Lenovo ThinkBook14 Gen4 AMDの実機レビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

低価格ながら、アルミニウム素材を使用した高級感のある筐体で、スペックも高めと、ビジネス用途に十分な性能があります。

8万円からと低価格なので、すべてを兼ねそろえているわけじゃありませんが、多くの人に十分なスペックになっています。

当サイトの評価はこのようになりました。

スペック [usr 4.1]
コスパ [usr 4.5]
総合評価 [usr 4.3]

レビュー機は、Ryzen 5 5625U・DDR4-3200MHz 8GB・SSD PCIe 4.0 256GBになります。

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

ThinkBook14 Gen4 AMDのスペック

CPU Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ 最大40GB
ストレージ 最大SSD×2
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶 タッチあり
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット
オーディオ ドルビーオーディオ
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ HD 720p
寸法(幅×奥行×高さ) 323 × 218 × 17.9㎜
重さ 1,4kg~
バッテリー 最大約12.7時間(45Whrは最大約8時間)
標準保証 1年間
価格 8.0万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは高性能Ryzen 5000シリーズで、2022年に発売されたリフレッシュ版になります。旧モデル搭載のRyzen 5000シリーズよりも最大温度が10度も下がったので、より安定して高負荷な作業がしやすくなっています。

メモリはDDR4-3200MHzで、オンボードに8GBと、スロットに8GBが搭載できます。公式サイトでは最大16GBにできますが、自分で増設する場合は最大40GBにできます。ただし、自分でやった場合は保証が外れるので、ご注意を。

ストレージは最新のSSD PCI Express 4.0が搭載で、データ転送速度は速いです。また、M.2スロットが2つあるので、自分で増設も可能です。

ディスプレイはFHD IPS液晶と一般的で、視野角も広く、一般的な用途では十分見やすいです。また、広色域のsRGB 100%のディスプレイもあるようので、画像編集をする人はこちらを選んだほうが良いです。

その他のスペックは、最新のWi-Fi 6Eに対応し、イーサネットコネクター搭載、WEBカメラはHD 720pのみ、電源ボタンに指紋センサーが統合されています。

現在販売されているモデルは、バッテリー駆動時間が最大約8時間と短いので、社内移動やちょっとした外出であれば問題ないと思います。

このスペックで8万円からと、コスパが高い機種ですね。

 

 

公式サイト

 

旧モデルとの比較

<左/本機種・右/Gen 3>

旧モデルのThinkBook 14 Gen 3 AMDとの比較です。上の画像は若干角度が違うので全然違うサイズに見えますが、同じです(笑)(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 ThinkBook 14 Gen 3
CPU Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U/5600U
Ryzen 7 5700U/5800U
メモリ 40GB 24GB
ストレージ SSD ×2 SSD +HDD
ディスプレイ FHD IPS
無線 Wi-Fi 6E Wi-Fi 6
バッテリー 12.7時間 10.7時間
重量 1.4㎏
寸法 323 × 218 × 17.9㎜

変更点です。

・プロセッサーの最大温度が10度下がり、Ryzen 5 5500UとRyzen 7 5700Uに比べ性能が上がった
・メモリが最大40GBにアップ
・SSDがPCI Express 4.0に(ただし、M.2スロットはPCIe 3.0×4に対応)
・Wi-Fi 6Eに対応
・バッテリー駆動時間が上がった
・以前は一番左側のUSB Type-Cのみで充電できたが、Gen 4は2つあるUSB Type-Cどちらででも充電が可能

旧モデルよりも少し使いやすくなり、新機種と言うよりも、マイナーアップデートされた機種になります。

 

プロセッサーの性能を表すCPU markスコアです。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 5800U  18827
Ryzen 7 5825U  18328
Ryzen 7 5700U  16272
Ryzen 5 5600U  15944
Ryzen 5 5625U  14407
Ryzen 5 5500U  13579
Ryzen 3 5425U  10946
Ryzen 3 5300U  10092

旧モデル搭載のRyzen 7 5800UとRyzen 5 5600Uよりも性能が劣りますが、CPUの発熱が10度も下がっているので、高負荷な作業もより長くしやすくなっています。

 

 

ThinkBook14 Gen4 AMDの特徴

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 左斜め前から

シンプルでおしゃれだと思いますが、ここ3年(2020、2021、2022年)、筐体が変わっていないんですよね。同じ筐体で中身をブラッシュアップしているので、若干ですが、ベゼル(画面の黒い枠)が大きく見えますね。

ベゼルの大きさは上約11㎜、下約15㎜、左右6.15㎜で、上下をもっとスリムにできそうですね。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 横から

寸法は、

・幅323㎜(≒一万円札2枚分/320㎜)
・奥行き218㎜(≒千円札1.5枚分/225㎜)
・厚さ17.9㎜(≒一円玉の直径/20㎜)

で、コンパクトな部類に入ると思います。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 横から

厚さは17.9㎜とちょうどよい大きさで、熱もこもりにくそうですね。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 後ろから

TThinkBookと言えば、濃いシルバー(もしくはグレー)と薄いシルバーのツートンカラーで、おしゃれですね。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 後ろから

これ、光の具合によっては1色に見えたり、濃いグレーに見えたりします。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 筐体エッジ

私は筐体側面のラインが特に好きで、ラウンドエッジになっており、温かみのある外観です。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 筐体エッジ

8万円からと低価格ですが、アルミニウムの筐体で、それ以上の高級感があります。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 底面カバー

底面カバーもアルミニウムで、通気孔は幅広いし、発熱の低いAMDプロセッサーを搭載しているので、排熱には問題なさそうです。

スピーカーは2Wが2つ搭載で、ドルビーオーディオになります。2Wとちょっと大きめなので、音質は悪くないです。

 

カメラ周り

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD カメラ

WebカメラはHD 720pのみで、ここ最近普段使いモデルにも搭載している高画質FHD 1080pはありません。プライバシーシャッターが搭載しているので、Webカメラを使用していないときは、閉じておくと安心んです。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 仕様書記載のWebカメラのスペック

仕様書には1080pと記載されているので、後々選べるのかもしれませんが、執筆時現在では720pのみです。

マイクはAIベースのノイズキャンセリング機能付きで、デュアルアレイマイクになります。

 

 

キーボード

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 キーボード周り

キーボードはフルサイズで84キー、バックライト付きになります。タッチパッドは105㎜×70㎜と、ThinkBook 15.6と同じサイズです。ちょっと小さいかなと思いますが、使いにくいことはないと思います。

キーストローク(キーを押し込む距離)は実測1.36㎜と、一般的な深さで、軽めのタイピングが合います。キーピッチは縦横18.5㎜ × 18.9㎜と、窮屈じゃないサイズです。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 指紋センサー

電源ボタンは指紋センサー統合型なので、電源を入れたらサインインも完了です。

 

MILスペック

本機はMIL規格(MIL-STD-810H)と言う12項目の米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、ディスプレイ部の耐久性など様々なテストもクリアしています。他にも、200の項目の品質チェックをしており、安心して使える機種です。

 

CPU

Ryzen 3 5425U Ryzen 5 5625U Ryzen 7 5825U
製造プロセス 7nm
アーキテクチャ Zen 3
コア/スレッド 4/8 6/12 8/16
L3キャッシュ 8MB 16MB
GPUコア 6 7 8
基本クロック 2.7GHz 2.3GHz 2.0GHz
ブーストクロック 4.1GHz 4.3GHz 4.5GHz
TDP 15W

※仕様書にRyzen 3 5425Uが記載されていますが、執筆時現在販売されていません。

アーキテクチャはZen 3になっており、旧モデル搭載CPUのZen 2に比べ以下の様な特徴があります。

  • コアからアクセスできるL3キャッシュが倍増(パフォーマンス向上)
  • IPCが19%向上し、電力当たりのパフォーマンスが最大24%UP
  • シングルスレッドの性能が最大23%UP
  • マルチスレッドの性能が最大108%UP
  • バッテリー効率が上がった

また、最大温度が10度下がったので、より安定して高負荷な作業も長時間しやすくなっています。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 CPU Mark計測結果

Ryzen 5 5625Uのスコアは、14,407と高めのスコアでした

 

こちらはCPUの性能を測るCPU Markスコアです。

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 5800U  19960
Ryzen 7 Pro 5850U  19604
Ryzen 7 5825U  18328
Ryzen 7 5700U  16272
Ryzen 5 5600U  15944
Ryzen 5 5625U  14407
Ryzen 3 5400U  12110
Ryzen 3 5425U  10946
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Ryzen 3 5300U  10092

珍しいことに、2022年に発売されたRyzen 5000シリーズって、旧モデルのRyzen 5 5600UやRyzen 7 6800Uよりも性能が下がっているんですよね。普通は、性能が上がるんですけどね。

おそらく、ビジネス用途にも十分な性能があるので、発熱を下げて、より使いやすくしたのかなと思います。まぁ、CPUの最大温度が10度も下がったので、より長い時間、高負荷な作業も出きますね。

 

次のCinebench R23は、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 Cinebench R23計測結果

マルチコアは7351と高く、シングルコアは1397でした。

マルチコアは6000ほどで高性能、8000以上でかなり高性能、シングルコアは1500以上でかなり高性能になります。

マルチコアシングルコア

Cinebench R23 マルチコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 5800H  12969
Ryzen 7 5875U  11530
Ryzen 7 5800U  11203
Ryzen 7 5700U  9555
Core i5-1240P  8392
Ryzen 5 5500U  7783
Ryzen 5 5600U  7582
Ryzen 5 5625U  7351
Core i7-1165G7  6070
Core i5-1135G7  5913
Ryzen 3 5300U  5379
Ryzen 3 5300U  5379
Ryzen 3 5425U  5239
Core i3-1115G4  3343

Cinebench R23 シングルコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1185G7  1538
Ryzen 7 5875U  1510
Core i7-1165G7  1504
Core i5-1240P  1488
Ryzen 7 5800U  1478
Ryzen 5 5625U  1397
Ryzen 5 5600U  1372
Core i5-1135G7  1343
Ryzen 3 5425U  1300
Ryzen 5 5700U  1274
Ryzen 5 5500U  1180

 

グラフィックス

グラフィック性能が高いと、Officeを使った作業や複数画面での作業などがしやすくなります。

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 Graphics Mark計測結果

メモリ1枚だとシングルチャンネルメモリでの動作なので、メモリ8GBでも1216とかなり低かったです。次回、メモリを2枚搭載して計測してみます。

3D Graphics Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1165G7  3681
Core i7-1260P  3263
Core i5-1135G7  2898
Ryzen 7 5800U  2416
Core i5-1240P  2326
Ryzen 5 5500U  2326
Core i3-1215U  2258
Ryzen 7 5700U  2251
Core i5-1235U  2196
Ryzen 5 5600U  2101
Ryzen 3 5425U  1859
Ryzen 5 4500U  1818
Ryzen 3 5400U  1734
Ryzen 3 5300U  1606
Ryzen 5 5625U  1216

 

ディスプレイ

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 ディスプレイ

解像度 光沢 液晶 輝度
FHD なし IPS 300nit
コントラスト比 色域 視野角 その他
800:1
1200:1
NTSC 45%
sRGB 100%
170° タッチあり

ディスプレイは一般的なFHD IPS液晶で、仕様書には色域がsRGB 100%とNTSC 45%の2種類が記載されていますが、sRGB 100%はまだ販売されていません。(というか、販売されるか分かりません。)

一般的なディスプレイで、輝度も300ニトあるので、ちょっと明るい場所で使いやすいです。

色域はsRGB 100%(画像左)の方が全然良く、画像編集などをする人にも向いているし、動画配信やYoutubeを頻繁に見る人にも最適です。

NTSC 45%(画像右)は一般的なノートパソコンに搭載されており、若干薄い色になっています。

視野角のチェックです。視野角は170°もあるので、どこから見ても問題ないです。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリはDDR4-3200MHz 8GBで、Memory Markの計測結果は1797となりました。

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 Memory Mark計測結果

ちょっとスコアが伸びませんでした。こちらも8GBメモリが届き次第、計測してみます。

メモリは公式サイトで最大16GBにできるので、余裕があれば16GBにした方がよさそうです。

その他のメモリとの比較です。

Memory Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

DDR5-4800MHz平均  2774
LPDDR4-4266MHz平均  2735
LPDDR5平均  2666
DDR4-3200MHz平均  2165
本機種  1797

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 搭載可能SSD の種類

搭載ストレージはSSD PCI Express 4.0 256GBですが、PCのスロットはPCIe 3.0×4にしか対応していないので、PCI Express 4.0の速度は出ません。それでも速い速度です。

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 シーケンシャル速度計測結果

 

シーケンシャルリード(読み込み速度)は3291MB/秒、ライト(書き込み速度)は1921MB/秒とどちらも速いです。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

本機種  3291MB/秒
 1921MB/秒
PCIe 4.0×4  3000~7000MB/秒
 2000~5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 M.2の空きスロット

また、M.2 SSDスロットが1つ空いていたので、SSDの増設も可能です。(ただし、保証が外れます)

 

セキュリティ

Lenovoのセキュリティ

 

Windows DefenderやTPMが搭載で、一般的なノートパソコンのセキュリティがありますが、セキュリティソフトをお考えの場合は「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

 

 

通信

対応周波数 速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6Eに対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

また、ギガビットイーサネット(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)に対応しているので、有線接続も可能です。

 

 

バッテリー駆動時間

搭載バッテリーは3セル・45Whrで、最大8時間のバッテリー駆動時間になります。60Whrは今のところ選べませんが、最大12.7時間とのことです。

45Whrだと、外出が多い人は、ACアダプタも持ち歩いた方が良いと思います。

 

インターフェイス

Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 筐体エッジ Lenovo ThinknBook 14 Gen4 AMD 横から

インターフェイスはUSB Type-Cが2つと、USB-Aが2つあり、SDカードリーダーとRJ45があるので十分ですが、USB4があれば上位モデルのビジネスPCでしたね。

USB Type-Cは、どちらもPower deliverとDisplayport機能付きです。

USBの速度はType-Cが10Gbps、USB-Aが5Gbpsになり、USB Type-Cはどちらも充電に使用可能です。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長5年まで延長できます。また、プレミアサポートと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

また、保証は引き取り修理とオンサイト修理、翌営業日オンサイト修理の3種類があります。

  1. 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。
  2. オンサイト修理・・・事務所や自宅にエンジニアが来て修理
  3. 翌営業日オンサイト修理・・・翌営業日(土日祝日以外)にエンジニアが来て修理

 

 

公式サイト

 

ライバル機種

 

ThinkBook 14 Gen 4

ThinkBook 14 Gen 4兄弟モデルのインテルモデルで、Thunderbolt 4もあるし、WEBカメラにFHD 1080pも選べたりと、より高性能です

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U/1240P
Core i7-1255U/1260P
メモリ 最大40GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA GeForce MX550
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶 光沢なし(マルチタッチあり)
LAN Wi-Fi 6、Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー
カメラ 720p、1080p
重さ 1.4㎏~
バッテリー 45Wh/60Wh
約7.7時間(45Wh時)
価格 8.9万円~

レビュー

 

IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

Lenovo IdeaPad Slim 570(14型 AMD)14インチですが、ほぼ本機種と似たようなスペックで、価格は1万円ほど安いです。RJ45はありませんが、バッテリー駆動時間も長く、持ち運びを考えている場合は使いやすいかもしれません

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ DDR4 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし 300ニト
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
Webカメラ HD 720p、FHD 1080p
重さ 1.39㎏
バッテリー 最大15.1時間
価格 6.8万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・低価格だが高級感があり、スペックもそこそこ高い
・プロセッサーの発熱が従来よりも低い
・メモリ最大40GBと大容量(ただし、自分で増設した場合のみ)
・ストレージの増設が可能
・Wi-Fi 6Eに対応
・アルミニウム筐体で高級感がある

 

残念な点

・WEBカメラにFHD 1080pが選べない
・SSDはPCI Express 4.0だが、パソコンがPCIe 4.0に対応していない
・公式サイトではメモリ16GBまでしか選べない
・バッテリー駆動時間が若干短い

 

総合評価

この価格にしては高級感があり、価格以上のスペックがある機種だと思います。また、企業やカスタマイザーは低価格で購入した後に、自分でメモリやSSDの増設をしたら、かなり安くハイスペックにできるので、経済的にも助かります。

アルミニウムを使用した筐体で、見た目から高級感もあり、どこにでも持ち運びたくなるような外観でもありますね。

バッテリー駆動時間がちょっと短いですが、社内移動やちょっとした外出であれば、十分だと思います。

 

公式サイト