通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




仕事中にお菓子を食べる?食べない?割合・おすすめ商品まで大調査

仕事中にお菓子を食べる?食べない?割合・おすすめ商品まで大調査

今までは、仕事中にお菓子は禁止!という職場が多くありました。しかし、時代も移り変わり、最近では仕事中にお菓子を食べるということが容認されるようになって来ています。

これには職場環境の変化も大いに影響を与えています。寸暇を惜しんで働け働け!という時代から、仕事に対する効率や能率が重視されるようになり、それ以外の部分についての自由が増えているのです。そして、その自由の一つが「会社で仕事中にお菓子が食べられる」ということ!

そこで今回は、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』にて「仕事中に食べるお菓子」に関する内容をアンケート調査してみました。仕事中にお菓子を食べる割合はどれぐらいなのかといった調査から、具体的に食べるお菓子について、客観的にお菓子を食べる人をどう思うか、等を、喫食者を中心に深く掘り下げて紹介していきます。

●仕事中にお菓子を食べる?食べない?

【男女】Q.あなたは勤務中に「お菓子」を食べますか(単一回答)
【男女】Q.あなたは勤務中に「お菓子」を食べますか(単一回答)

「【男女】Q.あなたは勤務中に「お菓子」を食べますか(単一回答)」のアンケート結果は、全世代共通で「食べない」が1位でした。

単純な割合的には「食べない」が大勢を占めていますが、全く食べられなかった、言わば0%の時代があったことを踏まえれば、徐々に仕事中のお菓子が浸透してきていると捉えられるのではないでしょうか。

男女を比較すると、男性よりも女性の方が仕事中にお菓子を食べると答えた人が多いようです。一般的に女性の方がデスクワークが多い印象なので、どうしてもパソコン画面を見ながらジッとしている体勢が多く、仕事中の気分転換をお菓子に頼らざるを得ないという方も多いのでしょう。

■仕事中にお菓子を「食べない」1位は30代男性

年代別でみると、「食べない」と答えた方の割合が突出しているのが30代男性です。日常的にお菓子を食べないという方も多いでしょうが、やはり少しばかり自らの体型が気になってくるのも30代あたりから。仕事中にお菓子なんて食べたら太る…ということで控えている方も多そうですね。

■仕事中にお菓子を食べるのは問題?

仕事中であってもそうでなくても、お菓子の食べ過ぎは問題ですが、軽めであればそんなに大きな問題はありません。

仕事中のお菓子は、適度に摂取すれば空腹を満たしてくれ、集中力を持続させる効果があります。また、仕事中に適度なタイミングでお菓子を食べることは、食べるものによっては空腹状態が続くよりずっと健康にも良いでしょう。ただ、あくまでも”適度な”という点にご注意を。

それでは次に、仕事中にお菓子を食べるという人に、「仕事中に食べるおすすめのお菓子」を聞いてみました。

●仕事中に食べるおすすめのお菓子を教えてください!

【男女】Q.あなたが勤務中にもっともよく食べる「お菓子」を1つ教えてください(単一回答)
【男女】Q.あなたが勤務中にもっともよく食べる「お菓子」を1つ教えてください(単一回答)

※ 男性が青、女性が赤

「【男女】Q.あなたが勤務中にもっともよく食べる「お菓子」を1つ教えてください(単一回答)」のアンケート結果は、男女共に「チョコレート」が1位でした。

男性・女性共にぶっちぎりの結果と言っても良いでしょう。チョコレートやチョコレート菓子は程よい糖分を摂取することが出来ますし、集中力を高める効果もあります。コンビニなどで販売されているチョコレートには、ご丁寧に「仕事中のお菓子として最適!」という文字やコメントが記載されているものもあるくらいです。

1位のチョコレートを含め、2位以下のラインナップを見ていると、仕事中のお菓子にコスパが欠かせないということがわかります。どれもスーパーやコンビニで手に入る商品で、価格帯もリーズナブル、個包装になっていておすそ分けしやすいという点も見逃せません。

全体的に甘いお菓子が多いことも特徴です。しょっぱいものとしては「せんべい」ですが、仕事中のお菓子としては…と少々考えてしまいます。頑張って集中している仕事中、バリバリボリボリとお菓子の音が聞こえてきたら…。

続いては、そんな周囲の人も関わってくる、仕事中に食べるお菓子のマナーについてのお話です。

●仕事中にお菓子を食べている同僚をどう思う?

【男女】Q.勤務中にお菓子を食べている同僚をどう思いますか(単一回答)
【男女】Q.勤務中にお菓子を食べている同僚をどう思いますか(単一回答)

「【男女】Q.勤務中にお菓子を食べている同僚をどう思いますか(単一回答)」のアンケート結果は、男女共に「気にならない」が1位でした。

クレーマーが横行するようになった昨今ですが、全体的にはまだまだ寛容な社会が残っているのだと実感できるアンケート結果ですよね。男性に至っては2位の「マナーが悪いと思う」に39.2%の差をつけてダントツです。未来が明るく見えます。

■2位以下の結果で注目の「マナー」

…ですが、2位以下の項目をよくよくご覧ください。2位はマナーという言葉で一括りにしていますが、3位~5位もそれぞれマナーの一つです。3位~5位もマナーの悪さを指摘していることを加味すれば、2位~5位は全て「マナーが悪い」と思っている人という認識ができ、合計すると女性に至っては1位の「気にならない」を上回ってしまいます…。

1位だけ見れば寛容に見えますが、よくよくじっくり目を凝らせば、同僚へのイライラが透けて見える結果とも言えるのです。仕事中のお菓子を食べる音がうるさい方、クッキーの食べこぼしがヤンチャな方、ガムの噛み方が豪快な方、同僚が「全然気にならないよ~」と言っているその目は、果たして本当に笑っていますでしょうか?仕事中のお菓子選びには、少し注意した方が良さそうですね。

それでは、仕事中のお菓子に関する皆さんの意見を見てみましょう。

●【男女】仕事中のお菓子に関する意見

それではここからはみなさんのエピソードを見ていきましょう。

「お客様から頂いたり、従業員のお土産だったり、会社が突然差し入れしてくれたりしてくれて、普通に食べている。食べている最中にお客さんが来たら即効で隠せば問題なし! BtoBの会社なので、勤務中の飲食についてはうるさく言われることはない。」(20代:女性)

頂き物や差し入れの場合、結構な量があり、一斉にみんなで食べた方が失礼にもならず、親睦のキッカケにもなります。法人相手に取引されている会社と言うことで、気楽に食べられますよね。即効で隠したことが見つかっていないことを祈りますが…。

「10人以下の事務所です。全員が食べたいときにおもむろに好きなものを食べ出すので、自由だなあと感じます。ただ上司が先日スルメを食べだした時は、狭い社内がイカ臭くなって困りました。 いらないお菓子をおすそ分けされる時は少し困ります。」(20代:女性)

アットホームな会社ならではの、ちょっとほっこりするようなエピソードですね。確かにスルメは美味しいですし、時間も持ちます。顎も動かして眠気覚ましにもなるのですが、匂いの点で減点ですよね…。

あと、おすそ分けと言ってもそもそもがいらないお菓子な訳ですから、たとえおすそわけされたとしても、いらないお菓子に変わりは無いんですけどね。

「昼休憩前につい食べてしまうことがある。本当は良くないと思うが、その後もしばらく空腹で仕事にあたると思うとミスをしそうな気がしてしまうので、自分の集中力を保つためにと食べてしまうことがある。」(30代:男性)

企業に勤めていらっしゃる方にはあるあるですが、昼休憩前と昼休憩後というのは、ある意味地獄ですよね。空腹過ぎて集中力が低下する昼休憩前。満腹過ぎて集中力が低下する昼休憩後。今回はそんな昼休憩前のお話ですね。

仕事中の微かな空腹、俗に言う小腹を満たす目的のお菓子としては、飴やグミなどが人気が高くオススメです。そんなにカロリーも高くなく、集中力の持続には充分な程に効果を発揮してくれます。つい食べてしまうお菓子の種類を考えてみてはいかがでしょうか。

●仕事中に食べるお菓子は周囲への配慮を忘れないように

今回は、仕事中のお菓子について調査しました。仕事中にお菓子を食べていらっしゃる方は順調に増加しているようです。適度な間食と捉えるならば、健康にも良く、集中力も高められて、気分転換にもなる。まさしく良い事尽くしのように感じられます。

ただ、反面仕事中のお菓子についての周囲の目線も気にかけたいところ。アンケートにもあった通り、お菓子の匂いや音には気を付けるべきです。散らかるようなお菓子なら食べ方を考えたり、ここで食べるのか否かを考えましょう。そして、今は食べて良い時なのかも注意しましょう。

自宅では気兼ねなく食べられるお菓子ですが、仕事中となれば話は別です。過敏になり過ぎる必要はありませんが、周囲の方の迷惑になっていないかどうかを、今一度考えてみても良いかもしれません。

調査データ

有効回答数:2,850名
調査期間:2018年11月22日~11月24日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~49歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています