Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル)のレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

ThinkPad Lシリーズは、低いスペックから高スペックまでカスタマイズの幅が広く、細かく好みの使用にしやすいシリーズです。ハイエンドモデルのXシリーズに比べ、筐体が大きく重いという特徴があるので、持ち運びが少ない人に向いた機種が多いです。

まずは本機レビューのまとめです。

良い点

・インテル12世代CPU搭載
・最大メモリが64GBと大きい
・最新のPCIe 4.0 SSD搭載
・Wi-Fi 6Eに対応
・高画質のFHD 1080p Webカメラが搭載可能
・旧モデルよりも小さくなった
・天板にアルミニウムが選べる
・ディスプレイの輝度が高いものあり
・sRGB 100%あり

 

残念な点

・メモリがDDR4

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

ThinkPad L14 Gen3 インテルのスペックレビュー

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U/1245U
Core i7-1255U/1265U
Core i5-1240P/1250P
Core i7-1260P
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD PCIe 4.0 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA GeForce MX550
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし sRGB 100% マルチタッチあり
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6/6E、ギガビットイーサネット、4G LTE、Bluetooth 5.2
オーディオ Dolby Audio、Dolby Voice
生体認証 指紋センサー、顔認証搭載可能
Webカメラ 720p HD
1080p FHD & IRカメラ
セキュリティ パワーオン パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、ハードディスク パスワード(NVMe パスワード)、セキュリティ キーホール
寸法(幅×奥行×高さ) 325.4 × 217 × 18.73㎜
重さ 1.54㎏(最軽量モデル1.39㎏)
バッテリー 42Wh/57Wh、最大13.9時間
電源 45W / 65W
保証 1年間 引き取り修理
価格 16.9万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のインテル第12世代CPUが搭載で、省電力モデルのUと通常版のPシリーズが搭載可能です。PコアとEコアの2種類のコアを持ち、高負荷なことはPコアで、低負荷なことはEコアで処理することにより、無駄な電力を消費しないのでバッテリー駆動時間が長くなっています。

また、11世代以前に比べコア数がかなり多くなっているので、マルチ作業がよりしやすくなっています。

メモリはDDR4-3200が搭載で、メモリスロットは2つになります。CPUはDDR5に対応しているので、最新のDDR5を搭載してくれていたらうれしかったですが、まぁ、3200MHzも処理速度が速いのでそこまで影響はないと思います。

ストレージは、最新で最速のSSD PCIe 4.0が搭載です!今までのSSD(PCIe 3.0)よりも帯域幅が倍になり、最大データ転送速度も64Gbpsと倍になりました。

ディスプレイは3種類あり、全モデルでFHD IPS液晶になります。輝度が250ニトと300ニト、そして400ニトもあり、400ニトのディスプレイはsRGB 100%と色域も広いので、おすすめです。

その他のスペックは、Windows 11 HomeかProが選べ、Wi-Fi 6かWi-Fi 6Eがあり、指紋センサーと顔認証も搭載可能、バッテリーは42Whか57Whが選べます。

ThinkPad Lシリーズは筐体が大きく重量も大きめという特徴もありますが、本機は最軽量モデル(42Whモデル)が1.39㎏と「普通」の重さで、57Whモデルは1.54㎏と重ためです。

持ち運びがしにくいわけじゃないですが、本機は据え置き用兼ちょっと外出用などの用途が合いそうですね。

 

公式サイト

旧モデルとの比較

Lenovo ThinkPad L14 Gen 3とGen 2の筐体<左/本機種・右/ThinkPad L14 Gen 2>

旧モデルのThinkPad L14 Gen 2との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値)

L14 Gen 3・本機種 L14 Gen 2
CPU 12世代CPU 11世代CPU
メモリ 64GB 64GB
ストレージ SSD PCIe 4.0 SSD PCIe 3.0+HDD
ディスプレイ FHD IPS HD TN、FHD IPS
無線 Wi-Fi 6E/6、4G LTE Wi-Fi 5/6、4G LTE
Webカメラ 720p 1080p 720p
バッテリー 13.9時間 12.6時間
寸法 325.4 × 217 × 18.73㎜ 331 × 235 × 20.4㎜
重量 1.39㎏~ 1.58㎏~
価格 16.9万円~ 19.2万円~

変更点です。

・11世代CPUから12世代に
・SSD PCIe 3.0から4.0に
・HD TN液晶が廃止
・Wi-Fi 5/6がWi-Fi 6/6Eに
・WebカメラにFHD 1080pが追加
・バッテリー駆動時間が伸びた
・筐体が一回り小さくなった
・190g軽量化
・ドッキングコネクタが廃止

全体的な性能が上がり、ベゼル(画面の黒い枠)が細くなり筐体もより小さくなっています。

こちらはプロセッサーの性能を表すPassmarkスコアで、7000以上あればビジネス用途でも使いやすいです。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1260P  18771
Core i5-1250P  ??
Core i5-1240P  17664
Core i7-1265U  12334
Core i7-1255U  ??
Core i5-1245U  11934
Core i5-1235U  ??
Core i3-1215U  13007
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Core i3-1115G4  6546

旧モデルに比べ、かなり高い性能になりました。

 

2022年のトレンドと比較

2022年のハイエンドノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。

ハイエンドPCは2022年に入り、基本スペックが高く、欠点が減ってきている状況です。欠点というと、例えばWebカメラが720Pの低画質や、マイクの質だったりですが、今まで別途購入が必要だったものが標準搭載になってきたイメージです。

12世代CPU Evo DDR5 PCIe 4.0
× ×
アスペクト比16:10 sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
×
Wi-Fi 6/6E 素材 Dolby Atmos 全方位360°マイクが4つ
アルミニウム/樹脂 × ×
Thunderbolt 4 生体認証 18時間以上バッテリー 重量1.2㎏前後
指紋センサー × ×

ハイエンドモデルと比較すると性能差がでますが、標準以上といったスペックですね。

 

ThinkPad L14 Gen3(インテル)の特徴

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 左斜め前から

旧機種よりベゼル(画面の黒い枠)がかなり細くなり、奥行きは18㎜も小さくなっています。

本機の寸法は

・幅325.4㎜(≒一万円札2枚分/320㎜)
・奥行き217㎜(≒千円札1.5枚分/225㎜)
・高さ18.73㎜(≒一円玉の直径/20㎜)

になり、旧モデルより190gも軽くなっています。

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 側面

ただし、ThinkPad Lシリーズは元から大きな筐体だったので、小さくなったといってもようやく平均的なサイズになった感じです。

最軽量モデルが1.39㎏と14インチの平均的な重さですが、57Whバッテリーを搭載したら1.54㎏と重たいです。

 

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 左側面

厚さは18.73㎜と若干大きめですが、持ちにくいわけではありません。

 

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 横から

右側面には大きめの排気口があります。

 

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 底面カバー

底面カバーは樹脂素材を使用しており、若干のチープさがあります。吸気口が大きいので、エアフローは良いと思います。

 

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 天板

天板は樹脂素材かアルミニウムが選べ、アルミニウムを選んでもたったの+1100円なので選んだ方がいいと思います。アルミニウムは熱にも強く、耐久性も高い、傷にも強いです。

 

1080p Webカメラ搭載可能

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) のWebカメラ

HD画質 720pが標準搭載で、高画質FHD 1080p Webカメラ、そして顔認証のIRカメラ付きも選べます。

Web会議が多い人は、1080p Webカメラが搭載できるノートパソコンを待ち望んでいたと思います。筆者は外付けFHD Webカメラを購入して使っていましたが、こういったものも必要なくなりますね。

 

生体認証

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 指紋センサー

生体認証は指紋センサーと、顔認証IRカメラが搭載できます。

指紋センサーは電源ボタンと統合されているので、電源を入れたらサインインも完了です。顔認証を使う場合は、Lenovo Vantageの設定から「パソコンを開いたら電源が入る」設定ができるので、これも楽ですね。

 

MILスペック

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 背面

本機はMIL規格と言う12項目の米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、ディスプレイ部の耐久性など様々なテストもクリアしています。

性能も耐久性も高い機種です。

 

キーボード

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) キーボード

キーボードはフルサイズ89キーで、バックライト付き、日本語か英語が選べます。

ThinkPadはキーストロークが約1.8㎜と深いので、タイピングがかなりしやすく、キートップも湾曲しているので指に吸い付くようにタイピングできます。ミスタイプも少なくなると思います。

 

CPU

CPUは大きく分けて、末尾がPのモデルと末尾がUの2種類になります。Pは通常版の位置づけで、Uは省電力モデルになります。

Core i7-1260P Core i5-1240P/1250P
Pコア 4 4
Eコア 8
スレッド 16 16
キャッシュ 18MB 12MB
Pコア最大周波数 4.7GHz 4.4GHz
Pコア基本周波数 2.1GHz 1.7GHz
Eコア最大周波数 3.4GHz 3.3GHz
GPU実行ユニット 96 80
ベースパワー 28W
最大パワー 64W

※Core i5-1240Pと1250Pはほぼ同じ仕様ですが、グラフィックス最大動的周波数が1.3GHz(1240P)1.4GHz(1250P)となっています。

Core i7-1255U/1265U Core i5-1235U/1245U Core i3-1215U
Pコア 2
Eコア 8 4
スレッド 12 8
キャッシュ 12MB 10MB
Pコア最大周波数 4.7GHz 4.4GHz 4.4GHz
Pコア基本周波数 1.7/1.8GHz 1.3/1.6GHz 1.2GHz
Eコア最大周波数 3.5GHz 3.3GHz 3.3GHz
GPU実行ユニット 96 80 64
ベースパワー 15W
最大パワー 55W

CPUはPコア(Performance Core)とEコア(Efficient Core)の2つを搭載しており、高負荷な作業はPコアで処理を、低負荷な事はEコアで処理することによって、パワフルでも省電力性を兼ね揃えたCPUになっています。

また、11世代以前のCPUに比べ、コアとスレッドが増えたので、マルチタスクがよりしやすくなっています。

こちらは、CPUの性能を測るPassmarkスコアです。

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 17000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1260P  18771
Core i5-1250P  ??
Core i5-1240P  17664
Ryzen 7 5700U  16272
Ryzen 5 5500U  13579
Core i7-1265U  12334
Core i7-1255U  ??
Core i5-1245U  11934
Core i5-1235U  ??
Core i3-1215U  13007
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Ryzen 3 5300U  10092
Core i3-1115G4  6546

 

省電力モデルのUシリーズ・Core i3でも、11世代のCore i7より高い性能になっていますね。たまたまかもしれませんが、Core i5-1245Uも11世代Core i7以上の性能なので、かなり使いやすいです。

Cinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアシングルコア

Cinebench R23 マルチコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-12700H  16745
Core i7-1280P  ??
Core i7-1270P  ??
Core i7-1260P  10571
Core i7-1250P  ??
Core i5-1240P  ??
Core i7-1165G7  6070
Core i5-1135G7  5913

Cinebench R23 シングルコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-12700H  1806
Core i7-1280P  ??
Core i7-1270P  ??
Core i7-1260P  1773
Core i7-1250P  ??
Core i5-1240P  ??
Core i7-1165G7  1504
Core i5-1135G7  1343

 

グラフィック性能

グラフィックはNVIDIA GeForce MX550が搭載できるとのことで(執筆時未確認)、このグラフィックカードはゲームなどじゃなく、Officeワークがよりしやすくなるために搭載します。

また、MX550を搭載しない場合は、CPU内蔵グラフィックスになります。

Video Card Benchmarks

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

MX550  5089
MX450  3715
Core i7-1165G7  3681
Core i5-1135G7  2898
MX250  2582
Ryzen 7 5800U  2416
Ryzen 5 5500U  2326
Ryzen 7 5700U  2251
Core i3-1115G4  2118
Ryzen 5 5600U  2101
Ryzen 7 4700U  2066
Iris Plus  1859
Ryzen 5 4500U  1818
Ryzen 3 5400U  1734

 

 

ディスプレイ

解像度 タッチディスプレイ 液晶 輝度 コントラスト比 色域 視野角
FHD なし IPS 光沢なし 250nit NTSC 45%
FHD あり IPS 光沢なし 300nit NTSC 45%
FHD なし IPS 光沢なし 400nit sRGB 100%
FHD フル・ハイディフィニション、一般的な画質で解像度は1920×1080ドット
光沢 光沢ありは発色が良い反面、自分や背景が映り込みしやすい。光沢無しは映り込みがしにくい
コントラスト比 最少輝度と最大輝度の差。差が大きい方が力強い描写が可能
液晶 IPS液晶はコントラスト比が高く、視野角も広い。TN液晶はその逆
nit 明るさを表す単位。室内であれば250nit~、350~400nitあれば日光の当たる場所でも見やすい

ディスプレイは3種類あり、全モデル共通としてFHD解像度、コントラスト比が高く視野角が広いIPS液晶になります。

ディスプレイの輝度は250、300、そして400ニトと3種類あり、

・250ニト・・・太陽光があまり当たらないオフィス向き
・300ニト・・・直射日光が当たらない屋外でもそこそこ使える
・400ニト・・・屋外でも気にならずに使える

明るさになります。

また、400ニトのモデルは広色域のsRGB 100%なので、より鮮やかな色が描写されます。以下の写真は、左がNTSC 45%で、右がsRGB 100%になります。圧縮しているため、実際より薄い色合いになっています。

NTSC45%とsRGB 100%の比較

sRGB 100%のThinkbookとNTSC 45%のThinkbook

写真や動画・映画を見ることがある人は、sRGB 100%を選んでいた方が見やすいです。

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) のディスプレイの種類

ただし、sRGB 100%のパネルはちょっと高いですね。

 

大容量メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

本機にはDDR4-3200MHzが搭載で、メモリスロットが2つあり、最大64GBの大容量です。十分な容量がありますね。

執筆時現在、標準でメモリ8GB 1枚が搭載していますが、メモリは2枚1組で使った方がグラフィック性能が上がるので、4GB×2枚(+0円)か8GB×2(+13,200円)を選んだ方が良いです。

先述しましたが、インテル第12世代CPUは最新のDDR5に対応しているので、本機にも搭載してくれていたら嬉しかったですね。

 

ストレージ

SSD(PCIe 4.0×4) SSD(PCIe 3.0×4) HDD
最大データ転送速度 最大64Gbps 最大32Gbps 最大6Gbps(SATAの場合)
平均起動時間 10秒~15秒 30秒~2分(新品の場合)
温度 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 安い

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

本機には最新のPCIe 4.0×4が搭載しており、PCIe 3.0×4よりも帯域幅が倍になり、データ転送速度がかなり上がっています。

以前はHDDも搭載できたのですが、本機では搭載できないようです。

こちらはシーケンシャル速度のおおよそのスコアで、HDDはおおよその最大速度です。

シーケンシャルリード

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  7000MB/秒
 5000MB/秒
PCIe 3.0×4  3000MB/秒
 2000MB/秒
HDD SATA  600MB/秒
 200MB/秒

 

セキュリティ

Lenovoのセキュリティ

  • Windows Defender・・・Windows 10に標準搭載されているウイルスから保護するセキュリティ機能
  • TPM・・・独立して機能するセキュリティチップで、パスワードなどの情報を格納する
  • パワーオンパスワード・・・電源を入れた時のログインパスワード
  • ハードディスクパスワード・・・ハードウェアレベルでストレージにパスワードを設定
  • スーパーバイザーパスワード・・・BIOSなどの設定を見たり変更する時のパスワード
  • セキュリティキ―ホール・・・ワイヤーなどを繋げて持ち運びできないようにする

セキュリティは強固ですが、追加のセキュリティをお考えの場合は「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

仮想環境を構築し、6つのソフト+Windows Defenederで実際のフィッシングサイトにアクセスをして遮断できるかどうかのテストを行ったので、実際の防御率が分かりやすいと思います。

 

Wi-Fi 6Eに対応

周波数 通信速度
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4/5GHz 300Mbps
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
Intel Wi-Fi 6E AX211 2.4/5GHz/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWiFi6とWi-Fi 6Eに対応しており、現在主流のWiFi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一般的なWi-Fi 6の周波数に加え6GHzにも対応しているので、より速い通信が可能です。

ただし、執筆時現在、Wi-Fi 6しか選べないし、Wi-Fi 6Eの国内利用はまだ始まっていません。

イーサネットは一般的なギガビットイーサネットで、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tになります。

 

公式サイト

 

LTE

公式サイトには4G LTE選択可能と記載されていますが、まだLTEモデルが発表されていないので詳細は分かりません。分かり次第、情報をアップデートします。

 

バッテリー駆動時間

ThinkPad L14 Gen3(インテル)のバッテリー容量

バッテリーは標準で42Whが搭載ですが、大きめの57Whも搭載できます。

バッテリー駆動時間は57Wh搭載で、Core i3-1215Uモデルで13.9時間、Core i5-1245U/1235Uで13.2時間となっています。

 

インターフェイス

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 左側面

左側面インターフェースはUSB Type-C 3.2 Gen 1が1つ、USB4(Thunderbolt 4)が1つ、HDMI、USB 3.2 Gen 1、マイク/ヘッドフォンジャック、そしてオプションでスマートカードリーダーを搭載可能です。

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 右側面インターフェース

右側面インターフェースはmicroSDカードリーダー、USB 3.2 Gen 1、セキュリティキーホールになります。

Lenovo ThinkPad L14 Gen3(インテル) 後ろ側面

LTEモデルの場合は、背面にnanoSIMスロットがあります。

USBのデータ転送速度はUSB4以外は5Gbpsになり、USB4(Thunderbolt 4)は最大40Gbpsになります。

ちなみにUSB-CはDisplayport対応なので、外付けモニターに接続して使うことができます。

Thunderbolt 4には、こういった機能・性能があります。

  • Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き
  • 最大データ転送速度40GB/秒が2mのケーブルでも出る(以前は0.8mまで)
  • PCIeの転送速度は32GB、ストレージ転送速度は最大3000Mbps
  • 4Kディスプレイ2台同時に出力可能
  • 8K出力にも対応

 

サポート・保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長5年まで延長できます。また、プレミアサポートと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

また、保証は引き取り修理とオンサイト修理、翌営業日オンサイト修理の3種類があります。

  1. 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。
  2. オンサイト修理・・・事務所や自宅にエンジニアが来て修理
  3. 翌営業日オンサイト修理・・・翌営業日(土日祝日以外)にエンジニアが来て修理

修理拠点は日本国内なので対応も速く、安心して任せることができます。

 

ライバル機種

ThinkPad L14 Gen 3と比較機種

<左から本機種・ThinkPad X1 Carbon Gen 10・ThinkBook 14 Gen 4>

本機種と似たような機種で、メモリ・SSD・バッテリーは最大値、重量は最軽量モデルです。(スマホの人は表を右にスクロールできます)

本機種 ThinkPad X1 Carbon Gen 10 ThinkBook 14 Gen 4
CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U/1245U
Core i7-1255U/1265U
Core i5-1240P/1250P
Core i7-1260P
Core i5-1240P/1250P
Core i7-1260P/1270P/1280P
Core i3-1215U
Core i5-1235U/1240P
Core i7-1255U/1260P
メモリ DDR4 64GB LPDDR5 32GB DDR4 40GB
ストレージ SSD PCIe 4.0
ディスプレイ FHD
画面比16:9
FHD、UHD相当
画面比16:10
FHD
画面比16:9
無線 WiFi6E、LTE Wi-Fi 6E
バッテリー 13.9時間 24.9時間 7.7時間
重量 1.39㎏ 1.12㎏ 1.4㎏
価格 16.9万円~ 22.5万円~ 9.7万円~

各機種の特徴です。

本機種・・・大容量メモリが必要な人で、あまり持ち運びをしない人に向いています

ThinkPad X1 Carbon Gen 10・・・超軽量・コンパクト、そしてスペックは現行最高です。メモリもLPDDR5に対応しており、超高速処理が可能。

ThinkBook 14 Gen 4・・・おしゃれな筐体で高性能、そして低価格だが、バッテリー駆動時間が短い

 

こちらはPassmarkスコアで、スコアが7000以上あればビジネス用途でも快適に使え、1万オーバーだと高性能です。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1270P  22842
Core i7-1260P  18771
Core i5-1250P  ??
Core i5-1240P  17664
Ryzen 7 5825U  17572
Ryzen 5 5625U  15108
Core i7-1265U  12334
Core i7-1255U  ??
Core i5-1245U  11934
Core i5-1235U  ??
Core i3-1215U  13007
Ryzen 3 5425U  9641

 

まとめ

良い点

・インテル12世代CPU搭載
・メモリがかなり大きい
・最新のPCIe 4.0 SSD搭載
・Wi-Fi 6Eに対応
・高画質のFHD 1080p Webカメラが搭載可能
・旧モデルよりも小さくなった
・天板にアルミニウムが選べる
・ディスプレイの輝度が高いものあり
・sRGB 100%あり

 

残念な点

・メモリがDDR4

 

総合評価

インテル第12世代CPU搭載で、メモリも最大64GB、最新のSSD PCIe 4.0を搭載と、スペックは高めです。アルミニウムの天板に変更出来たり、1080p WebカメラやsRGB 100%のディスプレイも選択出来たりと、スペックの幅も広く、多くの人が選びやすい仕様になっています。

ただし、スペックの割に価格は高めです。というのも、ThinkPad Lシリーズは量販店で販売されることが多く、公式サイトではセールの割引対象にならないことが多いので、ほかの機種に比べるとコスパが悪いんですね(注・割引されるときもあります)。

それでも、ThinkPadでメモリが64GBにできるものは、ワークステーションを除いてLシリーズのみなので、検討の価値もあると思います。

 

公式サイト