通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




伝説のロックバンド、その名は「QUEEN」

伝説のロックバンド、その名は「QUEEN」

イギリス出身のロックバンドといえば老若男女問わず人気のある“THE BEATLES ”、ベロマークで有名な“The Rolling Stones”や “Led Zeppelin”等のロックバンドが有名ですよね。
しかし、イギリスには伝説のロックバンドがいます。
その名はQUEEN。
CMやドラマのタイアップで楽曲が使われることも多く、若い世代でもQUEENの曲を聞いたことがある人は多いと思います。
そこで今回は「QUEEN」について、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』にてアンケート調査を行いました。
初めにいっておきますが、筆者はQUEENの大ファンです!
QUEENの曲を聞きながら本記事を執筆していますが、気持ちが入りすぎてアツくならないように注意します笑

●まずはQUEENの知名度から

【男女】Q.イギリスのロックバンド、QUEENを知っていますか(単一回答)
【男女】Q.イギリスのロックバンド、QUEENを知っていますか(単一回答)

「イギリスのロックバンド、QUEENを知っていますか」のアンケート結果は、50代男性の90%以上がQUEENを知っていると答えました。
1975年のQUEEN初来日がアンケート結果に影響しているのか気になる所ではありますが、10代男性を除けばどの年代も50%以上の方はQUEENを知っている結果となりました。
CMやドラマのタイアップでQUEENの楽曲が流れることも多く、ボーカルを務めるフレディ・マーキュリーの美声とビジュアルが脳裏に焼き付いてしまうのでしょう。
また20代と30代に限った話になりますが、ご両親の影響でQUEENを知った方も多いのではないでしょうか。

続いて2018年10月23日に公開された映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見た方はどのくらいいるのか調査をしました。

●大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」はみんな見た?

【男女】Q.QUEENの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見ましたか(単一回答)
【男女】Q.QUEENの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見ましたか(単一回答)

「QUEENの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見ましたか」のアンケート結果は、「見ていない」と答えた方が80%、「見た」と答えた方は20%となりました。

大ヒット上映を受けてニュースサイトで大々的に取り上げられたり、映画館では異例の「拍手OK!手拍子OK!発声OK!」“胸アツ”応援上映”が開催されたことでも話題になった「ボヘミアン・ラプソディ」ですが、
意外と見ていない方が多い結果となり驚きを隠せません。
DVDやBlu-rayが発売されてから家でゆっくり見たい方や、いわゆる“映画館離れ”がこの結果に関係しているかもしれませんが、驚きのあまり「We Will Rock You」を歌いそうになりました。
それにしても映画に出演していた俳優さん達は本当に本物そっくりでした。

●宣伝を目的としたPV撮影はQUEENが初めて!?

世界初のPV(プロモーションビデオ)撮影をしたバンドについては、“THE BEATLES ”や “ エリック・クラプトン”ではないかとインターネット上を中心に議論が行われており、諸説はありますが1975年11月20日にイギリスの放送局BBCで放送された「Bohemian Rhapsody」は宣伝として明確な意味で作成・放送されたPVとしては世界で初めてといわれています。

PVにまつわる話は他にもあり、「I Want To Break Free(邦題:自由への旅立ち)」ではQUEENのメンバーが女装をしたり、「Bicycle Race」では過激な内容のあまり2種類のPVが作成されたりしています。

●QUEENの名曲TOP5!

【男女】Q.QUEENの中で名曲だと思う曲を1つお選びください (単一回答)
【男女】Q.QUEENの中で名曲だと思う曲を1つお選びください (単一回答)

「QUEENの中で名曲だと思う曲を1つお選びください (単一回答)」のアンケート結果は、「We Are The Champions」(32.4%)が1位となりました。
サッカー、野球等のスポーツで使用されることが多い「We Are The Champions」が1位になりました。“僕たちはチャンピオンだ”と歌い上げるこの曲を聞いてスポーツの試合前にテンションをあげた方も多いのではないでしょうか。

2位は映画のタイトルにもなった「Bohemian Rhapsody」が選ばれました。
PVのインパクトや多重録音された濃厚なコーラスパート、ロックとオペラが融合された完成度の高い楽曲が魅力的な楽曲ですね。

3位の「We Will Rock You」は、“ズズチャ ズズチャ”の足踏みと手拍子から始まる特徴的なイントロが有名ですよね。
「We Are The Champions」と並んでスポーツでの場面で使用される人気曲です。
個人的にはアンディ・フグ選手の入場曲のイメージが強いですね。

では、ここからはQUEENの魅力やQUEENにまつわるみなさんのエピソードを聞いてみましょう。

●やっぱりQUEENは伝説のバンドだった

【男女】Q.QUEENの魅力や、QUEENの名曲に関するエピソードがあれば120文字程度で教えてください (自由回答)

「映画を見に行った時、妊娠8ヶ月だったが上映中いつも以上に胎動が激しかった。 今生後1ヶ月になった子供と同じ曲を聴いているが、激しい音楽でも泣くこともなく気持ちよさそうに聴いている。 早々と血のつながりを感じられて嬉しい。」(30代:女性)

胎内教育ですね。笑
大人になってからの好みは子どもの時に聞いた音楽が影響しているといわれているので、このまま大きくなってもUKロックやQUEENを好んで聞いていそうですね。
それにしても英才教育だなと思います。笑

「日本に初来日した時の、日本での振る舞い、ステージのパワフルさに魅力を感じました。歌詞の内容も人の生き様をそのまま描写したものがあり、心打つものが有って、素晴らしいバンドだと思います。」(60代:男性)

QUEENが初来日した時、空港で出迎えてくれた日本人の熱狂的な歓迎にとても驚いたそうです。
人間味溢れる歌詞とパワフルなライブパフォーマンスに圧倒的なステージング等、QUEENの魅力はやっぱりライブで発揮されるのでしょうね。
フレディ・マーキュリーは1991年に亡くなっているため現在ライブを見ることはできませんが、
QUEENやフレディ・マーキュリーの生き様が気になる方は「ボヘミアン・ラプソディ」を見ましょう。笑

「ボーカルの歌唱力の高さと派手な演出のパフォーマンスで観客を楽しませる姿勢が良くCDのPV映像もセンスの高い見応えがある迫力ある映像が楽しめるところが魅力に思える」(20代:男性)

QUEENといえばやっぱりフレディ・マーキュリーですね。
ライブパフォーマンスやライブ衣装も含めてパンチが効いている派手なステージングが魅力なQUEEN。
先ほどPVについて軽く触れましたが、日本人には馴染みのある「I Was Born To Love You」のPVもとても魅力的ですよ。

●We Are The Champions!

今回は「QUEEN」について調査をしてみましたが“THE BEATLES ”に負けず劣らず、老若男女に人気がありました。
伝記映画も上映され今後もQUEENの楽曲をどこかで耳にする機会がありそうですね。
さすがは伝説のロックバンド。まさにWe Are The Championsですね。

調査データ

有効回答数:3,431名
調査期間:2019年2月21日~2月24日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女15歳~60歳以上
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス