Lenovo ThinkPad L13 Gen 3(AMD)のレビュー 1.26㎏の軽量モバイル

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

ThinkPadでは数少ない13.3インチの機種で、持ち運びが多いビジネスパーソン向けの機種です。

全体的にそこそこ良いスペックで、ミドルクラスのノートパソコンといった機種です。

当サイトの評価は、こうなりました。

スペック [usr 4.3]
コスパ [usr 3.5]
総合評価 [usr 3.9]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

ThinkPad L13 Gen 3(AMD)のスペックレビュー

CPU Ryzen 3 5425U/PRO 5475U
Ryzen 5 5625U/PRO 5675U
Ryzen 7 5825U/PRO 5875U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS液晶 光沢なし タッチあり
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6E、4G LTE、Bluetooth 5.2
オーディオ Dolby Audio、Dolby Voice
生体認証 指紋センサー、顔認証搭載可能
Webカメラ 720p HD
1080p FHD & IRカメラ
セキュリティ パワーオン パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、ハードディスク パスワード(NVMe パスワード)、セキュリティ キーホール
寸法(幅×奥行×高さ) 305 × 218 × 17.3㎜
重さ 1.26㎏
バッテリー 最大12.4時間
保証 1年間 引き取り修理
価格 15.1万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるAPUはRyzen 6000シリーズじゃないですが、同じく最新のRyzen 5000 PROの2022年版が搭載です。このプロセッサーの特徴は、CPU Markスコアなどの性能は旧モデルとほとんど変わりませんが、APUの最大温度が10度も低くなっており、より長時間高負荷な作業がしやすくなっています。

メモリは最大32GBと大きくなっていますが、メモリの種類はDDR5じゃなく、旧モデルのDDR4になっています。DDR4も5も速度的にそこまで変わらないので、気にならないと思います。

ストレージは最新のPCI Express 4.0が搭載で、最大1TBと大容量です。ただしSSD M.2スロットがPCI Express 3.0×4なので、PCI Express 4.0の速度は出ません。

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、13.3インチでも14インチ以上の情報が表示されます。一度に見て取れる情報が増えたので、作業もしやすくなりました。

また、ディスプレイは4種類あり、Privacy Guardやマルチタッチ、そして広色域のsRGB 100%もあります。Privacy Gurad搭載モデルは輝度が500ニトと高いので、屋外で作業をすることが多い人に合います。

その他のスペックは、Windows 11 HomeかProが選べ、指紋センサーと顔認証も搭載可能、720pか1080pのWebカメラも選択でき、Wi-Fi 6/6Eに4G LTEも搭載可能です。

最大バッテリー駆動時間は12.4時間と旧モデルから若干下がっていますが、重さも1.26㎏と軽めなので、持ち運びが多い人に特に向いています。

 

公式サイト

旧モデルとの比較

ThinkPad L13 Gen 3(AMD)とGen 2<左/本機種・右/ThinkPad L13 Gen 2>

旧モデルのThinkPad L13 Gen 2 AMDとの比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値)

L13 Gen 3・本機種 L13 Gen 2 AMD
CPU Ryzen 3 5425U/PRO 5475U
Ryzen 5 5625U/PRO 5675U
Ryzen 7 5825U/PRO 5875U
Ryzen 3 5400U
Ryzen 5 Pro 5650U/5600U
Ryzen 7 Pro 5850U
メモリ DDR4 DDR4
ストレージ SSD PCIe 4.0 SSD PCIe 3.0
ディスプレイ
画面比
WUXGA IPS
16:10
HD TN、FHD IPS
16:9
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE Wi-Fi 6
Webカメラ 720p 1080p 720p
バッテリー 12.4時間 13.2時間
寸法 305 × 218 × 17.3㎜ 315.5 × 219 × 17.6㎜
重量 1.26㎏~ 1.39㎏~

変更点です。

・APUが発熱の低い新モデルに変更
・ディスプレイアスペクト比が16:10に
・HD TN液晶が廃止
・Wi-Fi 5/6がWi-Fi 6Eに
・LTEが追加
・WebカメラにFHD 1080pが追加
・バッテリー駆動時間が減った
・筐体幅が約10㎜小さくなった
・130g軽量化

こちらはほとんど影響ないと思いますが、ちょっとマイナスな変更点です。

・microSDカードリーダーが廃止
・イーサネット拡張コネクタが廃止

 

筐体がコンパクトになり、Wi-Fi 6EやLTEに対応、画面アスペクト比が縦に長い16:10なので、13.3インチでも14インチ以上の情報が表示され、130gも軽くなったの、よりモバイルとして完成された機種になりました。

プロセッサーの性能自体は以前とあまり変わらないのですが、最大温度が10度も低くなったので、高負荷な作業が長時間しやすくなっています。

こちらはプロセッサーの性能を表すPassmarkスコアで、7000以上あればビジネス用途でも使いやすいです。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

Ryzen 7 Pro 5875U  20369
Ryzen 7 Pro 5850U  19604
Ryzen 7 5825U  18328
Ryzen 5 Pro 5650U  16850
Ryzen 5 5600U  15944
Ryzen 5 5625U  15108
Ryzen 5 Pro 5675U  14083
Ryzen 3 5400U  12110
Ryzen 3 PRO 5475U  11339
Ryzen 3 5425U  10946

 

 

2022年のトレンドと比較

2022年のハイエンドノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

Ryzen 6000 DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
× ×
Wi-Fi 6E sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
USB4 生体認証 重量1.2㎏前後 バッテリー14時間以上
× × ×

バツの項目も多いですが、使いやすい仕様になっており、カスタマイズからある程度スペックを上げることも可能です。

 

 

ThinkPad L13 Gen 3 AMDの特徴

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 左斜め前から

旧モデルのGen 2よりも幅が10㎜小さくなり、ディスプレイの縦のサイズが大きくなったにもかかわらず、奥行きが1㎜小さくなっています。

ベゼル(画面の黒い枠)は狭額ベゼルとは言えませんが、まぁまぁ細い方だと思います。

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 横から

本機の寸法は

・幅305㎜(≒千円札2枚分/300㎜)
・奥行き218㎜(≒千円札1.5枚分/225㎜)
・高さ17.3㎜(≒一円玉の直径/20㎜)

になり、A4サイズ(210㎜×297㎜)より若干大きいくらいなので、ビジネスバックにもすっぽり入ると思います。

 

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 前

厚さは比較的薄く、17.3㎜です。このサイズなら手で掴みやすく、持ち運びも便利です。

重さは最軽量モデルが1.26㎏と旧モデルから130g軽くなり、ようやく「軽量」と呼べる重量になりました。旧モデルの1.39㎏は持った時にずっしりと重さを感じますが、1.23㎏前後のPCはスッと持ち上げることができます。

 

 

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 底面カバー

底面には比較的大きな吸気口があり、CPUは最大温度が95度と旧モデルの105度から10度も下がっているので、熱くなりにくくなっています。

 

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 後ろ側面

背面部分には、小さめの排気口があります。

 

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 天板

天板にはいつもの「ThinkPad」のロゴと、右下に「LENOVO」のロゴがあります。シンプルだし、アルミニウム素材使用で高級感もあります。

 

カメラ周り

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 右斜め前から

WebカメラはHD画質 720pか、高画質FHD 1080pが選べ、FHD画質は顔認証のIRカメラ付きになります。

ただし、本機はFHD WebカメラとIRカメラのハイブリットなので、あまり画質は良くありません。

機種によっては、むしろHDカメラの方がFHD+IRハイブリットカメラよりも画質が良いので、IRカメラが必要ない人は720pカメラでもよいかもしれません。(FHD+IRカメラは+3300円)

IRカメラは顔認証に使うカメラで、これがあるとパソコンを開けばサインインも完了なので、便利といえば便利です。

また、マイクは遠距離マイクが2つあり、2Wスピーカーが2つになります。

 

指紋センサー搭載

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 指紋センサー

生体認証はIRカメラに加え、指紋センサーも搭載可能です。

指紋センサーは電源ボタンと統合しているので、電源を入れたらサインインも完了です。顔認証と両方、もしくはどちらか1つ好きな方を搭載していると便利です。

 

 

MILスペック

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 背面

本機はMIL規格と言う12項目の米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、ディスプレイ部の耐久性など様々なテストもクリアしています。

性能も耐久性も高い機種です。

 

キーボード

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD キーボード

キーボードはフルサイズ88キーで、バックライトあり/なしの2種類、そして日本語か英語が選べます。

ThinkPadはキーストロークが約1.8㎜と深いので、タイピングがかなりしやすく、キートップも湾曲しているので指に吸い付くようにタイピングできます。ミスタイプも少なくなると思います。

また、キーボードはバックライト無しを選ぶと、プラスチック感の強い質感で、打鍵感もあまりよくないです。バックライト付きは+2200円~ですが、必ずバックライト付きを選んだほうが良いです。

 

 

Ryzen 5000 PROシリーズ搭載

Ryzen 3 5425U
Ryzen 3 PRO 5475U
Ryzen 5 5625U
Ryzen PRO 5 5675U
Ryzen 7 5825U
Ryzen 7 PRO 5875U
製造プロセス 7nm
アーキテクチャ Zen 3
コア/スレッド 4/8 6/12 8/16
L3キャッシュ 8MB 16MB
GPUコア 6 7 8
基本クロック 2.7GHz 2.3GHz 2.0GHz
ブーストクロック 4.1GHz 4.3GHz 4.5GHz
TDP 15W

CPUはRyzen 5000シリーズのリフレッシュ版で、2022年4月頃から搭載され始めた新モデルです。アーキテクチャはZen 3になっており、旧モデルのZen 2に比べ以下の様な特徴があります。

  • コアからアクセスできるL3キャッシュが倍増(パフォーマンス向上)
  • IPCが19%向上し、電力当たりのパフォーマンスが最大24%UP
  • シングルスレッドの性能が最大23%UP
  • マルチスレッドの性能が最大108%UP
  • バッテリー効率が上がった

旧モデルに搭載されていたRyzen 3 PRO 5450UやRyzen 5 PRO 5650U、Ryzen 7 PRO 5850Uよりも最大温度が10度も抑えられており、なおかつ性能も上がっているので、高いパフォーマンスも長時間維持しやすい仕様になっています。

また、ProモデルのCPUは完全なメモリ暗号化を備えており、セキュリティが強化されていますが、通常版と性能は変わりません。

 

こちらは、CPUの性能を測るCPU Markスコアです。

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 6800U  21411
Ryzen 7 PRO 5875U  20369
Ryzen 7 5825U  18328
Ryzen 7 5700U  16272
Ryzen 5 5600U  15944
Ryzen 5 5625U  15108
Ryzen 5 Pro 5675U  14083
Ryzen 3 5400U  12110
Ryzen 3 PRO 5475U  11339
Ryzen 3 5425U  10946
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098

 

こちらはCinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアは6000ほどで高性能、8000以上でかなり高性能、シングルコアは1500以上でかなり高性能になります。

マルチコアシングルコア

Cinebench R23 マルチコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 9 5900HX  13875
Ryzen 7 5800H  12969
Core i9-11900H  12345
Core i7-11800H  12180
Ryzen 7 PRO 5875U  11530
Ryzen 7 5800U  11203
Ryzen 7 5700U  9555
Core i5-1240P  8392
Ryzen 5 5500U  7783
Ryzen 5 5625U  7776
Core i7-1185G7  6246
Core i7-1165G7  6070
Core i5-1135G7  5913
Ryzen 3 5300U  5379
Ryzen 3 5425U  5239
Core i3-1115G4  3343

Cinebench R23 シングルコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1185G7  1538
Ryzen 7 PRO 5875U  1510
Core i7-1165G7  1504
Core i5-1240P  1488
Ryzen 9 5900HX  1478
Ryzen 7 5800U  1478
Ryzen 5 5625U  1394
Core i5-1135G7  1343
Core i3-1115G4  1319
Ryzen 3 5425U  1300
Ryzen 5 5700U  1274

 

 

ディスプレイ

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD ディスプレイ

解像度 液晶 輝度/色域 その他
WUXGA IPS 光沢なし 500nit/NTSC 72% Privacy Guard、タッチ
300nit/sRGB 100%
300nit/NTSC 72% タッチ
300nit/NTSC 45%

ディスプレイはWUXGAで、視野角が広くコントラスト比が高いIPS液晶になります。画面アスペクト比は16:10と縦に長いので、14インチ以上の情報が表示されます。

画面アスペクト比が16:10になったので、作業効率も上がります。

 

 

NTSC 45%、NTSC 72%、sRGB 100%のディスプレイ

色域は3種類あり、画像左からNTSC 45%、sRGB 100%、NTSC 72%になり、一番広い色域はsRGB 100%になります。NTSC 72%もほぼ同じくらいですが、若干赤が弱いかなと思います。

NTSC 45%は低価格モデルに採用される色域で、全体的に薄い色で鮮やかじゃないです。

1つの液晶はPrivacy Guard対応で、これはのぞき見防止などの役に立ちます。会社以外で作業をすることが多い人は、これがあると使いやすいかもしれません。

 

大容量メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

本機にはDDR4-3200MHzが搭載で、最大32GBが搭載可能です。32GBと大容量なので、ヘビーユーザーにも使いやすいですね。

メモリはオンボードで増設できないので、大きめのメモリをお勧めします。

 

ストレージ

SSD(PCIe 4.0×4) SSD(PCIe 3.0×4) HDD
最大データ転送速度 最大64Gbps 最大32Gbps 最大6Gbps(SATAの場合)
平均起動時間 10秒~15秒 30秒~2分(新品の場合)
温度 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 安い

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

搭載ストレージは最新のSSD PCI Express 4.0で、最大1TBになります。ただし、スロットがPCI Express 3.0×4なので、PCI Express 4.0の恩恵を受けることはありません。

こちらはシーケンシャル速度のおおよそのスコアで、HDDはおおよその最大速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
~約 5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
~約2000MB/秒
HDD SATA 約600MB/秒
約 200MB/秒

 

セキュリティ

ThinkShield

ThinkPadは、全方位から備えるサイバーセキュリティのThinkShieldによって守られており、堅牢性が高い機種になっています。

一般的なノートパソコンよりは強固ですが、セキュリティソフトをお考えの場合は「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

 

 

Wi-Fi 6Eに対応

周波数 通信速度
Wi-Fi 6E 2.4/5GHz/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWiFi6とWi-Fi 6Eに対応しており、現在主流のWiFi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一般的なWi-Fi 6の周波数に加え6GHzにも対応しているので、より速い通信が可能です。

ただし、執筆時現在、Wi-Fi 6Eの国内利用はまだ始まっていません(6GHz帯がまだ使用できないです)。

 

LTE

WWANはFibocom L860-GL-16, 4Gを搭載でき、速度はダウンロード最大1Gbps、アップロード最大75Mbpsになります。アップロードは普通の速さですが、ダウンロードは速いですね 。

 

公式サイト

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは4セル・46Whで、最大バッテリー駆動時間は12.4時間になります。長時間の外出でなければ十分かもしれません。

 

45W、65W、65WスリムACアダプター<上・45W/左・65W/右・65Wスリム>

電源アダプターは3種類あり、45Wのみ急速充電ができません。一日外出するような人は、軽いスリムタイプのアダプターが便利です。

 

 

インターフェイス

インターフェイスは少なく、質も高くなく、一般的な普段使い用PCのインターフェイスといった感じです。

 

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 右側面インターフェイス

右側面はHDMI、USB 3.2 Gen 1、USB Type-C 3.2 Gen 1、そしてセキュリティーキーホールになります。

 

Lenovo ThinkPad L13 Gen 3 AMD 左側面インターフェイス

左側面はNanoSIMスロット、USB 3.2 Gen2 Type-C、USB 3.2 Gen 1、そしてマイク・ヘッドフォンジャックになり、USBのデータ転送最大速度は、USB 3.2 Gen 2が10Gbps、そして3.2 Gen 1が5Gbpsになります。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長5年まで延長できます。また、プレミアサポートと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

また、保証は引き取り修理とオンサイト修理、翌営業日オンサイト修理の3種類があります。

  1. 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。
  2. オンサイト修理・・・事務所や自宅にエンジニアが来て修理
  3. 翌営業日オンサイト修理・・・翌営業日(土日祝日以外)にエンジニアが来て修理

修理拠点は日本国内なので対応も速く、安心して任せることができます。

 

ライバル機種

 

ThinkPad X13 Gen 3 AMD

ThinkPad X13 Gen 3 AMDRyzen PRO 6000シリーズ搭載の本機種は、メモリやSSDも最新で、スペックが高いです。X1シリーズよりも若干ベゼルが太めですが、1.19㎏と軽く、バッテリーも16.2時間と長いです。13.3型ですが画面アスペクト比が16:10と縦に長いので、14インチ以上の情報が表示されます。

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA、WQXGA IPS 16:10
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、LTEあり、Bluetooth 5.2
生体認証 顔認証(オプション)、指紋センサー
Webカメラ 720p、1080p
重さ 1.19㎏~
バッテリー
電源
41Whr・16.2時間
54.7Whr・?
45W、65W
価格 14.5万円~

レビュー

 

ThinkPad T14s Gen 3 AMD

Lenovo ThinkPad T14s Gen 3 AMD画面アスペクト比が16:10と縦に長く、14インチで1.22㎏と軽量、バッテリー駆動時間も20時間越えと、性能が高い機種です。最新のRyzen 6000シリーズ搭載で、メモリやSSDも最新。持ち運びが多い人向けの機種です

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ LPDDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA、2.2K IPS
2.8K OLED
OS Windows 11 Pro/Home
無線 Wi-Fi 6E、4G/5G LTEあり
その他 顔認証、指紋センサー、1080p WEBカメラあり
重さ 1.22㎏~
バッテリー
電源
57Whr・最大22.98時間
45W/65W
価格 15.7万円~

レビュー

 

ThinkPad X1 Carbon Gen 10

ThinkPad X1 Carbon Gen 1014インチですが13.3インチの本機よりも軽く、より作業がしやすい機種です。最小構成でもハイスペックなCore i5-1240P搭載で、メモリは最新のLPDDR5-5200MHz、SSDはPCIe NVMe 4.0×4と、最新スペック満載のハイエンドビジネスノートです。全体的な性能が上がっており、ディスプレイ、カメラ、マイクにスピーカーも一味違った機種です

CPU Core i5-1240P/1250P
Core i7-1260P/1270P/1280P
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ(14型) WUXGA(1920×1200)/WQUXGA(3840×2400)
光沢なし
無線 Wi-Fi 6E AX211、Bluetooth 5.2、LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
重さ 1.12kg
バッテリー 57wHr/最大24.9時間
価格 19.6万円~

レビュー

 

まとめ

良い点

・PROモデルのCPU搭載可能
・メモリが最大32GBと大きい
・画面アスペクト比が16:10
・Wi-Fi 6E対応
・LTE搭載可能
・高画質FHD Webカメラ搭載可能
・1.26㎏と軽量
・指紋センサーや顔認証あり

 

残念な点

・Webカメラが720pは1080pハイブリットしか選べない
・インターフェイスが乏しい

 

総合評価

ThinkPadは14インチや16インチがメインなので13.3インチは少ないですが、その中で本機は選択肢が増えるという点で、うれしいですね。

画面比も16:10と縦に長く作業効率が上がるし、1.26㎏と軽めでLTEも搭載できるので、外出が多い人に合います。

上記したように最大でも1080pハイブリットWebカメラしか選べないので、高解像度のWebカメラが欲しい人には躊躇してしまうかもしれません。また、インターフェイスが乏しいですが、そのほかはおおむね問題ないスペックだと思います。

 

 

公式サイト