世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト




異性と一線を越えたの「一線」はどこ?

異性と一線を超えたの「一線」はどこ?

あなたは、異性と「一線」を越えたことがありますか?
というところから、「一線」とは一体どこからなのでしょう。
今回は、男女別に「一線を越える」の「一線」がどこからなのかを調査しました。

あなたにとって「一線」とはどこから?(男性編)

【男性】Q.異性と「一線を越える」の「一線」とは、どこからですか(単一回答)
【男性】Q.異性と「一線を越える」の「一線」とは、どこからですか(単一回答)

やはり「一線」=ベッドインが1番多いようですが、他の年代に比べて40代が40%を超えています。
人生経験豊富な40代男性にとっては、ベッドインまでは「一線」ではないのかもしれませんね。
30代男性は、キスとベッドインがほぼ同じ割合。
キスも30%近くの男性が「一線」と捉えているようなので、やはりキスや体の関係があると少し許されにくくなるでしょう。
2人でお酒を飲むことや相手の家に行く…これは意見がわかれそうですが「一線」となると考える方もいらっしゃるようです。
異性の友達が多い人となれば、価値観の違いがでてくるかもしれませんね。

それでは男性の意見を聞いていきましょう。

■ベッドイン

「相性は最終的に肉体関係をお互い確かめて認識し合う。その一線を超えて安心できる仲になれると思うから。」
(40代:男性)

■キスする

「手や肩ではなくて、人前では触れないような所を触れ合ったらかなと思ったので。
2人で出掛けようが家に行こうが、体が触れ合わなければ一線を超えたとは思わないです。」
(30代:男性)

■手を繋ぐ

「「手をつなぐ」という行為は、お互いが親密な関係でなければ行われない行為と考えています(家族や恋人等)。
そもそも「手をつなぐ」行為は、日常生活において必要ない行為です。
それにも関わらず行わてるのは親密さを確認し合うためだと思うので「一線」を超えていると判断しました。」
(20代:男性)

■夜、2人で酒を飲む

「2人で飲みに行くのは必ずそれで終わる筈が無いから。女性は割り切れるが、男は必ずその後を期待するから!!」
(30代:男性)

30代男性の「人前では触れないようなところを触れ合う=一線を越える」や20代男性の「日常生活において必要ない行為をすれば、一線を越える」という理由は、納得できる人も多いのではないでしょうか。
男性でも、人それぞれ「一線」に対する定義が違うのが伺えますね。

あなたにとって「一線」とはどこから?(女性編)

【女性】Q.異性と「一線を越える」の「一線」とは、どこからですか(単一回答)
【女性】Q.異性と「一線を越える」の「一線」とは、どこからですか(単一回答)

女性も男性と同様に「一線」=ベッドインやキスする、と考えている人が多いようです。
ただ、キスすることが「一線を越える」と考えている割合が男性よりも多くなっていますね。
ベッドインとキスでそれぞれ3割ほど占めています。
そして、20代では手を繋ぐことから「一線を越える」という意見も多く、やはり若さゆえなのかもしれませんね。

それでは女性の意見を聞いていきましょう。

■ベッドイン

「相手を想う分には良いのではと思うが、肉体関係をもつことはハードルも高いし、勇気もいるからそれを超えてまで強く思う気持ちの重さを線引きしたもの。」
(40代:女性)

■キスする

「好きでもない相手とキスまではいかないと思うので、付き合っているもしくは結婚しているのに他の人とそういうことをする時点でおかしいと思う。」
(30代:女性)

■手を繋ぐ

「必要でもない状況で手を繋ぐ行為をする理由が想像できないことと、お互いそれに同意しているなら、そういう仲として認識し合っていることを分かっていると思うから。
そうなれば精神的な一線は越えた状態なのではないかと考えたので。」
(20代:女性)

■相手の家に行く

「家に行くイコールお泊まりになるということなので、体の関係に発展しやすいからです。」
(30代:女性)

やはり、キスや手を繋ぐことは、好きじゃないとしないことであり、お互いが同意している状態は、「一線を越える」と判断するようです。
家に行くこと=お泊まり、と考える女性もいるようなので、女友達だからといって、気軽に遊びに行くのはやめた方がいいかもしれませんね。

あなたの「一線」はどこから?

「一線を越える」の「一線」は、人によって異なります。
人それぞれ価値観が違うので、もし恋人がいるのなら、お互いの「一線」について話し合ってみるといいでしょう。
前もって相手の価値観を知っておくことで、喧嘩や別れの原因が少しは減らせるかもしれません。

調査データ

有効回答数:2,995名
調査期間:2018年1月1日~1月5日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス