Lenovo IdeaPad Slim 370i(15.6型)のレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

本機は全体的に平均的なスペックですが、最新のインテル12世代CPUが搭載で高い性能になっています。

15.6インチにしては比較的軽い1.63㎏となっており、バッテリー駆動時間は短いですが持ち運びがしやすい機種です。

当サイトの評価は、この様になりました。

スペック [usr 3.8]
コスパ [usr 3.6]
総合評価 [usr 3.7]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

IdeaPad Slim 370i 15.6型のスペックレビュー

CPU Core i3-1215U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(15.6型) FHD TN液晶 光沢なし
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1
生体認証 指紋センサー
寸法(幅×奥行×高さ) 359.2 × 236.5 × 19.9㎜
重さ 1.63㎏
バッテリー 最大約7時間
保証 1年間
価格 10.4万円(Office付)

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のインテル第12世代が搭載で、Core i3-1215Uが搭載です。CPUマークスコアが1万オーバーと性能が高く、普段使い用途であれば十分以上です。

メモリは標準的な8GBで、ストレージはSSD 256GBです。

ディスプレイはフルHDですがTN液晶になっており、あまり良い品質ではありませんが、ヘビーユーザーでなければ問題はないと思います。毎日長時間使う人は、高品質なIPS液晶搭載機種を選んだ方が良いともいます。こちらで他のIdeaPadを紹介しているので、参考までにどうぞ。

その他のスペックは最新のWi-Fi 6に対応し、指紋センサー搭載、15.6インチで1.63㎏と軽めです。

バッテリー駆動時間は長くないので、持ち運びをするときはACアダプタが必須です。

本機は量販店モデルでLenovo公式サイトでは販売されておらず、楽天や家電量販店で販売されています。

ちなみに楽天ではMicrosoft Office Home&Business 2021が搭載で、10万4280円で販売されていました。

 

公式サイト

 

旧モデルとの比較

Ideapad slim 370i 15.6型とslim 360<左/本機種・右/Slim 360>

旧モデルのSlim 360 15.6型 AMDとの比較です。旧モデルの15.6型はAMD CPU搭載モデルのみでインテルモデルはありませんでした。また、どちらも量販店モデルで、Lenovo公式サイトでは販売されていません(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Slim 360
CPU Core i3-1215U Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB SSD 512GB
ディスプレイ FHD TN液晶
無線 Wi-Fi 6 Wi-Fi 5
バッテリー 7時間 10時間
寸法  359.2 × 236.5 × 19.9㎜
重量 1.63㎏ 1.65㎏

変更点です。

・SSDが256GBに
・Wi-Fi 6に対応
・バッテリー駆動時間が7時間に
・20g軽くなった

 

IdeaPad Slim 370i 15.6型の特徴

Lenovo ideaPad Slim 370i 15.6 左斜め前から

IdeaPadでは珍しいアビスブルーという濃い青で、シックな外観ですね。ベゼル(画面の黒い枠)も太くなく、上部分はノッチという仕様でカメラ部分が飛び出しており、ディスプレイを開けやすくなっています。

 

IdeaPad Slim 370i 15.6型 横から

寸法は

・幅 359.2㎜
・奥行 236.5㎜
・高さ 19.9㎜

で、一般的な縦横のサイズです。

IdeaPad Slim 370i 15.6型 側面

ただし、厚さは19.9㎜と厚く、大きく感じます。

大画面15.6インチなので小さくはないですが、1.63㎏と軽めなので、持ち運びもしやすいと思います。

 

IdeaPad Slim 370i 15.6型 背面

筐体は樹脂素材ですが、筆者が購入した兄弟モデルのIdeaPad Slim 370i 14インチと17インチは、しっかりとした造りでした。

<左・Slim 370i 14インチ/右・Slim 370i 17インチ

ちなみに購入した機種はIPS液晶なので、本機よりも断然見やすいです。

 

カメラ周り

Lenovo IdeaPad Slim 370i 15.6型 カメラ周り

先述しましたがカメラ部分はノッチになっており、カメラなどがない部分を細くできるのスリムに見える効果があり、また、パソコンを開くときに指が引っかかりやすいので開けやすいです。

Webカメラは一般的なHD解像度 720pで、デュアルマイク搭載、1.5W スピーカーが2つになります。プライバシーシャッターもあるので、カメラを使わないときは閉じておくと、万が一の際でも安心です。

カメラ周りは高性能ではないですが、一般的な仕様で、オンライン授業やミーティングなどに使えます。

 

キーボード

IdeaPad Slim 370i 15.6型 キーボード

キーボードは日本語キーの84キーで、バックライト付き、タッチパッドは104㎜×69㎜となっています。17.3インチのSlim 370i 17と同じサイズのタッチパッドで、そこそこ使いやすいと思います。

 

CPU

執筆時現在の販売モデルはCore i3-1215Uのみですが、仕様書に他のCPUも記載されているので、一緒に紹介します。

Core i7-1255U Core i5-1235U Core i3-1215U
Pコア 2
Eコア 8 4
スレッド 12 8
キャッシュ 12MB 10MB
Pコア最大周波数 4.7GHz 4.4GHz 4.4GHz
Pコア基本周波数 1.7GHz 1.3GHz 1.2GHz
Eコア最大周波数 3.5GHz 3.3GHz 3.3GHz
GPU実行ユニット 96 80 64
ベースパワー 15W
最大パワー 55W

CPUはPコア(Performance Core)とEコア(Efficient Core)の2つを搭載しており、高負荷な作業はPコアで処理を、低負荷な事はEコアで処理することによって、パワフルでも省電力性を兼ね揃えたCPUになっています。

また、Intel Thread Directorというハードコアが、命令をより効率よくPコアとEコアに割り当てて実行できるので、性能もかなり上がっています。

こちらはCPUの性能を測るPassmarkスコアです。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1260P  17154
Core i5-1240P  17664
Ryzen 7 5700U  16272
Ryzen 5 5500U  13579
Core i7-1255U  13251
Core i5-1245U  11934
Core i5-1235U  11752
Core i3-1215U  10907
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Core i3-1115G4  6546

Core i3でも第11世代のCore i7-1165G7より高い性能なので、使い勝手はかなり高いです。

 

グラフィックス

内蔵グラフィックスで、Core i3はUHDグラフィックで動作します。

グラフィック性能が高いとOfficeが使いやすくなったり、画像・動画編集がしやすくなります。

その他のCPUとの比較です。

Video Card Benchmarks

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1165G7  3681
Core i5-1135G7  2898
Ryzen 5 5500U  2326
Core i3-1215U  2258
Ryzen 7 5700U  2251
Core i3-1115G4  2118
Ryzen 7 4700U  2066
Core i5-1235U  1831
Ryzen 5 4500U  1818
Ryzen 3 5400U  1734
Ryzen 3 5300U  1606

グラフィック性能は普通クラスです。

Intel Core i3-12100のベンチマーク

 

ディスプレイ

IdeaPad Slim 370i 15.6型 正面

解像度 光沢 液晶 輝度
FHD なし TN液晶 250nit
コントラスト比 色域 視野角 その他
500:1 NTSC 45% 90°

解像度はFHD(1920 × 1080ドット)と一般的な画質ですが、TN液晶を搭載しているため、コントラスト比や視野角が低いです。

輝度も低めなので、屋外では暗くて見にくい時があると思います。

外で使うことが多い人は、Lenovo公式サイトで販売されている兄弟モデルのSlim 370i 14インチ(輝度300ニト・IPS液晶)が良いと思います。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

メモリはDDR4-3200MHzで、8GBが搭載です。旧モデルと同じで、一般的なスペックです。

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

搭載ストレージはSSD M.2で、256GBが搭載です。高速データ転送速度があるSSDで、パソコンの起動も10秒ほどと速いです。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャルリード

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 3.0×4  1800~3000MB/秒
 1200~2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

セキュリティ

Lenovoのセキュリティ

Winodws DefenderやTPM 2.0が搭載しており、一般的なノートパソコンのセキュリティですが、セキュリティソフトをお考えの場合は「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

 

Wi-Fi 6に対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

IdeaPadはWi-Fi 6を搭載しているモデルが少ないのですが、本機は安心して高速回線で使えますね。

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは2セル・38Whrで、最大約7時間のバッテリー駆動時間になります。また、急速充電には対応しておらず、約3.5時間で満充電です。

 

 

インターフェイス

IdeaPad Slim 370i 15.6型 右側面インターフェイス

右側面には、SDカードなどが読み込める4-in-1 メディアカードリーダー、USB 2.0になります。

 

IdeaPad Slim 370i 15.6型 左側面インターフェイス

左側面は電源コネクタ、USB 3.2 Gen 1、HDMI、USB Type-C 3.2 Gen 1(Powerdelivery対応、Display Port映像出力機能)、そしてマイク/ヘッドフォンジャックになります。

ちなみにUSB 2.0(速度480Mbps)はマウスやキーボードをつなげるポートで、データ移動をするときは他のUSB(5Gbps)を使った方が速いです。

また、USB Type-C 3.2 Gen 1はDisplay Port映像出力機能なので、モバイルモニターも使えます。

Lenovo ThinkVision M14のレビュー・598gの超軽量・高色域のモバイルモニター

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。また、Premium Careと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

  • 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

ライバル機種

ライバル機種は公式サイトで販売されているので、セール中はかなり安くなっています。

 

IdeaPad Slim 370i 14 Intel

Lenovo IdeaPad Slim 370i(14型 インテル)CPUは最新のインテル第12世代が搭載で高性能ですが、その他はいたって「普通」です。普通に使えたら十分と言う人に向いています。

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 5
重さ 1.43㎏
バッテリー 最大約7.9時間
価格 8.0万円~(Core i5)

レビュー

 

IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

Lenovo IdeaPad Slim 570(14型 AMD)上位モデルのRyzen 5000シリーズが搭載でかなり性能が高く、普段使い用としては十二分の性能があります。1.39㎏と軽く、Wi-Fi 6にも対応し、バッテリー駆動時間も長めと、持ち運びがしやすい機種です

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ DDR4 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし 300ニト
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
Webカメラ HD 720p、FHD 1080p
重さ 1.39㎏
バッテリー 最大15.1時間
価格 6.8万円~(Ryzen 5モデル)

レビュー

 

IdeaPad Flex 570(14型 AMD)

IdeaPad Flex 570(14型 AMD)普段使いモデルのIdeaPadですが、画面アスペクト比が16:10と縦に長く、より効率よく作業ができます。Ryzen 5000シリーズのCPUで性能も高く、ペンも付属しているので、メモ取りやイラストもできます

CPU Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型)
画面比
WUXGA IPS 300nit 光沢あり
16:10
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.1
その他 指紋センサー、デジタルペン同梱
重さ 1.55㎏
バッテリー 約13時間
価格 8.0万円~(Ryzen 5モデル)

レビュー

 

まとめ

良い点

・量販店モデルなので、店頭にあれば実際に触ってみることができる
・高性能インテル12世代CPU搭載
・15.6インチにしては比較的軽い
・Wi-Fi 6対応
・指紋センサー搭載

 

残念な点

・TN液晶なので若干色味が違う

 

総合評価

最新のインテル12世代CPUが搭載で、Core i3でもかなり高い性能があるので、普段使い用途であれば(と言うか、ビジネス用途でも)十分に使えると思います。

指紋センサーもあり、Wi-Fi 6にも対応と使いやすい機種で、ストレスを感じることもないと思います。ただし、液晶がTN液晶であまり品質が高くないので、毎日パソコンを長時間使う人は、他のIdeaPadを検討した方が良いかもしれません。

本機は量販店モデルでLenovo公式サイトでは販売されておらず、楽天や家電量販店で販売されているので、量販店にあれば実際に触って試すことができます。

 

公式サイト