働きすぎ?全く有給が取れていない人が約30%という実態

働きすぎ?全く有給が取れていない人が約30%という実態

会社に入ると、ちゃんと有給休暇が取れるか気になる人も多いでしょう。
いくら給料が満足できる額だったとしても、有給休暇が取得できなければ肉体的にも精神的にも辛いものかもしれません。
有給休暇消化率は会社によって大きく異なりますが、実際に働いている人の有給取得の実態はどうなのでしょうか。
とういわけで、有給取得の実態についてにGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

■直近1年間の有給休暇の消化率はどれ?

【男女】Q.直近1年間の有給休暇の消化率であてはまるものを選んでください(単一回答)
【男女】Q.直近1年間の有給休暇の消化率であてはまるものを選んでください(単一回答)

このグラフを見ると、有給休暇の消化率が見事に2極化しているのがわかります。
ほとんど取得していない男性が29.0%、女性は22.8%もいますが、一方で消化率90%を超える男性は13.1%、女性はさらに多い23.2%もいる結果となりました。
このアンバランスは、国が推進する「働き方改革」が各企業・個人に浸透し改善されることを願うばかりです。

■有給休暇を取りにくいと感じる?

【男女】Q.有給休暇を取りにくいと感じることはありますか(単一回答)
【男女】Q.有給休暇を取りにくいと感じることはありますか(単一回答)

46.0%の人が、有給休暇を取りにくいと感じているようです。
仕事が忙しいことが原因だったり、社内の雰囲気だったり、上司のご機嫌にもよることがあるかもしれないですね。
反対に、有給休暇を取りにくいと感じていない人は、30%ほどなっています。
多くの人が、有給休暇を取りやすいと感じられる会社がベストですね。
部下を持つ上司が積極的に有給休暇を取得したり、休んでも代打がいる状態が整うことでより一層消化率が上がることでしょう。

■休みたい・休み不足と感じることはある?

【男女】Q.休みたい・休み不足だと感じることはありますか(単一回答)
【男女】Q.休みたい・休み不足だと感じることはありますか(単一回答)

休みが足りない…と感じている人は、「非常にある」と「まあまあある」と答えた人を足すと、なんと50.0%以上にもなります。
有給休暇を取りやすいように、という工夫が政府主導でされてきているとはいえ、実際に有給休暇を思うように取れている人は少なく、休みが足りないようですね。
反対に、休みが十分!と答えた人は、たったの8%ほど。
とても少ない数字ですが、この中に入っている人は羨ましい限りですね。

■なぜ日本企業の有給休暇消化率が改善しないと思う?

「休むこと=悪いことと思われている風潮がある。以前勤めていた会社では病欠でさえ休みをとりにくかった。今の会社は有給休暇も病気での休暇もとりやすいし、有給休暇を使うように推進しているが、「人が働いている時に休む」ことに対してどうしても罪悪感があり結局休みずらい。」
(40代:女性)

なぜ休むことは、悪いことなのでしょうか。
さらに病欠でさえ休みが取りにくいのは、なんとも辛すぎますね。
日頃の就業態度により、周囲に与える印象が変わるのも事実ですが、有給取得は働くものの権利なので誰にも咎めることは許されないはずですよね。

「くそまじめな上司がいると、その上司自身が休みを取らないので、部下が有給を取得しづらい。有給は、用事がある時に取得するものと思い込んでいる人が多く、リフレッシュするためのものという観点が欠けている。 休まず働くことが美徳という日本人の感覚は、まだまだ根強いと感じる。」
(50代:男性)

有給休暇がとりやすいかどうかは、会社だけでなく上司にもよります。
上司が休みをなかなかとらないと、部下はとりづらいでしょう。
また、「休まず働くことが美徳」としている感覚は、簡単に取り除けないものかもしれません。

「私の働いてる職場では、上司が積極的に有給休暇を消化しており、部下に対しても遠慮なく有給休暇を消化するように定期的に発信してくれており、消化しやすい雰囲気がある。そういった雰囲気作りがあまりできていないことが消化しにくい原因と考える。」
(20代:男性)

上司が休みを取るように促してくれるのは、なんともありがたい仕事環境。
罪悪感も少なく、しっかりと有給休暇がとれるのはいいですね。
休みが足りない…と感じることもなく、仕事への熱も入ることでしょう。

あなたは有給休暇をとれてる?

有給休暇の消化率は、会社によったり上司によって異なるもの。
多くの日本企業では、まだまだ有給休暇の消化率が悪いと言われていますが、それでもしっかりと有給休暇をとれている人もいます。
あなたの会社ではどうですか。
しっかりと休みがとれて、リフレッシュ気分で仕事に取り組めるといいですね。

調査データ

有効回答数:3,105名
調査期間:2018年6月28日~6月29日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~59歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス