Lenovo Tab B11のレビュー 10.95インチの大画面タブレット

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

Lenovoの11インチのタブレットと言えば、P11 Pro gen 2(11.2インチ)やP11 Gen 2(11.5インチ)がありますが、本機は10.95インチとぎりぎり10インチですね。

このくらいのサイズであれば持ち運びもしやすく、手で持ってゲームもでき、そして大画面なのでサブモニターとして使うこともできます。

本機は全体的に標準的なスペックですが、オーディオはドルビーアトモスにスピーカーが4つ搭載となかなかハイスペックです。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 3.4]
コスパ [usr 3.0]
総合評価 [usr 3.2]

 

Lenovoでは四半期決算セールを実施中で、50%オフモデルもあります。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

Tab B11のスペック

SoC MediaTek Helio G88
メモリ LPDDR4X 4GB
ストレージ eMMC 128GB
ディスプレイ(10.95型) 1920×1200ドット 90Hz
Netflix HD認定
OS Android 13(Android 14にアップグレード可能)
無線 802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5)
生体認証
カメラ 800万画素/800万画素、フラッシュなし
オーディオ ドルビーアトモス、スピーカー 1W×4
寸法(幅×奥行×高さ) 255.3 × 166.3 × 7.2mm
重さ 465g
バッテリー 最大約10時間
標準保証 1年間
セキュリティメンテナンス 2028年3月30日まで
ペン Lenovo Tabペン同梱
価格 39,422円

<性能評価>

 

タブレットの心臓部であるSoCはミドルクラスのHelio G88で、シングルコア、マルチコアともにほどほどの性能になっています。少なくとも、本機はLPDDR4Xのメモリが4GB搭載しているので、動きは悪くないです。

ストレージはeMMC 128GBとそこそこ大きな容量で、microSDカード(最大1TB)も搭載できるので安心です。

ディスプレイは10.95インチの16:10とここ最近のPCと同じで、WUXGA(1920×1200ドット) IPS液晶になり、色域はsRGB 100%相当のNTSC 72%と高色域です。リフレッシュレートは90Hzと高いです。

パソコンと同じ画面アスペクト比で、タブレットも約11インチと大きいので、モバイルモニターとしても使えますね。

その他のスペックはOSはAndroid 13で、無線はいわゆるWi-Fi 5、カメラは低スペックでリア・フロントともに800万画素、ドルビーアトモスに対応した1Wスピーカーが4つ搭載です。

標準保証は1年間で、セキュリティメンテナンスは2028年3月30日までとなっています。

10.95インチで465gと標準的な重さで、バッテリー駆動時間は丸一日外出しても十分じゃないかなというくらいの10時間になります。

 

 

公式サイト

 

旧モデルとの比較

Tab BシリーズにはB10がいくつか販売されていますが、B11は初になります。

 

 

大きなディスプレイでモバイルモニターとしても使える

Lenovo Tab B11 ディスプレイ

ディスプレイは10.95インチの大画面で、解像度は1920×1200ドットのWUXGAになります。これって、ここ最近発売されているノートパソコンの画面比と同じ16:10なんです。

また、本機は約11インチと大きな画面なので、モバイルモニターとしても使いやすいです。

 

Lenovo Tab B11 マルチモニター化

Lenovo公式アプリの「Lenovo Freestyle」をダウンロードして、同じIDとWi-Fiにつなげばすぐにモバイルモニターとして使えます。

以前は接続しにくくカクカクで使いにくかったですが、2023年からUIもおしゃれに変わり、20Mbpsくらいの速度があれば使いやすくなっています。

詳しい接続方法は、「Lenovo Freestyleの使い方と設定方法」をどうぞ。

 

 

最大1TBのmicroSDカードを搭載可能

最大1TBのmicroSDカードを増設可能

本機のストレージは128GBとそこそこ大きいですが、最大1TBのmicroSDカードも増設できるので大容量にできます。

便利ですね。

 

 

ドルビーアトモスン対応したスピーカーが4つも搭載

Lenovo Tab B11 側面

本機は、ドルビーアトモスに対応した1Wスピーカーが4つも搭載しています。ドルビーアトモスは平面的な音じゃなく立体的な音を体感でき、しかも4つもスピーカーがあるので、音楽を聴いたり動画視聴に合います。

 

 

ペンが同梱

Lenovo Tab B11 ペン同梱

4096段階の筆圧検知があるLenovo Tab Penが付いており、簡単なイラストを描いたりメモを取ったりできます。

別途購入しなくてよいので、助かりますね。

 

Lenovo Tab B11 アクセサリー

ちなみにカバーケースは4950円で、おそらく高性能のLenovo Tab Pen Plusは8800円で販売されています。ペンは同梱しているので買う必要はないですが、ケースはあった方が使いやすいです。

 

 

その他の特徴

 

カメラ

Lenovo Tab B11 背面

カメラはリアとフロントどちらも800万画素と、いつものタブレットと言った画質です。シングルカメラでフラッシュもありません。

写真を撮るなら、スマホが良いですね。

 

 

ミドルクラスのSoC

MediaTek Helio G88
コア 2x A75
6x A55
コア 8コア
最大クロック 2.0/1.8GHz
GPU ARM Mali-G52 MC2 GPU

Socはbig.Littleで、パフォーマンスの高いコアと、省電力のコアの2種類を搭載しており、低負荷なことをしているときは省電力コアで作業をするため、バッテリー駆動時間が長くなるという特徴があります。

性能は高くないですが、低すぎることもないです。

こちらはGeekbench 5のスコアです。

マルチコアシングルコア

Geekbench5 マルチコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Snapdragon 870
Tab P12 Pro
 3096
MediaTek Kompanio 1300T
P11 Pro 2nd Gen
 2864
Snapdragon 730G
Tab P11 Pro
 1625
MediaTek Helio G90T
Yoga Tab 11
 1622
Snapdragon 680  1592
Snapdragon 662
Tab P11
 1397
Helio G88  1289
MediaTek Helio P90
X Game
 1031
MediaTek Helio P22T  992
Snapdragon 439
Yoga Smart Tab
 817
MT8166
Tab M7 (3rd Gen)
 497

Geekbench5 シングルコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

MediaTek Kompanio 1300T
P11 Pro 2nd Gen
 739
Snapdragon 730G
Tab P11 Pro
 551
MediaTek Helio G90T
Yoga Tab 11
 495
Snapdragon 680  376
Helio G88  359
Snapdragon 662
Tab P11
 314
MediaTek Helio P90
X Game
 218
Snapdragon 429
Tab B10
 170
MT8166
Tab M7 (3rd Gen)
 140

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

本機は高性能LPDDR4xで、4GBと標準的な大きさです。

 

 

Wi-Fi 5に対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

最新のWi-Fi 6ではなく、Wi-Fi 5に対応しています。最新じゃないとはいえ、最大6.9Gbpsもあるので悪くないと思います。

 

 

LTE

LTEモデルはありません。自宅のWi-Fiやスマホのテザリングで、インターネットが使用できます。

テザリングを使うのであれば、楽天最強プランがおすすめです。筆者はIIJmioでドコモ回線20GB/月 約2000円と、楽天最強プランを契約していますが、月に20GB以上使うのであれば楽天がお得です。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは大容量の7040mAhで、最大約10時間のバッテリー駆動時間になります。一日外出していても、ずっと使わない限り十分な時間かなと思います。

充電時間は約3.6時間と平均的です。

 

 

インターフェイス

Lenovo Tab B11 側面

ポートは1つのみで、USB 2.0 Type-Cになり、OTG機能付きです。OTG機能はパソコンを介さずにHDDなどと直接接続し、データのやり取りができる機能です。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「片道引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。また、プレミアムケアと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

 

  1. 片道引き取り修理・・・自分でリペアセンターに自費で郵送。修理後の配送は無料
  2. 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

 

ライバル機種

 

Tab P12

Lenovo Tab P12の実機レビューLenovoでは上位モデル、全体を見渡すとミドルハイスペックに近い機種です。画面が12.7インチと大きく、解像度も高く広色域です。動画視聴が多い人や、ビジネス用PCのお供に合います。本機よりも1万円ほど高いですが、性能は比べ物にならないくらい高いです

SoC MediaTek Dimensity 7050
メモリ 8GB
ストレージ SSD 128/256GB
ディスプレイ(12.7型) 3K (2944×1840) LTPS液晶 60Hz
OS Android 13
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋、顔認証
オーディオ ドルビーアトモス、JBLスピーカー×4
重さ 615g
バッテリー 最大約10時間
価格 49,830円~

レビュー

 

Tab P11 Gen 2

Lenovo Tab P11 Gen 2のレビュー本機よりも4000円ほど高いですが、4000円以上の価値があるスペックです。全体的にうまくまとめられた機種で、ディスプレイ以外は標準的なスペックです。ディスプレイはクリエイター向けの高品質・ハイスペックで、リフレッシュレートは120Hz、色域はDCI-P3 97.5%と広いです。

SoC MediaTek Helio G99
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ(11.5型) 2000×1200ドット IPS液晶
OS Android 12L
無線 Wi-Fi 6
生体認証 フェイスアンロック
カメラ 800万画素/1300万画素
重さ 520g
バッテリー 最大約10時間
価格 4.4万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・大画面で見やすい
・ハイスペックオーディオ
・microSDカードの増設可能
・ペンが同梱
・LTEモデルもあり
・リフレッシュレートが90Hz

 

残念な点

・無線LANがWi-Fi 5

 

総合評価

画面が大きく、アスペクト比も16:10とパソコンと同じで、リフレッシュレートは90Hzと快適にゲームもできるスペックで、ディスプレイは比較的良いと思います。また、オーディオも意外に良いスペックなのも見逃せないですね。

ペンが同梱されているので新しく買う必要もないし、メモ取りや簡単なイラストもできます。

全体的にみると標準的なスペックで、使いにくい点もないのが最大の特徴かと思います。

 

 

公式サイト