通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




全世代に聞く!ゴジラ映画で1番面白かった作品とは?

全世代に聞く!ゴジラ映画で1番面白かった作品とは?

私はゴジラが大好きなので、極力熱くならないようにしますね。
今や日本が世界に誇る映画スターでありキングオブモンスターの怪獣王ゴジラですが(もうすでに熱い笑)、ある意味日本の宝のひとつといっても過言ではないですよね。
とはいえ、ゴジラは昔ほどみなさんの注目を集めないことも知っているんです。
「シン・ゴジラ」でちょっと息を吹き返したからといって、さすがに全盛期ではないことくらいは。
今回はゴジラについてGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

●ゴジラ映画を見たことがありますか?

【男女】Q.ゴジラ映画を観たことがありますか(単一回答)
【男女】Q.ゴジラ映画を観たことがありますか(単一回答)

初代ゴジラが公開されたのは1954年なので、年代が上がるほど「ゴジラ映画を観たことがある」と答えた方が多いのは納得の結果ですね。
特に60代は70%以上が見ているわけですから、国民的スターといっても過言ではありません。
また20~40代はいずれも40%以上の方が「ゴジラ映画を観たことがある」と答えた背景には、2016年に公開された「シン・ゴジラ」の影響があるかもしれないですね。

●どのゴジラシリーズが好きですか?

【男女】Q.ゴジラ映画でもっとも好きなシリーズは何ですか(単一回答)
【男女】Q.ゴジラ映画でもっとも好きなシリーズは何ですか(単一回答)

私は平成シリーズで、ってそんなことはどうでもいいですね。
ぱっと見た感じ、みなさん少年期に見たゴジラが好きだということで間違いはないでしょう。ただ「ミレニアムシリーズ」の人気のなさが気になりますけどね。
あとはほぼ「シン・ゴジラ」人気であろう2010年シリーズの人気が目立ちますね。
ハリウッドに関しては、ゴジラ作品として認めたくないものがありますので、何ともコメントしづらいですw。

●ゴジラに出てくる怪獣人気ランキング

【男女】Q.ゴジラ映画で好きなゲスト怪獣は何ですか(複数回答)
【男女】Q.ゴジラ映画で好きなゲスト怪獣は何ですか(複数回答)

キングギドラが大人気の結果になりました。
ただよく見るとモスラは成虫と幼虫を合わせたらキングギドラを抜いちゃうんですよね。
モスラは主役級の怪獣ですし、かわいいところが人気の秘密なのかもしれません。
ただ気になるのはキングコング。
1962年に公開された「キングコング対ゴジラ」は、かなりの話題を呼んだ作品でゴジラ対怪獣というシリーズを決定づけた重要な映画だったんですが、アメリカ産の怪獣がラドンの上だなんて…て気はします。

●みなさんのゴジラへの思い

ではここからはみなさんのゴジラへの思いをシリーズ別に、どうぞ!

昭和ゴジラ

「ザ・ピーナッツが出演していてモスラが出ていた作品が思い出深いです。ひかりTVなどで見るたびに、その頃の自分や家族の事が思い出されTV画面から部屋全体が昭和にタイムスリップした感覚になります。鳴き声が人工的に作られたものでも本当にぴったりゴジラに合っていて秀逸だと聞くたびにいつも思います。ゴジラの鳴き声は大好きです。」(60代:女性)

この後色々な人が小美人(モスラの妖精の名前)を演じましたがやはりザ・ピーナッツにはかないませんよね。
きれいなハーモニーと「美人」といった感じの外見がモスラの不思議な雰囲気をかなり効果的に盛り上げてくれる歌でした。
ちなみに、ゴジラの鳴き声って弦楽器のコントラバスで作っていたらしいですよ。

平成ゴジラ

「ゴジラはどのシリーズも、人間がいかに戦うか…というのを見るのが楽しいです。人間がこの世の中で1番と思っている、そういう傲慢な考えをゴジラが警鐘を与えてくれ人間とはいかにあるかを考えさせられるのも、ゴジラ映画の魅力だと思います。」(50代:女性)

そうなんですよね、ゴジラは地球の守り神。
定期的に現れて人間が増長するのを諌めてくれる存在というイメージは、ゴジラ作品の大事なポイントでもありますよね。
決して敵役ではなく、あくまで自然の脅威の一部。
それがゴジラですよね。

2010年代

「ゴジラの誕生から見てきましたが、当初ビキニ環礁での水爆実験からエネルギーを得て生まれたゴジラが、コメディのような扱いにまで堕落したのであきれていたところ、このところの新作での素晴らしい存在感にはたまた圧倒されています。引き続きの奮闘を期待します。」(60代:男性)

確かに「シン・ゴジラ」にはかつてのゴジラの姿を感じましたよね。
『ゴジラ』のテーマを作曲した伊福部さんの音楽を効果的に使っているあたり、ゴジラファンとしては劇場で泣きそうになりました。
子供の娯楽から大衆映画としてかえってきた感。
すばらしいと思います。

2010年代

「その時代ごとにゴジラの象徴するモノや事が変わる。ひとつの日本という国や国家の象徴や対比、抱える問題として描かれるゴジラはエンターテインメントの枠組みを超えた作品としての魅力を感じます。」(40代:男性)

ゴジラは人間の業を映す鏡ですからね。
ゴジラ自体は常にその存在感として一定でも人間が時代とともに変化するごとに、ゴジラそのものの見え方や役割も変わってくる。
きっとゴジラを通して人間を見る、それがゴジラ映画の楽しみ方のひとつなんでしょうね。

●見てない人は、ぜひ見て

ゴジラ映画というと子供だましの怪獣映画という感じは否めません。
残念なことに一時期そういう方向に走りましたからそういう風に見られても仕方がないとはいえ、それではさすがにゴジラがかわいそうです。
一度偏見なく見てみてください。
はまっちゃいますよ、ゴジラに。

調査データ

有効回答数:2,713名
調査期間:2018年12月27日~12月28日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女15歳~69歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています