Lenovo Yoga Pro 7 Gen 9 14型(AMD)のレビュー RTX 3050搭載可能なクリエイターPC

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

Ryzen 8000シリーズが搭載したクリエイターPCです。

Ryzen 7 8845HSにRTX 3050も搭載でき、クリエイターの入門機としては十分な性能があります。色域も高く、sRGB 100%かDCI-P3 100%なので、正確な色を見ながら映像編集も可能です。

また、作業中に音楽を聴くときもPCからでも十分な品質で、2Wスピーカーが4つもあり、ドルビーアトモスに対応しています。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 4.6]
コスパ [usr 4.3]
総合評価 [usr 4.4]
Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

 

Yoga Pro 7 Gen 9 14型(AMD)のスペック

CPU Ryzen 7 8845HS
メモリ LPDDR5X-6400 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
RTX 3050
ディスプレイ(14.5型) WQXGA IPS 光沢なし 90Hz
3K IPS 光沢なし 120Hz
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E
生体認証 顔認証
WEBカメラ FHD&IRカメラ
スピーカー 2W×4(ドルビーアトモスに最適化)
寸法(幅×奥行×高さ) 325.5 × 226.49 × 16.6mm
重さ 1.49㎏
バッテリー
電源
最大約11.5時間
100W/140W
標準保証 1年間
価格 13.1万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUはRyzen 8000HSシリーズで、約3万のCPU Markスコアがあります。また、機械学習に特化したRyzen AIが搭載しており、使っていくうちにデジタルアシスタントのメリットを活用できます。

メモリはLPDDR5X-6400MHzで、16GBになります。十分な容量ですが、32GBがあってもよかったですね。

ストレージも同じく最新のSSD PCIe 4.0×4が搭載で、最大1TBと大容量です。データ転送速度が速いので、パソコンの起動も速いし、何をするにしても快適です。

グラフィックスは内蔵グラフィックスか、NVIDIA GeForce RTX 3050が搭載です。趣味で動画編集やAI画像を作成などをする人は内蔵グラフィックスでよいと思いますが、本格的に始めたい人はRTX 3050が良いですね。

ディスプレイはWQXGA(2560×1600)か、3K(3072×1920)解像度があり、視野角の広いIPS液晶になります。画面アスペクト比が16:10なので、より多くの情報が表示され、解像度も高いので高精細で見やすいです。

2.5Kはリフレッシュレート90Hz、3Kモデルは120Hzなので、より滑らかな映像が映し出されます。ただし、そのまま使っていると60Hzなので、Fn+Rを押してリフレッシュレートを60⇔90/120Hzに切り替えます。

色域は2.5KがWeb用画像編集向けのsRGB 100%で、、3Kはデジタルシネマ規格のDCI-P3 100%になります。

その他のスペックはWindows 11 HomeかProが選べ、無線はWi-Fi 6Eに対応、高画質FHD Webカメラと顔認証用のIRカメラも搭載しています。

また、2Wスピーカーを4つ搭載しており、Lenovoで一番大きなスピーカーになっています。他社を見渡しても、ゲーミングPC以外で2Wスピーカー4つも搭載している機種は、ほとんどないんじゃないかなと思います。

14.5インチで重さは1.49㎏と悪くなく、73Whrの大容量バッテリーを搭載しており、バッテリー駆動時間は最大約11.5時間と長めなので、外出先でもガッツリ仕事ができます。

 

 

公式サイト

 

2024年のトレンドと比較

2024年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

Ryzen 8000 DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
Wi-Fi 6E sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ以上
USB4 生体認証 重量1.5㎏前後 バッテリー10時間以上

重量ですが、14.5インチの機種ってほとんどないので比較対象がないのですが、通常14インチは1.4㎏、15.6インチは1.7㎏なので、14.5インチの標準重量は1.5㎏ほどにしました。

 

 

旧モデルとの比較

Pro 7シリーズにはインテルCPU搭載のPro 7i Gen 8がありましたが、AMD搭載モデルは日本では初です。ちなみに、海外では発売されていたようです。

本機はPro 7i Gen 8と同じ筐体を使用し、主な変更点はCPUがRyzen 8000HSシリーズに変わっただけです。

 

 

高性能Ryzen 8000シリーズ搭載

Ryzen 7 8845HS
製造プロセス 4nm
アーキテクチャ Zen 4
コア/スレッド 8/16
L3キャッシュ 16MB
ベースクロック 3.8GHz
ブーストクロック 5.1GHz
GPUコア 12
TDP 45W(35W~54W)

アーキテクチャはZen 4になり、主な特徴はこちらです。

・Zen 3の改良版
・L2キャッシュ増量
・ディープラーニング性能の向上
・Zen 3に比べIPCが約14%アップ

Zen 4はレイテンシの短縮とスルートップの向上を目的に作られており、順当に開発されていますね。

また、Ryzen 8000シリーズはRyzen AIというNPUコアがあり、4nmプロセスルールで電力効率が高まっています。最大TDPは54Wと低いですが、高性能です。

CPU Markの比較です。

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 15000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 18000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-13900HX  46415
Core i7-14700HX  36261
Core i7-13700HX  33484
Core i7-13650HX  31923
Core i7-13700H  30029
Ryzen 7 8845HS  29933
Core i7-13620H  27302
Core i5-13450HX  25216
Core i5-13500H  25096
Core i7-1360P  21549
Core i5-13420H  20451
Core i5-1340P  20197
Core i7-1260P  18691
Core i5-1240P  17318
Core i7-1365U  14982

Ryzen 7は約3万ほどの性能になり、13世代Core i7 Hシリーズ並みの性能です。IdeaPadと言えば普段使い用PCですが、普段使い用の性能じゃないですね。かなり高い性能です。

 

こちらはGeekbench 6のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアシングルコア

マルチコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-14700HX  16213
Core i7-13650HX  14077
Core i9-13900H  12706
Core i7-13700H  12410
Core i5-13500H  12215
Ryzen 7 8845HS  12135
Core i5-13450HX  11891
Core i5-1340P  10302
Core i5-13420H  9912
Core i7-1360P  9542
Core i5-1335U  8102
Core i7-1365U  7549
Ryzen 7 7730U  6714
Ryzen 5 7530U  5546

シングルコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 8845HS  2466
Core i7-13700H  2426
Core i5-13500H  2378
Core i7-1360P  2306
Core i5-1340P  2217
Core i5-1335U  2183
Ryzen 5 7530U  1885
Ryzen 7 7730U  1857
Core i5-1350P  1727
Core i7-1365U  1636

13世代Core i7 Hシリーズ並みの性能です。ただし、インテルに比べ消費電力が全然低いので、すごいパフォーマンスです。

 

 

グラフィックボード搭載

グラフィックボードは1つ前のモデルですが、軽いゲームや画像・動画編集もできるNVIDIA GeForce RTX 3050を搭載できます。

RTX 3050はレイトレーシングとDLSS対応で、現実に近い描写が可能。そして、ゲームによってはfpsを落とさずに画質をアップできます。

 

DirectX 11で動作するFire Strikeと、DX12で動作するWQHD(2K/2560×1440)向けのTime Spyのスコアの比較です。

Fire StrikeTime Spy

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  35361
RTX 4080  33106
RTX 3080 Ti  26136
RTX 4070  26024
RTX 3070 Ti  24924
RTX 4060  23768
RTX 3080  23637
RTX 2080  20939
RTX 3070  22431
RTX 2080S  21862
RTX 2070 Super  19070
RTX 4050  18269
RTX 3060  17853
RTX 3050  12267
Radeon RX 6500M  11868
RTX 3050 Ti  11768
GTX 1650  8033

Time Spy

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  20269
RTX 4080  18091
RTX 3080 Ti  12599
RTX 4070  12310
RTX 3080  11510
RTX 3070 Ti  11427
RTX 4060  10653
RTX 3070  10260
RTX 2080S  10096
RTX 4050  8498
RTX 2070 Super  8328
RTX 3060  8323
RTX 2060 Max-Q  5870
RTX 3050  5678
RTX 3050 Ti  5518
GTX 1650  3555

 

それでは、本機の特徴です。

 

クリエイター向けディスプレイ

Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 正面<画像は旧モデル3K DCI-P3 100% 120Hz>

解像度 光沢 液晶 輝度
14.5型 3K
WQXGA
なし IPS 400nit
350nit
コントラスト比 色域 視野角 リフレッシュレート
1500:1 DCI-P3 100%
sRGB 100%
170° 最大120Hz
最大90Hz

14.5型と不思議な大きさで、画面アスペクト比が16:10になります。

 

14インチの16:10と、15.6インチの16:9と比較で、本機は一番情報量が多いです。15.6インチよりも大きいので、作業がしやすいです。

解像度はWQXGA(2560×1600)か、3K(3072×1920)になり、高精細です。また、視野角は170度と広いIPS液晶で、光沢なしになります。

色域はデジタルシネマ規格のDCI-P3 100%(画像左)か、Web用画像編集に合うsRGB 100%(画像右)と広色域で、正確な色を見ながら編集ができます。

輝度は2.5Kが350ニト、3Kが400ニトで、こちらは輝度の目安です。

220ニト 室内ならなんとか使える。明るい室内では暗く見える
250ニト 室内向け。屋外では日陰ならギリギリ使える
300ニト 屋外の日陰でも見える
400ニト 屋外でも使いやすいが、直射日光が当たるとちょっとくらい
500ニト 屋外向け
600ニト 画面に直射日光が当たっても比較的見える

 

Lenovo Yoga Pro 7 Gen 9 14型(AMD) リフレッシュレート変更可能

また、リフレッシュレートはデフォルトで60Hzですが、Fn+Rを押して60Hz→90/120Hz→Autoに切り替えることができます。もしくはWinodwsの設定→システム→ディスプレイ→ディスプレイの詳細設定からも変更できます。

 

 

高画質FHD Webカメラ

Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8のWEBカメラ

Webカメラは高解像度のFHD 1080pで、顔認証用のIRカメラ、そして電子式プライバシーシャッターもあります。

 

FHDカメラと、一般的なノートパソコンに搭載されているHD 720pカメラを比べると、一目瞭然ですね。Web会議などのビデオ通話時に、相手により映りの良い映像が届くので、印象アップにもなります。

また、マイクは4つも搭載しており、ドルビーアトモスに最適化された2Wスピーカーも4つ(ツイーター2つ、ウーファー2つ)搭載と、カメラだけじゃなく全部ハイスペックです。

Dolby Atmosは一般的なオーディオの様な平面的じゃなく、立体的な音を体感できます。

また、本機は顔認証カメラがあり、サインインも一瞬です。

 

 

その他の特徴

 

外観

現在、タイダルティールというブルーっぽいカラーの筐体のみ販売されていますが、ルナグレーという青みが少ないグレーの筐体もあるようです。

Lenovo yoga pro グレー

<グレーのYoga Proはこのような感じです>

以下はタイダルティールです。

Lenovo Yoga Pro 7 Gen 9 14型 AMD 正面

ディスプレイ表示領域が91%と多く、ベゼル(画面の黒い枠)が細いです。

寸法は

・幅 325.5㎜
・奥行 226.49㎜
・高さ 16.6㎜

で、ベゼルが細いのでコンパクトな筐体です。グラボ搭載で、これだけコンパクトなのはすごいですね。重さは最軽量モデルが1.49㎏なので、持ち運びもできます。ちなみに、旧モデルはグラボ搭載で1518gだったので、グラボなしとほぼ同じ重量でした。

 

Lenovo Yoga Pro 7 Gen 9 14型 AMD 後ろから

Yogaの魅力の一つとして、この美しいボディラインがあると思います。滑らかで、おしゃれなんです。

 

Lenovo Yoga 指一本で開くことができる<指一本で開くことができる>

指1本で開くことができるのも、スマートですね。これ、カフェに行ったときや、片手に書類を持っているときなどすごく便利です。また、日常でも両手を使わずにディスプレイを開けるのは、すごく便利です。こういった機種って少ないんですよね。

 

Lenovo Yoga Pro 7 Gen 9 14型 AMD 天板

筐体はアルミニウムを使用しており、手触りも見た目も良く、堅牢性も高い機種です。また、MILスペックと言う米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、ディスプレイ部の耐久性など様々なテストもクリアしています。

タイダルティールという色で、はすっごくおしゃれに見えますね。

また、LenovoのゲーミングPCであるLegionの様に、Lenovo AI Engine+が搭載しており、よりシームレスに使えるようになっています。

 

 

キーボード

Lenovo Yoga Pro 7 Gen 9 14型 AMD キーボード
キーボードは84キーの日本語キーで、バックライト付き、タッチパッドは80㎜×135㎜と大きく操作性が高いです。

左矢印キーの横がCopilotボタンに変更されました。CopilotボタンはAIアシスタントのようなものでもあり、WordやExcelなどのMicrosoft製品をサポートする生成AIで、Chat GPTのような使い方もできます。

例えばCopilotで「Lenovoパソコンを購入するのに、おすすめのパソコンレビューサイトは?」と質問したら、当サイトも紹介されました。信頼性が高いAIです(笑)。

Copilotボタン搭載

冗談はさておき、このボタン1つでいろいろなことができるので、最近はChatGPTじゃなくコパイロットを使うことが多くなりました。

キーピッチ(キーの中心から次のキーの中心までの距離)は19.0 × 18.3㎜で、フルサイズ並みで。また、キーストローク(キーを押し込む距離)は1.5㎜と標準的ですが若干堅く、滑らかな打鍵感はないので、意識して押すと良いと思います

主要キーはほぼすべて同じサイズの大きなキーで、左右のカーソルキーも大きいですね。ミスタイプはしにくいと思います。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

メモリはLPDDR5-6400MHzで、オンボード16GBになります。2024年のハイエンドモデルなので、32GBにできたらよかったと思います。

その他のメモリとの比較です。

Memory Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

LPDDR5-5200平均  3365
DDR5-4800MHz平均  2774
LPDDR4-4266MHz平均  2735
LPDDR5平均  2703
DDR4-3200MHz平均  2151

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

最新のSSD PCIe 4.0×4が搭載で、爆速です。データ移動はもちろん、パソコンの起動なども速いです。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

セキュリティ

Lenovoのセキュリティ

セキュリティソフトをお考えの場合は、「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

 

 

Wi-Fi 6Eに対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6Eに対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができますが、ルーターも対応していないと使えません。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは、なんと大容量73Whrで、最大約11.5時間のバッテリー駆動時間があります。急速充電にも対応しており、約1.5時間で満充電になります。

グラボなしのモデルの電源アダプタは100W、グラボモデルは140Wとなっています。

 

 

インターフェイス

インターフェイスは薄型PCにしては十分ありますが、今回もSDカードリーダーがありません。一眼を使うようなクリエイターは、SDカードリーダーはないですが、別途SDカードリーダーを購入して接続したら大丈夫です。

USB4は1つあり、USB Type-C 3.2 Gen 2は映像出力機能などがついているので、ドックを使うと据え置き時に便利です。

データ転送速度はUSB Aが5Gbps、USB Type-Cは10Gbps、USB4は40Gbpsです。Lenovoではいくつかのドックやハブが販売されているので、Lenovoドックのレビューも併せてどうぞ。

 

Lenovo Yoga Pro 7 Gen 9 14型 AMD 右側面インターフェイス

右側面は電子式プライバシーシャッター、電源ボタン、マイク/ヘッドフォンジャック、そしてUSB 3.2 Gen 1になります。

 

Lenovo Yoga Pro 7 Gen 9 14型 AMD 左側面インターフェイス

左側面にはHDMIにUSB 3.2 Gen 2 Type-C((Powerdelivery 対応、DisplayPort 出力機能付き)、そしてUSB4(40Gbps/Powerdelivery 対応、DisplayPort 出力機能付き)が)があります。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。

また、Premium Care Plus/プレミアムケアと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

カスタマイズできないモデルにはプレミアムケアが標準搭載で、カスタマイズモデルは標準保証が標準搭載です。

 

 

ライバル機種

 

Yoga 7i 2 in 1 Gen 9

Lenovo Yoga 7i 2-in-1 Gen 9 14型のレビューProモデルではないですが、本機とそん色ないモデルです。インテル14世代CPU搭載でグラフィック性能が高くディスプレイも業務用モニターレベルのスペックで、一つ上の快適さがあるPCです。14インチで1.49㎏と軽量じゃない点が欠点ですが、それ以外はハイスペックです。

CPU Core Ultra 5 125H
Core Ultra 7 155H
メモリ LPDDR5X 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス インテルArcグラフィックス
ディスプレイ(14型) WUXGA OLED
2.8K OLED
無線 Wi-Fi 6E
生体認証 顔認証
WEBカメラ IR+1080p FHD
重さ 約1.49㎏
バッテリー(JEITA 3.0)
JEITA 2.0
最大約11.6時間(動画再生時)
最大約28.4時間
付属 Lenovo デジタルペン
価格 14.3万円~

レビュー

 

IdeaPad Pro 5i Gen 9

Lenovo IdeaPad Pro 5i Gen 9 14型 正面Proモデルのハイスペック機種です。ディスプレイが特に高品質で2.8K OLED(IPSもあり)、高色域のDCI-P3 100%+10bit表示で業務用スペックです。全体的に欠点がない機種で、持ち運び兼据え置き用に合うクリエイターPCです

CPU Core Ultra 5 125H
Core Ultra 7 155H
メモリ LPDDR5X 32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス インテルArcグラフィックス
ディスプレイ(14型) 2.8K(2880×1800) IPS sRGB 100% 光沢なし
2.8K(2880×1800) OLED  DCI-P3 100% 光沢
無線 Wi-Fi 6E
その他 FHD 1080p+IRカメラ、Thunderbolt 4
重さ 1.46㎏
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約10.5時間(動画再生時)
標準保証 1年間
価格 12.9万円~

レビュー

 

 IdeaPad Pro 5 Gen 9 14型 (AMD)

Lenovo IdeaPad Pro 5 Gen 9 14型(AMD)のレビュー本機と似たようなスペックで、Ryzen 8000HSシリーズ搭載の本機はRTX 3050も搭載でき、2.8K OLED 10bitと業務用にも使えるスペックです。ハイスペックですがバッテリー駆動時間は最大12.9時間と長く、1.46㎏と持ち運びも苦じゃない重量です。USB4も搭載しており、ドックがあれば据え置き時にも使いやすいです。

 

CPU Ryzen 5 8645HS
Ryzen 7 8845HS
メモリ LPDDR5X-6400 最大32GB
ストレージ 最大SSD 1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
RTX 3050
ディスプレイ(14型) 2.8K(2880×1800) OLED  DCI-P3 100% 光沢
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E/6
生体認証 顔認証
WEBカメラ FHD 1080p+IRカメラ
アダプタ 100/140W
重さ 1.46㎏
バッテリー(JEITA 3.0) 最大約12.9時間(動画再生時)
価格 12.3万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・最新スペックが満載
・リフレッシュレートが高い
・アルミニウム素材でおしゃれ・傷もつきにくい
・画面比が16:10で、14.5型でも15.6型以上の情報が表示される
・ディスプレイがハイスペック
・スピーカーやマイク、カメラもハイスペック
・バッテリー駆動時間が長い
・グラボ搭載可能
・高画質FHD Webカメラ搭載
・スピーカーとマイクが4つもある

 

残念な点

・SDカードリーダーがない
・メモリが16GB(32GBがあればよかった)

 

総合評価

インテルCPU搭載の旧モデルからそこまで変化がなく、旧モデルを持っている人は買い替える必要はないと思います。

全体的にハイスペックですが、一番気になるのはSDカードリーダーがないことと、メモリが最大16GBという点です。旧モデルから一番変化してほしいところがそのままなので、残念です。

とは言え、画像・動画編集やAI画像を作成、DTMなどの音楽制作にも十分使え、おしゃれな機種なので、外出先で作業をするクリエイターに向いています。バッテリー駆動時間も長めなので、がっつり作業ができます。

 

 

公式サイト