通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




奇想天外!?ペットのおもしろエピソードを集めてみた

奇想天外!?ペットのおもしろエピソードを集めてみた

動物を飼っていると、奇想天外な事件に遭遇したことはありませんか?
そこで今回は、あなたが飼っているペットのおもしろエピソードを、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

今まで、ペットを飼ったことがありますか?

Q.あなたはペットを飼っていますか(単一回答)
Q.あなたはペットを飼っていますか(単一回答)

結果を見ると、ペットを飼ったことがない人はなんと男女共に50%を越えることがわかりました。
ペットブームとはいえ、飼育の手間やアレルギー、動物を飼う事への抵抗などを考えるとハードルはけっこう高いですものね。

飼っている(飼ったことがある)ペットはどんな種類?

Q.あなたが飼っている(飼っていた)ペットの種類を教えて下さい(複数回答)
Q.あなたが飼っている(飼っていた)ペットの種類を教えて下さい(複数回答)

続いて、現在飼っている(飼ったことがある)ペットについて聞いてみました。
「犬」が男女ともにトップに挙がりました。昔は、番犬として1度は犬を飼っていた家庭も多いのかもしれません。
ついで「猫」、散歩が必要なく、室内で飼えるのが良いですね。そしてなによりかわいい。
「魚」と答えた方は熱帯魚ではなく、祭りでもらった金魚などを育てたことがあるという方が多いのかも知れませんね。

ペットとのおもしろエピソードのご紹介

■犬

「表情が豊かなところ。 家族が出かけているあいだに仏壇に備えてあったリンゴやオレンジが無くなっいたことがありました。 よく見ると、りんごの芯が床に・・・ 明らかに犬が食べた後。 「果物がなくなってる!」と叫ぶとちょっとこっちを見るけど知らん振り。 しかし、りんごの芯を犬に突きつけると、申し訳なさそうな顔をして自分のハウスに逃げていった。」
(20代:女性)

ワンちゃんも、申し訳なさそうな顔をするあたり、食べちゃイケないと思いつつも誘惑に勝てなかったのでしょうか。
ペットと暮らしていると、微妙な表情の変化で感情を読み取れるようになりますね。

■猫

「人間の真似をしてごはんの時間の際に「ごわーん」と鳴いたり、喉が渇いたときは「おみじゅー」と鳴いていたことが印象的です。
飼い主が餌をやり忘れていた時も、自分で鍵を上手に前足でロックを外して、猫の餌の袋を少しだけ穴をあけて適量を食べて飢えをしのいでいたこともあります。
飼い主がアンパンを購入してきて、猫に少しだけ分けようとパンをちぎったら猫用のほうではなく、人間の食べようと思っていたパンを手から前足ではたいて嬉しそうに食べていて悔しかったけど嬉しそうに食べている姿を見て、ほっこり癒されました。」
(40代:女性)

もう想像しただけで、とてもかわいらしいネコちゃんですね。
しかも自分でご飯を用意できる辺り、自立心の強いネコに違いありません(笑)

■魚

「実家で「縁日で取った金魚」がやたら大きくなり、玄関に置いてある水槽で飼われていたが、弟だけ水槽に近づくと尾っぽで水をバシャっとかける。
どうやらかくれんぼの要領で、「ワッ!」と脅かして以来らしい。 弟以外にはやらないので、金魚でも顔を覚えるのかと驚いた。」
(60代:女性)

金魚もいじめられた記憶を覚えているんですね。しかも反撃まで(笑)
魚は人の気配や物音に敏感なので、その違いで嗅ぎ分けているのかもしれません。

ペットは「家族」

ペットを飼っていたかたのユーモラスで心温まるエピソードをお読みになって、ペットのいる暮らしに憧れるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
ペットは一緒に生活を共にする家族。きっと人間と通じるところもあるかもしれませんね。

調査データ

有効回答数:3,041名
調査期間:2018年3月12日~3月13日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 女性15歳~99歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています