Ryzen 5 PRO 6650Uのベンチマーク

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

Ryzen 5 PRO 6650Uのベンチマークです。

発熱も低く、安定して使えるAPUでしたが、Cinebench R23のマルチコアが意外に伸び悩みました。レビュー機がLenovo ThinkPad Z13と、13.3インチの超薄型コンパクトな機種なのでこうなったのかなと思います。

このAPUに限らず、16インチなどの大きな筐体のほうが性能は高くなる傾向にあるので、大きな筐体の機種を購入する人は、より快適に使えると思います。

Ryzen 5000シリーズまでは、グラフィック性能がそこまで高くなく、インテルに差をつけられていましたが、Ryzen 6000シリーズになり、グラフィック性能もかなり上がっています。

レビュー機はThinkPad Z13で、LPDDR5 16GB、SSD PCIe 4.0 1TBになり、電源モードはバランスです。

ThinkPad Z13 Gen 1(AMD)左斜め前から

 

Ryzen 5 PRO 6650Uの仕様

Ryzen 5 PRO 6650U CPU-Z

Ryzen 5 PRO 6650U
アーキテクチャ Zen 3+
製造プロセス 6nm
コア/スレッド 6/12
キャッシュ 16MB
基本クロック 2.9GHz
ブーストクロック 4.5GHz
GPUコア 6
TDP 15-28W

Ryzen 6000シリーズはすべてがZen 3+のアーキテクチャで、以下の様な特徴があります。

・前世代と比較して最大30%高速
・最大24時間のバッテリー
・内蔵GPUがRDNA2(リアルタイムレイトレーシング対応)
・統合型グラフィック性能は最大約2倍に
・DDR5/LPDDR5のメモリに対応
・USB4対応
・PCIe Gen 4対応
・Wi-Fi 6E対応

また、APUの最大温度が95°と、2021年発売のRyzen 5000シリーズより10°も低くなっているので、使っていても安定感がありますね。

 

ベンチマーク

各種のベンチマークを紹介していきます。

 

CPU Mark

Lenovo ThinkPad Z13 Gen 1(AMD) CPU Mark計測結果

 

CPUマークは16,935と、予想通りの性能が出ました。薄型pcで、これだけの性能が出たらもう充分だと思います。

その他のCPUとの比較です。

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ/本機搭載 青/比較

Core i9-12900H  29773
Core i7-12700H  27754
Ryzen 7 Pro 6850U  24322
Core i5-12500H  23156
Core i7-1280P  22897
Core i7-1270P  19915
Core i7-1260P  18771
Core i5-1240P  17664
Ryzen 5 Pro 6650U  16935
Core i7-1265U  12334
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098

 

Cinebench R23

Cinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアは6000ほどで高性能、8000以上でかなり高性能、シングルコアは1500以上でかなり高性能になります。

本機のスコアはマルチコア7676、シングルコア1486となりました。マルチコアはもうちょっと上がると思ったのですが、そこまで上がりませんでしたね。

Ryzen 5 PRO 6650U Cinebench R23測定結果

 

他の機種との比較です。

マルチコアシングルコア

Cinebench R23 マルチコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-12700H  16745
Ryzen 7 PRO 6860Z  14369
Ryzen 7 PRO 6850U  14228
Ryzen 9 5900HX  13875
Core i9-11900H  12345
Core i7-11800H  12180
Core i7-1260P  10571
Ryzen 7 5700U  9555
Core i5-1240P  8392
Ryzen 5 PRO 6650U/平均  8018
Ryzen 5 5500U  7783
Ryzen 5 PRO 6650U/本機  7676
Ryzen 7 4700U  6874
Core i7-1165G7  6070
Core i5-1135G7  5913

Cinebench R23 シングルコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-12900H  1917
Core i7-12700H  1806
Core i7-1260P  1773
Ryzen 7 PRO 6850U  1617
Ryzen 7 PRO 6860Z  1613
Core i9-11900H  1540
Core i7-1165G7  1504
Core i7-11800H  1492
Core i5-1240P  1488
Ryzen 5 PRO 6650U/本機  1486
Ryzen 9 5900HX  1478
Ryzen 5 PRO 6650U/平均  1425
Ryzen 5 5600U  1372
Core i5-1135G7  1343
Ryzen 5 5700U  1274
Ryzen 5 5500U  1180

 

Geekbench 5

Geekbench 5はクロスプラットフォームのベンチマークで、CPUやGPUコンピューティングのスコアを計測できます。

Ryzen 5 PRO 6650U Geekbench 5 測定結果

その他の機種との比較です。

Geekbench 5はクロスプラットフォームのベンチマークで、CPUやGPUコンピューティングのスコアを計測できます。

マルチコアシングルコア

Geekbench 5 マルチコア

オレンジ色・・・計測機種 青・・・比較

Core i7-1260P  10571
Core i5-1240P  9625
Core i5-1235U  6619
Ryzen 5 PRO 6650U  6440
Core i3-1215U  6222
Ryzen 5 5500U  5717
Ryzen 7 5700U  5478
Core i7-1165G7  4558
Core i5-1135G7  4225
Ryzen 3 5425U  3743

Geekbench 5 シングルコア

オレンジ色・・・計測機種 青・・・比較

Core i7-1260P  1773
Core i5-1240P  1496
Core i7-1165G7  1394
Core i5-1235U  1325
Ryzen 5 PRO 6650U  1304
Core i5-1135G7  1261
Ryzen 3 5425U  1250
Ryzen 5 5500U  1122
Ryzen 7 5700U  1029

 

 

 

PCMark10

こちらはPCMark10の計測結果で、Essentialは「通常用途(Web検索やビデオ会議、アプリの起動など)の性能」、Productivityは「Microsoft Office(事務系のアプリ)使用時の性能」、Digital Content Creationは「コンテンツ作成(画像・動画編集など)のしやすさ」を表しています。

総合性能の目安は以下になります。

・5000以上・・・ハイスペック
・4000以上・・・ミドルハイ
・3000以上・・・ミドルクラス
・2000以下・・・エントリ―クラス

 

Lenovo ThinkPad Z13 Gen 1(AMD) PCMark10 計測結果

本機のスコアです。Essentialは予想よりも低調なスコアでしたが、ビジネス用途でもがっつり使えるスペックです。

  • 総合性能は5136
  • Essentialは8130→通常用途やビデオ会議など使いやすい
  • Productivityは8026→かなり高速に使える
  • Digital content creationは5636→外付けGPU無しにしては高性能
EssentialProductivityDigital Contents

Essential

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1260P  9744
Core i5-1240P  9728
Core i7-1165G7  9553
Core i5-1135G7  9502
Ryzen 7 5700U  8951
Ryzen 3 5425U  8743
Core i3-1115G4  8411
Core i5-1235U  8197
Ryzen 5 PRO 6650U  8130
Ryzen 5 5500U  7907

Productivity

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 5700U  8065
Ryzen 5 PRO 6650U  8026
Ryzen 5 5500U  7209
Core i7-1165G7  6643
Core i3-1215U  6570
Core i5-1135G7  6300
Core i7-1260P  6187
Core i5-1240P  6167
Core i3-1115G4  5994
Core i5-1235U  5542

Digital Content Creation

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1260P  6406
Core i5-1240P  5875
Ryzen 5 PRO 6650U  5636
Ryzen 7 5700U  5282
Core i7-1165G7  5150
Core i3-1215U  4796
Core i5-1235U  4716
Ryzen 5 5500U  4445
Ryzen 3 5425U  4240
Core i5-1135G7  4189

 

グラフィックス

Ryzen 5 PRO 6650Uは、内蔵グラフィックスのRadeon 660Mになります。

3D Graphics Markで計測したら、3526と高い数値が出ました。

Lenovo ThinkPad Z13 Gen 1(AMD) 3D Graphics Mark計測結果

 

その他のCPとの比較です。

グラフィック性能が高いと、Officeを使った作業や複数画面での作業などがしやすくなります。

3D Graphics Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 PRO 6850U  5663
MX550  5089
Core i7-1165G7  3681
Ryzen 5 PRO 6650U  3526
Core i7-1260P  3263
Core i5-1135G7  2898
Ryzen 7 PRO 5850U  2328
Core i5-1240P  2326
Ryzen 5 5500U  2326
Ryzen 7 5700U  2251
Core i5-1235U  2196
Ryzen 5 5625U  2021
Ryzen 3 5425U  1859
Ryzen 3 5400U  1734

 

ゲームのベンチマーク

ゲームはドラゴンクエストXと、FFXIV ENDWALKER 暁月のフィナーレでベンチマークを取りました。

ドラクエは「標準品質・FHD」、FFは「標準品質・ノートパソコン」で計測です。

Ryzen 5 PRO 6650U ドラゴンクエストX 測定結果

ドラゴンクエストXは、「とても快適 7949」でしたが、もうちょっと高い数値かと思っていました。

 

Ryzen 5 PRO 6650U FFXIV ENDWALKER 暁月のフィナーレ測定結果

次は、FFXIV ENDWALKER 暁月のフィナーレで、10140と高い数値でした。

その他のCPUとの比較です。

ドラクエXFFXIV

ドラクエX FHD画質

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1165G7  13150
Ryzen 5 5500U  10769
Ryzen 7 5700U  10370
Ryzen 3 5345U  9348
Ryzen 5 PRO 6650U  7949
Core i3-1115G4  7283
Core i7-1260P  6272
Core i5-1240P  6204
Core i3-1215U  5651
Core i5-1235U  5135

FFXIV 標準品質

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 5 PRO 6650U  10140
Core i5-1240P  6402
Core i7-1260P  6155
Core i3-1215U  5913
Core i7-1165G7  5561
Ryzen 3 5425U  4082
Ryzen 5 5500U  3732
Ryzen 7 5700U  3731
Core i5-1235U  3443
Core i3-1115G4  2306

FFXIVがここまでスコアが良かったので、グラフィック性能は高いですね。

 

発熱

発熱は機種によるので、参考程度に見てください。下のグラフは、CPU性能をフルで使用するCinebench R23のマルチコアのベンチマーク時です。

Ryzen 5 pro 6650U Cinebench R23計測時のCPU温度推移

ケルビンで記載されているので驚きますが、これをマイナス273°すると摂氏になり、

平均温度・・・79°
最小温度・・・38°
最大温度・・・95°

でした。

 

Ryzen 5 Pro 6650U搭載機種

ベンチマークのレビューに使用した機種は、Lenovo ThinkPad Z13 Gen 1で、Lenovoでは数機種に同じCPUが搭載しています。

 

ThinkPad X13 Gen 3 AMD

ThinkPad X13 Gen 3 AMDRyzen PRO 6000シリーズ搭載の本機種は、メモリやSSDも最新で、スペックが高いです。X1シリーズよりも若干ベゼルが太めですが、1.19㎏と軽く、バッテリーも16.2時間と長いです。13.3型ですが画面アスペクト比が16:10と縦に長いので、14インチ以上の情報が表示されます。

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA、WQXGA IPS 16:10
無線 Wi-Fi 6E、LTEあり、Bluetooth 5.2
生体認証 顔認証(オプション)、指紋センサー
Webカメラ 720p、1080p
重さ 1.19㎏~
バッテリー
電源
41Whr・16.2時間
45W、65W
価格 14.5万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T14 Gen 3 AMD

ThinkPad T14 Gen 3 AMDスリムタイプのT14s Gen 3よりも軽量で低価格、ただし、スペックは同等クラスに高いです。筐体が樹脂素材なので若干安いので、この点にこだわらない人は格安にハイスペック機種を購入できます

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA、2.2K、WQUXGA IPS 光沢なし マルチタッチあり
無線
有線
Wi-Fi 6E、4G/5G LTE
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
生体認証 顔認証、指紋センサー
WEBカメラ 720p/1080p
重さ 1.21㎏~
バッテリー 39.3Whr/約14.4時間
52.5Whr/最大21.1時間
価格 13万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T16 Gen 1 AMD

Lenovo ThinkPad T16 Gen 1 AMD1つ前に紹介した機種のAMDモデルで、似た様なスペックですが、グラフィック性能がかなり高く、2.5Kディスプレイもあり、クリエイターにも使いやすいし、Office系アプリを多用する人にも向いています

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(16型) WUXGA、WQXGA
通信 Wi-Fi 6E、4G LTE、イーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
重量 約1.65㎏~
バッテリー 最大約17.3時間(52.5Whr時)
価格 15.3万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P14s Gen 3 AMD

Lenovo ThinkPad P14s Gen 3 AMD高性能・低発熱のRyzen 6000シリーズが搭載で、最新スペックが満載の機種です。iGPU性能が高いのでインテルモデルの様にビデオカードはありませんが、発熱が低くバッテリー駆動時間も長い、そしてたったの1.28㎏からと軽量です

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ LPDDR5 32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA/WQUXGA IPS タッチあり
通信 Wi-Fi 6E、LTEあり、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 720p、1080p+IRカメラ
重さ 1.28㎏~
バッテリー 最大21.7時間
価格 15万円~

レビュー

公式サイト

 

最後に

ベンチマークを取っていて思ったことは、本機は安定した性能があり、高負荷な作業も長時間しやすいと思います。

レビュー機はかなり小さい機種なので、もうちょっと低いスコアになってもおかしくないと思いますが、全然、標準以上の性能で、外出先でも性能に妥協せずに、やりたい作業も快適にできると思います。

他にもCPUのベンチマークを取っているので、こちらも併せてどうぞ。

もしくは、Lenovoではセールをやっているので、こちらも併せて読んでみてください。

 

Lenovo 2024年6月のセール情報と割引Eクーポンコード