Lenovo Legion 570(15.6型 AMD)のレビュー Ryzen 6000Hシリーズ+RTX 3070搭載モデルあり

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

CPUにはRyzen 6000 Hシリーズが搭載で、メモリはDDR5-4800MHz、そしてSSDはPCI Express 4.0と最新スペックが満載で、グラボは最大でRTX 3070とハイエンドモデルが搭載可能です。

全体的にそつなく構成された機種で、価格を考慮すると、文句の付け所もないんじゃないかなと思います。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 4.7]
コスパ [usr 4.8]
総合評価 [usr 4.8]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

Legion 570 AMDのスペック

CPU Ryzen 5 6600H
Ryzen 7 6800H
メモリ DDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス RTX 3050 Ti
RTX 3060
RTX 3070
ディスプレイ(15.6型) FHD/WQHD IPS
リフレッシュレート 165Hz
OS Windows 11 Home
通信 Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット
オーディオ Nahimic
生体認証
WEBカメラ FHD 1080p
寸法(幅×奥行×高さ) 358.8 × 262.35 × 19.9㎜
重さ 約2.4㎏
バッテリー
電源
最大約11時間
230/300W
保証 Legion Ultimate Support 1年間
価格 15.8万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のRyzen 6000 Hシリーズが搭載で、ハイエンドモデルです。性能は上がったのに、最大発熱が10度も下がり、旧モデルよりバッテリー駆動時間も伸びたので、よりモバイルとしても使いやすくなっています。

メモリも最新のDDR5-4800MHzが搭載で、メモリスロット2つ・最大32GB、SSDはPCI Express 4.0が搭載で、M.2スロットに空きがあるので増設も可能です。

グラフィックボードはミドルクラス寄りのRTX 3050 Ti、ミドルハイのRTX 3060、そしてハイエンドモデルのRTX 3070と、予算やゲームに合わせて選ぶことができます。

ディスプレイはここ最近はやりの画面アスペクト比が16:10ではなく、16:9となっています。これは兄弟モデルのLegion 570 Proと違いを出すために、こうなったと思います。

それでもRyzen 7モデルは、2.5KディスプレイにIPS液晶が搭載なので、高精細で見やすいと思います。(Ryzen 5モデルはFHD解像度)

また、色域はクリエイター向けのsRGB 100%で、色鮮やかです。ゲームもそうですが、画像編集や映画視聴にも合います。

どちらのモデルもリフレッシュレートは165Hzと高く、最大でRTX 3070も搭載できるので、ゲームによってはぬるぬるプレイできます。

その他のスペックは、Wi-Fi 6Eとギガビットイーサネット搭載、そしてゲームサウンドに定評があるNahimicオーディオ、WebカメラはFHD 1080pとなっています。USB4はないですが、USB Type-C 3.2 Gen 2が3つもあり、すべてDisplay Port映像出力機能です。

比較的低価格なので、購入しやすい機種だと思います。

 

公式サイト

 

2022年のトレンドと比較

2022年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

Ryzen 6000 DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
×
Wi-Fi 6E sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
USB4 生体認証
× ×

 

 

旧モデルとの比較

Legion 570と560<左/本機種・右/Legion 560>

旧モデルのLegion 560 AMDとの比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Legion 560
APU Ryzen 5 6600H
Ryzen 7 6800H
Ryzen 5 5600H
Ryzen 7 5800H
メモリ DDR5 32GB DDR4 32GB
ストレージ SSD PCIe 4.0 SSD PCIe 3.0
GPU RTX 3050 Ti
RTX 3060
RTX 3070
GTX 1650
RTX 3060
ディスプレイ FHD/WQHD IPS FHD IPS
通信 Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット Wi-Fi 6、ギガビットイーサネット
バッテリー 11時間 7時間
寸法 358.8 × 262.35 × 19.9㎜ 362.6 x 260.6 x 22.5㎜
重量 2.4㎏ 2.4㎏
価格 15.8万円~ 10万円~

主な変更点です。

・色が変わった
・APUがRyzen 5000からRyzen 6000シリーズになった
・メモリがDDR5に
・SSDがPCI Express 4.0に
・グラボに上位モデルが追加
・ディスプレイの解像度が2.5Kに上がった
・バッテリー駆動時間が伸びた
・筐体がコンパクトになった
・Wi-Fi 6Eになった

 

プロセッサーの性能を表すCPU markスコアです。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

Ryzen 7 6800H  23308
Ryzen 7 5800H  21767
Ryzen 5 6600H  20085
Ryzen 5 5600H  17768

 

 

Legion 570 AMDの特徴

Lenovo Legion 570 AMD 左斜め前から

ベゼル(画面の黒い枠)がすっごく細く、Webカメラ部分はノッチになっており、細く見えますね。

寸法は、

・幅 358.8㎜
・奥行 262.35㎜
・高さ 19.9㎜

で、幅は狭いですが、奥行きはそこまで小さくないですね。

 

Lenovo Legion 570 AMD 横から

厚さは2㎜以下と、ゲーミングPCにしてはそんなに厚くないですが、ゼロバンプヒンジと言う「ヒンジが下に沈まない」仕様になっており、個人的にはゼロバンプヒンジだと厚く見えるのですが、このおかげで薄型化もできたとのことです。

 

Lenovo Legion 570 AMD ディスプレイを180度開いた状態

ゼロバンプヒンジなので当たり前ですが、ディスプレイが筐体に乗っかっている感じですね。あまり使うことはないですが、ディスプレイは180°倒すことができます。

 

Lenovo Legion 570 AMD 背面インターフェイス

左側面と背面に排気口があります。

 

Lenovo Legion 570 AMD 底面

底面カバーには大きな通気孔があり、エアフローは良さそうです。

 

Legion 570 AMD 筐体内部

2つのファンに4つのヒートパイプ、そして、CPUを冷却する銅製のブロックを使い排熱効率を高めています。

Legion AI エンジン搭載で、CPUとGPUのTDPを調節しながらオーバークロックを行ったり、最も必要な個所に必要なパワーを送ったりして、フレームレートを高めています。

 

Lenovo Legion 570 AMD 背面

筐体はアルミニウムとマグネシウムの合金で、高級感もあり、耐久性も高い機種です。

 

 

Webカメラ周り

Lenovo Legion 570 AMD ディスプレイ

WEBカメラは高画質FHD 1080pで、一般的なノートパソコンのHD 720pに比べ、格段に高解像度になっています。また、プライバシーシャッターも搭載しているので、使わないときは閉じておくと安心です。

HD解像度は約92万画素、FHDは約207万画素と倍以上の差があるので、より良い映像が相手に映し出されます。趣味で顔出し配信をしている人は、別途カメラを買わなくてもいいんじゃないかな?と思います。

また、オーディオはゲームサウンドに定評があるNahimicで、2Wスピーカーが2つ搭載で、マイクは2つになります。

 

 

キーボード

Lenovo Legion 570 AMD キーボード

キーボードは日本語・84キーで、4ゾーンRGBライト、テンキー付きです。

キーストローク(キーを押し込む距離)は1.5㎜と浅すぎず深すぎず、そして100%アンチゴースト(誤入力を防ぐ機能)対応なので、正確なキー入力が可能です。

また、矢印キーがちょっと下に出ており、大きいので操作性も高そうです。

タッチパッドは120㎜×75㎜と、ちょっと幅が狭いです。

 

 

高性能Ryzen 6000 Hシリーズ搭載

Ryzen 5 6600H Ryzen 7 6800H
製造プロセス 6nm
アーキテクチャ Zen 3+
コア 6 8
スレッド 12 16
キャッシュ 16MB
ブーストクロック 4.5GHz 4.7GHz
基本周波数 3.3GHz 3.2GHz
GPUコア数 6 12
TDP 45W 45W

アーキテクチャは最新のZen 3+になっており、前世代のZen 3と比較して以下の様な特徴があります。

・前世代と比較して最大30%高速
・最大24時間のバッテリー
・内蔵GPUがRDNA2(レイトレーシング対応)
・統合型グラフィック性能はRyzen 5000シリーズの最大2倍
・DDR5/LPDDR5のメモリに対応
・USB4対応
・PCIe Gen 4対応
・Wi-Fi 6E対応

内蔵グラフィックスがリアルタイム レイトレーシングに対応しており、ゲームによってはより快適にプレイできるようになっています(本機はグラボ搭載なので関係ないですが・・・)。

また、旧モデルのRyzen 5000 Hシリーズは最大温度が105度でしたが、本機搭載CPUは最大温度が95度と10度も低く、それでいて性能も上がっているので、より長時間高負荷なことがしやすくなっています。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-12900H  29773
Core i7-12700H  27754
Ryzen 7 6800H  23308
Ryzen 9 5900HX  23249
Core i5-12500H  23156
Core i7-1280P  22897
Ryzen 7 5800H  21981
Core i7-11800H  21652
Ryzen 9 5900H  20960
Ryzen 5 6600H  20085
Core i7-1270P  19915
Core i7-1260P  18771
Core i9-10855H  15964
Core i7-1165G7  10620

Ryzen 7 6800HはRyzen 9 5900Hよりも高い性能で、Ryzen 5 6600Hはほぼ変わらないスコアになっています。

 

次はこちらはCinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアは6000以上で高性能、8000以上でかなり高性能、シングルコアは1500を超えるとかなり高い性能です。

マルチコアシングルコア

Cinebench R23 マルチコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-12700H  16745
Ryzen 7 6800H  14135
Ryzen 9 5900HX  13875
Ryzen 7 5800H  12969
Core i9-11900H  12345
Core i7-11800H  12180
Ryzen 7 5800U  11203
Ryzen 5 5600H  9974

Cinebench R23 シングルコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i5-12500H  1628
Core i9-11900H  1540
Core i7-11850H  1517
Core i7-1165G7  1504
Ryzen 7 6800H  1498
Core i5-1240P  1488
Ryzen 9 5900HX  1478
Ryzen 7 5800U  1478

 

グラフィックス

RTX 3070 RTX 3060 RTX 3050 Ti
アーキテクチャ Ampere
プロセス 8nm
CUDAコア 5120基 3840基 2560基
RTコア 40基 30基 20基
Tensorコア 160基 120基 80基
ブースト周波数 1620MHz 1702MHz 1695MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ帯域 320Gbps 336Gbps 192Gbps
メモリバス幅 256bit 192bit 128bit
メモリ容量 8GB 6GB 4GB
TGP 140W 140W 95W

RTX 30シリーズはリアルタイム レイトレーシング対応で、DLSSも対応です。リアルタイム レイトレーシングとは、光の反射などの動きをリアルタイムでシュミレートして描写する技術です。

レイトレーシングOFFの時は、ガラスや水溜りに反射がほとんど無いのですが、レイトレーシングをONにすると光の反射がリアルに表現され、現実世界の様に映し出されます。

またDLSSを使えば、画質を落とさずにフレームレートを上げることが出来ます。

リアルタイムレイトレーシング<レイトレーシングOFF> リアルタイムレイトレーシング<レイトレーシングON>

 

TGPはNVIDIA公式サイトで紹介されているワット数よりも高いので、より高い性能が出やすいと思いますが、発熱もその分高くなると思います。

DirectX 11で動作するFire Strikeと、DX12で動作するWQHD(2K/2560×1440)向けのTime Spyです。

Fire StrikeTime spy

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 3070 Ti  24924
RTX 3080  23637
RTX 3070  22431
RTX 2080S  21862
RTX 2080  20939
RTX 2070 Super  19070
RTX 3060  17853
RTX 2070  16872
RTX 2070 Max-Q  15624
RTX 2060 Max-Q  13876
GTX 1660 Ti  13074
RTX 3050 Ti  11768
RTX 3050  10718
GTX 1650  8033
GTX 1650 Max-Q  6861

Time Spy

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 3080  11510
RTX 3070 Ti  11427
RTX 3070  10260
RTX 2080S  10096
RTX 2080  9585
RTX 2070 Super  8328
RTX 3060  8323
RTX 2070  7317
RTX 2070 Max-Q  6757
RTX 2060 Max-Q  5870
RTX 3050 Ti  5518
RTX 3050  5018
GTX 1650  3555
GTX 1650 Max-Q  2985

RTX 3070はハイエンドモデル、RTX 3060はミドルクラス、RTX 3050 Tiはミドルクラスよりのローエンドモデルです。

 

ゲームベンチマーク

スコアの単位はfps(1秒間に更新されるコマ数)で、60以上が「快適」にプレイできる目安です。スペックや状況により数値は変動するので、参考値として見てください。

 

RTX 3070 ゲームベンチマーク

青・・・FHD 赤・・・QHD

Watch Dogs Legion  68
 49
Horizon Zero Dawn  87
 63
Red Dead Redemption 2  78
 38
Assassin’s Creed Odyssey  79
 37
Monster Hunter World  88
 49
Far Cry New Dawn  103
 88
Cyberpunk 2077  73
 39
Apex Legends  123
PUBG  128

 

RTX 3060 ゲームベンチマーク

青・・・FHD 赤・・・QHD

Watch Dogs Legion  71
Horizon Zero Dawn  82
 61
Red Dead Redemption 2  63
Assassin’s Creed Odyssey  64
Monster Hunter World  77
Far Cry New Dawn  83
Cyberpunk 2077  64
Apex Legends  117
PUBG  105

RTX 3050 Ti ベンチマークスコア

オレンジ色・・・低画質 青・・・標準 赤・・・高画質

Fortnite  165
 103
The Witcher 3 Wild Hunt  92
Cyberpunk 2077  41
PUBG  107
 88
Red Dead Redemption 2  76
 51
Battlefield V  108
 98
Apex Lengends  143
 118
Rainbow Six Siege  150
 121

 

 

ディスプレイ

Lenovo Legion 570 AMD 正面

解像度 光沢/液晶 リフレッシュ
レート
輝度
WQHD
FHD
なし/IPS 165Hz 300nit
コントラスト比 色域 視野角 その他
1000:1 sRGB 100% 170°
178°
Dolby Vision
G-Sync
WQHD ワイド・クアッド・ハイディフィニションで解像度は2560×1440ドット
FHD フル・ハイディフィニション、一般的な画質で解像度は1920×1080ドット
光沢 光沢ありは発色が良い反面、自分や背景が映り込みしやすい。光沢無しは映り込みがしにくい
コントラスト比 最少輝度と最大輝度の差。差が大きい方が力強い描写が可能
IPS液晶 コントラスト比が高く、視野角も広い
nit 明るさを表す単位。通常250nitが標準
Dolby Vision Dolby社のHDRの技術。従来よりもより明るく(白はより白く、黒はより黒く描写できる)表現できる
G-Sync テアリングやスタッタリングを軽減できる

ディスプレイの解像度は標準的なフルHDか、2.5KのWQHDがあり、どちらも視野角が広くコントラスト比が高いIPS液晶になります。

輝度は300ニトあるので、明るい室内や直射日光が当たらない屋外でも使いやすいです。

色域はsRGB 100%と広く、クリエイターが使うような色域で、下の画像でいうと左になります。右はNTSC 45%で、一般的なノートパソコンに使われる色域です。

WUXGA sRGB 100%

WUXGA NTSC45%

上の画像を見ると一目瞭然ですが、sRGB 100%(画像左)の方がより鮮やかで多彩な色が描写されます。

また、リフレッシュレートは165Hzで、これは1秒間に最大165コマ更新できるという意味で、ぬるぬる滑らかにゲームをプレイできます。

また、AMD Free-syncにも対応しておりティアリング(映像の乱れ)やスタッタリング(カクツキ)も軽減され、Dolby Vision(従来よりもより明るく(白はより白く、黒はより黒く描写できる)表現できる技術)にも対応です。

ディスプレイは高品質ですね。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリは最新のDDR5-4800MHzで、2スロット・最大32GBになります。ゲームも動画編集なども、これだけあれば十分だと思います。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージも最新のPCIe 4.0×4で、旧モデルよりも帯域幅が倍になり、最大64Gbpsの転送速度があります。現行最高速度です。

また、SSDスロットがもう1つあるので、SSDの増設も可能です。(ですが、保証は外れます)

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャルリード

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  3000~7000MB/秒
 2000~5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

通信環境

対応周波数 速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6Eに対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

有線は、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tのギガビットイーサネットが搭載です。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリーはRyzen 5モデルが4セル60Whr、最大5.8時間で、Ryzen 7モデルが4セル80Whrと大容量で、最大11時間になります。

Ryzen 7モデルは、かなり長いですね。

 

インターフェイス

Lenovo Legion 570 AMD ディスプレイを180度開いた状態

左側面にはUSB 3.2 Gen 2 Type-Cが2つ搭載しており、データ転送速度は10Gbps、そしてDisplayPort映像出力機能です。

 

Lenovo Legion 570 AMD 横から

右側面はマイク/ヘッドフォンジャック、プライバシーシャッタースイッチ、そしてUSB 3.2 Gen 1(5Gbps)です。

 

Lenovo Legion 570 AMD 背面インターフェイス

背面はRJ45、USB 3.2 Gen 2 Type-C(DisplayPort出力機能付き、Powerdelivery対応)、HDMI、USB 3.2 Gen 1、そして電源コネクタになります。

USB4がないですが、DisplayPort出力機能付き、Powerdelivery対応のUSB-Cが2つもあるし、映像出力機能付きのUSB-Cも1つあるので、使い勝手は高いと思います。

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。また、Premium Careと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

引き取り修理とは、家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

Lenovo Legionのサポート

サポートは「ゲーミングに特化した24時間サポート・Legion Ultimate Support」が標準で付いています。このサポートの特徴は、パソコンの不具合の対処法や使い方の事だけじゃなく、最新ゲームの推奨環境やゲームを快適にプレイする上での知識・どうやったら勝てるかなども提供しています。

しかも、スタッフはゲームに精通した熟練プレイヤーなので、専門用語(ゲーム用語)やコミュニティ用語での会話が可能です!

このサポートのおかげで、初心者でも気軽にゲーミングPCデビューできるようになりましたね。

 

公式サイト

 

ライバル機種

 

Legion 570 Pro AMD

Lenovo Legion 570 Pro本機とほぼ同じスペックですが、画面比が16:10と縦に長く、より多くの情報が一度に表示されます。17インチ並みの表示領域があるので、本機の15.6インチよりも多くのフィールドが一目で確認できます。価格もほぼ同じなので、RTX 3070を選ばない人は、Legion 570 Proの方が断然良いと思います

CPU Ryzen 5 6600H
Ryzen 7 6800H
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス RTX 3050 Ti
RTX 3060 Laptop
ディスプレイ(16型) WUXGA / WQXGA IPS 光沢なし
リフレッシュレート 165Hz
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.1
有線 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
重さ 2.5㎏
バッテリー 最大約11時間
電源 230W
価格 15.8万円~

レビュー

 

Legion 570i

Lenovo Legion 570i本機のインテルモデルで、CPU以外はほとんど同じ構成になっています。CPU性能はインテルモデルの方が高いので、よりCPUに重視した人は、こちらも確認してみる価値ありです

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ DDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス RTX 3050 Ti
RTX 3060
RTX 3070
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 165Hz
WQHD IPS 165Hz
無線 Wi-Fi 6/6E、Bluetooth 5.1
Webカメラ FHD 1080p
重さ 2.4㎏
電源 230/300W
バッテリー 約8時間
価格 15.0万円~

レビュー

 

Victus 16(AMD)

Victus 16 (AMD)最新スペック満載で、エントリークラスのグラボが搭載した機種です。若干価格が安いので、検討の価値ありです。

CPU Ryzen 5 6600H
Ryzen 7 6800H
メモリ 最大32GB(販売モデルは8/16GB)
ストレージ SSD 512GB+空きスロット1つ
グラフィックス RTX 3050
RTX 3050 Ti
ディスプレイ(16.1型) FHD IPS 非光沢、144Hz
LAN Wi-Fi 6E、内蔵ギガビットLAN(10/100/1000)
重さ 最大2.48㎏
バッテリー 最大9時間
電源 最大200W
価格 14.4万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・ベゼルが細くおしゃれ
・最新スペック満載
・デュアルストレージ可能
・2.5Kディスプレイあり
・広色域sRGB 100%
・リフレッシュレートが165Hz
・Wi-Fi 6E対応
・WebカメラがFHD解像度
・Legion Ultimate Support付き

 

残念な点

・画面比が16:9
・生体認証がない
・USB4がない

 

総合評価

最新のRyzen 6000 Hシリーズのプロセッサーに、メモリも最新のDDR5-4800MHz、そしてSSDもPCI Express 4.0と最新スペック満載で、快適に高負荷なことがしやすいですね。

グラフィックボードも最大でRTX 3070が搭載でき、総合的に見てミドルハイエンドのゲーミングノートだと思います。軽いゲームをメインにする人も、重ためのゲームをする人にも合います。

USB4がなかったり、生体認証がないなど若干のマイナス点もありますが、価格も安めなので文句なしじゃないかなと思います。

 

公式サイト