通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




【閲覧注意】嫌いな上司の送別会に参加しますか?参加率は驚きの〇%

【閲覧注意】嫌いな上司の送別会…部下がいる方はスルーして下さい

「○○部長、転勤になるんだってさ!」
「やった!嫌いな上司の一人が消えた!」

一体嫌いな上司は何人いるのか…という疑問はさておき、社会人として働いていくことにおいて、どうしても避けられない存在というのが、嫌いな上司です。嫌いなところを挙げだしたらキリが無いという方も多いでしょう。嫌いな上司のグチを肴に飲むお酒には、極上のうまみ成分が含まれています。

そんな嫌いな上司の転勤が決まった!となれば、同じ想いを持つ同志たちと歓喜に満ち溢れることでしょう。しかしながらここへ来て、まだ最終関門が待ち受けています。それは、「嫌いな上司の送別会」です。

嫌いと言っても上司は上司。「ある程度の別れを惜しんでいますよ感」を、嫌いな上司に感じさせるような、ステキな送別会を開催しなければなりません。上司のことが嫌いな部下として、あなたは送別会に参加しますか?これが今回のテーマです。

今回は、嫌いな上司の送別会に参加するかどうかについて、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

■関わりたくない大嫌いな上司の送別会に行きますか?

Q. すごく嫌な上司が転勤になりましたが送別会には行く?(単一回答)
Q. すごく嫌な上司が転勤になりましたが送別会には行く?(単一回答)

社会人なら参加するのがマナー?

「すごく嫌な上司が転勤になりましたが送別会には行く?(単一回答)」のアンケート結果1位は、「仕方ないけど行く」(48.8%)でした。

これぞ企業に属する組織人の、渾身の回答と言わざるを得ません…!仕事を辞めたいと思ってしまうほど憎い・嫌いな上司の送別会の場合、「適当な理由をつけて行かない」という選択肢も、「どんなことがあっても絶対に行かない」という選択肢を選んでも良い訳です。そんな回答を下位に押しやり、ほぼ5割の回答者の方が「仕方ないけど行く」という回答をしています。

今までに、

・偉そうに上から威圧的な発言をされた
・自分の事を棚に上げて、ちょっとしたことですぐに怒る
・誰もが不平等だとわかるほどえこひいきをしてくる
・目の前で「お前のことが嫌い」だと言う

などのように、嫌いな上司からの対応で過度なストレスを受けてきた方もいるでしょう。
それでもなお、「仕方ないけど行く」と回答した方には心から称賛を送りたいです。
「喜んで行く」という、ちょっぴり愉快犯な方も含めると、嫌いな上司の送別会に行く人は6割を超えています。素晴らしきかな大人の世界です!

アンケートに回答して頂いた方に、理由も伺ってみたのでご覧ください。

■嫌いな上司の送別会にまつわるそれぞれの理由

■仕方ないけど行く

「その上司が嫌いというのは会社の中の部署だけでの話。転勤となって部署が離れ離れになるのであれば話は別。同じ会社の人間として、送別会に参加するのは当然だと思う。」
(30代:男性)

ご覧ください!これでもかと言う程の大人の意見!確かに仰る通りですよね。
そのご意見はごもっともなんですけど、いざ自分ごとになれば…と考えさせ
られますねぇ…。

「嫌いな気持ちが無くなる訳ではないですが、多少なりとも仕事でお世話になったとは思っているので、最後くらいは笑って見送ってあげるくらいの余裕を見せたい。」
(20代:女性)

まさしく苦渋の決断が垣間見えるご回答です。「多少なりとも~」という辺りに、踏ん張っていらっしゃる心意気が見え隠れしますね。最後は笑ってお見送り…まるで弔いの儀式のようにも感じます。

■適当な理由をつけて行かない

「基本的に、行きたい飲み会は行って、行きたくない飲み会には行かない主義。楽しくない飲み会に行ってもお酒が美味しくない。どうせお酒を飲んで酔っ払うのであれば、楽しいお酒が一番です。」
(30代:女性)

これも又、物事の真理を突いていらっしゃるご回答ですね。同じお酒を飲むなら、楽しいお酒を選ぶというのは賛同できます。ですがこちらの方は、「嫌いな上司」はおろか、「好きでも嫌いでもない上司」の送別会も、あっさりパスされそうですね!

■喜んで行く

「嫌いな上司の送別会なんて、ネタの宝庫としか思えません。何があるか楽しみ過ぎて、絶対に参加します!幹事すら出来ます!」
(40代:男性)

ご紹介しましょう。こちらが愉快犯の方です!「ネタの宝庫」という言葉に悪意しか感じません!ですがこちらのような方は、どんな状況でも楽観的に乗り越えていく力強さを感じさせてくれます。たとえ嫌いな上司の送別会であっても、しっかりと盛り上げてくれそうですね。

■どんなことがあっても絶対に行かない

「嫌いなんだから送別会に参加する理由が全くない。」
(20代:男性)

コメントの短さからも、嫌いな上司への並々ならぬ憎しみの心が感じ取れますね。社会人なんだから、大人なんだからと無理して参加するということも正しいですが、自分の気持ちに正直に行動することも又、正しいのかもしれませんね。

忘れた頃にやって来る!嫌いな上司を克服するには?

人生というのはおかしなもので、嫌いなタイプの人から一時は逃げられたとしても、次は同僚として、又は部下として、もしくは上司として再び現れることがよくあります。嫌いな上司を好きになる、とまでは言いませんが、安定した社会人生活を送るためのコツとして、そこまで相手のことを嫌いにならないような対処法を身につけることをおすすめします。

参考までに、嫌いな上司と上手くコミュニケーションを取る方法をいくつかご紹介します。

・日常に変化をつけてみよう
 
上司とのコミュニケーションの中で、挨拶や返事は日常的に行っていると思いますが、その挨拶や返事を少し変えるという方法があります。上司の目を見て挨拶や返事をしたり、一言加えるだけで、上司との会話が生まれ、円滑なコミュニケーションのきっかけになるかもしれません。

・話したい時、まずは相手から

多くの人は、自分の話を聞いてくれない人に対して”嫌い”という感情を持ちます。それは嫌いな上司であっても同じことです。何か話したい事があった際、まずは上司の話を聞くということを優先してみてください。上司も自分が言いたいことが済めば、部下の話を聞いてくれるはずです。これは上司と部下という関係性に留まらず、人付き合いの基本としても役立ちます。

・上司に対する見方を変えてみよう

嫌いな上司と言えども、自分と同じ人間です。考え方が決定的に違うところもあれば、案外似ていると感じる部分もあるものです。嫌いな相手を否定することは簡単ですが、そこをもう一歩だけ踏み込んで、肯定できる部分を探そうとする事が大切です。一つずつでも、嫌いな上司を肯定できる部分を見つけてみることで、上司への見方が変われば大きな一歩となります。

もちろん、上記の方法論が全てではありません。その人、その相手、その上司によって方法論が微妙に異なるところが、人間関係の難しいところでもあり、面白いところでもあります。方法論を探すことに興味を持てさえすれば、あなたの中から嫌いなタイプなど、次第にいなくなってしまうでしょう。

陥れたいと思えるほど嫌いな上司が、次々と転勤してくれるのであれば克服する必要はありません。しかし、「この人とは絶対に合わない!」という人間と、嫌でも仕事で関わらなければいけないという状況になることは誰でもあり得ます。

そんな時のために、嫌いな上司・人間と上手くコミュニケーションを取る方法を身に付けておくことで、今よりももっと世の中が生きやすくなるかもしれませんよ。

■明日は我が身の送別会!

嫌いな上司の送別会について、参加すると回答された方も、参加しないと回答された方も、みんな等しく歳を重ねます。歳を重ねれば、管理職を任されることもあるでしょう。部下を持つようになって、上司と見られる日が近い方もいらっしゃるのではないでしょうか。その時、同じ質問を自分の部下にされた時に耳を塞がなくても良いようにしたいものです。

自分は上司のどこが嫌いなのか?そんな嫌いな上司と自分が似ている所はないか?そんなこんなを見極めるために、嫌いな上司の送別会に参加してみるという選択も、案外楽しいかもしれません。いずれにしても、「明日は我が身」ということを肝に銘じ、参加するか否かを判断してみてはいかがでしょうか。

調査データ

有効回答数:13,371名
調査期間:2018年4月22日~ 4月28日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女 15歳~99歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています