通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




ハロウィンの女性の仮装やコスプレってどう?オトコの本音

ハロウィンの女性の仮装やコスプレってどう?オトコの本音

もはや説明が不要な程にまで成熟したイベント「ハロウィン」。
日本のハロウィンの特徴として真っ先にイメージされるのが、若者たちの「仮装やコスプレ」です。
毎度、渋谷はその年に流行ったキャラクターで埋め尽くされますが、もう少し深掘りして仮想する女性を男性はどう見ているのか、受け入れられているのかどうかをGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

■ハロウィンの仮装・コスプレはアリ?ナシ??

まずはハロウィンの仮装・コスプレに興味があるかどうかを聞いてみた結果が以下のグラフとなります。
【男性】Q.ずばり、ハロウィンの仮装やコスプレに対して、どう思いますか(単一回答)
【男性】Q.ずばり、ハロウィンの仮装やコスプレに対して、どう思いますか(単一回答)

なんと!以外にも70%以上の人が「興味がない」との結果でした。
好感をもって受け止めているのは圧倒的少数派なんですね。
この数値だけを見ると、まだ文化として馴染んでいないのではないかと思わざるを得ませんね。

渋谷のスクランブル交差点では、毎年のようにたくさんの若者たちがコスプレをして夜中まで練り歩いているので、もう少しハロウィンのコスプレに対する興味があるのでは?と思っていたのですが…。

■どのようなコスプレを避けるべき?男性が引いてしまうのは?

せっかくのイベントですから、コスプレを楽しみたいという女性は多いのではないでしょうか。
では、男性はどのようなコスプレに“ドン引く”のか聞いてみましたので、ぜひ参考としてみてください。
【男性】Q.ハロウィンの仮装やコスプレで、女性がしていたら思わず引いてしまう格好はどんな格好ですか(複数回答)
【男性】Q.ハロウィンの仮装やコスプレで、女性がしていたら思わず引いてしまう格好はどんな格好ですか(複数回答)

なるほど。全体的に、「やり過ぎなコスプレはちょっと…」と思われているようですね。
なかでも“血まみれ”はもっとも抵抗感を与えてしまうようです。たしかに、仕事で夜遅くなって街灯も少ない帰り道を歩いているときに、ものすごくリアルな血まみれメイクとリアルなゾンビメイクの人に突然出会ったら、気を失う自身があります笑。

そして意外だったのは、セクシーすぎるコスプレについても引いてしまう男性が多かった点です。男性が喜ぶと思って頑張ってコスプレした結果、逆効果となってしまうかもしれませんので気をつけましょう。

■それぞれのコスプレがダメな理由とは?

では衣装のどんなとこにドン引いてしまうのか、みなさんの意見を聞いてみましょう。

■血まみれすぎるコスプレ

「びっくりするから。血みどろになって、いったい何が楽しいのかわからない。時と場合によっては不謹慎になりかねない。」
(20代:男性)

確かにビックリしますよね。正論すぎて何も返す言葉がございません。スミマセン…。
ちなみに、ハロウィンというのは秋の収穫祭と死者の魂がこの世に戻ってくるお祭りが合体したお祭りだそうです。死者に混じって死霊や悪霊、魔女なんかも一緒に来てしまうので、同じ仲間だと思ってもらえるように彼らの姿を真似したのが始まりらしいです。
これを知ると、血まみれやゾンビ、魔女のコスプレにも意味があったんだなぁと思いますね。

■リアルすぎるゾンビメイク

「ゾンビメイクをするぐらいならもっと可愛くてセクシーなコスプレをした方がいいと思った。」
(30代:男性)

ここ最近のゾンビメイクの出来栄えはすごいですね。
ネットで検索すると、たくさんのゾンビメイクの作り方が出てきます。
なるほど、みなさんこうやってメイクの仕方を勉強しているんですね。
ただし、男心としては「せっかくコスプレするんだったら、かわいい服が見たい!」というのが本音ですよね?

■セクシーすぎるコスプレ

「自分の前でだけなら良いが外でしないで欲しい。」
(40代:男性)

こちらの意見もごもっとも!
他の男性から、下心見え見えの視線をパートナーに向けられたくはないですよね。
でも、全然知らないかわいい女の子がセクシーなコスプレをしていたら…。やっぱり見ちゃいませんか?

■本気すぎるコスプレ

「基本的に女性のするコスプレは好きです。 可愛らしいし、お茶目だなて思う反面 その域をこえると ガチかよwて怖く感じます。 ほどよく可愛らしさを保ってほしいなと感じます」
(30代:男性)

あまりに相手の本気度が高いと、ハロウィンだからコスプレしてるのか、コスプレが趣味だからハロウィンに乗っかったのかわからなくなりますよね。
さらに「〇〇くんは、私の相棒役の衣装を着てね♪」なんて言われたら、嫌でも付き合わなくてはならないような気がしてプレッシャーになるかもしれません。

■着ぐるみやロボコスプレ

「そんな中途半端な感じで街を歩くの?とこちらが恥ずかしくなる。そういうのは家でやってほしい。」
(20代:男性)

気ぐるみはコスプレに含まれるんですか!?
一時期、若い女性が渋谷センター街を「着ぐるみパジャマ」を着て歩いていましたが、ハロウィンでも時々見かけますね。
しかし、バナナの全身気ぐるみやミニオンの全身気ぐるみ、ゆるキャラばりのガボチャ気ぐるみなんていうものも街を練り歩いておりまして…

■ハロウィンは、ほどよく楽しむのが吉でしょう

「せっかくのハロウィンだからとコスプレに気合を入れよう!」と思っていた女性のみなさまには、いくらかショックなアンケート結果だったかもしれませんね。
男性の意見の傾向を考えれば、やり過ぎには注意しましょう、といったところなので、それを踏まえながら、今年も思い思いの衣装にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
怖すぎグロすぎは控えて、かわいさアピールも忘れずに!

調査データ

有効回答数:1,567名
調査期間:2018年9月13日~9月15日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男性15歳~39歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス