Lenovo Legion 5i Gen 9 16型インテルのレビュー 14世代CPU+RTX 40シリーズ搭載

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

本機は久しぶりのLegion 5シリーズです。Legion 5シリーズは2022年に販売されたLegion 570iが最後で、2023年は新しいモデルが出ませんでした。

現在LegionではSlimモデルとProモデル、そしてその中間の無印モデル?(正確に言えば、Legion 5iシリーズ)になります。

全体的に卒のない構成で、生体認証がない以外は特に不満もないと思います。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 4.5]
コスパ [usr 4.3]
総合評価 [usr 4.4]
Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

Legion 5i Gen 9 16型(インテル)のスペック

CPU Core i5-13450HX
Core i7-14650HX
Core i7-14700HX
Core i9-14900HX
メモリ 16GB搭載(最大32GB)
ストレージ SSD 最大1TB(M.2スロット空き1つあり)
グラフィックス RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 165Hz/240Hz
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6E、1ギガビットイーサネット
生体認証
WEBカメラ FHD
オーディオ Nahimicオーディオ
寸法(幅×奥行×高さ) 359.7 × 262.3 × 19.7~25.2mm
重さ 約2.3㎏
カラー ルナグレー
バッテリー(JEITA 3.0)
電源
最大約5.1時間
230W
標準保証 1年間(Legion Ultimate Supportもあり)
価格 15.3万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUはインテル第13世代と14世代が搭載で。 4種類のハイパフォーマンスモデルから選べます。一番性能が低いCore i5-13450HXでも約2.4万のCPU Markスコアがあるので、どれも高い性能です。

メモリはDDR5-4800MHzが搭載で、最大32GB(16GB×2)になります。処理速度も速く、最大容量も大きいので、安心してゲームをプレイできます。ただし、16GBメモリは8GB×2枚と16GB×1枚の2種類があるので、ご注意を。

ストレージも最新のSSD PCIe 4.0が搭載で、最大1TBを搭載できます。また。M.2スロット(Type-2242)が一つ空いており、増設も可能です。

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、 16インチの本機は17インチ並みの情報が表示できます。より多くのものが見え、細かい部分まで見えるのでゲームを有利に進めることができます。

解像度は2.5KのWQXGAで、視野角が広いIPS液晶が搭載です。リフレッシュレートは165Hzか240Hzと高く、ぬるぬるプレイできます。

色域も広いsRGB 100%で、ゲームだけじゃなく画像編集をするクリエイターにも向いています。一般的なゲーミングPCと違い、輝度は350ニトか500ニトと高いので、屋外で作業をするクリエイターも安心です。

グラフィックボードはミドルクラスのRTX 4050、ミドルハイエンドの4060、そしてぎりぎりハイエンドと呼んでよいRTX 4070になります。先日RTX 4050搭載の兄弟モデルをレビューしましたが、いろんなゲームができます。

通信はWi-Fi 6Eと1ギガビットイーサネット搭載で、無線でも有線でも安定した高速通信が可能です。また、オーディオはゲームサウンドに定評があるNahimicオーディオに最適化され、スピーカーは2Wが2つ搭載です。

電源は230Wで、4セル80Whrのバッテリーが搭載し、JEITA 3.0で最大5.1時間の動画再生時間があります。ちょっとした気分転換にリビングやベランダに出てプレイするときも、短時間であればプレイできますね。

インターフェイスも豊富にあり、左右背面に分散しているのでケーブルの抜き差しがしやすい反面、デスク上が散らかりやすいです。

 

 

公式サイト

 

旧モデルとの比較

先述しましたが、旧モデルは2022年発売のLegion 570iになると思います。いつもであれば毎年新しいモデルが出るので詳細を比較しますが、2年前の機種であまり比較対象にならないので、今回は省略します。

 

 

最新・最高峰のインテル14世代CPU搭載

Core i5-13450HX
Pコア 6
Eコア 4
スレッド 16
キャッシュ 36MB
インテルThermal Velocity Boost
インテルターボブーストMax3.0
Pコア最大周波数 4.6GHz
Eコア最大周波数 3.4GHz
GPU実行ユニット 16EU
ベースパワー 55W
マックスパワー 157W

 

Core i7-14650HX Core i7-14700HX Core i9-14900HX
Pコア 8 8 8
Eコア 8 12 16
スレッド 24 28 32
キャッシュ 30MB 33MB 36MB
インテルThermal Velocity Boost 5.2GHz 5.5GHz 5.8GHz
インテルターボブーストMax3.0 5.1GHz 5.4GHz 5.7GHz
Pコア最大周波数 5.2GHz 5.5GHz 5.8GHz
Pコア基本周波数 2.2GHz 2.1GHz 2.2GHz
Eコア最大/基本周波数 3.7/1.6GHz 3.9/1.5GHz 4.1/2.2GHz
GPU実行ユニット 16EU 32EU 32EU
ベースパワー 55W 55W 55W
マックスパワー 157W 157W 157W

なぜだか13世代もありますが、14世代CPUも搭載しています。14世代のCore i5-14450HXは品薄だったのでしょうか?

それはさておき、CPUはPコア(Performance Core)とEコア(Efficient Core)の2つを搭載しており、高負荷な作業はPコアで処理を、低負荷な事はEコアで処理することによって、パワフルでも省電力性を兼ね揃えたCPUになっています。

また、Intel Thread Directorというハードコアが、命令をより効率よくPコアとEコアに割り当てて実行できるので、性能もかなり上がっています。

また、ターボブーストMax3.0対応で,プロセッサーの中の最もパフォーマンスの高いコアを識別し、電力と熱のヘッドルームを利用して、必要に応じてそれらのコアの周波数をあげることにより更なるパフォーマンスを提供します。

インテル Thermal Velocity Boostは、プロセッサーが最高温度未満で動作し、かつターボ機能に割り当てられる電力がある場合に、シングルコアとマルチコアのインテル ターボ・ブースト・テクノロジーの動作周波数以上に、プロセッサーのクロック周波数を自動的に上昇させる機能です。

ただし、搭載CPUは14世代ですがCore Ultraじゃないので、AI専用コアであるNPUは搭載していません。

こちらはCPUの性能を測るCPU markスコアです。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 15000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 18000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-14900HX  47409
Core i9-13900HX  46415
Core i7-14700HX  36261
Core i7-14650HX  39432
Core i9-12900HX  33727
Core i7-1370P  25032
Core i5-13650HX  24895
Core i7-1360P  21323
Core i5-1350P  20032
Core i7-1260P  18691
Core i5-1340P  17878
Core i5-1240P  17318

 

Cinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

その他のCPUとの比較です。Core i9はぶっちぎりの性能です。

マルチコアシングルコア

マルチコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-14900HX  21560
Core i9-13900H  18874
Core i7-13700H  16201
Core i5-13500H  11782
Core i5-13420H  9948
Core i7-1355U  9033
Core i7-1360P  8262
Core i7-1355U  5775
Core i5-1235U  5545
Core i5-1340P  5251

シングルコア性能

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-14900HX  2922
Core i7-1355U  2551
Core i9-13900H  2039
Core i5-13500H  1770
Core i7-1360P  1738
Core i7-13700H  1704
Core i5-1335U  1698
Core i5-13420H  1661
Core i5-1340P  1532
Core i5-1235U  1472

 

 

ハイスペックディスプレイ

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 正面

ディスプレイはWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶、光沢なしで色域はsRGB 100%になります。高精細で色域も広く、ゲーム用途のみじゃなくクリエイティブワークにも使えるスペックです。また、NVIDIA G-Syncに対応し、カクツキやスタッタリングが起こりにくいです。

リフレッシュレートは165Hzか240Hzとぬるぬるで、165Hzモデルは輝度350ニト、240Hzモデルは500ニトとかなり明るいです。もし現在165Hzモニターを使用しており、プレイが伸び悩んでいたら240Hzを試してみるのも良いですが、通常であれば165Hzでもぬるぬるなのでこちらでよいと思います。

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、16インチでも17インチ並みの情報が表示されます。外出先で使うことがある人は、すごく作業がはかどりますね。

 

色域はWeb用画像編集に向いているs RGB 100%(画像左)で、一般的なPCに搭載される右のディスプレイと比べると全然色彩が違いますね。Dolby Visionに対応しており、黒飛や白潰れがしにくくなっています。

輝度は350ニト化500ニトで、こちらは輝度の目安です。

220ニト 室内ならなんとか使える。明るい室内では暗く見える
250ニト 室内向け。屋外では日陰ならギリギリ使える
300ニト 屋外の日陰でも見える
400ニト 屋外でも使いやすいが、直射日光が当たるとちょっとくらい
500ニト 屋外向け
600ニト 画面に直射日光が当たっても比較的見える

 

 

RTX 40シリーズ搭載

RTX 4070 Laptop RTX 4060 Laptop RTX 4050 Laptop
コードネーム Ada Lovelace
CUDAコア 4608基 3072基 2560基
RTコア 36基 24基 20基
Tensorコア 144基 96基 80基
ブーストクロック 2175MHz 2370MHz 2370MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ容量 8GB 8GB 6GB
メモリバス幅 128ビット 128ビット 96ビット
メモリ帯域幅 256GB/s 256GB/s 192GB/s
TGP 140W 115W 105W

RTX 40シリーズ搭載でどのGPUもレイトレ対応で、より美しい描写が可能です。また、DLSSにも対応しているので、ゲームによってはfpsを落とさずに画質をアップできます。

 

リアルタイムレイトレーシング<レイトレーシングOFF> リアルタイムレイトレーシング<レイトレーシングON>

DLSS OnとOFFの比較<DLSS ONとOFFの比較・NVIDIA公式より>

 

 

ベンチマーク

DirectX 11で動作するFire Strikeのスコアで、Fire Strike ExtremeはQHD、UltraはUHDのレンダリング解像度です。

 

Fire StrikeFire Strike ExtremeFire Strike Ultra

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  35361
RTX 4080  33106
RTX 3080 Ti  26136
RTX 4070  26024
RTX 3070 Ti  24924
RTX 4060  23768
RTX 3080  23637
RTX 3070  22431
RTX 2080S  21862
RTX 4050  19661
RTX 2070 Super  19070
RTX 3060  17853
RTX 2070  16872
RTX 2060  14004

Fire Strike Extreme

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4080  21292
RTX 4070  13479
RTX 4060  12086
RTX 4050  9873
RTX 2060  7158
RTX 3050  6598
RTX 3050 Ti  6449
GTX 1650 Ti  4465

Fire Strike Ultra

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4080  11353
RTX 4070  6716
RTX 4060  6139
RTX 4050  4640
RTX 2060  3583
RTX 3050 Ti  3293
RTX 3050  3183
GTX 1650 Ti  2111

 

Time SpyはゲーミングPC向けDirectX 12のベンチマークです。

Time SpyTime Spy Extreme

Time Spy

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  20269
RTX 4080  18091
RTX 3080 Ti  12599
RTX 4070  12310
RTX 3080  11510
RTX 3070 Ti  11427
RTX 4060  10653
RTX 3070  10260
RTX 2080S  10096
RTX 4050  8551
RTX 2070 Super  8328
RTX 3060  8323
RTX 3050 Ti  5518

Time Spy Extreme

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4080  9145
RTX 4070  5726
RTX 4060  5050
RTX 4050  3891
RTX 3050 Ti  2620

 

Port Royalは、リアルタイムレイトレーシングのベンチマークです

Port Royal

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  13882
RTX 4080  11814
RTX 4070  7210
RTX 4060  5843
RTX 4050  4617
RTX 3050  3187

 

 

ゲームのベンチマーク

スコアの単位はfps(1秒間に更新されるコマ数)で、60以上が「快適」にプレイできる目安です。スペックや状況により数値は変動するので、参考値として見てください。

基本的にどのグラボでもFHDでのプレイになり、RTX 4060であれば最高画質でのプレイが、RTX 4070であればQHD解像度でのプレイが視野に入ります。

以下のスコアは変動するので、参考程度に見てください。

RTX 4070RTX 4060RTX 4050

RTX 4070ゲームベンチマーク

青・・・FHD最高画質 赤・・・QHD

Watch Dogs Legion  89
 64
Horizon Zero Dawn  126
 98
Red Dead Redemption 2  88
 52
Assassin’s Creed Odyssey  60
 49
Monster Hunter World  88
 58
Far Cry New Dawn  94
 83
Cyberpunk 2077  88
 54
Apex Legends  135
 106

RTX 4060 ゲームベンチマーク

青・・・FHD高画質 赤・・・FHD最高画質

Watch Dogs Legion  84
 65
Horizon Zero Dawn  95
 108
Red Dead Redemption 2  65
 43
Assassin’s Creed Odyssey  77
 60
Monster Hunter World  98
 85
Far Cry New Dawn  98
 90
Cyberpunk 2077  68
 74
Apex Legends  127
 128
Fotnite  145
 121

RTX 4050 ゲームベンチマーク

青・・・FHD高画質 赤・・・FHD最高画質

Watch Dogs Legion  105
 49
Horizon Zero Dawn  114
 94
Red Dead Redemption 2  63
 37
Assassin’s Creed Odyssey  70
 55
Monster Hunter World  90
 71
Far Cry New Dawn  94
 82
Cyberpunk 2077  72
 65
Apex Legends  122
 115
Fotnite  132
 117

 

 

Legion Coldfront Hyper採用

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 左斜め前から

今まではLegion Coldfront 5.0という冷却システムを採用していましたが、本機はLegion Coldfront Hyperと進化したものになっています。

Legion ColdFront Hyper は、ゲーミングPCの熱設計に新たな基準を打ち立てました。ゲーマー向けに設計された放熱システムは、ファンが内側に回転し、連動して背面から熱風を効率的に排出します。サイドの通気口付近でマウスを使用しているときに熱風が手に吹きかかることはありません。また、専用の密閉型ハイパーチャンバーが熱を封じ込めるため、システムは最適な温度を維持し、さらに10W増しの電力を供給し、ノイズレベルを2dB下げ、温度を下げることができます。

特にインテルCPUはどんどんW数が上がっているし発熱も大きいので、ゲーミング各社は冷却技術がどんどん進化していますね。

 

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 底面

底面の通気孔は、かなり大きめです。

 

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 背面

背面にある排気口も大きいですね。一般的にゲーミングPCは側面にも排気口がありますが、本機はありません。まぁ、あれってマウス使ってるとあったかい風が当たって嫌なんで、個人的にはない方がいいですね。

また、Lenovo LA1 AIチップを搭載しており、CPUとGPU間でパワーを動的に配分するセンサーを備え、パフォーマンスを最適化しファンノイズを最小限に抑えます。

 

 

その他の特徴

 

Lenovo Vantage

Lenovo Vantage

Lenovo Vantageでサーマルモードを、最も高い性能が出る「パフォーマンス」、ミドル性能の「バランス」、そして一番低い性能の「静音」に設定でき、GPUクロックアップやOver drive、AIパフォーマンスチューニングなどにより、快適にゲームができます。

ゲームをしながら他のこともする人は、ネットワークブーストを有効にしておくと、ゲームが優先になり速度が最大になります。

ちなみに、デフォルトでは、電源を繋いでいたら「パフォーマンスモード」になっています。

 

 

外観

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 右斜め前から

ベゼル(画面の黒い枠)がすごく細く、下ベゼルなんてほとんどないですね。すごくスリムです。

寸法もコンパクトで、

・幅 359.7㎜
・奥行 262.3㎜
・高さ 19.7~25.2㎜

となっています。

 

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 背面

ただし、ゲーミングPCは筐体背面が出っ張っているので、奥行きはちょっと大きめです。重量は2.3㎏と、このスペックでは普通くらいだと思います。

 

Lenovo Legi Gen 9 16型 インテル ディスプレイを180度開いた状態

ディスプレイは180°開くことができ、画面をシェアするようなことがある人には使いやすいです。

 

 

キーボード

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル キーボード

キーボードはLegion Truestrikeゲーミングキーボードで、84キー、4 Zone RGBライト付きになります。

Legion Truestrikeは、ソフトランディングスイッチがあり、打鍵感が良く入力がしやすいです。(パンタグラフ内にあるラバードームの形状を変え、深いキーストロークがあるような感触が得られる仕様です)。

主要キーは同じ大きさ、矢印キーも大きく、そして下に飛び出しているので、ミスタイプも少ないと思います。

タッチパッドは75×120㎜と大きく操作もしやすいので、ゲーム以外の時にも使いやすいです。

 

 

Webカメラ周り

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 左斜め前から

Webカメラは高画質FHD 1080pで、電子式プライバシーシャッターに対応です(スイッチは右側面にあり)。

一般的なノートパソコンに搭載されるHD 720pと比較したら、毛並みが見えるくらい画質が上がっています。

オーディオはゲームに合うと定評のあるNahimicオーディオで、2Wスピーカーが2つになります。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリはDDR5-4800MHzで、最大32GBになります。メモリスロットが2つあり、最大32GBまで対応しているので、自信のある方は自分で増設してもいいと思います。

 

Memory Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

DDR5-5200MHz  3335
DDR5-4800MHz平均  2774
LPDDR4-4266MHz平均  2735
LPDDR5平均  2703
DDR4-3200MHz平均  2151

 

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

搭載ストレージはSSD PCIe 4.0×4で、公式サイトでは最大1TBにできます。PCIe 4.0に対応したM.2スロットType-2242が一つあるので、こちら自を分で増設できます。

ここ最近SSDの価格が下がっているので、安く大容量にできますね。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

Wi-Fi 6Eと1ギガビットイーサネット搭載

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6Eに対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

有線は1ギガビットイーサネット搭載です。

 

バッテリー

バッテリーは4セル80Whrと大容量で、最大バッテリー駆動時間はJEITA 3.0の動画再生時で約5.1時間になります。ゲームをするとこんなに持ちませんが、気分転換などでリビングなどの別室でちょっとやる分には問題ないですね。

 

 

インターフェイス

Thunderbolt 4はありませんが、豊富なインターフェイスで困ることはないと思います。4つあるUSB-Aのデータ転送速度は5Gbps、2つのUSB Type-Cは10Gbps(DisplayPort映像出力機能、うち1つは140WのPDに対応)になります。

 

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 左側面インターフェイス

左側面にはUSB 3.2 Gen 1、USB 3.2 Gen 2 Type-Cが2つ(2つとも映像出力機能付き、1つはPowerdelivery対応)、マイク/ヘッドフォンジャックがあります。

 

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 右側面インターフェイス

右側面はUSB-Aが2つ、microSDカードリーダー、電子式プライバシーシャッターのボタン、そしてRJ45になります。

 

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテル 背面インターフェイス

背面にはHDMI、電源コネクタ、そしてUSB-Aです。

据え置き用だとケーブルが散らかりそうですが、持ち運びをする場合はポートが左右にもあるので使いやすいですね。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。

引き取り修理とは、家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

Lenovo Legionのサポート

また、カスタマイズモデル以外には標準で、「ゲーミングに特化した24時間サポート・Legion Ultimate Support」が付いています。このサポートの特徴は、パソコンの不具合の対処法や使い方の事だけじゃなく、最新ゲームの推奨環境やゲームを快適にプレイする上での知識・どうやったら勝てるかなども提供しています。

しかも、スタッフはゲームに精通した熟練プレイヤーなので、専門用語(ゲーム用語)やコミュニティ用語での会話が可能です!

このサポートのおかげで、初心者でも気軽にゲーミングPCデビューできるようになりましたね。

カスタマイズモデルを購入の際は、Ultimate Supportを追加できます。

 

 

まとめ

良い点

・コンパクトな筐体
・最新スペック満載
・画面比が16:10で、16型でも17型並みの情報が表示される
・2.5Kと高精細で、リフレッシュレートが高い
・メモリとSSDの増設が可能
・WebカメラがFHD解像度
・ColdFront Hyper冷却機構で排熱性能がアップ

 

残念な点

・生体認証がない

 

総合評価

ミドル~ハイエンドクラスのスペックで、最新スペックが満載です。ディスプレイも高品質で、最大240Hzとぬるぬるです。ColdFront Hyperのおかげで電力が増し、温度と騒音値も下がったので今まで以上に使いやすいです。

それでいて15.3万円から(この場合は13世代CPU搭載)と比較的安く、今使っているゲーミングPCからステップアップしたい人に向いています。また、LenovoはVantageがあるので設定が簡単にできるのも魅力ですね。

ディスプレイが高精細で高色域のsRGB 100%なので、クリエイティブワークにも向いています。

 

 

公式サイト