通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




【2018年上半期】みんなが選んだ流行語が半端ないって!

【2018年上半期】みんなが選んだ流行語が半端ないって!

早いもので平成最後の年度も、残すところあと少しとなりました。
2018年は例年以上に注目を集める報道が連なっているような気がします。少し気が早いかもしれませんが、上半期を終えた段階でみなさんが思う今年の流行語候補について、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

■どれもが思い出される言葉ばかり

2018年上半期が過ぎた段階で、今年の流行語となりそうなものをみなさんに応えていただいた結果、以下のようになっています。

【男女】Q.あなたが選ぶ2018年上半期流行語は何ですか(単一回答)
【男女】Q.あなたが選ぶ2018年上半期流行語は何ですか(単一回答)

いただいた回答結果は、みなさんが頷けるものとなっているのではないでしょうか。
大迫選手の個人名が入っているので、実際に流行語となるのはそれ以外となるでしょうが、大迫選手のお名前は先のワールドカップでの活躍によって多くの人々に脳裏に刻み込まれたのだと推測されます。

■なぜ、それが流行語になると思うのか?

【男女】Q.前問で答えた「2018年の上半期流行語」を選んだ理由を教えてください。(単一回答)
【そだねー】

「オリンピックが終わってから、学校や家で使っている事や使っている人を見ることが多かったから。実際に使っていると自然と笑顔になって、とてもいい言葉だと思います。」
(10代:女性)

冬期オリンピックにおいて、カーリング女子チームは大きな注目を浴びていたのも記憶に新しいところです。その言葉以外にも“もぐもぐタイム”など、ちょっとした行動にさえ注目と愛着を持たれていましたよね。

【大迫半端ない!】

「この言葉自体はずっと昔からあるのだが、それが数年の時を経て、再びフューチャーされたという点で今までの流行語以上の価値があると感じたため。」
(20代:男性)

サッカーが好きな人であれば、大迫選手が鹿島アントラーズでデビューした頃には、この言葉を知っていたはずです。
時間をおいてクローズアップされたのも、それだけ大衆が衝撃を受けるプレイを見せてくれたからでしょうね。

【大谷翔平】

「良い意味で予想を裏切る大活躍。他国でフィーバーを起こす素晴らしさは称賛すべき。」
(40代:女性)

日本国内のみならず、全米までもが活躍に注目しています。
ピッチャー、バッターのいわゆる「二刀流」としての活躍は、あのベーブルースを彷彿とさせるものであっただけに、今後の活躍にも期待したいですね。

【ワールドカップ】

「普段サッカーを観ない人も、みんなで団結して応援しているし、 放送が夜中にもかかわらず高い視聴率を記録しているから。」
(20代:女性)

4年に1度のサッカーの祭典は、各国のスタープレイヤー達の本気を見られるので、とてもエキサイティングな大会となりました。
個人的にはロシア大会は日本代表の活躍を除いてもベストな大会だと思っています。

おまけ
【ポプテピピック】

「私の周りの友達が皆と言っても過言じゃないくらいポプテピピックのスタンプを持ってるから」
(10代:女性)

元は4コママンガで、アニメ化もされた独特な雰囲気の作品ですね。
私もスタンプを持ってます!

■流行語とは、その1年の思い出に他ならない

今回のアンケートで回答いただいた内容は、いずれも2018年上半期の出来事として誰もが思い浮かぶものばかりでした。
平成最後の下半期も始まっていますが、みなさんそれぞれにとって素晴らしいものであるよう、よりエキサイティングな流行語候補が生まれることを望むばかりです。

調査データ

調査期間:2018年7月5日~7月6日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女15歳~29歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス