通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




【閲覧注意】これはヒドイ!最悪なフラれ文句・・・

【閲覧注意】これはヒドイ!最悪なフラれ文句・・・

恋の終わりはただでさえツライものなのに、その終わりに告げられる言葉次第では一生モノのトラウマを背負うことさえあるでしょう。
今回は、みなさんの心に深く刻まれ、傷口に塩をすり込むような、最悪なフラれ文句についての思い出を伺ってみましたので、それらをご紹介していきたいと思います。

胸を抉る!男性が味わった最悪なフラれ文句

恋をすれば、男性が必ずしも男性らしくある必要もないのではと考えさせられる瞬間は多くありますが、以下のようなヒドイ言葉を投げつけられれば、男性らしさなどどこか遠くへと吹き飛んでしまいそうな気がしてきます・・・。

■20代

「新しい彼氏がやってきて「俺たち付き合ってるんだよね。ゴメンね」といわれた時。」
(20代:男性)

「付き合ってくださいと言ったら、太っている人とはしゃべりたくないと言われたことがショックだった。」
(20代:男性)

どちらのケースも、自分がそう言われたらと考えれば、胸を抉られる気分ですね・・・。
震えます・・・。いろんな意味で震えます。。

■30代

「半年付き合った彼女に「距離をおいてほしい」と言われた。
その1ヶ月後、電話で「別れてほしい。でも、しばらくしたらまた付き合ってもいいよ」と言ってフラれた。
訳が分からなかった。」
(30代:男性)

「夏休みの旅行計画を立てて、休みも確保、あとは申し込むだけというとこでフラれた… 」
(30代:男性)

30代にもなれば、女性に振り回されることにも慣れているのではと思いきや、そのようなことはないようです。しっかりと心に傷が刻み込まれているようです。

■40代

「「好きな人が出来たんだ、私たち付き合っていた訳じゃないから別にいいよね」が、最後に言われた言葉だった」
(40代:男性)

付き合っていた訳じゃない!?!?!?!?
これは・・・男性は付き合っている気持ちだったんですよね・・・?あまりにヒドイ・・・。

これもヒドイ・・・女性が体験した最悪なフラれ文句

肉食系女子という言葉も浸透していたように、最近の女性は男性以上に恋愛に貪欲と評されることもありますが、やはり女性である以上、男性には優しくされたいものでしょう。
しかし、そのような気持ちを叩き壊すような男性からのフラれ文句の数々がこちらとなります。

■20代

「学生の頃「俺の好きと(私)の好きとは違う」と言われフラれ。
当時は意味がよくわからなかったけれど、大人になった今、彼は体しか好きになれなかったんだと、なんとなくわかるようになりました。」
(20代:女性)

「エッチもキスもさせてくれないなら別れる!と言う発言。
少しでも付き合ってた自分が馬鹿らしくなりました。」
(20代:女性)

男性から性的な満足だけを求められると、ツライですよね・・・。
特に若い男性ほどそういう傾向がある可能性が高いので、お気を付けください・・。

■30代

「友達に男の人を紹介してもらい、私と友達、友達の彼氏、紹介してもらった男の四人で大晦日に車で初日の出を見に行った。
夜眠くなり車内で私は目を閉じていた。
男の人は私が寝ていると思って私の友達に『もう少し可愛い子紹介してよ』と言っていたのを私は目を閉じながら聞いていた。」
(30代:女性)

かなり強烈な体験・・。
車内で寝た振りをせざるを得なくなった方のその後の振る舞いがすごく気になります。
これはトラウマ級ですね・・・。

「一人暮らしの彼と付き合っている時に、ちょくちょく家に通っていたら「お前がうちに来るようになったら光熱費がちょっと上がったんだよね…。」と言われました。
本当に好きだったらそんなの気にならないと思うので、引きました。」
(30代:女性)

好き嫌いに関係なく、知人相手にも光熱費については言及しないと思いますが・・。
かなりセコイと言わざるを得ないですね・・・。

■40代

「フラれたというか、離婚のきっかけの一つ。
「結婚したからといって、子供を作るのを当たり前と思うな。」
この一言が決め手となって、離婚しました。」
(40代:女性)

重いです・・・。

「元夫から「こんな強い奴は一生独りで生きていけばいいんだ」といわれ、私や子供より愛人を選ばれたことがある。
えもいわれず今だに悲しみを引きずっている。」
(40代:女性)

自らを全否定されるかのようなフラれ文句の上に、愛人に行ってしまった・・・。
涙で前が見えません・・・・。

恋の終わらせ方にも気遣いは必要?

まだ恋に発展する前であれば、最悪な相手だったと割り切ることも難しくないかもしれませんが、恋愛関係以上の解消であれば、これまでご紹介してきたような台詞は避けていきたいものです。
フラれる方だけでなく、振る側にとっても恋の終わりは辛いものです。
だからといって、気遣ってばかりであれば、別れることもできずにズルズルとしてしまいそうな気もします。
恋には最初から正解など存在しないと思っておいた方が精神衛生上、良いのかもしれません。

有効回答数:3,011名
調査期間:2017年10月16日
調査対象:(エリア)全国(年齢性別)20歳~49歳女性
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス