Lenovo IdeaPad Gaming 360i(15.6型 第11世代インテル)のレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

2022年8月に量販店向けモデルとしてリリースされた本機は、スペックから見ると2021年に発売したかったのかな?と思う仕様になっています。

兄弟モデルのIdeaPad Gaming 360 AMDは2021年に発売されており、本機は1年遅れでリリースされたようです。

スペックはローエンドで、軽めのゲームをプレイする人に向いています。

当サイトの評価は、低めになりました。昨年であればもうちょっと高かったと思いますが、今見ると型落ちになったためです。

スペック [usr 3.8]
コスパ [usr 3.2]
総合評価 [usr 3.5]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

IdeaPad Gaming 360iのスペック

CPU Core i5-11320H
Core i7-11390H
メモリ 16GB
ストレージ SSD+HDD/SSD×2
グラフィックス GTX 1650
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 120Hz
OS Windows 11 Home
LAN Wi-Fi 6
100BASE-TX/1000BASE-T
オーディオ Nahimic
生体認証 なし
WEBカメラ HD 720p
寸法(幅×奥行×高さ) 359.6 × 251.9 × 24.2㎜
重さ 2.25㎏
バッテリー 最大約9時間
標準保証 1年間
価格 15.1万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは、第11世代のHシリーズ(ハイパフォーマンスモデル)が搭載で、CPU Markスコアは1万ほどになります。そこそこ高い性能ですが、発熱の影響か、通常のUシリーズと同じくらいのスコアになっています。

メモリはDDR4-3200MHzが搭載で、メモリスロット2つ・16GBが搭載です。ストレージは高速データ転送速度があるM.2 SSDが搭載で、2.5インチHDDか、もう1枚SSDを増設できます。

増設した場合は保証が外れるので、自信がある方はやってみてください。

グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX 1650で、ベストセラーと呼んでよいほど息が長いGPUですね。もう古いですが、いまだに多くの機種に搭載されています。スペック的にはローエンドで、軽いゲームや3DCADなどができます。

ディスプレイはFHD IPSと一般的なもので、輝度は250ニトと低めです。暗い室内で使うには十分ですが、太陽光が入る明るい場所だと見にくいと思うことがあると思います。

また、色域はNTSC 45%になっており、クリエイティブワークには向きませんが、ゲームをプレイするには支障はないです。

通信はWi-Fi 6と、ギガビットイーサネットが搭載、オーディオはゲーミングPCで人気のNahimicオーディオで、2Wスピーカーが2つになります。

重さは約2.25㎏と重たいですが、バッテリー駆動時間はCore i5選択時は最大9時間(Core i7は7時間)と普通に使える長さなので、ちょっとした外出にも対応できます。

標準的なローエンドモデルのゲーミングノートといったスペックで、軽めのゲームをプレイする人や、初めてのゲーミングPCに合うと思います。

 

 

公式サイト

楽天

 

2022年のトレンドと比較

2022年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

12世代CPU DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
× × × ×
Wi-Fi 6 sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
× × ×
Thunderbolt 4 生体認証
× ×

まぁ、2021年に出るはずだったので、上記の結果は当然ですね。ちなみにストレージはSSD+2.5インチHDDか、SSD×2枚になります。

 

新モデルとの比較

Lenovo IdeaPad Gaming 360iと370i<左/本機種・右/Gaming 370i>

通常は旧モデルからどのくらい性能が上がったのか比較するのですが、本機の場合は、最新機種とどのくらい性能差があるか比較します。

新モデルのIdeaPad Gaming 370iとの比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Gaming 370i
CPU Core i5-11320H
Core i7-11390H
Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ DDR4 16GB DDR4 16GB
ストレージ SSD+HDD SSD×2
GPU GTX 1650 RTX 3050
RTX 3050 Ti
RTX 3060
ディスプレイ 15.6型 FHD IPS 120Hz
画面比16:9
16型 WUXGA IPS 165Hz
画面比16:10
無線 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6
バッテリー 9時間 11時間
重量 2.25㎏ 2.6㎏
価格 15.1万円~ 14.2万円~

両機種の違いです。

・本機は11世代CPUで、新モデルは12世代
・新モデルはSSD2枚搭載可能で、最新のPCIe 4.0あり
・新モデルは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、16インチなので、17インチ並みの情報が表示される
・新モデルは350ニト、sRGB 100%(本機は250ニト、NTSC 45%)
・新モデルは最新のRTX 30シリーズ搭載(本機はGTX 1650)

スペックだけを見ると新モデルの方が断然高く、そして機能的で、しかも低価格です。ただし、本機の良い点として、家電量販店で販売されているので、実機を触って試すことができます。新モデルは公式サイトでの販売です。

なので、どうしても実機を触ってから購入したい人は、本機がおすすめです。

プロセッサーとグラフィック性能を表すCPU markスコアと、Fire Strikeのスコアです。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-12700H  27754
Core i5-12500H  23156
Core i5-11320H  10993
Core i7-11390H  10483

 

DirectX 11で動作するFire Strikeのスコアです

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 3060  17853
RTX 3050 Ti  11768
RTX 3050  10718
GTX 1650  8033

 

性能差は、かなりありますね。

 

IdeaPad Gaming 360iの特徴

Lenovo IdeaPad Gaming 360i 左斜め前から

上ベゼルが特徴的な形をしており、The Gaming PCといった外観ですね。

ベゼル(画面の黒い枠)も太くなく、おしゃれです。

 

Lenovo IdeaPad Gaming 360i 横から

寸法は一般的なゲーミングPCのサイズで、

・幅 359.6㎜
・奥行 251.9㎜
・高さ 24.2㎜

と、ゲーミングPCなので分厚いですね。筐体が大きいと熱がこもりにくくなるので、これはOKだと思います。

 

Lenovo IdeaPad Gaming 360i 背面

シンプルな天板で、筐体は樹脂素材を使用しています。

 

Lenovo IdeaPad Gaming 360i 底面カバー

大きな通気孔があり、エアフローも良さそうですね。

 

Lenovo IdeaPad Gaming 360i 筐体内部

大口径ファン2つ搭載で、4方向排気、そして3つのヒートパイプが採用されており、従来モデルよりも冷却機能が強化されているそうです。

 

Lenovo IdeaPad Gaming 360i 右斜め前から

オーディオは多くのゲーミングPCに採用されるNahimicオーディオで、ゲームの音響ならNahimicというくらい人気ですね。

スピーカーは2W×2と標準的なので、音を楽しむのであれば、専用ヘッドフォンの購入をお勧めします。

 

 

キーボード

Lenovo IdeaPad Gaming 360i キーボード

キーボードは日本語・84キーで、ホワイトバックライト、テンキー付きになります。

タッチパッドは120㎜×70㎜とそこそこの大きさですが、ゲーミングマウスを使うと思うので、そんなに出番はないと思います。

また、キーボードは主要キーは同じ大きさで、カーソルキーも大きいですね。操作しやすいと思います。

 

CPU

 

Core i5-11300H Core i7-11370H
開発コード Tiger Lake
アーキテクチャ 10nm SuperFin
コア/スレッド 4/8
グラフィックス Iris Xe
基本クロック 3.1GHz 3.3GHz
ブーストクロック 4.4GHz 4.8GHz
キャッシュ 8MB 12MB
TDP 35W

プロセッサーはインテル第11世代CPUで、ハイパフォーマンスモデルのHシリーズが搭載です。ただし、こちらは省電力モデルのHシリーズになり、一般的なゲーミングPCに搭載されるHシリーズは45Wと高めのTDPです。

 

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCなど専門的な機種に搭載されることが多い

↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i5-12500H  23156
Core i5-11320H  10993
Core i7-1165G7  10620
Core i7-11390H  10483
Core i5-1135G7  10098
Core i7-1065G7  9063
Core i5-1035G1  8010

一番上のCore i5-12500Hはインテル第12世代CPUで、その他は11世代と10世代CPUを比較のために入れています。

本機搭載CPUは悪くないですが、現行販売されている12世代と比較すると見劣りします。

こちらはCinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアは6000ほどで高性能、8000以上でかなり高性能、シングルコアは1500以上でかなり高性能になります。

Cinebench R23スコア

オレンジ色・・・マルチコア 青・・・シングルコア

Core i7-11800H  12180
 1492
Core i5-11500H  9532
 1492
Core i7-1165G7  6070
 1504
Core i5-1135G7  5913
 1343
Core i7-11370H  5812
 1517
Core i5-11300H  5349
 1394
Core i7-10510U  3271
 1102

悪くないですが、そこまで高くない性能です。

 

グラフィックス

GTX 1650 mobile
アーキテクチャ Turing
プロセス 12nm
CUDAコア 896基
RTコア
Tensorコア
ブースト周波数 1560MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリインターフェース幅 128bit
メモリ容量 4GB
TGP 50W

DirectX 11で動作するFire Strikeのスコアです

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 3080 Ti  26136
RTX 3070 Ti  24924
RTX 3080  23637
RTX 3070  22431
RTX 2080S  21862
RTX 2070 Super  19070
RTX 3060  17853
RTX 2070 Max-Q  15624
RTX 2060 Max-Q  13876
GTX 1660 Ti  13074
RTX 3050 Ti  11768
RTX 3050  10718
GTX 1650  8033

 

ゲームのベンチマーク

こちらは各ゲームのベンチマークスコアで、単位はfps(1秒間に更新されるコマ数)になります。通常、60fps以上が「快適」で、それ以下はカクツキがあったりします。(fpsはスペックや回線状況などにより大きく変わるので、参考値として見てください)

GTX 1650 ベンチマークスコア

青・・・標準 赤・・・高画質

PUBG  90
 86
World of Tanks  40
The Witcher 3:Wild Hunt  95
 55
Apex Legends  101
 74
GTA V  165
 101
Fortnite  136
 85
Rainbow Six Siege  185
Counter Strike Global Offensive  198

性能はそこまで高くないですが、画質調整をすれば快適に遊べるタイトルも多くあります。

 

 

ディスプレイ

Lenovo IdeaPad Gaming 360i ディスプレイ

解像度 光沢 液晶 輝度
FHD なし IPS 250nit
コントラスト比 色域 視野角 リフレッシュレート
800:1 NTSC 45% 170° 120Hz

ディスプレイは低価格ゲーミングPCに多いスペックで、あまり特徴はありません。

リフレッシュレートが120Hzなのは救いですね。昔は平気で60Hzのディスプレイとか多くありましたね。

自室でプレイするには、特に困ることもないと思いますが、明るいところだと見にくいと思うことがあるかもしれません。

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリはDDR4-3200MHzで、メモリスロット2つ・16GB(8GB×2)が搭載です。

十分な容量があるし、保証が外れますが増設も可能なので、問題ないと思います。

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージはSSDが搭載で、もう1つSSD、もしくは2.5インチHDDが増設できます。SSDはPCIe 3.0×4が搭載ですが、増設用のM.2はPCIe 3.0×2しか対応していないので、若干速度が落ちます。

 

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 3.0  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

通信

対応周波数 速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

また、有線は1gbe(100BASE-TX/1000BASE-T)になります。

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは3セル・45Whrで、Core i7を選んだときは最大7時間、Core i5は最大9時間になります。ゲームをしていたらここまで持ちませんが、ゲーム以外であればちょっとした外出時にも使えます。

また、電源は135Wと標準的です。

 

 

インターフェイス

Lenovo IdeaPad Gaming 360i インターフェイス

  1. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  2. USB3.0 2つ
  3. 電源コネクタ
  4. イーサネット・コネクター(RJ-45)
  5. HDMI
  6. USB3.0 Type-C

インターフェイスは最低限のポートが、最低限ついている感じです。すべてのUSBのデータ転送速度は、5Gbpsになります。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。また、Premium Careと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

  • 引き取り修理・・・家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

ただし、本機は公式サイトで販売されていないので、購入時に各店舗でご確認ください。

 

ライバル機種

ライバル機種はすべて、本機より高性能で低価格です。

 

Legion 570i

Lenovo Legion 570iマイナスポイントがない機種で、全体的に高品質になっています。通常、ここはいいけど、ここが残念と言うところがあるのですが、本機は特になしです。12世代CPUで、グラボも3機種から選べ、初心者にも、ヘビーユーザーにも合う機種です

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ DDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス RTX 3050 Ti
RTX 3060
RTX 3070
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 165Hz
WQHD IPS 165Hz
無線 Wi-Fi 6/6E、Bluetooth 5.1
Webカメラ FHD 1080p
重さ 2.4㎏
電源 230/300W
バッテリー 約8時間
価格 15.0万円~

レビュー

 

IdeaPad Gaming 370i

IdeaPad Gaming 370i低価格モデルのゲーミングPCで、Legionシリーズよりも安く、初めてのゲーミングPCとしてや、中量級ゲームをする人に合う機種です。低価格モデルとは言っても、インテル12世代Hシリーズ搭載でグラボもRTX 30シリーズと性能は高く、FHD WebカメラやWi-Fi 6など、その他のスペックも高めです

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ DDR4 16GB
ストレージ SSD 512GB
グラフィックス RTX 3050
RTX 3050 Ti
RTX 3060
ディスプレイ(16型)
アスペクト比
WUXGA IPS 光沢なし
16:10
リフレッシュレート 165Hz
OS Windows 11 Home
無線
有線
Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
ギガビットイーサネット
Webカメラ 1080p FHD
重さ 2.6㎏
バッテリー
電源
最大11時間
170/230W
価格 14.2万円~

レビュー

 

IdeaPad Gaming 370 AMD

Lenovo IdeaPad Gaming 370(AMD)Ryzen 6000シリーズ搭載でRTX 3050か3050 Tiが搭載可能の、「初めてのゲーミングPC」に向いた機種です。価格も13万円台からと比較的安いですが、全体的なスペックがまともで、欠点らしき部分がないと思います。ディスプレイはsRGB 100%と、クリエイターにも向いた品質です。

CPU Ryzen 5 6600H
Ryzen 7 6800H
メモリ DDR5 16GB
ストレージ SSD 512GB
グラフィックス RTX 3050
RTX 3050 Ti
ディスプレイ(16型)
アスペクト比
WUXGA IPS 光沢なし
16:10
リフレッシュレート 165Hz
OS Windows 11 Home
無線
有線
Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
ギガビットイーサネット
Webカメラ 1080p FHD
重さ 2.6㎏
バッテリー
電源
最大14時間
170W・3ピン
価格 13.7万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・量販店でも販売されているので、実機に触って試すことができる
・ストレージの増設が可能(ただし保証が外れます)

 

残念な点

・2021年に発売されるべきモデル

 

総合評価

本機はローエンドモデルのGTX 1650搭載で、CPUやメモリはそれ相応のものが搭載し、軽めのゲームなら高画質でもプレイできるものもありますが、画質調整うまくしながらやることになると思います。

量販店モデルって実機を触って使ってみることができる反面、人件費や家賃などの経費が上乗せされるので、価格が高くなります。また、楽天でも販売されていますが、価格はちょっと高いですね。

オンラインでの購入でも問題ないのであれば、先ほど紹介したライバル機種のレビューも読んでみてください。

 

 

公式サイト

楽天