胸に残る愛しい人よ…恋の思い出を聞かせてください!

胸に残る愛しい人よ…恋の思い出を聞かせてください!

恋の思い出エピソードって人それぞれでたくさんありますよね。
あなたが今でも思い出すのはどんなエピソードですか。
初恋?甘い思い出?苦い思い出?
今回は、みなさんの恋の思い出エピソードについて調査しました。

今でも思い出す恋の思い出エピソードは?(男性編)

「同じクラスの女の子に片思いしていた。
一目惚れだった。
直接話したりするのは恥ずかしくてなかなかできなかったけど、連絡先を交換してメールしたり話したりするうちにもっと好きになっていった。
もう、その好きを抑えることができなくなって告白をした。「次の大会で入賞をしたら付き合ってほしい。」と。
何故この時、大会入賞を条件に挙げたのかは自分自身謎でした。
大会当日女の子は応援にきてくれた。
僕もその応援に応えるかのように試合に勝ち続け、結果は優勝。
大会の帰りに改めて告白をし、付き合いました。」
(20代:男性)

学生なら、こんな恋愛したいというエピソード。
女の子も優勝するか…ドキドキですよね。
この男性の場合は、優勝もして付き合うこともできて…なんとも甘い恋の思い出ですね。

「中学生の頃、とある女子と選択科目やグループ行動で意図してないのに一緒になることが多かった。
下校するタイミングも同じだったので帰り道はよくお喋りして時には寄り道して充実した日々でした。
段々と好きになって行きましたが告白する前に卒業して高校で離れてしまい、それからはどうしているかは分かりません。
後に別の女子から聞いた話ですが彼女も私に好意があったようで、今でも告白しておけば良かったと思います。」
(30代:男性)

ちょっぴり切ない恋の思い出エピソード。
やっぱり「好き」という気持ちは、後悔する前に伝えている方がいいのかもしれません。

「中学の時の同じ部活であこがれの先輩を好きになりましたが、その人は同じ部活の先輩のことが好きだったようで、私はその先輩には告白しませんでしたが、仲良くしていただき、別に付き合わなくてもそれはそれで楽しかったので、自分自身がまだ幼かったんだと思います。
後にも先にも最初で最後の片思いだったのかなぁと、今も心に残っています。」
(40代:男性)

片思いを貫く…相手の好きな人も知っているからこそ、好きな気持ちが伝えられないですよね。
実る恋も実らない恋も、人の心にはすごく残るのかもしれませんね。

■番外編

「小学1年生の時に同じクラスの子に一目惚れをして、その後、中学3年の卒業式の日に思いっきて告白しました。
結果は惨敗。あっさりふられました。当然といえば当然。小学1年生から中学3年生の間で会話したの1回だけなんだから。」
(20代:男性)

9年間も思いがあったのに、会話をしたのはなんと1回!にもかかわらず、告白に踏み切ったその勇気がすごいですね。
告白の前に、少しずつ距離を詰めていったらよかったのかもしれません。

「告白してフラれた次の日に、モー娘。のコンサートに誘われ、二人で行くことになった。
会場に着いたら、彼氏と一緒に会場にやってきた。彼氏にめちゃくちゃ睨まれた。誘ってきたのは向こうなのに。」
(20代:男性)

フった男性をコンサートに誘い、そこで彼氏に会わせる…なんてすごい女性ですね。
誰でもダブルパンチでショックを受けるエピソードでしょう。

今でも思い出す恋の思い出エピソードは?(女性編)

「その人とは中学校のときに出会いました。
初めて話したのは名簿で席が前後だったのがきっかけ。その頃はまだ恋の予感なんて全くありませんでした。
その人とは3年間同じクラスだったのですが、中学という年頃もあり、仲の悪い時期もありました。
私の通う中学は中高一貫校だったので高校もエスカレート式だったのですが、驚くことに高校も3年間その人と同じクラスだったのです。
少し成長した高校時代ではその人と話す機会も増え、よくLINEもしたりして、普通の友だちとして仲が良かったのを覚えています。
しかしいつからだろう、自分でも気がつかないうちにその人に恋していました。毎日その人と話すのが楽しみでしょうがない自分がいました。
今のこの関係が壊れるのが恐くて、結局気持ちを伝えることもなく高校時代を終えることに。
終わったんだな〜と実感していると、卒業式が終わってから「6年間ありがとう」というLINEがその人から届き、なんとなく嬉しかったのを覚えています。
少し切ないような甘酸っぱい恋でしたが、今でもその人との楽しかった思い出がふとよみがえってくることがあります。
この関係でよかったのだと思うと同時に、私にとって大切な恋の思い出となりました。」
(20代:女性)

甘酢っぽい学生時代ならではのエピソード。
6年間も同じクラスなら、運命を感じてしまいますが…どちらも思いを伝えないまま時が経ってしまったのですね。
相手がどう思っていたのか気になりますね。

「初めて彼氏が出来たのが24~5歳の頃…。
もう一生自分には彼氏というものが出来ることはないんだろうなぁと本気で思っていたので、彼氏が出来た時は本当に人生変わるくらいの衝撃でした。
初めて自分が好きな人に好きになってもらって、つきあうことになるなんて信じられなくて、あまりにも毎日が幸せで…。
その一方、あまりにも彼に気持ちが行き過ぎて、好きになればなるほど、不安もどんどん大きくなっていったりと、感情の振れ幅が激しかった日々でした。
でもファーストキスはホント今でも忘れられないです。例えて言うなら、猛烈な浮遊感?なんか宇宙空間にいるような感じかなぁ。
世界に自分と彼しかいないような感覚に陥りました。結局浮気されて別れちゃったけどねー。いやー懐かしい!!!」
(40代:女性)

やっとできた彼氏に感情がついていけなかった模様が伺えます。
好きだからこそ不安になる…そんな気持ちに共感できる方も多いのではないでしょうか。
最後は悲しい結末ですが、今となってはいい思い出ですね。

■番外編

「仲の良かった先輩に告白された。
真剣な告白だったが、髪型が似合っていなかったのがずっと気になっていて、まず髪型をどうにかしてくれと伝えてしまった。」
(20代:女性)

ちょっと笑えるエピソード。
告白をしたのに、意外なところをつっこまれた方はどうしたらいいか困りますね。
彼もショックだったでしょう…

「20歳の学生の時に付き合っていた相手との別れた理由が占いで私と彼のお母さん、妹さんとの相性がよくないという理由。
当時は納得できなかったけど今ではあきれる理由だなと思います。」
(30代:女性)

男が占いとは、少し変わっていますね。
いずれにしても、占いはほどほどに信じるくらいがいいかもしれません。

あなたの恋の思い出エピソードは?

何年…何十年…と時が経ち、ふと思い出す恋のエピソードはどんなものですか。
思い返してみると、切なかったり…笑えるものだったり…甘いものだったり…
どんな思い出にしても、これからも忘れずに心にしまっておきたいものですね。

調査データ

有効回答数:2,865名
調査期間:2017年12月25日~12月26日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス