通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




非喫煙者に聞いた「喫煙者のここが嫌い!」

非喫煙者に聞いた「喫煙者のここが嫌い!」

最近は、たばこを吸う人の居場所が少しずつなくなってきている…と言われていますよね。
路上喫煙禁止条例により公共の場でたばこを吸うことができないため、肩身の狭い思いをしている人も多いのではないでしょうか。

ですが、たばこを吸わない人にとってはこの取組はありがたいことでしょう。
今回は、そんな喫煙に関してGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

●あなたはたばこを吸いますか?

【男女】Q.あなたはたばこを吸いますか(単一回答)
【男女】Q.あなたはたばこを吸いますか(単一回答)

男女ともに年代が上がるほど喫煙者は多くなっており、40代男性では34%、40代女性では18%ほどとなっています。
一見喫煙率は高いように思えますが、いずれの年代においても喫煙率は減少傾向にあるようです。
(参考:http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd090000.html)
JTの調査によると昭和40年頃のピーク時は、男性の喫煙率が80%強だったそうです。
今となっては信じられないほど高い喫煙率ですね。

●喫煙者に、不満や不快感をもったことある?

【非喫煙者】Q.あなたは喫煙者に対し、不満や不快感を持ったことがありますか(単一回答)
【非喫煙者】Q.あなたは喫煙者に対し、不満や不快感を持ったことがありますか(単一回答)

男女ともに年代が上がるにつれて不快に感じた経験があるようで、40代はともに60%強となっていますね。
しかし想定外だったのは、非喫煙者全員が喫煙者に対し不満や不快に感じているわけではないという点です。
特に20代男性と30代男性では、不快に感じている人の割合は半数未満となっています。

これは公共の場において、たばこを吸わない人に対して配慮することが常識となってきていることが影響しているのかもしれませんね。

●非喫煙者の不満とは

【男女】Q.喫煙者に対し、不満や不快感を感じた点を教えてください(複数回答)
【男女】Q.喫煙者に対し、不満や不快感を感じた点を教えてください(複数回答)

非喫煙者からすれば、たばこのニオイは独特できついもの。
そのため、ほとんどの方が「ニオイがくさい」と答えました。
慣れていないと、たばこのニオイは本当に不快なものでしかないでしょう。

次に多かったのが、「煙たい」という回答。
一緒にご飯を食べている席でたばこを吸われると、たばこの煙で咳がでてしまうことってありますよね。
美味しいご飯の味も変わってしまうので、苦手な方は多いでしょう。

そして、「ニオイが自分につく」と答えた方も多くなりました。
ちょっと一緒にいるだけで、服や髪の毛にたばこのニオイがついてしまうので嫌になってしまうでしょう。
いい香りの自分がいつの間にかたばこ臭くなってしまうのは嫌ですよね。

●聞かせて!「不満・不快に感じる喫煙者」

ここからは非喫煙者の方々の不満を見ていきましょう。

「イライラしているのをタバコのせいにしたりして、根本的解決にならなかったことがある。また、ストレスの発散でタバコを始めた、という声を聞いたりするが、1番最初のタバコなんて煙いだけのはずなのに、喫煙という結論に至ったのか理解できない。」(20代:女性)

ストレスがたまると、なぜかたばこを吸い始める人は多くなるもの。
しかし、最初のたばこは煙たい、とよく聞きますよね。
非喫煙者からすると、やはりなぜたばこに走ってしまったのか、理解しがたいことでしょう。

「家族が毎日のように吸っているがもう慣れてしまっている所為か自分では たばこのにおいを感じにくくなってしまっていた。その為、客が来ると自分の来ていた服がタバコ臭いと言われたりし、俺吸ってないのにとすごく嫌な思いをした事が何千回とある。」(20代:男性)

家族がたばこを吸っていると、自然と家のなかもたばこのニオイになってしまっているもの。
自分は吸わないのに、「たばこ臭い」なんて言われるとショックですね。

「子どもを抱っこして歩いている時、前を歩いている人が歩きタバコをしていた。相手は子どもに気づいているのに吸い続けていた。歩きタバコ自体、ルールを守って欲しいと思うし、妊婦さんや子どもがいる前では吸わないなどの気遣いがなさすぎて呆れる。」(30代:女性)

歩きたばこが禁止になっているところが増えているものの、まだ歩きたばこをしている人っていますよね。
ルールは守るべきもの。
また、害があるため、妊婦さんや子どもがいるところではたばこは吸わないなどの配慮も必要でしょう。

「中学生のとき、引っ越しのため家族で飛行機に乗ったとき、自分は禁煙席にしてくれと言ったら父親が激怒し、喫煙席に座らせられた。両隣の大人がヘビースモーカーで、容赦なく舞い込む煙草の煙で息苦しくなり、正直死ぬかと思った。」(40代:男性)

両親の意見で喫煙席に座らされるのは辛いですね。
周りも吸っているため、自然と自分も吸っていることのなっているはずです。
中学生ならなおさら、たばこの良さなんてわからなかったことでしょう。

●あなたは喫煙者をどう思う?

最近では、非喫煙者の意見が守られるようになってきましたが、それでも喫煙者の数は減りません。
あなたは、会社や家族、友達などで喫煙者に対して不満や不快感をもったことありませんか。
多くの方が「はい」と答えることでしょう。
喫煙者の方には、たばこを吸うときはできるだけ気遣いをお願いしたいものです。

調査データ

有効回答数:2,995名
調査期間:2018年12月13日~12月17日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~49歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス