通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




そのしぐさにドキッ!オフィスのラッキーモーメント

そのしぐさにドキッ!オフィスのラッキーモーメント

オフィス、そこは仕事の場。
とは言えども、なにも8時間労働の間中ずっと仕事の事ばかり考えて書類やパソコンとにらめっこしているわけじゃないですよね?しかも、そこにはたくさんの女性もいるわけですから、ついつい目が行ってしまうこともあるわけで…。
というわけで今回は、オフィスでドキッとする女性のしぐさに関してGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査をしてみました。

■オフィスで女性のしぐさにドキッとしたことがありますか?

【男性】Q.オフィスで女性の仕草にドキッとしたことがありますか(単一回答)
【男性】Q.オフィスで女性の仕草にドキッとしたことがありますか(単一回答)

少なっ!ドキッとしたことがある人少なっ!!
そう思ったのは私だけではないと思うんですが、こんなものなんですかね?
だってもっとも多い40代(40代が1番多いのは経験数が違いますからね)でも、40%に届かなくて、20代なんか25%に満たないんですよ。
僕が20代の時なんか、パートのおばちゃんでもドキッとしたっていうのに笑みんな冷静に働いてるんだなぁ。
あ、パートのおばちゃんスイマセン、年を経てパートのおばさま方がどんどん魅力的に見えてきました。いや、ほんとに!

■オフィスで男がドキッとする女性の仕草って?

【男性】Q.オフィスでは、どんな女性の仕草にドキッとしますか(複数回答)

分かりすぎるくらい、分かる笑
ただこれ、エロスとラブの違いが若干あるような気がします、というのも、髪をかき上げるしぐさとか足を組み替えるしぐさなんて言うのはどちらかというとエロスですよね。
ところが、ありがとうとか見つめられるとか甘えられるというのは、むしろラブ。
つまりは、キュンに近いドキであって、決してムラではないと思うんですよね。(いやまあ、笑顔でありがとうと言われてムラっと来る特殊性癖の人もいるかもしれませんけども)。
そう考えると上位2つがエロスなところに、男性の悲しいさがを感じますね。

■あなたのオフィスでドキッとしたエピソード

それではみなさんのエピソードを見ていきましょう。

■髪をかき上げる

「パソコンを使用しての作業中、ふと近くに寄ってきて髪の毛を自分とは反対側の肩にかけ直しながら画面を覗き込んできた。」
(20代:男性)

おう、これ近くでやられるとさすがにドキッとしますよね。
とくに、女性特有のシャンプーの匂いとかが漂ってくると、そこにほんの少しだけ本人に体臭が混ざっていたりするとはっきり言って、仕事のために見なければいけない画面なんて何書いているのかもう分かりませんよね。

■足を組み替える

「面と向かって相談をしているときに足を組み替えた瞬間に見えてはいけない部分が見えてしまったとき」
(30代:男性)

えええ、もうそれ足組み替える関係ないじゃないですか笑
完全にそれ、職場で女性社員がパンチラしたときって感じですよね、そりゃドキッとしますよ、職場じゃなくてもどこでもドキッとしますよ爆
足を組み替えるとドキッとするのは、見えそうで見えないとか、パンストの脚がこすれるさまとか、太ももの間の隙間が、とかですよね。
パンツみえたら、もう、それ、パンツじゃん。

■笑顔でありがとうという

「真剣な表情で仕事をしているふとした瞬間に笑顔を見せるときドキッとします」
(30代:男性)

もうそんなの、恋に落ちざるを得ない!
とかって言うと、そんなのすぐに恋に結び付けるのはおかしいでしょ、という人もいるんですが、でも恋に落ちる要素のない人だと、普通にほほえましいだけですよね。
突然の笑顔にドキッとする、もうそれは恋に落ちる瞬間です。
ね、そうですよね?…違うのかなぁ。

■じっと見つめられる

「近くで見つめられるよりも少しはなれた距離で何もいわず見つめられるとドキッとする」
(40代:男性)

上級者!笑
なんかこうスナイパーが標的を狙っているような感覚を覚えたのですが、なかなかオフィスでそのシチュエーションは想像しづらいのですが、あるんでしょうね。
でも遠くから何も言わずにじっと見つめられているとか、それこそもう間違いなくラブでしょ。
そこにラブ以外の要素なんかないでしょ、実際。書いててテンション上がってきました笑

■助けを求めて甘えてくる

「仕事に行き詰まった時に相談を受ける、その問題が解決できた時のスッキリした表情」
(40代:男性)

そうですね、本当に男ってバカですよね笑
こうして一部の甘え上手な女子のみなさんは、適度に甘えることで仕事をスムーズにこなしていくわけですよ。だって同じことを男がやったって気持ちが悪いだけですからね。
そして男は喜んで利用される。
ん?でも、ということはこれってウィンウィンですよね。

■いつまでも男でありたい

結局、仕事場であろうとどこであろうと。
いついかなる時でも、そういったしぐさや瞬間を目にした時にドキッとしたり、キュンとしたり、ムラっとしたりするのは男としてきちんと女性を意識しているってことですよ。
そう、つまり、“24時間365日男”だということ。
いくつになっても、きちんとしっかり男でい続ける、そんな男に、私はなりたい。

調査データ

有効回答数:2,259名
調査期間:2018年10月11日~10月15日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男性20歳~49歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス