通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




GWに絶対見たい!おすすめのピクサー映画を大調査

GWに絶対見たい!おすすめのピクサー映画を大調査

今やピクサー映画といえば、世界に誇るアニメーション映画となりました。
全世界で3億6200万ドルの興行収入を記録した「トイ・ストーリー」に始まり、最新作の「リメンバー・ミー」に至るまでキャラクターがまるで息が吹き込まれたような3Dアニメーション技術は今もなお進化し続けています。
今回は、ゴールデンウィークに見て欲しいピクサー映画を、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

名作揃い!ピクサー映画の人気ランキング

Q.あなたが1番好きな「ピクサー映画」を教えてください(単一回答)
Q.あなたが1番好きな「ピクサー映画」を教えてください(単一回答)

結果を見ると、「トイ・ストーリー」のシリーズが1番票を集めました。
子供たちが遊んだおもちゃ達が、子供が寝静まった頃になると話したり動いたりするという、誰もが一度は考えたことがあるであろう設定がベースとなります。バズ・ライトイヤーとウッディーのコンビは映画史に残る名コンビですよね。
次に、20代の支持が高い「モンスターズ・インク」シリーズや40代の支持が高い「カーズ」シリーズと並びました。

あなたのおすすめポイントを教えて!

■トイ・ストーリー シリーズ

「ピクサーのCGにまだ慣れていない時に、オモチャ達がメインの話なのでCGでも違和感なく見ることができました。
子供の頃のオモチャ達と一緒に、その当時の自分を思い出せる、切ないような胸がキュンとできる映画。
1、2と続編が失敗していない珍しいタイプでもある。ラストは大号泣しました。
一緒に大人になったと感じられるステキな映画。」
(30代:女性)

トイ・ストーリーは、もう遊ばれなくなったオモチャたちが織り成す”笑い”あり、”涙”ありのドタバタ映画で、誰もが童心に戻れるオススメのピクサー映画です。
2019年には「トイ・ストーリー4」が公開される予定らしいので、まだ見ていない方はぜひ見て欲しい1作ですね。

■モンスターズ・インク シリーズ

「なんて言ってもマイクのキャラが光ってるとこ!
日本語吹き替え版は爆笑問題の田中さんがマイクの声を担当しているが、とてもキャラクターに合っていて所々に笑いを散りばめてくれている。
そして、マイクとサリーの友情やブーとの交流で生まれる家族愛?など感動する場面もちゃんと抑えている。」
(30代:女性)

ピクサー映画は、日本語吹き替え版のキャストが良いことでも評判ですね。
「モンスターズ・インク」では、メインのキャラクターに爆笑問題の田中さんとホンジャマカの石塚さんが担当されました。

■カーズ シリーズ

「男の子の親だったら、みんな好きになるんじゃないでしょうか?
個性豊かな乗り物が大活躍。ナンバーワンからの転落、挫折。それを救った友情と愛。
アメリカならではのストーリーとわかっていても、はらはらドキドキ、ついつい涙してしまう感動のストーリー。」
(30代:男性)

まさに王道、まさにアメリカのサクセスストーリー。
でも、それがいい、それが熱い!そして、だからこそ感動も大きい。
もちろん女の子も楽しめる本作ですが、とくに男の子には見てもらいたい名作です。

■ファインディング・ニモ シリーズ

「海の中の生物が生き生きと描かれており面白いが、身勝手な人間への皮肉などが随所に散りばめられており、環境問題や自然破壊など、子供が自分で考えるきっかけになると期待できるので。」
(40代:女性)

前の2作とは一転、「ファンディング・ニモ」の舞台はオーストラリアに広がる海。
厳しい自然界を題材にしつつも、ピクサーが調理するとニモの成長を紡ぐ冒険活劇になるから不思議です。

■カールじいさんと空飛ぶ家

「「カールじいさんと空飛ぶ家」、映画開始5分くらいで泣けました。
おじいさんは子供の頃からずっとおばあさんの事が好きで夢を諦めない。そんな姿に心を打たれました。
仲良くなった少年がかわいいです(*^^*)」
(30代:女性)

「愛する妻が死にました― だから私は旅に出ます。」
このキャッチコピーを見るだけでも、ちょっと胸が苦しくなりそうです。
主人公カールの幼少期から始まり、将来の妻になるエリーとの出会いから別れまでを綴った冒頭の10分は見所です。
もうそれだけで気になりますよね。最近泣いてないよって人にぴったりではないでしょうか。

まだまだあるよ、お気に入りピクサー映画

■Mr.インクレディブル

「かつてのヒーローが俗っぽくなり、その中で家庭を守りながらヒーロー像を模索して悪を倒すところ。
2作目が公開されるので楽しみ。」
(40代:女性)

■ウォーリー

「他のピクサー映画よりは色味やストーリーが寂しい印象はあるが、舞台となる世界やキャラクターの気持ちが現実の世界から想像しやすく寄り添いやすいと思う。
主人公は機械だが、動きがかわいくて感情表現もみられて心が温まる。」
(30代:女性)

■レミーのおいしいレストラン

「人間が汚らわしいとしてる生き物が、実際に人と暮らして共に料理して、たくさんの人を笑顔にするという点で、ネズミそのもののイメージを大きくいい方向へ変えてくれる。
シンプルに料理したくなる、学びたくなるようなストーリー性がたまらなく好き。」
(20代:女性)

■アーロと少年

「恐竜と人間が現実世界と逆の立場になっているところがまず面白いと思った。
人間の男の子に家族が表れて、恐竜と別れることになるシーンで、寂しさをぐっとこらえて人間の男の子を家族のところへ行かせる恐竜にぐっと来た。」
(30代:女性)

GWに見たいピクサー映画は見つかりましたか?

ピクサー映画といえば、3D技術で作られたとは思えない個性派のキャラクターたち。
ディズニーランドにも展開されるピクサー映画のキャラクターたちは、ミッキーたちにも引けを取らない人気者です。
GWは家でのんびり、ピクサー映画を楽しむというのも良いのかもしれませんよ。

調査データ

有効回答数:2,998名
調査期間:2018年3月12日~3月13日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~49歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています