Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intelのレビュー ペン内蔵型2 in 1 PC

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

最新スペックが満載のL13 Yoga Gen 4で、特に不満となるような点がない機種です。メモリも最大32GBと大きく、Thunderbolt 4も搭載。そして、デジタルペンは本体内蔵型なのでなくすこともないと思います。

どこでも使いやすい2 in 1 PCで、重さも1.32㎏と軽く、最大バッテリー駆動時間は約21時間と長いので、持ち運びに向いています。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 4.2]
コスパ [usr 3.9]
総合評価 [usr 4.0]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intelのスペック

CPU Core i5-1335U/1345U
Core i7-1355U/1365U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TGB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS 反射/汚れ防止 タッチ
OS Windows 11 Home/Pro
Windows 11 Pro(Windows 10 Proへのダウンロード権行使)
無線 Wi-Fi 6/6E、LTE
生体認証 指紋センサーと顔認証搭載可能
カメラ1
カメラ2
FHD、FHD+IRカメラ
なし/500万画素
スピーカー 2.0W×2
寸法(幅×奥行×高さ) 305 × 218 × 17.1 mm
重さ 1.32㎏~
バッテリー 最大約21時間
標準保証 1年間
付属 Lenovoペン
価格 19.9万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のインテル第13世代で、省電力モデルのUシリーズが搭載です。省電力モデルですが、前世代から20%以上性能が上がっており、高性能です。

メモリはオンボードでLPDDR5-6400MHzが搭載し、最大32GBと大容量です。ストレージはSSD PCIe 4.0で、最大1TBとこちらも大容量ですね。

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10で、13.3インチでも14インチ並みの情報が表示されます。解像度はFHDよりも縦に長いWUXGA(1920×1200ドット)で、視野角が広いIPS液晶になります。

輝度は300ニトで色域はsRGB 100%と広く、画像編集をするような人にも合いますね。

その他のスペックは、OSはWindows 11 HomeかProがあり、Wi-Fi 6もしくは6EとLTE(オプション)に対応、そしてWEBカメラは高画質FHDカメラがあり、顔認証用のIRカメラもあります。

また、アウトカメラも搭載でき、こちらは500万画素と超高画質です(FHDは207万画素、HDは70~92万画素)。

13.3インチの2 in 1 PCで1.32㎏と軽く、最大約21時間のバッテリー駆動時間があるので持ち運びがしやすいです。

本体収納型ペンもあり、ペンを失くしにくく、いつでも使えるので便利ですね。

 

 

公式サイト

 

2023年のトレンドと比較

2023年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

13世代 DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
Wi-Fi 6 sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
Thunderbolt 4 生体認証 重量1.3㎏前後 バッテリー14時間以上

執筆時現在1モデルしか販売されておらず、そのモデルはすべての項目をデフォルトで満たしています。ただし、これから販売されるモデルは、カスタマイズからアップグレードをして上記を満たすかもしれません

 

 

旧モデルとの比較

旧モデルのThinkPad L13 Yoga Gen 3 Intelとの比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Gen 3
CPU Core i5-1335U/1345U
Core i7-1355U/1365U
Core i3-1215U
Core i5-1235U/1245U
Core i7-1255U/1265U
メモリ LPDDR5 32GB DDR4 32GB
ストレージ SSD PCIe 4.0 1TB
ディスプレイ WUXGA IPS液晶 光沢なし
無線 Wi-Fi 6/6E、4G LTE
バッテリー 21時間 13時間
重量 1.32㎏
寸法 305 × 218 × 17.1㎜

主な変更点はです。

・CPUが第13世代に
・メモリがLPDDR5に
・バッテリー駆動時間が8時間伸びた

同じ筐体を使用しており、CPUとメモリが変わっただけですね。

こちらは、プロセッサーの性能を表すCPU Markスコアです。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i5-1335U  17460
Core i5-1345U  16802
Core i7-1355U  15711
Core i7-1365U  14982
Core i7-1265U  12334
Core i5-1245U  11934

 

ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intelの特徴

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 右斜め前から

画面アスペクト比が16:10と縦に長く、一般的な13.3型よりも大きなディスプレイですが、ベゼル(画面の黒い枠)もそこそこ細く、コンパクトな筐体です。

本機の寸法は

・幅305㎜
・奥行き218㎜
・高さ17.1㎜

になり、A4サイズ(210㎜×297㎜)とほぼ同じ大きさですね。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 左側面インターフェイス

高さ(厚さ)は17.1㎜と薄く、重量は1.32㎏と13.3インチでは標準的な重さですが、通常2 in 1 PCって重くなりがちなので、軽い方だと思います。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 横

写真左下にある小さな赤いマークがあるところには内蔵ペンを収納でき、充電もできます。本体収納型なので、ペンをなくすことも少ないと思います。また、ペンは4096段階の筆圧を検知するので、メモ取りなどに向いています。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 天板

天板はアルミニウムを採用しており、耐久性も高く高級感もあります。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 底面

底面カバーは強化繊維プラスチックを使用し、幅広い通気孔があります。エアフローが良さそうですね。

 

 

2 in 1 PC

2 in 1 PCとはヒンジが360度回転し、形状を変えることができるパソコンになります。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel テントモード

<テントモード>

テントモードはソファやベッドの上に寝転がって使うとき、底面の吸気口をふさがないので、筐体が熱くなりにくいです。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel スタンドモード

<スタンドモード>

キーボードが邪魔な時や、画面をもっと近づけたいとき、ペンを使う時はスタンドモードにすると使いやすいです。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel タブレットモード

<タブレットモード>

タブレットの様にもできるので、パソコンの状態じゃ使いにくい時に役に立ちます。重さが1.32㎏なので、片手で持ってペンを使うのは難しいです。

 

 

MILスペック

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 後ろから

本機はMIL規格と言う12項目の米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、ディスプレイ部の耐久性など様々なテストもクリアしています。他にも、200の項目の品質チェックをしており、安心して使える機種です。

 

 

高画質1080p Webカメラ搭載可能

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 正面

Webカメラは高画質のFHD 1080pが選べ、FHD画質は顔認証のIRカメラ付きもあります。また、プライバシーシャッターもあるので、カメラが必要ない時は閉じておくことができます。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intelのカメラ

顔認証のIRカメラモデルはWebカメラとのハイブリットで、独立している(カメラは1つです)わけじゃありません。

今まで見てきた中で、ハイブリットカメラは画質がちょっと落ちるものもあるので、画質にこだわる人はWebカメラのみを選んだほうが良いです。ちょっとくらい画質が落ちても気にしないというのであれば、IRカメラ搭載が良いと思います。

 

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intelのセカンドカメラ

また、500万画素のアウトカメラを搭載することもできます。タブレット型PCではアウトカメラはついていますが、2 in 1 PCでは珍しいですね。

そして、遠距離マイクが2つと、2Wのスピーカーが2つ搭載しており、オンライン会議なども普通にできます。

 

 

キーボード

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel キーボード

キーボードはフルサイズの88キーで、すべての主要キーは同じ大きさなので、タイピングもしやすいと思います。

ThinkPadのキーボードはUSキーか日本語キー、そしてバックライトの有無をカスタマイズできるのですが、必ずバックライト付きを購入した方が良いです。

バックライト無しのキーボードはプラスチック感が強く、打鍵感も下がり、ThinkPadのキーボードを知っている人だったら、かなり落ち込みます。

 

 

CPU

Core i5-1335U Core i7-1355U
コア(P/Eコア) 10(2/8) 10(2/8)
スレッド 12
Pコアクロック 1.3GHz 1.7GHz
Pコア最大クロック 4.6GHz 5.0GHz
Eコアクロック 0.9GHz 1.2GHz
Eコア最大クロック 3.4GHz 3.7GHz
L3キャッシュ 12MB 12MB
GPU 80EU 96EU
ベース/マックスパワー 15/55W

こちらはvPro対応CPUで、企業で多くのPCを一括管理をする場合は、こちらを選んだほうがシステムの方の作業が大幅に減ります。

i7-1365U i5-1345U
コア(P/Eコア) 10(2/8)
スレッド 12
Pコアクロック 1.8GHz 1.3GHz
Pコア最大クロック 5.2GHz 4.6GHz
Eコアクロック 1.3GHz 0.9GHz
Eコア最大クロック 3.9GHz 3.4GHz
L3キャッシュ 12MB
GPU 96EU 80EU
ベース/マックスパワー 15/55W

CPUはPコア(Performance Core)とEコア(Efficient Core)の2つを搭載しており、高負荷な作業はPコアで処理を、低負荷な事はEコアで処理することによって、パワフルでも省電力性を兼ね揃えたCPUになっています。

また、Intel Thread Directorというハードコアが、命令をより効率よくPコアとEコアに割り当てて実行できるので、性能もかなり上がっています。

こちらは、CPUの性能を測るCPU Markスコアです。

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 15000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 18000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

Core i7-1360P  21549
Core i5-1350P  20032
Core i5-1340P  20197
Core i7-1260P  18771
Core i5-1240P  17664
Core i5-1335U  17460
Core i5-1345U  16802
Core i7-1355U  15711
Core i7-1365U  14982
Core i3-1315U  13755
Core i7-1265U  13126
Core i7-1255U  13251
Core i5-1245U  13130
Core i5-1235U  13039

当サイトでは、ビジネス用途で快適に使うにはスコア1万以上を推奨していますが、どのCPUを選んでも困ることはないと思います。

 

Cinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアシングルコア

マルチコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-13900H  18874
Core i7-13700H  16201
Core i5-13500H  11782
Core i5-13420H  9948
Core i7-1355U  9033
Core i7-1360P  8262
Core i5-1335U  6639
Core i5-1235U  5545
Core i5-1340P  5251

シングルコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1355U  2551
Core i9-13900H  2039
Core i5-13500H  1770
Core i7-1360P  1738
Core i7-13700H  1704
Core i5-1335U  1698
Core i5-13420H  1661
Core i5-1340P  1532
Core i5-1235U  1472

 

 

グラフィックス

グラフィック性能が高いと、Officeを使った作業や複数画面での作業などがしやすくなります。

3D Graphics Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 PRO 6850U  5663
Ryzen 7 7735U  5098
Ryzen 5 7535U  3782
Ryzen 5 PRO 6650U  3526
Core i9-13900H  3501
Core i7-1260P  3263
Core i7-1360P  3085
Core i7-1355U  2981
Core i5-1335U  2686
Core i5-1340P  2542
Ryzen 7 7730U  2432
Core i5-1240P  2326
Core i5-1235U  2319
Core i3-1215U  2258
Ryzen 7 5700U  2251
Ryzen 5 5625U  2021
Ryzen 3 5425U  1859

 

 

ディスプレイ

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel ディスプレイ

執筆時現在ディスプレイは1種類でWUXGA(1920×1200ドット)IPS液晶、sRGB 100%、300ニト、そしてマルチタッチパネルで反射防止/汚れ防止になります。

 

こちらは左がNTSC 45%で、右がsRGB 100%ですが全然色が違いますね。企業のSNS用画像編集などをする人にも合います。

輝度は300ニトですが、明るい屋外では見にくいと思うこともあるかもしれません。

そして、画面アスペクト比は従来の16:9じゃなく縦に長い16:10になっています。

左が16:10の13.3インチで、右が16:9の14インチですが、13.3インチの方がより多くの情報を表示できています。なので、今まで13.3インチは「見にくいからな~」と敬遠していた人も、問題なく使えます。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリはLPDDR5-6400MHzで、最大32GBになります。ただし、執筆時現在確認できたのは最大16GBです。

動作周波数が高く処理速度も速いので、サクサクです。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージは最新のSSD PCIe 4.0が搭載で、最大1TBになります。データ転送速度が速く、パソコンの起動も10秒ちょっとと快適です。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

セキュリティ

Lenovoのセキュリティ

ThinkPadは、全方位から備えるサイバーセキュリティのThinkShieldによって守られており、堅牢性が高い機種になっています。

セキュリティソフトをお考えの場合は「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

 

 

Wi-Fi 6/6Eに対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6か6Eが搭載でき、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

 

 

LTE

執筆時現在LTEモデルは販売されていないですが、WWANはFibocom L860-GL-16, 4Gを搭載でき、速度はダウンロード最大1Gbps、アップロード最大75Mbpsになります。アップロードは普通の速さですが、ダウンロードは速いですね 。

LTE用の格安SIMなら大手のIIJmioか、楽天最強プランがおすすめです。筆者はIIJmioでドコモ回線20GB/月 約2000円と、楽天最強プランを契約していますが、月に20GB以上使うのであれば楽天がお得です。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは4セル・46Whrで、最大バッテリー駆動時間は約21時間になります。かなり長いので、多くの人は丸一日安心して使えます。

 

 

インターフェイス

インターフェイスは、困ることはない程度にあります。Thunderbolt 4もあるので屋内で使うことが多い人は、ドックがあると便利です。Lenovoでは多くのハブやドックを販売しているので、こちらも併せてどうぞ。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 右側面インターフェイス

右側面にはペン収納場所、HDMI、USB 3.2 Gen 1、USB 3.2 Gen 2 Type-C、そしてセキュリティホールになります。

 

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 4 Intel 左側面インターフェイス

左側面はSIMカードトレー(搭載モデルのみ)、Thunderbolt 4、USB 3.2 Gen 1、そしてマイク/ヘッドフォンジャックになり、Thunderbolt 4にはこういった機能・性能があります。

  • Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き
  • 最大データ転送速度40GB/秒が2mのケーブルでも出る(以前は0.8mまで)
  • PCIeの転送速度は32GB、ストレージ転送速度は最大3000Mbps
  • 4Kディスプレイ2台同時に出力可能
  • 8K出力にも対応

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長5年まで延長できます。また、プレミアサポートと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

また、保証は引き取り修理とオンサイト修理、翌営業日オンサイト修理の3種類があります。

  1. 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。
  2. オンサイト修理・・・事務所や自宅にエンジニアが来て修理
  3. 翌営業日オンサイト修理・・・翌営業日(土日祝日以外)にエンジニアが来て修理

ただし、執筆時現在販売されているモデルは「1年間のプレミアサポート」になっており、翌営業日オンサイト修理保証も付いています。

 

 

ライバル機種

紹介している機種はどちらも完全な上位モデルですが、同じ価格帯です。

 

ThinkPad X1 Yoga Gen 8

Lenovo ThinkPad X1 Yoga Gen 8のレビュー 第13世代インテルCPU搭載ハイエンド2 in 1 PC13世代インテルCPU搭載で、ハイエンド中のハイエンド2 in 1 PCになります。CPUやメモリ性能だけでなく、筐体の素材やカメラ、マイクなど全体的に高品質です。付属のペンは筐体内部に収容箇所があり、失くすことも少ないと思います。

CPU Core i5-1335U/1345U
Core i7-1355U/1365U
Core i5-1340p
Core i7-1370P
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS 光沢なし
WQUXGA OLED 反射防止
OS Windows 11 Home/ Pro
Windows 11 Pro(Windows 10へのダウングレード権行使)
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE/5G
生体認証 顔認証、指紋センサー
WEBカメラ FHD 1080p
重さ 1.38㎏~
バッテリー 最大約27.7時間
価格 22.9万円~

レビュー

 

ThinkPad X13 Yoga Gen 4

Lenovo ThinkPad X13 Yoga Gen 4のレビュー13世代CPU搭載で、メモリやストレージも最新、そして基本性能が高い2 in 1 PCになります。Wi-Fi 6EにLTEにも対応、WEBカメラも高画質です。ThinkPad Pen Proが付属しており、筐体に収納できるので失くす心配もありません

CPU Core i5-1335U/1345U
Core i7-1355U/1365U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ FHD、500万画素
寸法(幅×奥行×高さ) 301.7 × 214.6 × 16.4mm
重さ 1.21㎏~
バッテリー 最大約22.6時間
付属 Lenovo内蔵ペン
価格 21.7万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・小型軽量で持ち運びがしやすい
・最新スペック満載
・2 in 1 PCでどこででも使いやすい
・画面比が16:10で、13.3型でも14型以上の情報が表示される
・バッテリー駆動時間が長め
・本体収納型ペン付属で、失くしにくい
・Thunderbolt 4搭載

 

残念な点

・特になし

 

総合評価

13.3インチの2 in 1 PCで重さも標準的、スペックは高め、そしてバッテリー駆動時間が長いので、外出先でもガッツリ作業ができます。

内蔵ペンがあるのでペンをなくしにくいし、いつでも使いやすいと思います。どこに置いたっけ?って探すこともなくなりますね。

全体的に申し分ない機種で、特に不満になるような点もないと思います。

 

 

公式サイト