隣の芝生が青く見えるだけ?収入と幸福度は比例するのか

隣の芝生は青く見える……収入と幸福度は比例するのか?

いくらの収入があれば幸福であると感じられるのか、といった議論は古くから交わされてきたテーマですが、今回は直近の価値観をGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

自分の幸福度を評価してもらいました

みなさんに収入を聞くとともに、自分の幸福度を10段階で自己申告してもらい、その結果をまとめたものが下のグラフとなります。
【男女】Q.あなたは幸せですか。幸福度を1~10段階でお答えください(単一回答)
【男女】Q.あなたは幸せですか。幸福度を1~10段階でお答えください(単一回答)

全体的な傾向として、収入が増えれば増えるほど幸福度が高いと回答した人の割合が大きくなっていっており、この点については誰もが事前にイメージしたものと言えるかもしれません。
しかし、見落とすべきでないのはもっとも収入が多い層において「まったく幸せではない」と答えた人の割合が最大となっていることでしょう。
同様の回答を選択した人の割合が次に多いのも、収入が2番目に高い層であるだけに、1000万円を境として何かしらの心境の変化が生じるのかもしれません。

■収入と幸福度についてのみんなの意見

■300万円未満

「収入とは全く比例していませんが、とても幸せです。色々あって家計は火の車ですが、節約だとか、今日は贅沢にとか夫婦であれこれ工夫して今月も何とか過ごせた事にお互いに感謝の気持ちを言葉で伝えています。
お互いに体が心配ですが、毎日無事に過ごせる事が当たり前では無い事を忘れずにおります。収入があればもっと幸せなのか?考えますが、幸せが増えると言うより、我が家は苦労が少し減るのかな?と思います。」
(幸せ度9 30代女性)

収入が増えれば幸せが増えるのではなく、苦労が減るのかもしれないという価値観がステキです。

■300万円以上500万円未満

「母子で底辺ですが、節約してどうにか2人の子どもを独立させることを目標に生きてきた過程は、そこそこ幸せでした。収入とは比例していません。自分の頑張りと比例していると思います。 」
(幸せ度7 50代女性)

頑張ることのできる人生こそ。生きている意味合いを深く感じられ、それが幸せにつながるのかも知れませんね。

■500万円以上700万円未満

「収入と幸福は比例していない。収入は増えてきたが仕事でのストレスが増えさらに家族と過ごす時間が減ったから。」
(幸せ度2 30代男性)

何のために働いているのかわからなくなるときもありますよね・・

■700万円以上800万円未満

「収入はまあまあだと思うが、それだけ残業しているので、時間があまりない。よって幸福度は比例しているとは思えない」
(幸せ度6 50代男性)

時間こそ、私たちが平等に持ち合わせているもっとも高価な資源です。
その時間をどのように使うかが、幸福度と関係性が高いのかも知れませんね。

■800万円以上900万円未満

「3年付き合った彼女と別れたので、自分の為に使える金が増えたが、全然幸せではない。やはり金は楽しく使えないと駄目だ。」
(幸せ度1(まったく幸せではない) 40代男性)

たくさんのお金を楽しく使ってこその幸せというご意見は考えさせられますね。

■900万円以上1000万円未満

「意外に比例はしていない。年収が低くても四国にいたときは自然を満喫でき、安く宿泊設備が使えていた。
混み合うこともなくストレスを感じない。関東にきて年収は増えたが、窮屈な思いをしないと余暇を楽しめないストレスがある。」
(幸福度8 40代男性)

人間らしく生きることの意味を再確認させられてしまいます。

■1000万円以上~1500万円未満

「平均以上の収入はあるが、仕事もつまらないし、家族も優しくないので反比例。」
(幸せ度1(まったく幸せではない) 50代男性)

色々なことを犠牲にして辿り着くところまで辿りついた結果、というところでしょうか。

■1500万円以上

「他の状態がわかりませんが、収入が高ければ出来ることは数多くあるので、その分幸せを感じることが出来るのではないかと思います。例えば子供の受験に際し、予算を考えながら塾を選ばずに必要なものを選ぶようなことが出来たり、私立の医学部に通わせることが出来たり、やはり収入があがれば幸福度はあがると思います。
ただし、実際には相対的なものなので、自分が幸福だと思えば幸福なのでそういう意味では収入が高くても低くてもひとは少しの不満と多くの満足があるのでそういう意味では変化はないと思います。」
(幸せ度10 50代男性)

やはり人それぞれの価値観によるとしか言えないかもしれません。

あなたは幸せですか?

今回のアンケート結果を受けて思うのは、何が正解なのかは誰もわからないということです。ただ、一概にお金があれば幸せであると言い切れない部分があるということは確認できました。
みなさんは幸せですか?

調査データ

有効回答数:3,014名
調査期間:2018年5月24日~5月25日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~59歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス