世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

【2017年夏ドラマの中間テスト】放送途中からでも観ておくべきドラマはどれ?

放送途中からでも観ておくべきドラマはどれ?

2017年の夏ドラマがスタートし、そろそろ折り返しになりました。
実際、放送が開始され毎週楽しみにしている方もいれば、途中で観るのをやめてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、2017年夏ドラマへの期待度がどのように変化しているのかを調査してみました!
その結果を元に「途中からでも観るべき夏ドラマ」を確認しておきましょう。

第1話放送前に期待していた話題のドラマとは?

男女ともに「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」が圧倒的な期待を受けていました。
主演の山下智久さんをはじめ、人気・実力を兼ね備えた俳優陣が脇を固めているだけあり、7年ぶりのシリーズ3作目ですが、そのドラマへの期待度は未だ衰えを知らないようです。

Q.【男性】夏ドラマの1話放送開始前に、一番期待をしていた夏ドラマはどれですか?
Q.【男性】夏ドラマの1話放送開始前に、一番期待をしていた夏ドラマはどれですか?

Q.【女性】夏ドラマの1話放送開始前に、一番期待をしていた夏ドラマはどれですか?
Q.【女性】夏ドラマの1話放送開始前に、一番期待をしていた夏ドラマはどれですか?
しかし、2位以下は男女で違う顔ぶれになりました。
男性だと「刑事7人」「遺留捜査」といった人気シリーズがトップ5入りを果たしており、
ジャンルも医療、刑事、「ハロー張りネズミ」の探偵ものといった具合に、男性好みのラインナップとなっています。
また「黒革の手帳」や「ハロー張りネズミ」は原作の人気が高い点も特徴的です。安定した面白さを求めている点が放送開始前の期待度に表れていると言えるかもしれませんね。
一方で、女性の場合は「カンナさーん!」や「僕たちがやりました」といったマンガが原作のドラマの期待が高く、「愛してたって、秘密はある。」といった新作ドラマへの期待も大きくなっている点が特徴的です。
女性の場合は、ジャンルは関係なく旬の芸人や俳優が出演するドラマに注目していると見ることができそうですね。

認識が変わった!?実際に観てみたら今後の展開が気になった注目ドラマ

では実際に、放送が始まってから各ドラマへの意識がどう変わったかというと、男性の場合は多少の数値の増減、順位の入れ替えはあるものの、大きな変化はありませんでした。

Q.【男性】夏ドラマの放送開始後、最終回までの展開で一番内容に期待が高い夏ドラマはどれですか?
Q.【男性】夏ドラマの放送開始後、最終回までの展開で一番内容に期待が高い夏ドラマはどれですか?
アンケート参加者から
「作品のクオリティに定評がある本作品はそれだけでも安心感がある」(40代男性)

という声がある通り、安定した面白さを期待できる作品ばかりなので、当然の結果とも言えるかもしれません。
ところが女性の方はトップ1こそ変わらないものの、その他は大きく入れ替わる結果となりました。

Q.【女性】夏ドラマの放送開始後、最終回までの展開で一番内容に期待が高い夏ドラマはどれですか?
Q.【女性】夏ドラマの放送開始後、最終回までの展開で一番内容に期待が高い夏ドラマはどれですか?
ここで注目したいのは2位に躍り出た「愛してたって、秘密はある。」です。
「福士蒼汰が好きでチェックしていた番組。(中略)重くなりすぎず、笑える場面も多々あり、(中略)今までにないドラマで面白い」(50代女性)
「主人公だけ秘密がある訳ではないみたいなので気になって見てしまいます」(20代女性)
といった意見にあるように、予想以上にストーリーが面白くてはまっているという女性が多いようです。またトップ5の共通点として恋愛や結婚、家庭といったテーマがあることが挙げられます。
やはり女性にとって恋愛、結婚、家庭といった「愛」にまつわるテーマはドラマにおいても欠かせない重要なファクターなのかもしれません。

2017年夏に押さえるべきはこのドラマ!

2017年夏ドラマの放送開始前と後の意識調査を確認してきましたが、予想通りでしたでしょうか?
人気シリーズの続編や原作の人気が高い作品の視聴はやはり皆さん欠かせないようです。加えて女性の場合は旬の俳優が出演している恋愛・結婚・家庭といったテーマがある作品の注目度が高くなっていました。
キュンとするもの、ハラハラドキドキするもの、裏切りや騙しあいの果てに何を手に入れるのか、と表現方法は様々ですが、様々な愛のカタチを疑似体験できるのもドラマの醍醐味です。
暑くて寝付けない夜は気になるドラマを観て過ごしてはいかがでしょうか。

調査データ

有効回答数:1,482名
調査期間:2017年7月24日~7月25日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)15歳~49歳女性
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
エンタメ 関連記事
すべての人にインターネット
関連サービス