forReal?(フォーリアル)は世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト




教えてください!普段、上司の言動で困っていること

教えてください! 普段、上司の言動で困っていること

どの仕事場でも少なからず、上司の言動で困ることはあるもの。みなさんはどのような悩みを抱え、どのように解決しているのでしょうか。今回、GMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。早速、アンケートを見てみましょう。

若手男性が悩んだ!コロコロと変わる上司の指示

【男性】Q.あなたが嫌だと思う「上司の言動」を教えてください(複数回答)
【男性】Q.あなたが嫌だと思う「上司の言動」を教えてください(複数回答)

最初に、若手の男性社員に聞いてみました。1位は共に、”指示がコロコロ変わる”でした。指示が頻繁に変わると、戸惑うもの。いちいち、確認をするのも大変ですね。
おもしろい結果になったのが、”理不尽に怒られる”。30代のほうが不満を持つ結果になりました。
30代は仕事の進め方がわかる世代なので、何が理不尽かそうでないか、よくわかるのでしょう。あとは20代、30代共に似たような結果になりました。

もう少し、若手男性の声を拾ってみましょう。

意外と言葉のかけ方が大切かも

Q.あなたが嫌だと思う「上司の言動」に関するエピソードを教えてください。

「怒られるときは、理不尽なことが多い。自分には非がないように聞こえてくる。
だが、逆らうこともできないので、その時はその場しのぎではないが、謝ることしかできなかった。」
(20代男性)

理不尽な理由で怒られるのは辛いものですが、もっと困るのは理不尽なやり方に慣れてしまうことでしょう。
その場しのぎは仕方がありませんが、どこか納得いかないのか、自分の中で確認すればいいでしょうね。

「『残業していいよ』とよく言われるが、許可を求めているわけではないので、せめて『残業してくれ』とお願いする形にしてほしい。」
(30代男性)

同じ残業であっても、上司の言葉のかけ方で大きく変わることがわかります。”残業していいよ”だと曖昧な印象を与えるのでしょうか。
”残業してくれ”も命令口調で言うと、反発を買うのでしょうね。言い方にも気を配りたいものです。

「部下の上に立ち、責任を負う立場にいるにも関わらず、部下に責任を押し付けるようなことは本末転倒であると思うため。
また、圧力をかけてくることは部下のことを気にかけていない証だと思うため。」
(20代男性)

手厳しく、上司の姿勢を指摘しています。やはり、普段の仕事場において、上司と部下との円滑なコミュニケーションが必要です。
もしかしたら、お互いに勘違いをしている場合も考えられます。いずれにせよ、上司から歩み寄る姿勢が必要でしょう。

20代と30代で異なる女性社員の本音! 理不尽VS指示コロコロ

【女性】Q.あなたが嫌だと思う「上司の言動」を教えてください(複数回答)
【女性】Q.あなたが嫌だと思う「上司の言動」を教えてください(複数回答)

次に若手女性社員の声を見ていきましょう。女性は20代と30代で1位が異なる結果になりました。
20代の上司に対する不満NO1は”理不尽に怒られる”でした。一方、30代の上司に対する不満NO1は”指示がコロコロ変わる”です。
男性と同様、30代になると仕事に慣れてくるため、ある程度、仕事に見通しができる方が多くなるのでしょう。
また、年数が経つにつれ、上司の理不尽さに対しても慣れてくるのかもしれませんね。

もう少し、若手女性の声を掘り下げてみましょう。

Q.あなたが嫌だと思う「上司の言動」に関するエピソードを教えてください。

「部下にばかり体力仕事やめんどくさい仕事を押し付けてくる上司。自分はお尻から根っこが生えたのかというくらい椅子から離れない。
そのくせに仕事が遅いため、仕事が終わっていても部下は気を遣って早くは帰れない。」
(20代女性)

上司の行動パターンを鋭く分析しています。このような上司にあたると、なかなか面倒ですね。
また、この方は部下を思いやる心があるますね。板挟みの苦労を感じさせます。

「自分が仕事が出来ないということを自覚出来ず、自分のせいで無茶苦茶になって忙しくなってる状況を、本気で部下のせいに感じてブチ切れする。
自分のイラつきを、言い返してこない部下をパワハラして発散する。」
(30代女性)

今まで見てきたアンケートの中で、これが最もタチが悪いかもしれません。こうなったら、上司のイライラをやり過ごすか、さらに上の上司に相談するしかありませんね。
イライラ上司とはあまり関わらないほうがいいのでしょう。

「指示通りに仕事をしたのに、自分の言った指示を忘れて『違うわよ』と怒鳴られる。本社の人たちが現場の人に責任を押し付けるような会話をしていた。
本社の人たちが誰々がこんな相談をされたと笑うように話していたのを聞いて、この人たちには相談できないと思った。」
(20代女性)

どの会社であっても、多かれ少なかれ本社と現場との対立があるようです。まずは、本社と現場との円滑なコミュニケーションが必要になるでしょう。
また、この場合は上司からの指示をきめ細かくメモする必要があるかもしれません。

理不尽な上司に悩んだら第三者に聞くのもアリ

もし、理不尽な上司に悩んだら、第三者の専門家に相談するといいでしょう。きっと、何かしらのアドバイスをくれるはずです。
一方、上司は部下に対して円滑なコミュニケーションを心がけるといいでしょう。

調査データ

有効回答数:1,691名
調査期間:2018年1月30日~1月31日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 男女 20歳~39歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス