通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




今夜あなたとパルプンテ!RPGの呪文が使えたら…

今夜あなたとパルプンテ!RPGの呪文が使えたら…

いや、タイトルに意味はありません(ないったらない!)
昔みなさんが少年少女だったころ、あのテレビ画面に映された広大なマップの中で確かに勇者だったことがある経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。
竜王だとか闇の魔導士だとか大魔王だとかを倒すため、呪文をぶっ放した日々。
そう、そんなかつて勇者だった全ての人たちの心の中には、あの呪文を現実で使えたらなぁという気持がどこかにあるはずです!
今回は、そんな「ドラクエの呪文を気になるあの子に使えたら…」というテーマでGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査しました。

■ドラクエの呪文使ってみたかったですか?

Q.あなたはドラゴンクエストシリーズ(発売元:スクウェア・エニックス)の呪文を使ってみたいと思ったことはありますか
Q.あなたはドラゴンクエストシリーズ(発売元:スクウェア・エニックス)の呪文を使ってみたいと思ったことはありますか

まあドラクエをやったことのない人もいると考えれば、かなりの高確率といっていいでしょう。
どんぴしゃ世代の30代に多いのはうなづける気がしますし、やはりみんな呪文をぶっぱなしたくてたまらなかったんですね。
そんな危険思想を持っているのが自分だけじゃなくてよかったと思います笑。

■その呪文を使いたかったですか?

Q.あなたが気になる女性に使いたいドラクエの呪文を教えてください
Q.あなたが気になる女性に使いたいドラクエの呪文を教えてください

あのねぇ……。
確かに透明人間になるのは男の子の永遠の夢と希望ですよ、分かりますよ分かりますとも。
しかし、何もドラクエの呪文で一番使いたい呪文の第1位になることないじゃないですか笑
「気になるあの子に使いたい」ですよね、これ……透明になってどうするんですか!!爆

あと優しさにあふれているベホマやラリホーはいいとして(いかがわしい目的じゃないですよね?ラリホー)モシャスとメダパニに関しても、欲望むき出しじゃないですか笑
分かりますけどね!爆

■あなたがそれを使いたいわけとは?

ではみなさんの欲望まみれの、もとい、希望にあふれたご意見を見ていきましょう。

■レムオル(透明人間になれる)

「これは・・・男なら誰もが選ぶでしょう。透明人間は男のロマン。」
(30代:男性)

分かりますよ、確かに透明人間は男のロマンです。気になるあの子のお家に侵入して……ゴホンゴホン。
もうね、犯罪行為しか浮かばないよね爆
ある意味、この世界は魔法が使えない世界で良かったと思わなくもないですね。

■ベホマ(HPを完全回復

「一緒に生活していく中で有事の際に助けてあげられる」
(30代:男性)

ベホマを使わなければいけないような有事に見舞われない人生を切望しますが。
いいですね、こういう男気というか優しさにあふれたご意見を聞くとほっとします。
やはり魔法の半分は優しさでできてないといけないですよね、と某鎮痛剤みたいなことを思ってしまいますよね。

■ラリホー(眠らせる)

「別に眠らせていかがわしいことをするつもりはないのですが、 好きな子の寝顔を少し見てみたいなぁと思います。 いつも起きてる時の顔しか見てないので」
(20代:男性)

いいことを教えてあげよう。
魔法で無理やり眠らせて寝顔を拝見するという行為は、もう間違いなくいかがわしい行為ですからね!笑

■パルプンテ(何が起こるか分からない)

「一か八かで自分のことを好きになってくれるかもしれないから」
(20代:男性)

うん、そんな効果はない笑
だってパルプンテって下手するとその場にいる人(魔物含む)みんな死んじゃう!なんてことが起こる魔法ですよね、確か。
さすがにそんな物騒なもの一か八かでは使えないよなぁ。
下心の代償としては、大きすぎやしませんか?笑

■かつての勇者も大人になりました。

かつては目をキラキラ輝かせて、世界を救うために魔法をぶっ放していた勇者も、すっかり大人になってしまいました。
パルプンテを唱えてワンチャン自分の事好きになってくれないかな?なんてご意見に関して言えば、なんという志の低さだ!と、とても共感できます笑
でも、結局そういうことになっちゃいますよね?私はラリホーを使いたいんですが、使ってどうするかについては間違っても公にできません。

ベホマを使うと応えた方の爪の垢、みんなで煎じて飲んでおきますか。
体力回復するかもしれないですよ笑

調査データ

有効回答数:2,582名
調査期間:2018年10月18日~10月21日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男性20歳~49歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス