通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




も、もれる…(汗)出先で突然の便意がきたときの対処法は?

も、もれる…(汗)出先で突然の便意がきたときの対処法は?

まず個人的なことで申し訳ないんですが…私この原稿書く前日にノロウイルスに感染していました爆
まだちょっとゴロゴロしている感じで、さあ頑張るぞと向かって取り組む原稿が便意って…。
もう、神の啓示としか思えませんよね笑
神様も粋なことをする。

さてということで、今回はそんな出先での突然の便意の対処法についてGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。
思い入れというか臨場感たっぷりでお送りできるような気がします笑

■突然の便意!あなたは経験ありますか?

【男女】Q.あなたは、外出先で腹痛を伴う突然の便意を催したことはありますか(単一回答)
【男女】Q.あなたは、外出先で腹痛を伴う突然の便意を催したことはありますか(単一回答)

「あまりない」とか「まったくない」っていう人の方が多いのは、元々お腹が弱い私には意外な結果ですね。
もう、人生が終わってしまうことを覚悟するような、すぐそこまで大群が攻め込んで来ようとするのを門番が必至で押しとどめているような便意って、国民共通の経験だとばかり思っていました。

あれを経験したことがあるのとないのとでは、人生のピンチに対する耐性が違う気がしますもんね笑。
無理にとは言いませんが(無理にできる事ではない笑)1度経験するといいかもしれませんよ。
なんだかひと皮むけた、大人になった気がします。あくまで気がするだけですが。

■突然の便意!あなたの対処法は?

【男女】Q.トイレにすぐ入れない状況で腹痛を伴う突然の便意が襲ってきたとき、あなたはどのように対処しますか(複数回答)
【男女】Q.トイレにすぐ入れない状況で腹痛を伴う突然の便意が襲ってきたとき、あなたはどのように対処しますか(複数回答)

とにかくガマン!がやっぱり上位ですね。
まあ基本的にはガマンしか方法がないんですけど「じっとして便意が去るのを待つ」って相手が便意じゃなかったらなんか某国のスパイみたいでちょっとかっこいい笑

あと「他のことを考えて紛らわすも」よく使いますね。
人によって何を考えるかは変わってくると思うんですが、私の場合は“政治経済”のことを真剣に考えると和らぎます。

ちなみに友人は、思い切り我慢しているものをその場で放出する自分を想像すると現実はスッキリするって言っていましたが、私は1回真似して人生終わらせそうになったのでオススメは致しません。
この中だと最下位ではありますが、最近は緊急下痢止め薬とかもありますから「下痢止めを飲む」が正解なんでしょうね。

■それではみなさんの危機一髪エピソード

ではここからは、みなさんの「人生を失いそうになる寸前だったエピソード」をお聞きしましょう。

■じっとして便意が去るのを待つ

「高校受験に向かうバスの中で便意に襲われた。 何とか我慢しきって到着した高校で済ませることができたが、バスの中でテストの最終確認を行う余裕がなかった」
(20代:男性)

こういう切羽詰まった時こそ、切羽詰まるんですよねお尻方面って。
でもこれって個人的な意見なんですが、受験直前の見直しってホントやっても意味がないし、やると不安が募るだけなんでやらずに正解だったと思いますよ。
ある意味「受験前によけいなことするんじゃないよ」と、受験の神様の仕業だったかもしれません。

■お尻の筋肉をしめる

「突然の痛みと便意が来ました その日は飲み会で結構な量を飲んだためと思われます ずーっとお尻に力を入れて我慢をしました 帰宅してすぐにトイレへ」
(20代:男性)

まあこれが1番オーソドックスだと思うんですよね。
じっとして耐えている人も気をそらしている人も、取りあえず括約筋を大活躍させているはずですから、これはデフォルトですよね。
あと、飲み会の時って、この便意に関してはほんと要注意ですよね。
いつも何かしらのアクションを起こしてくる気がしますね。
飲みすぎなければ良いんじゃないかって?おっしゃる通りです。

■他のことを考えて気を紛らす

「う〜痛いって思うから痛くなるから、大丈夫大丈夫。この痛み受け入れます。お腹温まれ。って心の中で思うと痛みが引く。」
(20代:女性)

なんですか、その聖母みたいな受け入れ方!笑
もうなんか便意のマリアと名付けたくなるような、まるで聖職者の様な野菜い受け入れ方、真似できませんね。
なんか不思議な光におなかが包まれてそうで、うっかり出会ったら十字を切ってしまいそうです笑

■深呼吸をする

「通学、通勤中のバスや電車で腹痛が起き、途中で降りることが何度も。大丈夫大丈夫と暗示をかけ、お腹に手を置いて深呼吸。」
(30代:女性)

あっ、ここにも聖母が笑
なんか女性に対するイメージ変わってしまいそうなんですが、もしかして女性が自分の子供以外でもっとも母性を発揮するのは便意に対してなのだろうか?と思ってしまいます。
だって、“大丈夫大丈夫”ですよ、もう完全に母。
しかもそこにそっと手を添えて。
そこにあるのが便意でなかったら、教会に飾る絵になりそうです。

■おなかを温める

「電車や高速バスに乗っている時は、目をつぶって何とか寝よっとしたり、音楽を聴いたりして気を紛らわせていた。あと、やばい時と何とかなる時に波があるからなるべくなんとかなる時にお腹を温めて何とかなる時の時間を伸ばそうとしていた。」
(20代:女性)

ある意味、1番理性的で科学的ですよね。
確かにおなかが痛くなる原因は、特に女性に関しては冷えがその大きな原因となることが多いですから、温めてやるというのはかなり有効な手立てです。
ただ、時々温めてやったことで腸が元気になって、逆荒な時があるところにギャンブル性があるんですよね。
って、わたしだけですかね?笑

■その他

「夜行バスの中で便意を催したが、なかなかパーキングエリアにつかず、しかも車内のトイレから一向に人が出てこない。振動で便意が最高潮に達したとき、隣の人が異変に気付いてトイレをノックしてきてくれて早く出るように促してくれた。お陰で間一髪のところでトイレに駆け込むことができた。あの時、隣の人が寝たままだったら、彼は隣からの異臭で目を覚ましてたかもしれない…。」
(20代:男性)

要約すると「漏らしそうになった。」なのに、何ちょっとカッコつけてんですか爆
そんな風に言っても全然かっこよくないですからね笑。
しかし。かなり危機一髪だったんですね、主にあなたではなくて周りの人が笑
長距離の夜行バスとかで、漏らされたらと思うと地獄絵図です。

■まとめ おなかの調子はバロメーター

おなかの調子って、けっこう健康そのもののバロメーターなんですよね。
やっぱり急な腹痛を伴う便意なんかも、身体の調子がどこか悪いような時に起きるものですから、普段から体調管理が重要ですよね。

あと、急な腹痛を伴う便意が頻繁に起こる時は、我慢しないで病院に行きましょう。病気だったら困りますからね。
たかが腹痛と無視せずに、日頃の生活習慣を見直してみると良いですね。

と、最後は真面目に締めくくってお別れしたいと思います。
ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

調査データ

有効回答数:2,806名
調査期間:2018年9月13日~9月15日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女15歳~59歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス