Lenovoの評判は?愛用者のリアルなレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

Lenovoのパソコンの評判ってどうなんでしょう?

一般的なイメージ(ネット上では)は、このようなものが多いです。

●良い評判

  • コスパがいい
  • ラインナップが豊富(安いものから高いものまである・種類が豊富)
  • 長寿
  • タイピングがしやすい
  • IBMからPC事業を買収したのでクオリティが高い

●悪い評判

  • PC立ち上がりに時間がかかる
  • サポート体制が不安
  • 納期が遅い(発送まで2~3週間かかる場合もある)
  • 中国製なので不安(不具合がある)

以下に、各評判を検証していきます。

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

私個人の感想

筆者は年間15~20台ほどのLenovo製品を購入して、実際に長期間使ってレビューをしているのですが、不具合が一切ないわけではありません。

例えば2020年に購入したIdeaPad Flex 550iは、何もしていなくてもファンがかなりうるさくて、交換してもらいました。また、何かしらの不具合でCPUの性能が発揮できていないとか・・・。

まぁ、ここはどんな会社でも一定の割合で何かしらの不具合があるのでしょうがないですが、こういった時はサポートや保証の質によりますね。

今まで何度か返品や交換をしましたが、トラブルはなかったです。

当たり前ですが、何にも不具合がない方が多いので、安心してください。ちなみに現在は、ThinkPad X1 Carbon Gen 10をメイン機種として使用しています。

 

主な使用目的は

  • WordPressでの執筆
  • 一眼カメラで撮影した写真の編集
  • Youtube用動画作成
  • 音楽制作(楽譜なども含め)
  • Fusion 360(3DCAD)での商品作成

を主にやっています。

私が持っている機種の値段も様々で、安いものは3万円台、高いものは30万円近くするものです。

個人的感想は、「悪いものだったら使わないし、こんなに多くのLenovoを買わない」です。

また、口コミを見るよりも数字は嘘をつかないので、2021年、22年の世界のパソコンの出荷台数とシェア率を紹介します。

2023年分です。

2023年 世界のPC出荷台数統計Gartnerより引用>

英語で書かれていますが、要約すると(2019、2020、2021、2022年分の画像は新しいものに差し替え)

・2019年の出荷台数は6296万8000台で、世界シェアNo.1の24.1%
・2020年も同じく1位で、出荷台数は6850万7000台で、シェアは24.9%
・2021年も同じく1位で、出荷台数は8401万7000台で、シェアは24.6%
・2022年も同じく1位で、出荷台数は6904万7000台で、シェアは24.3%
・2023年も同じく1位で、出荷台数は5972万5000台で、シェアは24.7%

という事は、世界のパソコンほぼ4台に1台がLenovoパソコンとなっているんですね。

国内パソコン出荷台数は2023年は24.6%、2022年は24.2%、2021年は29.4%とこちらでもダントツ1位です。国内ではほぼ4人に1人がLenovo・NECを使用しています。

 

MM総研 国内パソコン出荷台数グラフ<参考資料・MM総研

使用者が多いので良い話も悪い話も多く出てくるし、まぁ、悪いものだったら世界No.1にならないですよね。

かく言う私も毎月の様にLenovo製品を購入しており、「実際に長く使ったレビュー」を書いています。筆者購入機種はこちらから見れます。

 

悪い評判

まずは皆さんが知りたい悪い評判から見ていきましょう。

PC立ち上がりに時間がかかる(現在はすべての機種でSSDを搭載しており、平均起動時間は10~15秒ほどです)
・不具合がある
・サポート体制が不安
・納期が長め(発送まで2~3週間かかる場合もある)

 

不具合がある

先述したように、ある程度の割合で大小違いはありますが、不具合が出た機種もあります。

小さな不具合であれば自分で調べるか、サポートに連絡したら、大抵のことは解消します。大きな問題だったら、交換してもらったり修理してもらうことになります。

ただし、感覚的には、ここ最近の不具合率は低いかな?と思います。ここ2年ほどで47のLenovo PCやタブレット、マウスなどを購入していますが(購入機種はこちらから見れます)、不具合があったのはIdeaPad Flex 550iで、CPUの性能が他の同じ機種よりも低かったのは、IdeaPad Flex 550 AMDでした。

あっ、今見たらIdeaPadだけですね(笑)。

不具合があれば、サポートに連絡をしたら解決することがほとんどだと思います、

 

レノボには色々な種類(シリーズ)があるのですが、評判が悪かったのはLenovoシリーズです。あまり人気もないと思います。

  • ThinkPad(ビジネスモデル)
  • ThinkBook(ビジネス兼プライベート)
  • Yoga(クリエイターに人気)
  • IdeaPad(個人用)
  • Legion(ゲーミングパソコン)
  • Lenovo(以前は格安PCとしてよく売れていた)

 

Lenovoシリーズは、以前は本当に格安の物でスペックも良くないものがあったので、この時のイメージが尾を引いているかもしれないですね。昔はよく「レノボやめとけ」なんて言う記事を見ましたが、大体Lenovoシリーズだったような気がします。

Lenovoおすすめパソコン11選で私もノートパソコンを紹介していますが、Lenovoシリーズは紹介していないです。

追記)2021年に入りLenovoシリーズも品質が上がり、故障の話も聞かなくなりました。

 

サポート体制が不安

Lenovo サポート体制が不安

レノボのサポートは以下の方法があります。

  • LINEチャット
  • Webチャット
  • インターネット電話
  • 電話

上記方法は当然すべて無料で、日本語のサポートです。

サポートの対応が悪いというコメントも散見しましたが、私は何度もチャットや電話でサポートを受けたことがあります。

覚えているもので、

・2019年→購入のIdeaPadのWi-Fiが落ちるので相談。改善したがサポートの対応は良くないと感じた

・2020年→ファンが回転しすぎでうるさかったので交換。サポートは丁寧だった。

・2021年→ThinkPadを自分でカスタマイズしてたら、電源が付かなくなった。無料で点検修理してくれた。サポートはかなり良かった。

個人的に、2021年、2022年に入りサポートの質も上がってきたんじゃないかなと思うくらい、ここ最近はスムースです。

ネット上には、「担当が親切だった」、「担当が最悪だった」など色々ありますが、基本的に「不具合があって電話やチャットをしている人は、その時点でいい印象を持っていないことが多い」ので、悪いレビューが多いかもしれませんね。

 

lenovoの保証とサポート<上位保証の価格は、機種や時期により変わります>

ちなみにオプションで「プレミアサポート/Premium Care」という24時間365日、専用のコールセンターで専任エージェントが対応するものもあります。より高い質のサポートです。

また、保証は1年間修理保証が付いていますが、ビジネスモデルは「オンサイト修理」と言って、エンジニアが直接家や事務所に来て修理をするサポートもあります。

実は知られていないだけで、Lenovoにはより高い質のサポートと保証があります。

 

配達が遅い

配達が遅いわけや、早くする方法はこちらの「Lenovo PCを早く購入する方法」で詳しく紹介していますが、2~3営業日で発送されるものもあれば、長ければ2か月待ちなんて言う機種もあるので、一概に納期が長いというわけでもありません。

ただし基本的に、オンラインで買うので今すぐ手元には来ないし、海外工場で作られている物もあるので時間がかかります。

かくいう私もThinkPad E15 Gen 2を購入したときは、3週間ほど待ちましたね。(予定では6週間待ちでしたが、早まりました)

待っている期間は、子供のころに「誕生日が早く来ないかな?」って感じの気分でした。(笑)

配送が遅いのは理由もあって、海外の工場から発送されている、または、カスタマイズできるものが多いので、先に既製品を多く作れないというものです。

レノボのパソコンを買う時は既製品もありますが、自分でカスタマイズして購入も出来るんです。(クリックして選ぶだけです)私も最高装備にカスタマイズしたので3週間待ちましたが、他の会社だと既製品のみの販売なので、こだわりがある人はなかなか自分が欲しい性能を兼ね揃えたPCが買えないんですよね。

これはたまたまかもしれませんが、先日ポータブルモニター(納期3週間)とPCバック(納期2日)を購入したのですが、モニターもバックと一緒に2日で送られてきました!以前購入したThinkPad E15 Gen 2(納期6週間)も、IdeaPad Flex 550i(納期2~3週間)と同時購入したら納期が速くなったので、もしかしたらですが、配達を1度で済ませるために納期が速いものと一緒に配送しているかもしれません。

ちなみにThinkPadシリーズは米沢生産というシリーズがあり、これは日本国内で作られているので、平均的に配送が早いです。

この米沢工場では長年NECのノートパソコンを作ってきた工場(今現在も作ってます)で、品質に定評もあります。

短納期モデルと言って、1~2営業日で出荷される機種もあるので、今すぐ必要な方はこちらの「最短1営業日で配送!Lenovo短納期モデル」を確認してみて下さい。

 

良い評判

良い評判は、以下になります。

  • コスパが良い
  • ラインナップが豊富(安いものから高いものまである・種類が豊富
  • タイピングがしやすい
  • IBMからPC事業を買収したのでクオリティが高い

 

コスパが良い

 

Lenovoはなぜコスパが高いかというと、世界No.1の販売台数があり、中国で大量生産しているので価格を抑えることができます。

ThinkPadの一部のモデルは日本で作られていますが、それでも品質に比べて価格は安いと思います。

 

ラインナップが豊富

Lenovoは、パソコンの種類が多いですよね。平均して150種類くらいのノートパソコンが販売されているので、自分に合った価格やスペックのものが、間違いなくあると思います。

各種類の特徴やおすすめパソコンは、「Lenovoおすすめノートパソコン11選・愛用者が紹介するから間違いない!」を読めば分かります。

 

 

タイピングがしやすい

ThinkPadのキーボード

タイピングがしやすいと、IBMを買収したのでクオリティが高いは関連しているのですが、ThinkPadシリーズはIBMが作っていて、プログラマーなどに人気の機種でした。

トラックポイントという赤いボタンがあり、スクロールやズームが出来るので、慣れたら手がホームポジションから離れずに作業が出来ます

それをLenovoが買収し進化させているので、今でもThinkPadシリーズはタイピングがしやすく、作業効率が上がります。

一番の特徴は、キーストロークが深いので押しごたえがあることです(ThinkPadのみ)。キーストロークは1.8㎜前後になっており、一般的なノートパソコンは1.3㎜前後で薄っぺらく感じます。

また、IBMのパソコン部門を買収したのでノウハウがあるし、ThinkPadは横浜の大和研究所で研究開発が行われているのでJapanクオリティだし、先ほどもお伝えしたように米沢生産モデルと言って日本で作られるモデルもあります。

ちなみにThinkPadトラックポイントキーボードという外付けキーボードもあるので、仮にIdeaPadやYogaを購入してもThinkPadの品質でタイピングができます。

Lenovo thinkpadトラックポイントキーボード 真上から撮影

 

Lenovo PC数百台以上レビューをした私が購入したもの

私は今までに、200台以上のLenovoのパソコンをレビューしてきました。当然自分に合うもの合わないものがありますが、その中でも私が購入して良かったものを紹介します。

レビュー機って借りることが出来るのですが、やっぱりいいものは自分で使いたいし、長く使わないと分からないことってあるじゃないですか?なので毎年購入しているんです。

全ての機種はこちら↓で見れます。

筆者購入Lenovo製品の紹介

 

 

関連リンク

 

Lenovoおすすめパソコン特集

ThinkPadおすすめ特集

IdeaPadおすすめ特集

ThinkBookおすすめ特集

ゲーミングPC(Legion)おすすめ特集

 

 

最後に

先ほども言ったように種類が多いので、詳しくは「Lenovoおすすめノートパソコン11選・愛用者が紹介するから間違いない!」を読んでもらえばどのパソコンが自分にあっているか分かると思います。

目当てのパソコンがある人は、公式ページで検索してください。

現在はセールをやっているのでお得ですよ!

 

Lenovo公式ページ