Lenovo 13w Yoga (AMD)のレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

ぶつけたり落としたりすることが多い子供のことを考えて設計された機種で、傷のつきにくいディスプレイを使用したり、落下防止設計になっていたりと、安心して使える機種です。

スペック的にも十分高く、子供がやることであれば性能的に困ることはありません。また、2 in 1 PCでヒンジを360度回転できるので、状況に合わせていろいろなモードで使えます。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック [usr 3.9]
コスパ [usr 3.2]
総合評価 [usr 3.5]

 

Lenovoでは7/25まで激熱サマーセールを実施中で、めっちゃ安いです。

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

Lenovo 13w Yoga (AMD)のスペック

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS タッチ
OS Windows 11 Pro / Home
無線 Wi-Fi 6
生体認証 なし
WEBカメラ フロント/FHD 1080p
リア/500万画素
寸法(幅×奥行×高さ) 305×216.8×17.6㎜
重さ 1.45㎏
バッテリー 最大16.4時間
保証 1年間(片道引き取り)
付属 本体収納型Lenovo Active Pen
価格 16.5万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは、2022年発売のRyzen 5000シリーズで、旧モデルよりも最大温度が10度下がったモデルです。発熱が低いので、パソコンも熱くなりにくく、使いやすいです。

メモリはDDR4で、オンボードに4GB、メモリスロットに4GBの合計8GBが搭載です。メモリが1枚よりも高い性能なので、より快適に使えます。ストレージはデータ転送速度が速いSSD
PCIe NVMeで、256GBとなっています。児童向けなら十分すぎる容量だと思います。

ディスプレイが画面アスペクト比が16:10と縦に長く、13.3インチですが14インチ以上の情報が表示されます。より多くの情報が一度に見て取れるので、画面をスクロールする回数も減り、作業効率が高まります。

解像度はフルHD相当のWUXGAで、視野角が広いIPS液晶、そしてタブレットの様なタッチパネルです。指で操作もできるし、付属のLenovoアクティブペンで絵を描いたりもできるので、直感的に使えると思います。

その他のスペックは、Windows 11 ProかHomeがあり、無線はWi-Fi 6、Webカメラは高画質FHD 1080pです。ただし、指紋センサーなどの生体認証はありません。

13.3インチで1.45㎏と重たいので、ある程度年齢のいった子供向けになりますが、一般的なPCよりも高い品質(落下防止設計や耐水性キーボードなど)になっているので、安心して使えます。

また、バッテリー駆動時間は最大16.4時間と長く、学校で使うには十分だと思います。

本機は量販店モデルで、楽天や家電量販店で販売されています。

 

楽天

公式サイト

 

旧モデルとの比較

以前も、学童向けの機種はありましたが、本機の名称が似ている機種がなく、旧モデルと呼べるものはなさそうです。

 

 

Lenovo 13w Yoga (AMD)の特徴

Lenovo 13w Yoga (AMD) 2 in 1 PC

本機はディスプレイが360度回転する2 in 1 PCで、今いる状況にあった形状にすることができます。

デスクで使うならいつもの形状(画像左上)で、ベッドやソファに寝転がって使うならテントモード(画像右上)、電車内やメモ取り・イラスト描きをするならタブレットモード(画像左下)、画面を近づけて見たいときはスタンドモード(画像左下)など、使いやすい形に変えることができます。

また、タッチパネルなので、スマホやタブレットの様に、指やペンで操作ができます。小さな子供でも、直感で使いやすいと思います。

 

Lenovo 13w Yoga (AMD) 左斜め前から

児童向けのPCなので筐体は若干大きめで、ベゼル(画面の黒い枠)も太いです。ディスプレイやパソコン自体を守るために、ちょっと大きくなったと思います。

 

Lenovo 13w Yoga (AMD) 横から

寸法は

・幅 305㎜
・奥行 216.8㎜
・高さ 17.6㎜

で、A4用紙(210㎜×297㎜)よりも若干大きいです。

 

Lenovo 13w Yoga (AMD) 右側面

厚さは17.6㎜と薄いので、子供でもつかみやすいと思います。画像の赤い部分は、付属のLenovoアクティブペンを収納できる箇所で、収納時は充電もされます。

収納型はペンを失くしにくいので、子供にはうってつけです。

 

Lenovo 13w Yoga (AMD) スタンドモード

ヒンジ部分には排気口があり、底面に大きな通気孔があります。

 

Lenovo 13w Yoga (AMD) 背面

底面の通気孔は、がっつりとフレッシュエアーを吸い込んでくれそうですね。

素材はアルミニウムと樹脂を使用しています。

 

Webカメラ周り

Lenovo 13w Yoga (AMD) 右斜め前から

全面カメラはFHD 1080pで、一般的なPCに搭載のHD 720pに比べて高画質なので、相手に映し出される映像がきれいです。でも、子供向けでこれって必要かな?と思いますが、まぁ、映りが悪いよりも良い方が良いのかなと思います。

また、なぜだかキーボードの上に500万画素のカメラもあり、いつ使うのか分かりませんが、使う人もいるかもしれません。ちなみにこのカメラを使用したら、顔が下から映し出されるので、鼻の穴が見えたりします。

カメラを使わない場合は、セキュリティのため、プライバシーシャッターを閉じておくと安心です。

 

 

MILスペック

Lenovo 13w Yoga (AMD) テントモード

本機は「落下防止設計、耐水性キーボード、傷のつきにくいディスプレイ、強化されたポートやヒンジを備えている」とのことで、一般的なPCよりも「子供向け」の高い品質があります。

また、MIL規格と言う米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、ディスプレイ部の耐久性など様々なテストもクリアしています。

 

キーボード

Lenovo 13w Yoga (AMD) キーボード

キーボードはフルサイズ84キーで、バックライトやテンキーはありません。

タッチパッドは104㎜×60.5㎜とあまり大きくないですが、使いにくいことはないと思います。

 

CPU

Ryzen 3 5425U Ryzen 5 5625U Ryzen 7 5825U
製造プロセス 7nm
アーキテクチャ Zen 3
コア/スレッド 4/8 6/12 8/16
L3キャッシュ 8MB 16MB
GPUコア 6 7 8
基本クロック 2.7GHz 2.3GHz 2.0GHz
ブーストクロック 4.1GHz 4.3GHz 4.5GHz
TDP 15W

アーキテクチャはZen 3になっており、通常版CPUのZen 2に比べ以下の様な特徴があります。

  • コアからアクセスできるL3キャッシュが倍増(パフォーマンス向上)
  • IPCが19%向上し、電力当たりのパフォーマンスが最大24%UP
  • シングルスレッドの性能が最大23%UP
  • マルチスレッドの性能が最大108%UP
  • バッテリー効率が上がった

TDPが15Wなので上位モデルのRyzen 3 5400UやRyzen 5 5600U、そしてRyzen 7 5800Uより若干低い性能になっています。ただし、発熱がより抑えられた設計なので、使いやすさは増しています。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 5800U  19960
Ryzen 7 5825U  17572
Ryzen 7 5700U  16272
Ryzen 5 5600U  15944
Ryzen 5 5625U  15108
Ryzen 3 5400U  12110
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Ryzen 3 5300U  10092
Ryzen 3 5425U  9641
Core i3-1115G4  6546

 

グラフィックス

グラフィック性能が高いと、Officeを使った作業や複数画面での作業などがしやすくなります。

3D Graphics Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1165G7  3681
Core i7-1260P  3263
Core i5-1135G7  2898
Ryzen 7 5800U  2416
Core i5-1240P  2326
Ryzen 5 5500U  2326
Core i3-1215U  2258
Ryzen 7 5700U  2251
Core i5-1235U  2196
Ryzen 5 5600U  2101
Ryzen 5 5625U  2021
Ryzen 3 5425U  1859
Ryzen 5 4500U  1818
Ryzen 3 5400U  1734
Ryzen 3 5300U  1606

 

ディスプレイ

Lenovo 13w Yoga (AMD) 正面

解像度 光沢 液晶 輝度
WUXGA あり IPS 300nit
コントラスト比 色域 視野角 その他
800:1 NTSC 45% 170° タッチディスプレイ

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、13.3インチですが、14インチ以上の情報が表示されます。

液晶は視野角が広いIPS液晶で、タブレットやスマホと同じ光沢ありになります。

光沢なしは背景が反射しないので見やすく、光沢ありは背景が反射するので、見にくい時があります。ただし、今の子供はタブレットの光沢ありに慣れていると思うので、気にならないかもしれません。また、光沢ありは発色が良く、明るく見えます。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

メモリはDDR4-3200MHzが搭載で、オンボードに4GB、スロットに4GBの、計8GBが搭載です。仕様書によると最大12GBということなので、増設も可能です(ただし保証が外れます)。

一般的なメモリで、メモリ2枚組の8GBなので、十分な速度だと思います。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

搭載ストレージはSSDで、パソコンの起動もデータ移動も速いです。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

SSD PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

セキュリティ

Lenovoのセキュリティ

セキュリティはWindows Defenderがあり、TPMもあります。

一般的なPCのセキュリティですが、セキュリティソフトをお考えの場合は「Lenovoパソコンにおすすめのセキュリティソフト」も併せて読んでみてください。

 

 

Wi-Fi 6に対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは4セル・51Whrで、最大バッテリー駆動時間は約16.4時間(Ryzen 5モデル)か、約14.1時間(Ryzen 3モデル)になっています。

実際に使っているとここまで持ちませんが、学校で1日使う分には問題ないと思います。

 

インターフェイス

Lenovo 13w Yoga (AMD) 左側面

左側面には、USB Type-C 3.2 Gen 1(映像出力機能付き)が2つ、HDMI、そして、マイク/ヘッドフォンジャックになります。

 

Lenovo 13w Yoga (AMD) 右側面

右側面はペン収納箇所、SDカードリーダー、USB 3.2 Gen 1が2つ、そしてナノセキュリティスロットになります。

子供向けにしては、十分だと思います。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「片道引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、通常は最長4年まで延長できます。ただし、本機はLenovo公式サイトで販売されていないので、購入時に販売店にお尋ねください。

 

ライバル機種

本機は子供向けの仕様なので、より頑丈に作られていますが、価格がちょっと・・・高いですね。ライバル機種として一般的なモデルをご紹介します。

Carbonと名がつくモデルは若干高いですが、めちゃくちゃ軽いので、持ち運びがしやすいです。

 

IdeaPad Slim 370i 14 Intel

Lenovo IdeaPad Slim 370i(14型 インテル)CPUは最新のインテル第12世代が搭載で高性能ですが、その他はいたって「普通」です。普通に使えたら十分と言う人に向いています。2 in 1 PCじゃないですが、性能的に本機と同じくらいです

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 5
重さ 1.43㎏
バッテリー 最大約7.9時間
価格 8.0万円~

レビュー

 

Yoga Slim 760 Carbon(14)

Yoga Slim 760(14)OLED液晶搭載で2.8K解像度と高品質なディスプレイが搭載で、高色域DCI-P3 100%、HDR対応とクリエイターなら欲しくなるディスプレイです。CPU性能もかなり高いRyzen 5000シリーズです。

CPU Ryzen 5 5600U
Ryzen 7 5800U
メモリ 8GB/16GB
ストレージ SSD 512GB
グラフィックス Radeonグラフィックス
ディスプレイ(14型) 2.8K OLED 10.74億色 DCI-P3 100% 90Hz
画面縦横比16:10
その他 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1、IRカメラ(顔認証)、Dolby Atmos
重さ 1.1㎏
バッテリー 14時間
価格 13.6万円~

レビュー

 

Yoga Slim 750i Carbon

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon

堅牢性の高いカーボンファイバー素材の本機種は軽量小型モデルで、なんと966gです!軽いですね。
軽いだけじゃなく耐久性やスペックも高く、Lenovo史上最高峰のモバイルPCだと思います。子供が使うにはスペックを持てあましますが、とにかく軽いので持ち運びがしやすいです

CPU Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ(13.3型) WQXGA(2.5K) IPS 光沢無し
その他 WiFi6、Bluetooth v5.0、顔認証、Office搭載モデルあり、最大4画面表示可能、EVOプラットフォーム、Thunderbolt 4(2つ)
寸法 295.9×208.9×14.25㎜
重さ 966g
バッテリー 約14時間
価格 12.2万円~

レビュー

 

まとめ

良い点

・子供でも安心して使える耐久性
・画面比が16:10で、13.3型でも14型以上の情報が表示される
・2 in 1 PCで使いやすい
・タッチパネルなので操作しやすい
・バッテリー駆動時間が長い

 

残念な点

・子供向けにしては重たい

 

総合評価

スペック的に大人でも十分なほど高い性能があり、学校でやるようなことでは、スペック不足になることはないと思います。

また、2 in 1 PCなので、直感で使うことができ、小さな子供でも操作がしやすいです。

耐久性を高めたり、ぶつけたり落としたりすることが多い子供向けに対策された機種なので、1.45㎏と重たくなっています。児童向けの機種はだいたい1.4㎏前後が多いので、他機種と比べると「平均的」ではありますが、持ち運び距離が長い場合は疲れるかもしれません。

 

 

楽天

公式サイト