駆動時間は長めで動画再生時は最大約10.4時間と長く、急速充電に対応しており約1.9時間で満充電です。

フルファンクションのUSB 3.2 Gen 2 Type-Cが2つあり、USB 3.2 Gen 1も2つ、SDカードリーダーはないですが、HDMIなど必要なものはそろっています。

2 in 1 PCなのでどこででも使いやすく、付属のペンでメモ取りや簡単なイラストなどもできます。

 

 

公式サイト

 

2024年のトレンドと比較

2024年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

 

Ryzen 8000シリーズ DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
Wi-Fi 6/6E sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
Thunderbolt 4 生体認証 バッテリー10時間以上 重量1.4㎏前後
× ×

普段使いPCなのでThunderbolt 4は搭載していませんが、重量以外は〇ですね。

 

 

旧モデルとの比較

<左/本機種・右/旧モデル>

旧モデルのIdeaPad Flex 5 Gen 8との比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 旧モデル
CPU Ryzen 5 8645HS
Ryzen 7 8845HS
Ryzen 3 7330U
Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ LPDDR5X-6400 16GB LPDDR4X-4266 16GB
ストレージ SSD PCIe 4.0 1TB
ディスプレイ WUXGA IPS/OLED WUXGA/2.2K IPS
無線 Wi-Fi 6/6E Wi-Fi 6
バッテリー(JEITA 2.0) 18.5時間 14.5時間
重量 1.6㎏ 1.55㎏
寸法 313 × 227 × 17.9㎜ 313.1 × 224.9 × 17.8㎜

主な変更点です。

・CPUがRyzen 8000シリーズに
・メモリがLPDDR5Xにアップグレード
・2.2Kがなくなったが、OLEDが追加
・最高色域がDCI-P3 100%に
・Wi-Fi 6Eが追加
・バッテリー駆動時間が4時間上がった
・50g重くなった
・若干だが大きくなった

 

CPUなどのスペックはアップしましたが、若干サイズもアップし、持ち運びがしにくくなっています。

こちらは、プロセッサーの性能を表すCPU Markスコアです。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 8845HS  29933
Ryzen 7 7730U  19287
Ryzen 5 7530U  16139
Ryzen 3 7330U  11013

 

以前は省電力モデルのUシリーズで、今回は上位モデルのHSシリーズなので、大きな差がありますね。

 

 

2 in 1 PC

2 in 1 PCはヒンジが360°回転する仕様で、いろいろなモードに変形できるので、いろんな状況で使いやすいです。

左上の写真から時計回りに、

・テントモード
・タブレットモード
・通常のクラムシェルモード
・スタンドモード

です。

タブレットモード時はタブレットの様にして使えるので、付属のLenovoデジタルペンでメモを取ったり、イラストを描いたりしやすいです。ただし本機は14インチで1.6㎏もあるので、片手で持ってペンを使ったりなどの作業は難しいです。

テントモードはベッドに寝転んで使ったりするときに、底面にある吸気口を塞がないので筐体が熱くなりにくいです。また、ディスプレイが大きいので、迫力ある映像を楽しめますね。

スタンドモードはペンや指で操作するときに使いやすいです。

 

 

画面アスペクト比が16:10と縦に長い

Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD) ディスプレイ

画面アスペクト比が16:10と縦に長く、14インチでも15インチ並みの情報が表示されます。

今までの16:9じゃ見えなかったところまで見えるようになっており、スクロール回数も減るので作業効率が上がります。

解像度はWUXGA(1920×1200ドット)で、IPS液晶かOLEDディスプレイの2種類があります。OLEDディスプレイはコントラスト比10万対1とかなり高く、完全な黒を表現できシャープでくっきりとした描写が可能です。

色域はNTSC 45%(IPS液晶)か高色域のDCI-P3 100%(DCI-P3 100%)になり、DCI-P3は画像・動画編集をするような人に向いています。

画像左(IPS液晶/NTSC 45%)と比べると、右のDCI-P3 100%(OLED)のディスプレイは全然色が違いますね。動画編集だけじゃなく、画像編集や動画視聴にも合います。

輝度はIPS液晶が300ニト、OLEDディスプレイは400ニトになり、こちらは輝度の目安です。

220ニト 室内ならなんとか使える。明るい室内では暗く見える
250ニト 室内向け。屋外では日陰ならギリギリ使える
300ニト 屋外の日陰でも見えるしっかりとしたスペックです。
400ニト 屋外でも使いやすいが、直射日光が当たるとちょっとくらい
500ニト 屋外向け
600ニト 画面に直射日光が当たっても比較的見える

また、どちらのディスプレイもタッチパネルで、ペンでも指でも操作が可能です。ペンはLenovoデジタルペン2で、4096段階の筆圧を感知し、手のひらがパネルに触れた際誤って検知しないための機能もあります。

 

 

Copilotボタン搭載

Copilotボタン搭載

コパイロットはWordやExcelなどのMicrosoft製品をサポートする生成AIで、Chat GPTのような使い方もできます。

例えばCopilotで「Lenovoパソコンを購入するのに、おすすめのパソコンレビューサイトは?」と質問したら、当サイトも紹介されました。信頼性が高いAIです(笑)。

冗談はさておき、このボタン1つでいろいろなことができるので、最近はChatGPTじゃなくコパイロットを使うことが多くなりました。

 

 

Ryzen 8000シリーズ搭載

Ryzen 5 8645HS Ryzen 7 8845HS
製造プロセス 4nm
アーキテクチャ Zen 4
コア/スレッド 6/12 8/16
L3キャッシュ 16MB
ベースクロック 4.3Hz 3.8GHz
ブーストクロック 5.0GHz 5.1GHz
GPUコア 8 12
TDP 45W(35W~54W)

アーキテクチャはZen 4になり、主な特徴はこちらです。

・Zen 3の改良版
・L2キャッシュ増量
・ディープラーニング性能の向上
・Zen 3に比べIPCが約14%アップ

Zen 4はレイテンシの短縮とスルートップの向上を目的に作られており、順当に開発されていますね。

また、Ryzen 8000シリーズはRyzen AIというNPUコアがあり、4nmプロセスルールで電力効率が高まっています。最大TDPは54Wと低いですが、高性能です。

CPU Markの比較です。

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 15000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 18000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-13900HX  46415
Core i7-14700HX  36261
Core i7-13700HX  33484
Core i7-13650HX  31923
Core i7-13700H  30029
Ryzen 7 8845HS  29933
Core i7-13620H  27302
Core i5-13450HX  25216
Core i5-13500H  25096
Core i7-1360P  21549
Core i5-13420H  20451
Core i5-1340P  20197
Core i7-1260P  18691
Core i5-1240P  17318
Core i7-1365U  14982

Ryzen 7は約3万ほどの性能になり、13世代Core i7 Hシリーズ並みの性能です。IdeaPadと言えば普段使い用PCですが、普段使い用の性能じゃないですね。かなり高い性能です。

 

こちらはGeekbench 6のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアシングルコア

マルチコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-14700HX  16213
Core i7-13650HX  14077
Core i9-13900H  12706
Core i7-13700H  12410
Core i5-13500H  12215
Core i5-13450HX  11891
Ryzen 7 8845HS  11396
Core i5-1340P  10302
Core i5-13420H  9912
Core i7-1360P  9542
Core i5-1335U  8102
Core i7-1365U  7549
Ryzen 7 7730U  6714
Ryzen 5 7530U  5546

シングルコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-14700HX  2853
Core i9-13900H  2617
Core i7-1370P  2536
Core i7-13650HX  2524
Ryzen 7 8845HS  2466
Core i7-13700H  2426
Core i5-13500H  2378
Core i5-13450HX  2337
Core i5-13420H  2321
Core i7-1360P  2306
Core i5-1340P  2217
Core i5-1335U  2183
Ryzen 5 7530U  1885
Ryzen 7 7730U  1857
Core i5-1350P  1727
Core i7-1365U  1636

Geekbench 6でも、13世代Core i7 Hシリーズ並みの性能ですね。

 

 

高画質FHD Webカメラ搭載

Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD) 左斜め前から

WEBカメラは高画質FHDで、一般的にビジネスPCに採用されるスペックです。

HD解像度のカメラと比べると全然解像度が高く、Web会議やビデオ通話で印象がアップしますね。プライバシーシャッターも搭載しており、カメラを使わないときは閉じておくと安心です。

 

スピーカーはちょっと大きめの2Wが2つ、デュアルマイクが搭載しており、こちらは標準的なものです。

 

 

Windows 11 Proも選べる

Windows 11 Proも選択可能

IdeaPadでは珍しく、Windows 11 Proも選択可能です。 リモートデスクトップをホストしたり、Hyper-Vを使う人はProが良いです。

たったの5500円でアップグレードできるので、安いですね。

 

 

その他の特徴

 

外観

Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD) 右斜め前から

狭額ベゼルの筐体で、スリムに見えますね。Webカメラやマイクがある上部のみ大きくしているので、上ベゼルが細いです。

 

Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD) 横から

寸法は幅313㎜、奥行き227㎜、そして厚さ17.9㎜とコンパクトです。ただし重量は1.6㎏と重く、筐体を持ち上げることが多い2 in 1 PCとしては、デメリットです。

 

Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD) 背面

米軍の物資調達規格であるMIL規格の耐久性基準を満たしており、安心して使えます。

天板はシンプルで、Lenovoのロゴがあるだけです。通気口は幅広く、がっつりとフレッシュエアーを吸ってくれそうです。

 

 

キーボード

Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD) キーボード

キーボードは84キーで出荷されるのは日本語キー、バックライトや先述したCopilotボタンもあります。タッチパッドは約120㎜×75㎜と大きく、操作性も高いです。

キーボード右下には指紋センサーがあり、サインインも一瞬です。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリはLPDDR5X-6400MHzで、オンボード16GBになります。動作周波数も高く、処理速度も速いです。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

最新のSSD PCIe 4.0が搭載で、512GBか1TBが搭載できます。データ転送速度も速く、パソコンの起動も速いです。

 

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

Wi-Fi 6/6Eに対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6か6Eが選べ、Wi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができます。

 

 

LTE/5Gは無し

LTEや5Gはないので、外出先で無線につなぐときはスマホのテザリングや店舗のWi-Fiを使用することになります。

テザリング用の格安SIMなら、楽天最強プランがおすすめです。筆者はIIJmioでドコモ回線20GB/月 約2000円と、楽天最強プランを契約していますが、月に20GB以上使うのであれば楽天がお得です。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは3セル57Whrで、最大約10.4時間(動画再生時)のバッテリー駆動時間があります。また、急速充電に対応しており、約1.9時間で満充電になります。

 

 

インターフェイス

インターフェイスは必要十分なものが搭載しており、2つあるUSB Type-CはどちらもDisplayPort出力機能付き、Powerdelivery対応になります。モバイルモニターやUSB Type-C搭載のモニターが使えるので、作業効率も上がります。

 

Lenovo IdeaPad 5 2-in-1 Gen 9 14型(AMD) インターフェイス

各インターフェイスです。

  1. HDMI
  2. USB 3.2 Gen 2 Type-C(データ転送速度は10Gbps)
  3. USB 3.2 Gen 2 Type-C(データ転送速度は10Gbps)
  4. マイク/ヘッドフォンジャック
  5. 電源ボタン
  6. microSDカードリーダー
  7. USB 3.2 Gen 1(データ転送速度は5Gbps)
  8. USB 3.2 Gen 1(データ転送速度は5Gbps)

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。また、Premium Care Plus/プレミアムケアと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

  • 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

 

まとめ

良い点

・コンパクトでおしゃれな筐体
・高性能Ryzen 8000HSシリーズ搭載
・面理やストレージも最新スペック
・2 in 1 PCなのでどこででも使いやすい
・画面比が16:10で、14インチでも15インチ並みの情報が表示される
・OLEDディスプレイで高色域のDCI-P3 100%あり
・FHD Webカメラ
・Wi-Fi 6Eに対応
・2つあるUSB Type-Cはフルファンクション
・バッテリー駆動時間がそこそこ長い
・デジタルペン付属
・MIL規格に準拠

 

残念な点

・ちょっと重たい

 

総合評価

全体的な性能は高く、2 in 1 PCで使い勝手が高い機種です。ディスプレイは画面アスペクト比が16:10なので14インチでもかなり使いやすく、OLEDディスプレイを選べば画像・動画編集にも合う高色域です。

また、普段使い用IdeaPadですが、ビジネスモデルの様にWindows 11 Proも選択可能なので、ビジネス用途でも使いやすいです。

14インチで1.6㎏と少し重ためですが、毎日持ち運びしない人であれば気にならないかもしれません。

 

 

公式サイト