通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




20代の40%がお酒を飲まない!?若者のお酒事情に迫る

20代の40%がお酒を飲まない!?若者のお酒事情に迫る

今まで、若者の「テレビ離れ」や「旅行離れ」を取り上げてきましたが、今回は「お酒離れ」についてです。
最近の若者は、「お酒離れ」が進んでいると聞きます。
昔は「お酒が飲めるようになって一人前」といいましたが、今はそんな風潮はないのでしょうか。
そこで今回は20代のお酒事情について、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

20代の40%以上がお酒を”全く飲まない”

Q.あなたはお酒をどこで飲む機会が多いですか(単一回答)
Q.あなたはお酒をどこで飲む機会が多いですか(単一回答)

20代はお酒をどこで飲むのか聞いてみたところ、男女共に40%以上がお酒を全く飲まないと回答しました。
若者のお酒離れはここまで進んでいる事がわかる結果となります。
反対に、お酒を飲む方の意見としては、「家で飲む」が30%前後、「外で飲む」が27~29%となりました。
家で飲む人は経済的にも安上がりですし、テレビでも見ながら飲むのが好きなのかもしれません。
外で飲む人は、複数人で飲みに行くなど、コミュニケーションツールとしてお酒を飲んでいる可能性もありますね。

あなたはどれくらいの頻度でお酒を飲む?

Q.あなたがお酒を飲む頻度を教えて下さい(単一回答)
Q.あなたがお酒を飲む頻度を教えて下さい(単一回答)

次に、お酒を飲む20代を対象に、どのくらいの頻度でお酒を飲むか聞いてみました。
男性で1番多かったのは「1週間に1度」。この程度なら健康的な飲み方の範囲ではないでしょうか。
女性の場合は、「1ヶ月に1回程度」。お酒も無料じゃありませんので、これくらいなら財布にも厳しくないかもしれませんね。
反対に「3日に1回」飲むと答えた20代は9%以下となります。
よく30代や40代の人が「若い頃は先輩に連れられて毎日飲んだもんだ」と豪語する人もいますが、いまはそんな連れ回す先輩も少ないかもしれませんね。

次に、お酒を飲まない20代を対象に、その理由について聞いてみました。

あまり、お酒はおいしくない?

「20歳の時に酒を飲んでみたが、ビールは美味しくなく、フルーツのカクテル系は美味しかったが3~4杯飲んだところで気持ち悪くなり、リバースするかしないかの辺りで電車に揺られて帰宅するのが大変気持ち悪かった。
この経験がもとで以後飲まなくなってしまった。また、酒は一旦はまるとかなりお金がかかりそうなイメージがある。」
(20代:男性)

ビールの苦さが苦手だという人は少なくありません。
また、お酒の失敗を経験をすると、わざわざお酒を飲みたくないと感じてしまうのかもしません。

「アルコール度数やフレーバーに関わらず、アルコールを美味しく感じないから。薬を飲んでる感じ。
それにいくら飲んでもあまり酔えないからつまらない。」
(20代:女性)

お酒は弱くないけど、美味しくないから飲まないという人もいるでしょう。
また自分が酔えないのに、周りが楽しそうに酔ってるのを見るとつまらなく感じてしまうかもしれません。

「気持ちよく酔うことができず、むしろ吐いてしまうので、お酒を飲むことを楽しめない。
お酒にお金を費やすよりも、貯金をして他のことに使いたいとも思ってしまう。」
(20代:女性)

お酒が苦手な人にとっては、お酒は余計な出費を増やす天敵。
飲めないお酒にお金を払うくらいなら、他の事に使いたいというのも納得の意見ですね。

酒は飲んでも、飲まれるな

いかがでしたか。
お酒との付き合い方も、大分様変わりしたのではないでしょうか。
日本人は遺伝的にアルコールに弱いと言われているのですから、無理に飲む必要はないでしょう。
お酒の楽しみ方は人それぞれ。あなたに合った付き合い方が見つかるとよいですね。

調査データ

有効回答数:2,084名
調査期間:2018年4月6日~4月11日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~29歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています