通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




男たちは合コンで狙った女性に、どんな行動を取るのか

男たちは合コンで狙った女性に、どんな行動を取るのか

最近では、草食男子と揶揄される事もありますが、合コンに参加する男子は「獣」そのもの。
狙いを定めたら、あらゆる手を使って、アプローチ。
そんな男たちの主戦場である合コンにおいて、狙っている女性に取る行動を、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

合コンに参加した事がある?

【男性】Q.あなたは合コンに参加したことがありますか(単一回答)
【男性】Q.あなたは合コンに参加したことがありますか(単一回答)

結果を見てみましょう。
40代は約40%が合コンに参加経験があるのに対して、20代の参加率が20%以下と極端に低いですね。
前回の「出会いはどこにある?現代人の出会いの場を調査」の調査結果にもありましたが、20代は合コンを出会いの場とはしていないのが実感できますね。

男たちはどんな行動を取るのか

【男性】Q.合コンの際、狙っている女性に取る行動を教えてください(複数回答)
【男性】Q.合コンの際、狙っている女性に取る行動を教えてください(複数回答)

実際に、どのような方法で狙っている女性にアプローチするか調べてみました。
年代別で見ると、「狙ってる女性を褒めちぎる」割合が他の年代より上なあたり、20代は合コン慣れしてないですね。
参加した女性メンバーをひとしきり褒めちぎっていい気分にさせるなんて言うのは、料理でいえば下ごしらえ程度です。
その点、40代男性が他の年代より抜き出ている「こっそり連絡先を聞く」、これはもう決定打です。
もうほとんどトドメを刺しに行っていると言っても過言ではないでしょう。実に40代男性はしたたかですね。

達人たちによる合コンの極意

■隣に座る

「狙ってる女性と離れて座っている時、何らかの女性とゲームをしたりして、女性と不自然にならない形で隣に座ります。」
(30代:男性)

明らかに露骨に隣に座ってはアウトです。
でも、相手に本当に自然に座っただけだと思われるのも実はアウトなのです。
大事なのは「あれ?このひと自然に私の隣に来たけど、わたしの隣がいいのかな?」と思わせる程度のそれっぽさを演出すること。
そうすれば後から「ねえ、あの時私の隣にわざと座ったでしょ」「え?なんで、よくわかったね」「えーなんとなくー」という心が通じ合った風イベントが期待できます。
そうなれば、もうあとは・・・わかりますよね。

■次に会う約束をさりげなくする

「隣に座り、相手が気持ち良く喋れる話題をふって、さりげなく次の約束を取り付ける。
飲み会の打ち合わせの為と、連絡先を聞く。」
(40代:男性)

はい、流石40代男性。これは重要な上級テクニックです。
大切なことはさりげなく隠密行動に徹して、連絡先の交換や、次会う約束をするべきだということですね。
しかし女性はこういう時、自分だけが特別扱いされて嬉しいのにも関わらず、周りに気を使って連絡先を教えてくれなかったりします。気を付けましょう。

■連絡先をこっそり聞く

「とにかく連絡先を尋ねて、翌日連絡する。ちょっとしか話せなかったとしても諦めずに連絡すれば、意外に脈ありだったりする。」
(40代:男性)

重要なポイントは「翌日」です。
はっきり言って、合コンで合った人なんて、お気に入りの人以外は3日もすれば記憶から消えてしまいます。
となると、4日後に連絡しても「えっと誰だっけ」と思われるのが関の山。
翌日にすぐ連絡、これホントに大事です。

■その他

「合コンで、まず一人と仲良くなる。 その子に別のメンバー誘ってもらって、また合コンをする。
それを繰り返し、金曜と土曜に合コンばかりやっていた一年前が、本当に楽しかった。
その中で、特別好意を抱いた人がいて、毎度の如く誉めちぎり、その場で「愛している」と宣言。
それが今の彼女です。」
(20代:男性)

こうして、いつまでたっても終わらない合コンの日々が始まって、これ誰だっけ?って感じの女友達が量産されるんです。
その中から彼女見つかったなら、最高ですよね。

幸せは歩いてこない。

だから歩いていくんだと、偉い人は言いました。
恋愛もそうで、じっと待ってたって恋の瞬間というのは訪れないですよね、
やっぱり自分から行動して、そこで鍛えるんですよ、女性との接し方を。
ですから、皆さんもぜひ合コンに参加してください。
もしかしたら、一生のパートナーに出会えるかもしれませんし。

調査データ

有効回答数:3,019名
調査期間:2018年2月19日~2月20日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女20歳~59歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています