萌えより燃えでしょ!みんなが選んだ最強のスポ根マンガ!

萌えより燃えでしょ!みんなが選んだ最強のスポ根マンガ!

いまや右も左も「萌え」が氾濫していますが、やはり血沸き肉躍るスポ根マンガの「燃え」もたまには必要です。
友情・努力・根性・勝利、血と汗と涙の果てにつかむ栄光と、涙と泥にまみれた敗北、挫折、成功……いやはやたまりませんな。
ということで今回は、そんなスポ根マンガに迫ってみたいと思います。
あなたの青春の汗は、どの漫画に影響されましたか?

男子が選ぶのは、スポ根マンガの金字塔!

【男性】Q.あなたが1番好きなスポ根性漫画をを教えてください(単一回答)
【男性】Q.あなたが1番好きなスポ根性漫画をを教えてください(単一回答)

40代は「キャプテン翼」、30代は「SLAM DUNK」、20代は「MAJOR」という結果でした。
意外です。「SLAM DUNK」は40代のバイブルだと思っていました。
やはり、「SLAM DUNK」はスポ根モノの金字塔なんですね、
その圧倒的ともいえる人気の高さは、きっと連載もアニメ放映も終わっていた20代からの支持も厚いことからもうかがえます。
しかも、競技人口の多いサッカーや野球ではなく、バスケットボールが題材の漫画ですから驚きです。
「SLAM DUNK」がなければプロバスケットボールリーグはきっと日本に誕生していないと言っても過言ではないでしょう。
日本中に影響を与えた名作中の名作といえますね。

それではみなさんの意見です。

■SLAM DUNK(バスケ)

「スポーツマンガの金字塔!スラムダンクをきっかけにバスケットを始めた人も多いですし、今尚話題に上がる作品です。」
(30代:男性)

まったく同意見ですね、その通りだと思います!
きっと世界広しと言えども、バスケットが人気になった理由が、実在の選手ではなく漫画の影響という国は少ないのではないでしょうか。

■キャプテン翼(サッカー)

「昔、よく見てました。サッカーのリアルさが伝わってきて、周りの人も好きな人が多かったように思えます。」
(40代:男性)

これもまた金字塔といえるスポーツ漫画。
日本のJリーガーのみならず、世界的名選手がサッカーを始めるきっかけとなった、世界規模の人気作ですね。
しかし、サッカーのリアルさは……伝わってこなかった(笑)。

■はじめの一歩(ボクシング)

「主人公が試合を通して成長していくストーリーと迫力のある試合描写に加えて魅力的なキャラクターも多く登場してあしたのジョーと並ぶボクシング漫画の最高傑作だと思います。」
(40代:男性)

いやあ。憧れますよね、デンプシーロール。
ちょっと下品と見えるコミカルな笑いも織り交ぜながら、熱い熱い格闘技の世界を描き切っている「はじめの一歩」は確かにボクシング漫画界の傑作でしょう。
ところでみなさんのベストバウトは、どの試合ですか?私は「鷹村VSホーク」です。

■MAJOR(野球)

「年齢から何から、その主人公と同じように成長していった節があるので自然と感情移入してしまう。」
(20代:男性)

多くの野球選手のメジャー進出と重なり、人気になっていった「MAJOR」。
今では大谷翔平選手の登場で漫画の方がおとなしめな時代になりましたね。

■ROOKIES(野球)

「今時、くさいくらいの友情、友情、友情まぶしいくらいの友情と子弟愛。」
(40代:男性)

もうこれは本当にスポ根マンガって感じでした。
スクールウォーズを彷彿させる、ちょっと懐かしさすら覚えるスト-リーでした。
野球にはやっぱり涙が似合います。

女性が好きなスポ根マンガには、イケメンが必須!?

【女性】Q.あなたが1番好きなスポ根性漫画をを教えてください(単一回答)
【女性】Q.あなたが1番好きなスポ根性漫画をを教えてください(単一回答)

「SLAM DUNK」は性別の垣根を越えて、圧倒的な人気でしたね。
しかし、それ以外の漫画を見ると、女性らしいタイトルが並ぶ結果になりました。
40代の人にとっては、「キャプテン翼」は女性にも絶大な人気を誇っていて、特に腐女子と呼ばれる人にとっては、歴史的な作品といっても過言ではありません。
その流れで行くとミュージカルも大人気な「テニスの王子様」。
そして、イケメンだらけのドラマ化で大人気となった「ROOKIES」が上位に食い込んでいるあたり、イケメン力のすごさを感じます。
しかもその下も、ハイキューに黒子のバスケ。こちらもイケメン揃えてます。
いやぁ、腐女子は強いですね。

ではみなさんの意見です。

■SLAM DUNK(バスケ)

「スラムダンクがはやり始めた時と自分がバスケ部で頑張っていた時期がかぶっていた。
桜木花道と同じ背番号”10”だったがあそこまで本気になれなかったのでうらやましくもあった。」
(30代:女性)

スポ根マンガの良いところは、自分にできない事をやってくれる爽快感ですよね。
桜木花道の、持って生まれた体格と才能もさながら、あそこまで打ち込めるほどにバスケを好きになっていく姿もまたうらやましかったですね、
「バスケは好きですか?」
この言葉で始まったそのストーリーは、圧巻です。

■キャプテン翼(サッカー)

「スポーツの楽しさと厳しさをともに味わうことができるさわやかな作品だと思う。
苦しいことやつらいことも多々あるが、根底に流れる雰囲気が明るいのが最大の魅力で、それまでの巨人の星などのスポ根と決定的な違いだと思う。」
(40代:女性)

確かに、キャプテン翼は泥臭いスポ根マンガのイメージを吹き飛ばして、楽しいを表現した作品でした。
何せボールは友達ですから、翼君はどんな時でもフィールド上では楽しそうにサッカーしてましたもんね。
けっこう血は流れますし、重い話もあるんですが、それを感じさせない素晴らしい作品でした。

■テニスの王子様(テニス)

「キャラクターがとにかく格好いいです。あと、テニスの王子様を読んでテニスに興味が湧いたからです。
どこか格闘漫画並みに激しい試合も面白くて好きです。」
(20代:女性)

「テニスの王子様」がテニスをやっていたのは最初だけで、あとは「テニヌ」なんて言われますよね。
まあ確かにそういいたくなるような、もはやそれはテニス版キャプテン翼と言えなくもないような必殺技がどんどん出てくる漫画です。
でもかっこいい。
それで、いいんです。

各時代ごとの珠玉のスポ根マンガたち

40代は「キャプテン翼」、30代は「SLAM DUNK」、そして20代は「MAJOR」や「テニスの王子様」。
それぞれさわやかで前向きな話だったり、コミカルであったり、そしてイケメンがたくさん登場したりと、同じスポ根マンガと言えど、その味わいは大きく違います。
それはきっと時代のニーズだったのでしょうが、どの時代の作品もやっぱり面白い、
さあ、新しい時代のニーズが反映されたスポ根の名作はどんなものになるのか。
私たちはまた、汗臭くとも強く逞しい主人公たちに心を躍らせるのです。

調査データ

有効回答数:2,912名
調査期間:2017年12月21日~12月22日
調査対象:(エリア)全国(年齢性別)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス