世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

意外と知らないみんなの意識!クリーニング店の選び方

意外と知らないみんなの意識!クリーニング店の選び方

夏はとにかく洗濯の回数が増える季節ですよね。
もちろん、外に干せるなら暑い気温と強い日差しですぐに乾くとはいえ、たとえば1人暮らしの女性となるとそもそも室内干しがメインだったり、住宅事情によっては外に干しにくいなんてこともありますよね。
また、スーツなど少ない枚数で回す必要があり、かつ自宅でのケアが難しい衣服となるとますます利用する機会が増えてくるのがクリーニング屋さん。
駅前に必ずあると言ってもいいクリーニング屋さんですが、他の人達が一体どんな基準で選んでいるのか皆さんご存知ですか?
というわけで、今回は意外と知られていない「クリーニング屋さんを選ぶ基準」についてアンケート調査をしてみました。

継続的に利用しているクリーニング店の選定理由

Q.【男性】継続的に利用しているクリーニング店があると答えた方に質問です。なぜそのお店を選んでいますか?
Q.【男性】継続的に利用しているクリーニング店があると答えた方に質問です。なぜそのお店を選んでいますか?

Q.【女性】継続的に利用しているクリーニング店があると答えた方に質問です。なぜそのお店を選んでいますか?
Q.【女性】継続的に利用しているクリーニング店があると答えた方に質問です。なぜそのお店を選んでいますか?

クリーニング店を継続的に利用している人の中で、その店を選ぶ基準としてやはり目に付くのは「お得感」のある料金や特典といった、お金にまつわる話。
しかし、やはりと言うか意外というか、クオリティ重視の人も結構な割合いることがわかります。
特に、男性においては20%を超える人たちがクオリティ重視で選んでいます。
また女性でも20代30代では、ほぼ20%に迫る割合でクオリティを重視しているようです。
これからわかることは、やはりクリーニング屋さんにお願いする洋服が家では洗いにくいオシャレ着やスーツなどの仕事着であるという事。
少々お金を払っても、高いクオリティで大切にそしてしっかりと綺麗にしたい気持ちの表れかもしれません。
とはいえ、「それ以外」を選択されている方々の内容は、ほぼ「自宅から近いから」というものでしたので、家から近く特典があれば、クリーニング店的には必勝な感じも見えてきますね。

クオリティを選定理由にしている人の詳細

では、クオリティ重視でクリーニング屋さんを選んでいる人のその細かな理由について迫ってみましょう。
Q.【男性】クオリティ(テクニック・技術)が高いから。と答えた方に質問です。具体的にどのようなサービスのクオリティが高いから継続的に利用していますか?
Q.【男性】クオリティ(テクニック・技術)が高いから。と答えた方に質問です。具体的にどのようなサービスのクオリティが高いから継続的に利用していますか?

Q.【女性】クオリティ(テクニック・技術)が高いから。と答えた方に質問です。具体的にどのようなサービスのクオリティが高いから継続的に利用していますか?
Q.【女性】クオリティ(テクニック・技術)が高いから。と答えた方に質問です。具体的にどのようなサービスのクオリティが高いから継続的に利用していますか?

アンケート結果からは、まず男性・女性とも20代に傾向が顕著にみられますが、やはり「染み抜き」をポイントにしている人が多いようです。
これは、スーツで仕事をしている人にはすぐに納得できますよね。ワイシャツの襟のシミや上着についた汗ジミ、これはスーツで仕事をする男性(独身)にとっては忌々しいくらいの天敵です。
また、お気に入りの服につけてしまった醤油のシミや、トマトソースの跳ねたシミなど食事の際についてしまったうっかりジミもその対象に含まれるのではないでしょうか。
お気に入りの服をきれいにしたい気持ちは痛いほどわかります。
一方女性では、30代女性で圧倒的支持を得ている「仕上げがきれい」という理由が目を引きます。
確かに女性の衣服は、風合いやしわ加工、生地の種類やギャザー・フリル・レースなど、しっかりとした仕上がりでないと困るものが多いからでしょうね。
ここからは、実用的に困っている男性とオシャレに前向きな女性の対照的な姿を垣間見ることができます。

クリーニングのクオリティ。それは職人技!

アンケートでわかった事は、家から近いという理由以外では、ある程度のクオリティを求めてクリーニング屋さんを利用する人が多いという事。
この結果から、自分ではどうにもできず、うまく綺麗にならない、うまく仕上がらないものをお願いする。
そんなプロの仕事をクリーニング屋さんに求めている利用者の姿が見えてきませんか?
日本のクリーニング屋さんの技術は世界的にもかなりハイレベルだと言います、そんな街の職人さんともいうべきクリーニング屋さんの価値を、もう一度見直してみたい。そんな気持ちになる結果でした。

調査データ

有効回答数:1,991名
調査期間:2017年7月18日~7月20日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)15~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス