通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




ペットを飼いたい!もっとも飼いやすいのは?

ペットを飼いたい!もっとも飼いやすいのは?

仕事から帰宅した時にいつも喜んで出迎えてくれるペットの存在は、私達を癒やしてくれ疲れも吹き飛ばしてくれますよね。
近年、ペットを飼う人が増えてきておりますが、どんなペットが飼いやすいのでしょうか。
ということで、今回は「飼いやすいペットは何か」をGMOリサーチが運営する「アンケートサイト infoQ」で調査してみました。
Q.ペットを飼おうと家庭で相談中。一番飼いやすいのは?(単一回答)
Q.ペットを飼おうと家庭で相談中。一番飼いやすいのは?(単一回答)

■それぞれの好みと考え方が反映された結果に

もっとも飼いやすいペットとして、もっとも多くの得票数を獲得したのは「小さな犬」でした。
3位にランクインしている「猫」と10%も差がついていない状況を見れば、サイズによって飼いやすさが判断されているようです。
しかし、「大きめの犬」もしっかりランクインしている様子を見れば、実際の飼いやすさはサイズのみで計れるものではないといえるでしょう。
たとえば盲導犬は人間のパートナーとして生活を共にしている大きな犬ですが、驚くほど頭が良く飼いやすさという概念さえ忘れてしまうほどです。

■2位がもっとも考えさせられる回答

今回のアンケートで2位となった「止めたほうがいいよ」という回答は、とても深い含みがあるように思えます。
ペットを飼うということは必ず最後まで面倒を見なければならないですから、楽しいことばかりではないでしょう。
自分の時間を削ってでもペットのために費やす時間を作る必要があり、それ相応の覚悟が必要です。
ペットは私たちの生活に癒しを与えてくれますが、それ以上に私たちは世話をしていかなければなりませんし、そこには必ずトレードオフが生じるわけであり「かわいいから」「飼ってみたいから」と安易な考えで迎え入れることは避けたほうが良いのかも知れませんね。

調査データ

有効回答数:11,634名
調査期間:2018年6月1日 ~ 6月7日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女 15歳~99歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています