通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




NHKの受信料ちゃんと払っている?

NHKの受信料ちゃんと払っている?

近年NHKの受信料が話題となっています。
以前より受信料のあり方については議論があったものの、徴収に行き詰まりを覚えたNHKが法的手段に出始めたためです。
今回のアンケートでは、みなさんがNHK受信料を支払っているのかどうかGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で実施してみました。

■そもそもNHKを見るのか、見ないのか。

まずはみなさんにNHKを見る機会があるのかアンケートしてみたところ、以下のような結果となっています。
【男女】Q.あなたはNHKのテレビ番組を見ますか(単一回答)
【男女】Q.あなたはNHKのテレビ番組を見ますか(単一回答)

若者のテレビ離れという言葉も知られているよう、40代以上で視聴率が高くなっているのが特徴的です。

■NHKの受信料を支払っているかどうか

次に、今回の本題となる受信料の支払い状況について聞いてみた結果が以下となります。年代を追うごとに支払っていると回答した比率が多くなっているのは、所帯持ちが増えることも影響しているかも知れません。
【男女】Q.あなたの世帯ではNHKの受信料金を支払っていますか(単一回答)
【男女】Q.あなたの世帯ではNHKの受信料金を支払っていますか(単一回答)

興味深いのは、NHKを見ることがあるかどうかのアンケート結果との照合です。「見る」「たまに見る」と回答した人の割合を合わせて、こちらの支払い状況のグラフを見てみると、どの年代であっても10%以上の人々がNHKをまったく見ないにも関わらず受信料だけを支払っているとの結果が導かれます。

■NHK受信料についてのみんなの本音

【男女】Q.「NHKの受信料金」の支払いをしない人についての意見を教えてください。(自由回答)

「勝手に受信されているものに払う必要がないと考えるのかな?と思う。また、見ないものに払うのに不満を持っている人もいるのかなと感じる。いざというときには必要になることが多い局と思うので気持ちだけでも払ってほしいなと思うこともある。」
(40代:女性)

納得いかない部分が多いのも事実ですが、国営放送ですので税金のひとつと考えるのが良いかも知れません。

「支払いをしているが基本的にNHKの番組を見ないため、支払いをしたくない人の気持ちは分かる。
NHKのEテレの香川照之の昆虫の番組だけは面白くて見ているので、そのために支払いをしていると言い聞かせている。」
(30代:女性)

何か1つでも自分にとって見逃せない番組があると、納得しやすいですよね。

【男女】Q.「NHKの受信料金」の支払わない理由やエピソードを教えてください。(自由回答)

「受信するのは勝手にしてるくせに、強制的に受信料を払えというのがおかしい。見ないチャンネルの受信料を払う意味がわからない。払わない家庭には電波を受信しない方法をとって欲しい。」
(40代:女性)

まさに以前から問題となっている点です。商品を勝手に送りつけて代金を支払えという論理とあまり変わらないような気もします。

「テレビを買ったら強制的に受信料を支払わなければならないという放送法は、憲法の契約の自由に反しているし、おかしい法律だと思うから、支払う義務はないと思っている。そもそも、受信料を支払っていない世帯には、有料放送と同じように、NHK側が映らないようにすればいいと思う。」
(20代:男性)

法律的に問題があるように見えても、特別法が優先されますので、そもそも放送法の在り方が問題なのではと考えられます。

■まだまだ議論は終わらない受信料問題

ネットの普及によって、テレビという媒体の価値そのものが低減してきているように思えますが、その中でNHKだけがいざというときに特別視されるべき存在であるといえるのでしょうか。
加えて、払っている世帯と払っていない世帯が存在しており、後者にはペナルティもない不公平感がさらに問題を増長させているのかも知れません。
個人的には、契約するかどうかを選択制とし、NHKの機能を分散させ、公益性あると認められる個所のみ税金での運用とすれば問題が緩和されるのではと思います。

調査データ

有効回答数:2,448名
調査期間:2018年7月26日~7月26日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~59歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています