HPの評判は?HPパソコンの評価とレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

HPのパソコンと言えば「コスパが高くおしゃれなモデルが多い」と言うイメージを持つ人が多いと思いますが、その他の評判や実際のところはどうなんでしょう?

実際に使った感想や調べた結果、以下のことが挙げれます。

・良い評判

1 コスパが良い
2 おしゃれ(他社にないようなPOPなカラーがある)
3 種類が豊富
4 サポートが良い

・悪い評判

1 配達が遅い
2 外資系なので品質が不安
3 カスタマイズ性が低い

本記事で、各評判を検証していきます。

特別にHPより本サイト専用のクーポンを作っていただき、「7.7万円以上の法人向けモデル」を購入した場合は、4%OFFになります。
ビジネスPC割引クーポンはこちら。
また、「13.2万円以上の個人向けモデル」を購入した場合は、7%OFFになります。
個人向けPC割引クーポンはこちら。

現在あっているセール価格からさらに割引されるので、ぜひご活用ください(一部非対応の機種もあります)。

HPとは?

HPはHewlett-Packard(ヒューレットパッカード)社の社名で、1939年にアメリカで設立された会社になります。日本でPCなどを販売しているのは日本HP社になり、1963年に創立しました。

 

2023年 世界のPC出荷台数統計Gartnerより引用>

こちらの表は、2024年に発表された2023年のノートパソコン世界販売台数です。世界1位はLenovoで約5972万台、HPは第2位で約5289万台、シェアは21.9%となっています。と言うことは、世界のノートパソコン保持者の5人に一人はHPノートパソコンを使っている計算ですね。

こちらは、2023年度の国内出荷台数です。

MM総研 国内パソコン出荷台数グラフ<参考資料・MM総研

1位はNECレノボ(NECとLenovoは親会社が同じで、NECレノボ・ジャパンというジョイントベンチャーを設立)で、国内の24.6%のシェアを占めています。ぶっちぎりです。

2位はHP(ヒューレットパッカード)で、17%、それに続きFCLL(富士通クライアントコンピューティング)などがあります。アップルのmacは人気ですが、出荷台数から見るとそこまで人気のメーカーではありません。意外ですね。

HPは国内外で世界2位の販売台数がある会社なんです。

 

HP ワークステーション 国内シェア

また、HPにはZBookというワークステーションがあるのですが、こちらは15年連続で日本でのシェアがNO.1です。日本で一番売れているワークステーションなんです。

 

 

悪い評判

利用者が多いので、よい評判も悪い評判も多くありましたが、まずは悪い評判や個人的に「これは・・・」と思うことがあるので、悪い方から先にご紹介します。

悪い評判と言っても、分かっていれば「悪い」と思わないものもあり、知らないから不満が出るということも有りますよね。

 

配達が遅い

基本的に海外で生産されているので、当然、国内生産の会社よりも納期が長くなりがちです。最短で5営業日、コロナの時は最長で数か月待つことも有りました。

お急ぎの人は、「HP短納期モデル」で最短で5営業日で発送されるモデルが紹介されているので、そちらをどうぞ。

100歩譲って配達が遅いのはいいのですが、納期が書かれていないものが多いので「いつ来るか分からない」ということがあります。

こちらは例としてノートパソコンの購入ページですが、1つは「お届けまでに1か月以上かかります」と記載されていますが、他のモデルは無記載です。通常、無記載であれば1か月以内(2-3週間)が目安だと思いますが、書かれていないので不安になりますよね。その場合は、下記番号から確認ができます。

 

HP パソコンの納期の問い合わせ先

HP 15-fc 右斜め前から

上の写真は、2023年に購入したHPのノートパソコンで、この時は1週間ほどできたと思います。速かったなと思った記憶があります。

また、納期が速いモデルは、このように「5営業日でお届け」などと記載されています。

 

 

外資系なので品質に不安がある

外資系なので・・・という声もあるのですが、個人的に外資だからと言って品質が低いとは思いません。まぁ、国内生産の方が安心感はありますが。

「外資系なので・・・」と言う人はMade In Japanにすごくこだわりがあるか、もしくは内情を把握していないかだと思います。

と言うのも、今では国内生産であっても海外で作られていても、内部の部品は中国などで生産されています。国内生産であれば、パーツを日本に輸入して日本で組み立てますが、海外生産であれば組み立てたものを日本に輸送して販売します。

なので、使っているものは同じなんですね。個人的には「外資だから・・・」と言う理由で品質が下がるとは思いません。

また、先述したようにHPのノートパソコンは世界で5人に一人が使っているほど売れています。逆を言えば、それだけ利用者が多いので良いレビューも悪いレビューも多く目にすると思います。

HPには東京生産モデルという国内生産モデルもあるので、Made In Japanじゃないとだめだ!と言う人は、HP・東京生産モデルも見てみてください。

 

 

カスタマイズ性が低い

ここを気にする人は私のようなマニアックな人か、ゲーミングPCを買う人かな?と思いますが、マウスコンピューターLenovoの様にこの機能を付けて、でもこれは外してなどのカスタマイズ性は高くないです。

ただし、普通の人はそこまで細かにスペックを変えないと思うし、変えてもCPUやメモリ、ストレージ容量、Officeありかなしかくらいなので、これであれば問題は無いと思います。

しかも、同じ機種でも通常、5~6種類以上のモデルが販売されているので、好みのスペックの機種を買えると思います。

 

 

良い評判

HP Pavilion Aero 13-be(2023年モデル)のレビュー<画像はPavilion Aero 13-be。ロングランヒット商品です>

HPはどちらかと言うと、良い評判の方が多いですね。まぁ、世界No.2のノートパソコン販売台数を誇っているので、当然ですよね。

 

コスパが高い

<左はDrafonfly G4・右はHP 15-fc>

※リンクをクリックすると、各シリーズの詳細レビューページに移動します。

個人向けモデル
Pavilion 一番人気のおしゃれ機種で、中価格帯。Pavilion Gamingモデルもあり
Spectre 個人向けHP最上位のモデルで、クリエイター向け
Envy 中価格~高価格モデルがあり、スペックが高い
HP 低価格モデルだが、意外にしっかりしたスペック
ChromeBook Chrome OSで比較的低価格
OMEN ゲーミングPCで動画編集者にも向いている機種。
ビジネスモデル
HPビジネス 低価格ビジネスモデルでスペックは高めだが、ビジネスモデル特融のセキュリティがない
ProBook 低価格ビジネスモデルで、セキュリティがすごい!
Elite ハイエンドビジネスPC
ZBook ワークステーションで、CADや動画・画像編集向けの機種

こちらはノートパソコンの機種ですが、HPでは10種類のブランドがあり、ビジネスモデルは23種類、個人向けは28種類、ゲーミングPCは4種類の計55種類のノートパソコンが販売されています。種類が豊富ですね。

詳しくは、こちらで全機種の特徴とレビューが見れます。

個人的に思うのはゲーミングPCはすごく安く、個人向けモデルはちょっと高いかなと思います。

大雑把に特徴分けをすると、この様になります。

  • HP、HPビジネス・・・バッテリー駆動時間は主に10時間以下、樹脂素材
  • Pavilion、ProBook・・・バッテリー駆動時間は10時間以下(Proは12時間前後)、樹脂・アルミニウム素材
  • Envy、Spectre、Elite・・・バッテリー駆動時間も長く、アルミニウムもしくはマグネシウム素材

 

HPシリーズはコスパが良いというよりも、とにかく安く作られた機種です。ただし、全然安さを感じませんでした。

2023年にHP 15-fcという4万円弱で販売されているPCを買ったのですが、4万円なりのスペックですが、こんなに普通に使えるんだと感心しました。

人気のPavilionやEnvyは、おしゃれで高性能、素材にもこだわりありと言った感じで、「これぞHPのノートパソコン」と言えるモデルが多いです。価格も6万円くらいから10万円以上する機種もあります。

SpectreやビジネスモデルのEliteは、触った感触から高級感があり、すべてが一味違う感じです。所有欲を満たしてくれるというか、見せびらかしたくなるような機種です。

 

 

おしゃれ

HPでは一般的なシルバーもあれば濃いブルーや白、そしてピンクやゴールドなど他社にはないようなカラーが多くあります。

ポップでおしゃれなものもあれば、シックで大人の雰囲気満点のカラーもあり、他人と違った色が楽しめます。

HP spectre x360 15のカラー・アッシュブラックとポセイドンブルー

ノートパソコンと言えば、シルバーが多いですよね。なんで他社はこういったカラーを出さないんでしょうね?

 

 

サポートが良い

HPのサポート

HPのサポートは手厚いと有名で、パソコンを購入するとこのような特典があります。

  • 使い方入門書同梱
  • 電話・チャット・LINE・メール等でのサポート
  • 個人向けモデルは最長3年、法人向けモデルは最長5年まで延長で可能

初めてパソコンを買う人でも安心できるのは、使い方入門書が同梱されているので、こちらである程度調べることができるし、分からない場合は電話でも相談(月-金9:00-21:00、土9:00-17:00)できるので安心ですよね。

HP ビジネスモデルのサポート

ビジネスモデルではより企業が安心して購入できるように、上位サポートのElite Premiumサポートもあります。

HP ZBookの保証とサポート

保証は基本的に1年間引き取り修理保証で、こちらも同じく延長が可能です。ビジネスモデルではオンサイト修理もあるので、情報漏洩などの対策にもなりますね。

  • 引き取り修理・・・指定業者がパソコンを引き取りに来て修理工場に配送、修理後配達される(期間内はパーツ代や配送代など無料)
  • 出張修理・・・エンジニアが家や事務所に来て現場で修理。期間内は交換パーツ代など無料

 

個人向けお勧めモデル

ここでは人気機種やおすすめ機種をご紹介しますが、購入をお急ぎの人はHP 短納期モデルをご覧ください。

また、種類が多いので全機種の紹介はできませんが、全機種を確認するには「HP個人向けノートパソコン」をどうぞ。

 

おすすめHPノートパソコン
大学生にお勧めのHPノートパソコン
HP ゲーミングPC

 

HP 14-em

HP 14-emのレビューこれ、低価格モデルなんですが、Athlonモデル以外はスペックがしっかりしていて、2023年に見たノートパソコンの中でTOP 3に入るくらいコスパが高いと思います。

CPU AMD Athlon Silver 7120U
Ryzen 3 7320U
Ryzen 5 7530U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 非光沢
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ FHD 1080p
重さ 1.39㎏
バッテリー 最大約10時間(Athlonモデルは11時間)
価格 3.8万円~

レビュー

公式サイト

 

HP 15-fc

HP 15-fcの実機レビューこんなに安いのに、意外にしっかりとしたスペックで、Athlonモデルも意外に使いやすかったです。しかも意外に軽く、バッテリーも最大10時間あります。時々持ち運ぶ人にも合います

CPU AMD Athlon Silver 7120U
Ryzen 3 7320U
Ryzen 5 7530U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS液晶
OS Windows 11 Home Sモード
Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ 1080p FHD
重さ 約1.63㎏
バッテリー 最大約10時間
価格 3.5万円~

レビュー

公式サイト

 

Pavilion Aero 13-be

HP Pavilion Aero 13-be(2023年モデル)のレビューAero 13-beの2023年モデルです。CPUがRyzen 7000シリーズになり、Wi-Fi 6Eにも対応しました。背面のロゴがおしゃれになったので、うれしいですね。全体的にハイスペックです、1㎏を切る軽量モデルです。

CPU Ryzen 5 7535U
Ryzen 7 7735U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS 400nit sRGB 100%
無線 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.3
生体認証 指紋センサー
重さ 957g
バッテリー 12時間
価格 10.9万円~

レビュー

公式サイト

 

Envy x360 14-fc

HP HP Envy x360 14-fc(インテル)のレビューさすがHP普段使いPCの上位モデルで、ほぼ欠点がない機種だと思います。メモリも最大32GBと大きく、最高で2.8K OLEDディスプレイを搭載可能、WEBカメラは高画質500万画素です。Thunderbolt 4も1つあり、14インチの2 in 1 PCで1.39㎏と軽いので、持ち運びにも据え置き用にも使いやすいです

カラー メテオシルバー、ミッドナイトブルー
CPU Core Ultra 5 125U
Core Ultra 7 155U
メモリ LPDDR5-6400 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス Intel グラフィックス
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS
2.8K OLED
無線 Wi-Fi 6E
生体認証 顔認証
WEBカメラ 5MP
重さ 1.39㎏
バッテリー 最大約15時間
価格 16.4万円~

レビュー

公式サイト

 

 

法人向けお勧めモデル

詳しくは「ビジネスノートパソコンの評判と全機種のレビュー」で紹介しているので、本項では特におすすめの機種をご紹介します。

法人向けモデルはスペックは個人向け以下が多いですが、「世界で最も安全なビジネスノート」として宣伝されているくらいセキュリティが万全です。

本記事ではいくつかピックアップしました。

 

HP 245 G10

HP 245 G10のレビュー 持ち運びに便利なモバイルPC14インチで1.36㎏と軽く、CPU性能も高い機種です。インターフェイスが少ないので、ビジネス用と言うよりも、持ち運びが多く屋内で使うことが多い学生に合うと思います。もしくは、社内移動や持ち運びが多いけど屋外では使用しないという社会人向けです

CPU Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD UWVA
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ 720p HD
重さ 1.36㎏
バッテリー 最大約12時間17分
価格 7.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ProBook 445 G10

HP ProBook 445 G10のレビューCPUには高性能Ryzen 7000シリーズが搭載で、メモリは最大32GBと大きく、パワフルにできる機種です。ディスプレイの輝度が250ニトとちょっと低いですが、概ね標準的なスペックで、持ち運びに向いています

CPU Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD UWVA 非光沢
通信 1ギガビットイーサネット、Wi-Fi 6E
生体認証 指紋センサー
セキュリティ HP Wolf Security
重さ 約1.38㎏~
バッテリー 最大約10時間45分
価格 8.2万円~

レビュー

公式サイト

 

Elite Dragonfly G4

HP Dragonfly G4の実機レビューEvoプラットフォーム認証
画面アスペクト比が4:3と縦に長く、13.5インチで1.0㎏と超軽量モデルです。軽いだけじゃなくスペックもしっかりしています。500万画素の超高解像度Webカメラに、人感検知機能もあり、HP Wolf Security(オプション)もあります

CPU Core i5-1235U/1245U
Core i7-1255U
メモリ LPDDR5 16GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.5型) WUXGA+ UWVA
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE/5Gあり
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 500万画素、IRカメラ
重さ 約1.0㎏~
バッテリー 最大14時間32分
価格 21.4万円~

レビュー

公式サイト

 

 

最後に

HPは機種が多いので苦労しましたが、コスパが高くお勧めできる機種のみ今回ご紹介しました。低価格モデルから高価格モデルと幅広いので、多くの人が「自分に合った機種」をお見つけることができると思います。

今回はノートパソコンを紹介しましたが、こちらでHPのゲーミングデスクトップのレビューも紹介しているので合わせてどうぞ。

また、HPは時々セールをやっており、元から安い機種が割引されているので、こちら「HPのセール情報」も確認してみてください。