Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMDのレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

最新スペックが満載で、持ち運びがしやすいように軽量化されており、16インチで1.68㎏からとなっています。

画面アスペクト比も16:10と縦に長く、17インチ並みの情報が表示され、大画面で作業ができます。

軽量化された分拡張性がないですが、自分で増設をしない人であれば気にならないと思います。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 4.4]
コスパ [usr 4.0]
総合評価 [usr 4.2]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

ThinkPad T16 Gen 2 AMDのスペック

CPU Ryzen 5 PRO 7540U
Ryzen 7 PRO 7840U
メモリ 32GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS 光沢なし
WQUXGA OLED 反射防止
OS Windows 11 Home/Pro
通信 1ギガビットイーサネット、Wi-Fi 6E、LTE
生体認証 顔認証、指紋センサー(オプション)
WEBカメラ FHD&IRカメラ
5MP+IRカメラ
寸法(幅×奥行×高さ) 361.9 × 255.5 × 20.5mm
重さ 約1.68㎏~
バッテリー 52.5Wh/86Wh
最大約30.8時間
電源 65W/100W
標準保証 1年間
価格 18.8万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のRyzen 7000シリーズで、上位モデルの7040Uシリーズになります。Zen 4アーキテクチャで4nm、DDR5やPCIe 4.0、そしてUSB4にも対応しています。

PROモデルはよりセキュリティが強化されたCPUで、DASH(Desktop and Mobile Architecture for System Hardware)という保護されたアウトバンド管理やリモート管理が可能なので、企業にとっても使いやすいと思います。

メモリはLPDDR5X-6400MHzのオンボードで最大32GB、ストレージは最新のSSD PCIe 4.0で最大2TBと大容量です。軽量化のため増設できるスロットはありません。

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、16インチでも17インチ並みの情報が表示されます。解像度はWUXGA(1920×1200ドット)とWQUXGA(3840×2400ドット)の2種類があり、WQUXGAはOLED液晶 DCI-P3 100%の広色域です。

ここ最近超高品質のWQUXGAはあまり見ませんね。貴重なモデルです。

持ち運びに重点を置いた機種なので通信環境も良く、Wi-Fi 6Eに対応しLTEも搭載可能、そして1ギガビットイーサネットもあります。無線でも有線でもサクサク使えます。

その他のスペックは、OSはWindows 11 HomeかProが選べ、生体認証には指紋センサーと顔認証(IRカメラ)が搭載可能、500万画素のWEBカメラもありIRカメラと連動する人体検知機能もあります。

約1.68㎏からと15.6インチ並みの重さで、バッテリー駆動時間も30時間オーバーと長いので、外出時に大画面で作業をする必要がある人に合います。

 

 

公式サイト

 

2023年のトレンドと比較

2023年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

Ryzen 7000 DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
Wi-Fi 6E sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ以上
USB4 生体認証 バッテリー14時間以上

ほとんどの項目を標準搭載スペックでカバーしていますが、色域だけは標準でNTSC 45%があります。

また、生体認証はデフォルトで指紋センサーか顔認証が搭載しています。両方ほしい人はカスタマイズからご確認ください。

 

旧モデルとの比較

旧モデルのThinkPad T16 Gen 1 AMDとの比較です。同じ筐体を使用し、中身がブラッシュアップされたモデルです(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 旧モデル
CPU Ryzen 5 PRO 7540U
Ryzen 7 PRO 7840U
Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ LPDDR5X-6400 32GB LPDDR5-64oo 32GB
ストレージ SSD 2TB
ディスプレイ WUXGA/WQUXGA WUXGA/WQXGA
通信 Wi-Fi 6E、4G LTE、1Gbe
バッテリー 30.8時間(86Wh時) 17.3時間(52.5Wh時)
重量 1.68㎏ 1.64㎏

主な良い変更点です。

・CPUが最新のRyzen 7000シリーズに
・メモリが最新のLPDDR5X
・4K WQUXGAが追加
・バッテリー駆動時間が伸びた
・40g重くなった

 

こちらは、プロセッサーの性能を表すCPU Markスコアです。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

Ryzen 7 PRO 7840U  24903
Ryzen 7 Pro 6850U  22058
Ryzen 5 PRO 7540U  19093
Ryzen 5 Pro 6650U  16935

Ryzen 7は10%ほど、Ryzen 5は20%ほど性能が高くなっています。

 

 

ThinkPad T16 Gen 2 AMDの特徴

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD 右斜め前から

ベゼル(画面の黒い枠)も細く、16インチですがスリムな筐体です。

 

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD 横

寸法は

・幅 361.9㎜
・奥行き 255.5㎜
・高さ 20.5㎜

で、15.6インチ並みのサイズです。

 

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD 右側面インターフェイス

厚さは20㎜オーバーと、ちょっと厚みがあります。筐体内部のファンは1つで、ヒートパイプも1本と冷却性能が高くないので、ちょっと厚いくらいでよいかもしれません。

また、右側面に排気口があるので、16インチにしてはインターフェイスは多くありませんが、必要十分だと思います。

また、右手でマウスを使う人は、高負荷な作業をしてファンが回ると排気口からの温風を感じるので、夏場は気持ちの良いものではありません。

 

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD 底面

背面にはかなり大きな通気口があり、フレッシュエアーをがっつり取り込めます。

 

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD 天板

天板はハイブリットカーボンファイバーを採用し、手触りも見た目も良いです。

 

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD ディスプレイを180度開いた状態

ディスプレイは約180度開くことができるので、画面を共有する人や、床に座って作業をすることがあるSEなどに使いやすいです。

 

 

MILスペック

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD 後ろから

本機はMIL規格と言う12項目の米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、ディスプレイ部の耐久性など様々なテストもクリアしています。他にも、200の項目の品質チェックをしており、安心して使える機種です。

 

 

キーボード

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD キーボード

キーボードはフルサイズの110キーで、バックライト有/なし、JISキーかUSキーが選択できます。トラックパッドは115㎜×67.7㎜で奥行きはありますが、幅は115㎜と13.3インチ並みのサイズです。

ThinkPadのキーボードは打鍵感が高くタイピングしやすいので、タイピングが多い人に特に人気です。

ちなみに、バックライト無しのキーボードはプラスチック感が強く、打鍵感もバックライト有りに比べ劣るので、必ずバックライト有りを選んだほうが良いです。

 

 

WEBカメラ周り

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD WEBカメラ

WEBカメラは2種類あり、標準で高画質FHDになります。

FHDカメラの場合は顔認証用のIRカメラとのハイブリットで、500万画素の場合は独立したIRカメラが搭載です。

IRカメラ搭載モデルは人体検知(HPD)機能付きになるので、のぞき見されていると警告を出した、離席するとロック、戻るとアンロックされたりします。

マイクは360度全方位マイクが2つ搭載で、キーボード上部に2.0Wスピーカーが2つあり、オーディオはドルビーオーディオと普通なスペックです。

 

高性能Ruzen 7040シリーズ搭載

Ryzen 5 PRO 7540U Ryzen 7 PRO 7840U
製造プロセス 4nm
アーキテクチャ Zen 4
コア 6 8
スレッド 12 16
L3キャッシュ 16MB 16MB
ベースクロック 3.2GHz 3.3GHz
ブーストクロック 4.9GHz 5.1GHz
GPUコア 4 12
TDP 15-30W 15-30W

CPUは上位モデルの7040Uシリーズで、最新アーキテクチャのアーキテクチャはZen 4になり、主な特徴はこちらです。

・Zen 3の改良版
・L2キャッシュ増量
・ディープラーニング性能の向上
・Zen 3に比べIPCが約14%アップ

Zen 4はレイテンシの短縮とスルートップの向上を目的に作られており、順当に性能アップしています。

また、本機搭載CPUはRDNA3を採用し、USB4にも対応しています。製造プロセスも4nmと微細化が進んでおり、インテルの10nmが時代遅れ感満載に見えますね。

また、PROモデルはセキュリティが強固になったモデルで、ビジネスPCに搭載されます。

こちらはCPUの性能を測るCPU markスコアです。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 15000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 18000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機 青・・・比較

Core i7-13700HX  33484
Ryzen 7 PRO 7840U  24903
Ryzen 7 7735U  21486
Core i7-1360P  21549
Core i5-1350P  20032
Core i5-1340P  20197
Core i7-1270P  19915
Ryzen 5 PRO 7540U  19093
Core i7-1260P  18691
Core i5-1250P  18498
Core i5-1240P  17664
Core i5-1335U  17000

 

次はCinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアシングルコア

マルチコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 7840HS  16854
Ryzen 7 PRO 7840U  14798
Ryzen 9 PRO 6950H  14670
Ryzen 7 6800H  14135
Ryzen 5 7535U  8071
Ryzen 7 7735U  8013
Ryzen 7 7730U  7170
Ryzen 5 7520U  4976
Athlon Silver 7120U  1686

シングルコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 7840HS  1815
Ryzen 7 PRO 7840U  1807
Ryzen 9 PRO 6950H  1662
Ryzen 7 7735U  1509
Ryzen 7 6800H  1498
Ryzen 5 7535U  1447
Ryzen 7 7730U  1399
Ryzen 5 7520U  1150
Athlon Silver 7120U  893

 

 

ディスプレイ

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD ディスプレイ

ディスプレイは16インチで、以下の4種類があります。見慣れない解像度ですが、画面アスペクト比が16:10と縦に長いので、よく聞くFHDがWUXGAに、UHDがWQUXGAとなっています。

・WUXGA IPS 光沢なし NTSC 45% 300nit
・WUXGA IPS 光沢なし NTSC 45% タッチパネル 300nit
・WUXGA IPS 光沢なし sRGB 100% 400nit 省電力
・WQUXGA OLED 反射/汚れ防止 DCI-P3 100% HDR500 400nit

解像度は2種類あり、WUXGA(1920×1200ドット)かWQUXGA(3840×2400ドット)になります。

WUXGAは3種類で、視野角の広いIPS液晶を採用し、輝度は300ニトか400ニトとなっています。400ニトもあれば、屋外での作業もしやすいです。

また、Web用画像編集に向いているsRGB 100%の色域もあるので、企業でSNS向けの画像編集を作成するような人に向いています。

WQUXGAは4Kに近い解像度があり、高精細です。また、完全な黒を再現できるOLED液晶を搭載しており、本格的なクリエイター向けのスペックです。HDR500というハイダイナミックレンジにも対応しており、黒はより黒く、白はより白く描写できます。

 

左からNTSC 45%、sRGB 100%、DCI-P3 100% OLED液晶になります。もちろん、クリエイターだけじゃなく、動画視聴をよくする人は、広色域ディスプレイを選んだほうが良いです。

 

こちらは輝度の目安です。本機は300ニトか400ニトがあり、屋外でも使う人は400ニトがおすすめです。

220ニト 室内ならなんとか使える。明るい室内では暗く見える
250ニト 室内向け。屋外では日陰ならギリギリ使える
300ニト 屋外の日陰でも見える
400ニト 屋外でも使いやすいが、直射日光が当たるとちょっとくらい
500ニト 屋外向け
600ニト 画面に直射日光が当たっても比較的見える

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

メモリは最新のLPDDR5X-6400MHzで、オンボード最大32GBになります。インテルモデルはオンボード+スロットで最大40GBにできるので、もしもっと大きい方が良いという場合はインテルモデルも検討してみてください。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージも最高のSSD PCIe 4.0×4が搭載で、パソコンの起動など何をするにしてもサクサクです。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

セキュリティ

ThinkShield

ThinkPadは、全方位から備えるサイバーセキュリティのThinkShieldによって守られており、堅牢性が高い機種になっています。

一般的なノートパソコンよりは強固ですが、セキュリティソフトをお考えの場合は「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

 

 

Wi-Fi 6Eに対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

 

LTE

4G LTEのFibocom L860-GLが搭載可能で、ダウンロードは最大1Gbps、アップロードは最大75Mbpsの速度になります。

移動が多い人はテザリングよりも、こちらの方が使いやすいです。LTE用の格安SIMなら大手のIIJmioか、楽天最強プランがおすすめです。筆者はIIJmioでドコモ回線20GB/月 約2000円と、楽天最強プランを契約していますが、月に20GB以上使うのであれば楽天がお得です。

 

 

電源・バッテリー

バッテリーは標準で52.5Whrが搭載ですが、カスタマイズより86Whrも選べ、86Whr時は最大30.8時間のバッテリー駆動時間があります。

電源は65Wか100Wがあります。

 

 

インターフェイス

右側面の排気口のせいでインターフェイスは多くないですが、困らない程度にあります。USB4が1つ、USB 3.2 Gen 2 Type-Cが1つあり、ドックを持っていると据え置き時により使いやすいです。

また、すべてのUSB Type-Aのデータ転送速度は5Gbps、USB 3.2 Gen 2 Type-Cは10Gbps、USB4は40Gbpsになります。

 

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD 右側面インターフェイス

右側面には、スマートカードリーダーとUSB 3.2 Gen 1、そしてセキュリティキーホールになります。

 

Lenovo ThinkPad T16 Gen 2 AMD 左側面インターフェイス

右側面にはRJ45、USB4、USB 3.2 Gen 2 Type-Cが1つ、HDMI、USB 3.2 Gen 1、そしてマイク/ヘッドフォンジャックになり、LTEモデルは背面にnanoSIMカードスロットがあります。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長5年まで延長できます。また、プレミアサポートと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

また、保証は引き取り修理とオンサイト修理、翌営業日オンサイト修理の3種類があります。

  1. 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。
  2. オンサイト修理・・・事務所や自宅にエンジニアが来て修理
  3. 翌営業日オンサイト修理・・・翌営業日(土日祝日以外)にエンジニアが来て修理

 

 

ライバル機種

 

ThinkPad Z16 Gen 1(AMD)

Lenovo ThinkPad Z16 Gen 1(AMD)上位モデルのZシリーズで、2022年に発売されたので、6万円ほど安くなっています。高級感が高く、高品質なハイエンドモデルです。

CPU Ryzen 5 PRO 6650H
Ryzen 7 PRO 6850H
Ryzen 9 PRO 6950H
メモリ LPDDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
Radeon RX 6500M
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS タッチあり
WQUXGA OLED タッチ
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE
その他 1080p Webカメラ、顔認証、指紋センサー、ドルビーアトモス
重さ 1.81㎏~
バッテリー 72Whr・最大約25.9時間
価格 19.7万円~

レビュー

 

ThinkPad E16 Gen 1 AMD

Lenovo ThinkPad E16 Gen 1 AMDのレビュー7万円台とは思えないスペックのビジネスPC全体的なスペックは中の上と、この価格にしては高めで、メモリやストレージの増設もできるので、安くスペックアップができます。画面アスペクト比が16:10と縦に長いので17インチ並みの情報が表示され、より使いやすくなっています

CPU Ryzen 3 7330U
Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ 最大24GB
ストレージ SSD×2
ディスプレイ(16型) WUXGA/WQXGA IPS タッチあり
通信 Wi-Fi 6/6E、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー/顔認証(オプション)
WEBカメラ FHD、FHD+IRカメラ
重さ 1.77㎏~
バッテリー 最大約20.7時間
価格 7.9万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・16インチだが1.68㎏からと軽く、バッテリー駆動時間が長い!
・画面比が16:10で、16インチでも17インチ並みの情報が表示される
・最大WQUXGA解像度が選べ、OLED液晶、DCI-P3 100%と最高峰のスペック
・IRカメラ搭載モデルは人感検知機能付き
・最大500万画素と超高解像度のWEBカメラ

 

残念な点

・USB4が2つあればなおよかった
・持ち運び用に作られたので、拡張性がない

 

総合評価

16インチと大きいですが持ち運び用に作られた機種で、据え置き兼用としても使いやすい機種です。

その分、拡張性がないのでカスタマイザーや据え置き用として購入する人には物足りないかもしれません。

ただし、CPUやメモリなどの性能は高く、ディスプレイも最高峰のものを搭載できるので、スペック的に困ることはないと思います。

本機は外出先でも大画面で作業をしたい人や、持ち運びもするけど屋内でも使用するという人に合います。

 

 

公式サイト