通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




4月入社→4月退社!?1カ月以内に辞める新入社員はいるのか?

4月入社→4月退社!?1カ月以内に辞める新入社員はいるのか?

入社して1ヶ月以内に辞めてしまう新入社員はどれほどいるのか気になったことはありませんか。
今回はみなさんのお勤め先に「4月中に退職した新入社員がいたか」をGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。
ちなみに弊社は、4月中に退職した新入社員はいませんでした!

■4月中に辞めた新入社員はどれほどいたのか

完全に売り手市場となっている就職活動の現場では、どうしてもミスマッチが生じてしまうのではないかと危惧されます。
まず、みなさんの会社に4月中に辞めた新入社員がいたのかどうか聞いてみたところ、以下のような結果となりました。

【男女】Q.あなたの会社に、4月中に退職した新入社員はいますか(単一回答)
【男女】Q.あなたの会社に、4月中に退職した新入社員はいますか(単一回答)

なんと、おおよそ20人に1人の割合で4月中に辞めてしまう新入社員がいるようです。
この割合が多いか少ないかは議論が分かれるところかもしれませんが、個人的には思っていた以上に辞める人が少ない印象を受けました。

■4月中に辞めた新入社員の退職理由は

4月中に辞めた新入社員がいるとお答えいただいた方を対象に、その退職理由を探るべく、その元社員さんについてのエピソードを伺ってみました。

「最初は自分が選んだ職場だからと、雰囲気の良いことを言っていたが、入ってすぐ汚れ仕事を任されると、もう嫌だと言ってすぐに辞めた。」
(20代:男性)

理想と現実とがミスマッチしていれば早期退職が生じてしまいがちですが、ちょっと仕事内容が嫌だったからとはいえ、その程度で・・と思ってしまいます。

「4月に大学新卒で入社したまでは順調で、同期入社の社員らともウマが合っていた様だったが、仕事内容が自分の思い描いていた社会人生活とは大部かけ離れていたらしく、入社間もないうちから会社組織や業務内容に対する毒舌と捨て台詞を吐き出して、誰の記憶にも名前すら残らないような速さで消え失せた!」
(50代:男性)

会社へ入る前には把握できなかったことがあったとしても仕方ない面はありますが、それを受け止めてどのように処理するかが大事であり、最後に悪態を繰り返すなど論外ですよね。

「研究所に配属された新人が、実験用のウサギを見ただけで、実験に使われる場面を想像をして、他の部署への配属を提案しても、退職してしまった。」
(60代:男性)

外からでは見えづらい仕事内容を目の当たりにし、それが許容できなかったのでしょう。少し残念なミスマッチのように思えてしまいます。他の部署への異動を提案されても拒絶したとのことで、かなりショックを受けたようですね。

■あくまで4月中に辞めるのは少数派

これまでご紹介した内容は、4月中に辞めた新入社員さんばかりをクローズアップしたものとなっていますが、20人のうち19人はそうではないのですから、それだけ多くの人が懸命に社会での第一歩目を踏み出そうとしているといえるでしょう。

最初の就職は一生を左右するといわれることもあり、いくら売り手市場となっていようと、一定の価値観が保たれていることが伺えます。

調査データ

有効回答数:2,892名
調査期間:2018年5月10日 ~ 5月12日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男性20歳~69歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています