通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




今日の夜から使える?口説きのテクニックを調査

今日の夜から使える?口説きのテクニックを調査

女性を口説くというと、草食男子のみなさんは「そういう面倒くさいの嫌なんだよねー」と思うでしょう。
しかしながら、もし目の前に「石原さとみ」さんが居るとして、2人きりで良い感じバーとかで飲んでたとして、彼女もまた次の日がオフだったりして、ああもうやるならやらねば状態だったとしたら、どうしますか。
石原さとみを前にしたら、草食男子とか関係なく、男なら口説かなくていけないのです。これは使命とも言えるでしょう。
そんないざという時のために、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

これが口説きのテクニック!

【男性】Q.あなたが「お酒の席」で女性を口説く時に、必ず使うテクニックはありますか(単一回答)
【男性】Q.あなたが「お酒の席」で女性を口説く時に、必ず使うテクニックはありますか(単一回答)

結果をみてみましょう。やはり「相手の話に共感する」が挙がっています。
一説には「へぇそうなんだ」「すごいね」「それでそれで?」の3つの言葉を知っていれば、女性とうまく会話ができるなんて説もあるくらいで、これには納得です。
女性としては、面白い話をしてくれる男性よりも、話を聞いてくれて共感してる男性に心を許してしまうのかもしれません。
次に多かったのが「リラックスさせる」です。
これも「相手の話に共感する」に近いですが、心の距離を縮ませながるテクニックのひとつですね。
この人と一緒に居ると、安心する~なんて思われたら、男冥利に尽きますね。
もちろん、優しいだけではなく、男らしさも必要となるでしょう。
最後に、「スキンシップをする」ですが、これは女子が男子にする分には許されますが、男性の場合は諸刃の刃。
こういうのをさりげなく、嫌味なく出来る男性は確実にモテる男の部類と言えるでしょう。

具体的な口説きのテクとは?

それでは、実際にどのようにテクニックを駆使しているのか、解説を見ていきましょう。

■相手の話に共感する

「相手の話の内容に相槌を打ちながら、共感している風に装うと、相手は最初は警戒しているがお酒が入ると愚痴が出てくるので、とことん聞きに徹したら、自宅に誘われ、語り明しスッキリした表情をしたときに、誉め言葉を使って接近した。」
(40代:男性)

お酒を飲むとつい気が緩んでしまい、色んな愚痴も出てくるもの。
そんな時、とことん話を聞いてあげてスッキリさせた時がチャンスなのかもしれません。

■リラックスさせる

「男女2人の席では少なからずお互い緊張感があると思います。
その緊張感をアルコールと話術を使っていかにほぐしていくかが勝負どころです。
1回で口説き落とせなくても、2回目につなげることができれば勝ちじゃないでしょうか。」
(20代:男性)

1回で落とそうとせず、徐々に落としていく。
恋愛の駆け引きを楽しんでいる余裕が伝わってきますね。

■スキンシップをする

「スポーツ観戦で盛り上がった際に、肩を寄せてスキンシップ。
一気に距離が縮まったのを感じました。」
(20代:男性)

お互いの趣味を通じて、共感やリラックスを実行しつつ、スキンシップ…!
スポーツ観戦やライブだと、お互いに盛り上がって、一気に距離が縮まるのかもしれません。
早速、サイリウムを持ってライブに誘ってみましょう。

■容姿は具体的に褒める

「スタイルや顔のパーツを褒めたらたまたまその時にマツエクをしていたらしく気づいてくれて嬉しいと言われて話が弾みそこから関係が続いています。」
(20代:男性)

こちらは、ランクインはしなかったテクニックですが、とても興味深いコメントですのでピックアップしました。
やはり、女性にとっては小さな変化や努力を男性に気付いてもらえるのは嬉しいですよね。
普段からあなたの事を見てますよっていうアピールにもなるかもしれません。

抱くのなら 口説いて見せよう ホトトギス

よく戦国三英傑を表すのにホトトギスのあの句を使いますよね。
皆さんの意見を見てみると、参考にすべきは秀吉の「鳴かせてみせよう」になるんだと思いますね。
家康みたいに待ち続けたって結果は転がり込んでこないですし、信長みたいにあっさりあきらめてしまってはこれもまた意味がないですからね。
恋はドッグファイト、ラブはクロスファイトです。

調査データ

有効回答数:1,988名
調査期間:2018年2月20日~2月21日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)男性20歳~59歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています