日本の乳製品でもっとも知名度の高いメーカーといえば?

日本の乳製品でもっとも知名度の高いメーカーといえば?

おもに牛乳を加工して作られる製品のことを乳製品と呼びますが、牛乳そのものの他にチーズ、バター、ヨーグルトなどが思い浮かびます。
そんな乳製品を製造するメーカーについて、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

Q. 日本の乳製品メーカーといえば?(単一回答)
Q. 日本の乳製品メーカーといえば?(単一回答)

反映されたのは、メーカー名以上に…

乳製品メーカーと聞かれれば、牛乳やチーズ、ヨーグルトのメーカーをまずイメージし、そのなかでもっとも印象の強い会社を答えることでしょう。どのメーカーの商品もコンビニやスーパーで陳列されていますが、日々消費している商品を製造販売している会社が選ばれる傾向にありそうです。

半数近くが回答した明治乳業の場合、それだけのシェアを持っている証ともいえるかもしれません。きっと商品画像を見れば、誰もが口にしたことのあるモノばかりだと思います。

消費者の支持が圧倒的だった明治乳業

雪印メグミルクの23.0%と森永乳業の19.9%を足しても届かない、46.8%の人が明治乳業を選びました。明治乳業の大ヒット商品である「明治 おいしい牛乳」を思い浮かべた人が多いのではないでしょうか。

これだけ支持率が高かった一因として、TVCMや主要なコンビニで陳列されており消費者の目に触れる機会が多いことあげられるでしょう。
また、口に入れるものなので当然味が重要なのですが、ナチュラルテイスト製法という牛乳本来のおいしさを損なわない加熱殺菌方法を開発しおいしい牛乳が製造できるようになったそうです。

調査データ

有効回答数:13,480名
調査期間:2018年4月24日 ~ 4月30日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女 15歳~99歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス