通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




えっ、コレって罠?!『無礼講』ってどこまでOK?

えっ、コレって罠?!『無礼講』ってどこまでOK?

毎年この時期になると、忘年会などで上司の口から繰り出される言葉「今日は無礼講でやろう!」。
“無礼講“の意味を説明すると”身分の上下関係なく飲もう!“くらいの意味なのですが、だからと言って上司になれなれしくするのってとても難しいですよね。
それこそ、上司によっては罠を仕掛けていそうな気がしてひやひやものだったりします。

というわけで今回は、そんな無礼講の場面をどう対応するかをGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査しました。

ちなみに私は、信じた結果えらい目に遭ったことがあるので、絶対に信じません笑

■あなたは無礼講を真に受けますか?

【男女】あなたは忘年会における上司からの「今日は無礼講だから」を真に受けますか(単一回答)
【男女】あなたは忘年会における上司からの「今日は無礼講だから」を真に受けますか(単一回答)

思わず笑っちゃう結果が出ました笑
だって、真に受けない人が90%超えているんですよ!
一応無礼講って上司が部下に気を使って言うことなんですけど、まったく意味を成してないってことですよね。

でもまぁ信じられないですよね。ついさっきまで敬語で話していた同じ部署の怖い上司に対して、無礼講だからって「なんでやねーん!!ペシッ」って禿げ頭を叩くとか絶対にできません笑。
あぁ、禿げてなくても無理ですけどね。

■無礼講でOKなのはどんなこと?

【男女】あなたが「無礼講」として許されると思う行動を教えてください(複数選択可)
【男女】あなたが「無礼講」として許されると思う行動を教えてください(複数選択可)

まあ妥当ですよね、「お酒を飲みまくる」は模範解答かもしれないですね。
というのも無礼講という言葉の意味として、気にせずにどんどん飲みなさいという意味「しか」含ませてない人って結構いますし、これくらいの無礼をやっておかないと気まずいですしね。

でも、2番目に多いのは、上司に馴れ馴れしいというはちょっと意外でした。
しかも3番目は、上司をネタにする、イジるですからね。
ちなみに私はこの3番目の上司をネタにするというのをやって、あとで物凄く怒られたという経験があるのですが、なかなか難しいですよ。
ところで上司にお酒を注がないという項目がある自体、日本のサラリーマンはまだまだ昭和だなーって感じですね。

■みなさんの無礼講エピソード

それではここからみなさんの無礼講エピソードを見ていきましょう

■お酒を飲みまくる

「無礼講で飲みすぎてトイレに籠もっていた。 最終的に社長にタクシーに乗せられて家まで送ってもらった。 もうしない。」
(20代:男性)

うん、でも正確に無礼講ではあったみたいですね。
20代の社員をタクシーで送ってくれる社長なんて、むしろ良い社長ですね。
ただ無礼講でいこうと言われれば、若い社員は結局勢いよく飲んでいくしかないですもんね。もうしないということですが、もうしないができる会社であるのなら、むしろ良い会社ですよね?

■上司に馴れ馴れしい

「新人歓迎会の時、上司が無礼講でよいと言っていたので、早速その上司を呼び捨てで呼んでみたら「生意気だ」とビンタをされた。」
(40代:男性)

うん、さっそく呼んだら、それは怒られるよね笑。
もちろん無礼講って言うのは上下の区別をなくしていこうというものですけど、あまり親しくない人に対しては呼び捨てしないですからね笑
ただある意味、こういう思い切りのいい部下が最終的に上司に好かれる人多かったりしますよね。
でも、新入社員でいきなり呼び捨てって……。
度胸ありますね爆

■上司をネタにする/いじる

「無礼講だといわれてもあまり信じていなかったが、私の上司は、髪のこととか離婚したことをいじっても笑って許してくれた。」
(20代:男性)

なんというホワイト企業。
てかそれ以前に無礼講であることをあまり信じていなかったのに、髪のこととか離婚のことをいじれるってかなりツワモノな気がするんですが。
それって、友達でもかなり遠慮する系の内容ですよね笑
特に髪のことは、宣戦布告ととらえられてもいいレベルです。

■上司にお酒を注がない

「無礼講と言う上司ほど飲み物が空になっているのに気が付かないと、たちまち機嫌が悪くなったりする。」
(30代:女性)

確かに女性のみなさんにとっては、部下の仕事はお酒を注ぐ事だったりしますもんね。
お酒を注がないから期限が悪くなるレベルの懐の深さで、よく無礼講だなんていえますよね。そもそも無礼講じゃなくてもお酒なんか注がせるなよ!って思うのは私だけでしょうか。
未だにこんな昭和なしきたりがはびこっているのが、なんとも情けない感じですが実際は結構あるんですよね。

■仕事上の不満を言う

「親睦会などのときに普段不満に思っていることを言ったら「仕方がない」と言われ、この人には相談しないと決めました。」
(30代:女性)

文字通り「仕方ない」ですよね。
これも本当によくあって「今日は何でも会社の不満を言ってくれ」みたいな理解ある上司のふりをして、本当に言うと機嫌が悪くなったり説教し始める人って多いですよね。
やっぱり無礼講は信じるに値しないのかもしれませんね。

■無礼講廃止運動

無礼講廃止運動でもしたくなる感じの結果になりました。
上司は気を使ってくれているつもりかもしれませんが、実は“無礼講といわれた方が思いっきり気を使わなきゃいけない”のですから、本当に困りますよね。
しかも、自分が部下の時に困った記憶を忘れているんじゃないのか?というくらい嬉しそうにいいますからね。
「俺?いい上司だろ?」的な感じで。
本当に部下の事を考えてくれるなら、言わないでくれた方が楽ですよね。

調査データ

有効回答数:2,999名
調査期間:2018年11月1日~11月6日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~49歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス