世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

大混雑の花火大会!みんなはどう切り抜けてるの?

大混雑の花火大会!みんなはどう切り抜けてるの?

夏といえば隅田川花火大会をはじめ、全国的に有名で盛り上がる花火大会が各所で催されますね!
暗い夜空に咲く花火とともに、地上には色とりどりの浴衣が大輪を咲かせ情緒を演出してくれます。花火大会に行くと、浴衣姿の10代らしき女の子達が屋台の食べ物を片手に、花火大会を楽しんでいる風景をよく見かけますね。
しかしながら、そんなステキな花火大会には行きと帰りの大混雑が付いて回ります・・・。
そこで今回は、花火大会の大混雑をどうやって切り抜けているかを調査してみました。

花火大会の事前行動は?

男女ともに10代の意見で1番多かったのが「2時間以上前に会場につくよう時間に余裕を持って行動する」で男性の10代の55%、女性の10代の51%と半数以上が早めの行動で場所取りをしているのが判りました。
Q.花火大会の混雑に対する対策で事前の行動について、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。

【男性】
【男性】Q.花火大会の混雑に対する対策で事前の行動について、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。

【女性】
【女性】Q.花火大会の混雑に対する対策で事前の行動について、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。

20~29歳、30~39歳の男性では「事前に楽に見られそうな穴場の場所を調べておく」がそれぞれ20~29歳で57%、30~39歳で51%とこちらが半数以上となり女性よりも多い結果にました。大人の男性になると事前に下調べをして、女性をエスコートするようになるのかもしれませんね。

花火大会からの帰宅時にどのような対策を取っている?

10代と30代の差が出ているようで、興味深い結果となりました。

Q.花火大会の混雑に対する対策で帰宅時について、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。

【男性】
【男性】Q.花火大会の混雑に対する対策で帰宅時について、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。

【女性】
【女性】Q.花火大会の混雑に対する対策で帰宅時について、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。
10代男性は「食事をして帰る時間をずらす」と「1つ前の駅まで戻って電車に乗る」という回答が多かったようです。逆に10代の女性の帰宅時の対策は「行きの時点で帰りの切符を購入しておく」が34%と1番多く、計画性の高さが伺えます。
一方で、30代になると男女ともにクライマックスの前に帰宅し始める方が増えるのも特徴的ですね。花火のクライマックス前に帰路につけば、比較的混雑を免れながら帰れるメリットがあるということでしょうか。最後まで楽しみたい10代と帰りに配慮する30代。なかなかの対比ですね。

混雑といえばトイレも大変!花火大会のトイレ事情

Q.花火大会の混雑に対する対策でトイレについて、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。

【男性】
【男性】Q.花火大会の混雑に対する対策でトイレについて、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。

【女性】
【女性】Q.花火大会の混雑に対する対策でトイレについて、あなたの行動に最も当てはまるものをひとつだけお選びください。
帰宅時のトイレについても10代女性で顕著なのは「駅に着いた時にトイレに行く」が64%と、最も混雑する花火大会後のトイレを避けるようですね。
意外なのは男性の10代の18%が「携帯トイレを持って行く」というもの。他の年代の男性は軒並み10%以下なので驚きです!携帯トイレを使ってどこで用を足すのかが逆に気になりますね。

大混雑を切り抜けるあの手この手

大変混雑が予想される花火大会、場所取りやトイレの問題もありますが同行者とはぐれる場合もありますよね。
集合場所をキチンと決めたり、手を繋いだりするのが1.2を争う対策ではありますがどちらにせよ無事に「楽しかったね、来年も一緒に来よう!」と終われる花火大会になりますように!

調査データ

有効回答数:15,004名
調査期間:2017年7月6日〜7月10日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)15歳~99歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
ライフスタイル 関連記事
すべての人にインターネット
関連サービス