通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




インターネットTVの人気の媒体と利用時間を徹底調査!

インターネットTVの人気の媒体と利用時間を徹底調査!

「若者のテレビ離れ」というフレーズもずいぶん浸透していますが、その一因と言われているのがインターネットの中でも、最近ではAbemaTVのようなインターネットTVが話題です。
そこで今回は、「インターネットTVの利用状況」についてGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

■みんなが視聴しているインターネットTV

インターネット技術の発展によって、地上波テレビと同様に視聴を楽しむことのできるインターネットTVですが、まずはみなさんがどのインターネットTVを利用しているのか聞いてみた結果が以下となります。

【男女】Q.あなたがもっともよく利用するインターネットTVを選んでください (単一回答)
【男女】Q.あなたがもっともよく利用するインターネットTVを選んでください   (単一回答)

どれもネット上やTVCMで頻繁に見かけるものだけに、すべてご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。なかでも話題性ある企画を次々と仕掛けているAbemaTVがもっとも票を集めているのも、テレビというもの自体が人気商売であることを表しているようです。

そして、興味深いのは女性票がバランスよく分かれている点であり、話題性よりもコンセプトを重視して利用先を決めているように思えます。

■どれくらいの時間、インターネットTVを見ているのか

【男女】Q.もっともよく利用するインターネットTVの「1日あたりの視聴時間」を選んでください (単一回答)
【男女】Q.もっともよく利用するインターネットTVの「1日あたりの視聴時間」を選んでください  (単一回答)

次に、みなさんが1日のどれくらいの時間をインターネットTVの視聴に充てているのか聞いてみたところ、圧倒的に30分未満という回答が多くなっており、続く1時間未満という回答と合わせて80%ほどを占める結果となっています。

受け身でしか見られない地上波テレビとは異なり、自分から興味のある情報を探すネットだからこそ、このような結果となっているのかもしれません。

■インターネットTVについてみんなが思うこと

「普段は30分以内ですが、AbemaTVは吾郎ちゃん慎吾くん剛くんの初番組は良かった。地デジじゃない生放送がある感動で、スマホから見られたら確かにテレビは見なくてもよくなりますね。生放送記者会見もスマホからが1番早い情報です。」
(30代:男性)

いろいろなしがらみに縛られているテレビより、自由度高くスピード感もあるインターネットTVのほうが魅力的に映ることも少なくありません。

「アニメが好きなのに好きなアニメがなかなか自分の住む場所で放送されないのでインターネットTVで見るようになったが、これに慣れすぎたせいで地上波が一時停止ができなかったり決まった時間にしか見れないという点に不便さを感じるようになってしまった。」
(20代:女性)

インターネットTVなら見たい番組が見たい時間に見られる事が多いので、これに勝る理由はありませんよね。

「TVを見ている間は会話もなくTVを見ることに集中してしまっていた。 インターネットTVを見始めてからは、主に自分のPCで見るようになり、放送時間にしばられないようになったので、その日の出来事など家族に会話が増えたような気がする。」
(30代:男性)

テレビに時間をコントロールされない生活こそ、私たちが本当に得るべきものかもしれません。

■より面白い番組が期待できる可能性大

これまでご紹介してきたインターネットTVについてのアンケート結果を見れば、番組制作者にとってはとてもシビアなものとして捉えられることでしょう。

面白くなければ、すぐに他の番組に視聴者が移っていってしまうのですから、少しでも面白いものを作っていかなければなりません。

相互に切磋琢磨することで、業界全体としてもエンターテイメント性が高まると良いですね。

調査データ

有効回答数:2,350名
調査期間:2018年5月17日 ~5月18日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~59歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています